Sponsored Links

転職の体験談

人材業界の営業はやめとけ?ブラックな理由と向いてる人を経験者が解説!

  • 人材業界の営業は「やめとけ」という口コミが多い理由は?
  • ブラックな職場が多いって本当?
  • それでも人材業界で働く人が多いのはなぜ?メリットは何?
人材業界 やめとけ

(人材業界の営業はやめとけ?仕事のきついところを経験者が解説)

 

人材業界の営業は「きびしいからやめとけ」という口コミが多いですよね。

実際、人材業界がかなりしんどい業界なのはまちがいありません。

私自身はベンチャー企業の採用に特化した転職エージェント会社

で5年以上働いているのですが、

本当にきびしい業界だなあと感じる瞬間が多くあります。

入社1年目からキャリアアドバイザーとして、

主にIT・WEB業界への人材紹介をやってます。

年間で1000人以上の求職者と面談しています。

転職経験者

ただ、それでもこの業界に挑戦することにはメリットがあります。

(じゃないと誰もこの仕事をやらないはずですよね)

この記事では、私の実体験をもとに

人材業界のしんどいところ・楽しいところについて解説していきます。

人材業界で働くことに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人材業界はやめとけ?ブラック企業が多い理由

人材業界の営業が別の業界と比べてブラックな環境になりやすい理由としては、

↓以下のようなことが挙げられます。

それぞれの内容について、順番に解説しますね。

転職経験者

>>それでも私が人材業界で働き続けている理由(メリット)

1.求職者と企業側のあいだで「板ばさみ状態」になりがち

人材業界の営業は、

仕事を探している人(求職者)と人材を雇用したい企業をつなぐのが仕事です。

求職者とやりとりをするのがキャリアアドバイザーで、

企業側とやりとりをするのがリクルーティングアドバイザーといいますが、

これらの2つの役割を1人の人がかねている人材紹介会社も多いです。

なお、大手の人材紹介会社ではこれら2つの役割が分離していることが多いです。

(なので、大手では雇用環境的にそれほどブラックでないケースも多い)

求職者としてはもちろん「少しでも高いお給料で、労働時間も短くて楽な仕事」をしたいのが本音でしょう。

その一方で、企業側は「少しでもコスト(給料)を抑えて、しんどい仕事にも対応してくれる人材を採用したい」というのが本音です。

人材業界の営業は、この両者のあいだに入ってうまく落としどころ(雇用条件)を見つけなくてはなりません。

また、営業職ですから当然ノルマがあります。

月末になると、数字を追うために、

求職者や人事の要望よりも自分のノルマを達成するのを優先してしまいそうなときも正直ありますね。

(本当は来月入社でも問題ないけれど、当月の入社で急かすなど)

2.転職という「人の人生を左右する仕事」でプレッシャーが大きい

人材業界の営業は「転職先の紹介」というかたちで、

求職者さんの人生を大きく左右する仕事をしています。

もしニーズに合わない仕事を紹介してしまったら…

というプレッシャーは常にありますし、

ものすごく頑張っているのに、

なかなか仕事が決まらなくて落ち込んでいる方の相談に乗るのはつらいこともありますね。

転職経験者

ただ、責任のある仕事を任せてもらえる分だけやりがいは十分あります。

転職という人生における大事な意思決定の瞬間や、

企業側の重要な経営課題でもある人事採用に携われるので、

プレッシャーを感じながらも達成感が味わえる仕事なのはまちがいありません。

3.顧客に合わせて動く必要があるためワークライフバランスが難しい

人材業界の営業は、求職者と企業側の両方とかかわる仕事です。

必然的に相手に合わせて働くことになりますから、

Sponsored Links

ワークライフバランスがとりづらいのが大きな理由の一つでしょう。

なお、厚生労働省が発表している2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要では、

サービス業(他に分類されないもの)の離職率は18.8%、産業別では第3位という結果でした。

2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要

突発的な仕事が入ることも多いですから、

休日出勤や残業もある程度は覚悟しておく必要があります。

(もちろん、残業代や休日出勤の割増賃金は支給されますから、稼げるお給料は多くなりますが)

↓※人材紹介営業の求人例

人材業界 やめとけ

(人材業界営業の求人例:仕事がきつい分お給料はいいです)

>>人材紹介営業の実際の求人を見てみる

朝出社してから夕方ぐらいまでは、

企業側の人事採用担当との打ち合わせがメイン業務になります。

求職者は現職を続けながら転職活動しているので、

仕事終わりの夕方以降から面談するケースが多いですね。

転職経験者

最近ではずいぶん少なくなりましたが、

入社してすぐの頃には朝から夜まで仕事に追われ、毎日22時退社の月残業80時間…

みたいなブラックな状況も経験しました。

>>未経験から人材紹介営業に転職するには?

人材業界で働くメリットと向いている人の特徴

このように、なかなかきびしい環境な人材業界なのですが、

それでもこの業界を目指す人はとても多いです。

↓その理由としては、以下のようなメリットがあるからです。

  1. 成果主義なので新卒でもベテラン社員の年収を超えられる
  2. どこでも通用する営業力が身につく
  3. 誰かの幸せが自分の幸せにつながる仕事ができる

こちらも順番に見ていきましょう。

1.成果主義なので新卒でもベテラン社員の年収を超えられる

実力主義の会社が多いのは人材業界の特徴のひとつです。

営業成績によって、インセンティブやボーナスがつきますから、

その人の実力次第で稼げるお給料の金額が大きく変わるのです。

転職経験者

人材業界 やめとけ

(人材業界営業の求人例:能力次第で年収1000万円も狙える世界です)

>>人材紹介営業の実際の求人を見てみる

人材業界は「年功序列」とは無縁です。

20代でも役職つきになることは普通にありますし、

努力次第では入社1年目からでも高年収を狙えますよ。

大手人材のトップセールスになれば20代後半〜30代前半でも年収1000万円こともあります。

>>大手の人材紹介営業に転職成功するには?

2.どこでも通用する営業力が身につく

人材業界の営業は転職という「人へのサービス」を扱う仕事です。

無形商材のため、顧客との信頼関係が最も重要とされています。

信頼関係を築くためには、高いコミュニケーション能力が求められます。

また、求職者の意向や人事の採用方針は常に変化するので、

何度も相談や打ち合わせを重ねる行動力、

最新の情報を素早くキャッチするためのリサーチ力が身に付いてきます。

このような磨き上げたスキルは、

今後どの業種へ転職したとしてもどこでも通用する営業力となります。

仕事に生きがいを見出したい人は向いています。

3.誰かの幸せが自分の幸せにつながる仕事ができる

人材業界の営業は、多くの人と深く関わっていくため、人が好きであることが大事です。

転職活動や採用は一筋縄ではいきません。

先が見えなくて不安になることもあるなかで

時には厳しい意見を伝える必要があったり、

相手の希望に反するアドバイスをしなくてはならないときもあります。

転職経験者

それもすべて転職を成功させるためであって、

目の前の求職者を幸せな道に導きたいという思いが大切なのです。

最終的に「ありがとう」と感謝されることが、原動力になっていくでしょう。

このように、人に関わる仕事が好きな人や誰かを幸せにしたいと思う人は、

人材業界の営業に向いています。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

管理人

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!候補求人をたくさん見たい人はここ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です。
最大手なだけあって圧倒的な数の求人があります(公開求人で15万件超)
未経験OKの求人から実務経験者むけの高年収求人まで、さまざまな求人を見つけることができますよ。

普段から転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職サイトは無料で使える

転職サイトはすべて無料で使うことができます。

転職サイトは採用を行う企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、

私たち求職者側は無料です。

最初から最後まで

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索してみてください。

  • 未経験でもこんなに条件の良い求人が…
  • こんな有名企業の求人が…

と驚かれるかもしれません。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、

これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!候補求人をたくさん見たい人はここ

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です。
最大手なだけあって圧倒的な数の求人があります(公開求人で15万件超)
未経験OKの求人から実務経験者むけの高年収求人まで、さまざまな求人を見つけることができますよ。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.