転職の体験談

人材業界の営業はやめとけ?ブラックな理由と向いてる人を経験者が解説!

Sponsored Links
  • 人材業界の営業は「やめとけ」という口コミが多い理由は?
  • ブラックな職場が多いって本当?
  • それでも人材業界で働く人が多いのはなぜ?メリットは何?
人材業界 やめとけ

(人材業界の営業はやめとけ?仕事のきついところを経験者が解説)

 

人材業界の営業は「きびしいからやめとけ」という口コミが多いですよね。

実際、人材業界がかなりしんどい業界なのはまちがいありません。

私自身はベンチャー企業の採用に特化した転職エージェント会社

で5年以上働いているのですが、

本当にきびしい業界だなあと感じる瞬間が多くあります。

入社1年目からキャリアアドバイザーとして、

主にIT・WEB業界への人材紹介をやってます。

年間で1000人以上の求職者と面談しています。

転職経験者

ただ、それでもこの業界に挑戦することにはメリットがあります。

(じゃないと誰もこの仕事をやらないはずですよね)

この記事では、私の実体験をもとに

人材業界のしんどいところ・楽しいところについて解説していきます。

人材業界で働くことに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

人材業界はやめとけ?ブラック企業が多い理由

人材業界の営業が別の業界と比べてブラックな環境になりやすい理由としては、

↓以下のようなことが挙げられます。

それぞれの内容について、順番に解説しますね。

転職経験者

>>それでも私が人材業界で働き続けている理由(メリット)

1.求職者と企業側のあいだで「板ばさみ状態」になりがち

人材業界の営業は、

仕事を探している人(求職者)と人材を雇用したい企業をつなぐのが仕事です。

求職者とやりとりをするのがキャリアアドバイザーで、

企業側とやりとりをするのがリクルーティングアドバイザーといいますが、

これらの2つの役割を1人の人がかねている人材紹介会社も多いです。

なお、大手の人材紹介会社ではこれら2つの役割が分離していることが多いです。

(なので、大手では雇用環境的にそれほどブラックでないケースも多い)

求職者としてはもちろん「少しでも高いお給料で、労働時間も短くて楽な仕事」をしたいのが本音でしょう。

その一方で、企業側は「少しでもコスト(給料)を抑えて、しんどい仕事にも対応してくれる人材を採用したい」というのが本音です。

人材業界の営業は、この両者のあいだに入ってうまく落としどころ(雇用条件)を見つけなくてはなりません。

また、営業職ですから当然ノルマがあります。

月末になると、数字を追うために、

求職者や人事の要望よりも自分のノルマを達成するのを優先してしまいそうなときも正直ありますね。

(本当は来月入社でも問題ないけれど、当月の入社で急かすなど)

2.転職という「人の人生を左右する仕事」でプレッシャーが大きい

人材業界の営業は「転職先の紹介」というかたちで、

求職者さんの人生を大きく左右する仕事をしています。

もしニーズに合わない仕事を紹介してしまったら…

というプレッシャーは常にありますし、

ものすごく頑張っているのに、

なかなか仕事が決まらなくて落ち込んでいる方の相談に乗るのはつらいこともありますね。

転職経験者

ただ、責任のある仕事を任せてもらえる分だけやりがいは十分あります。

転職という人生における大事な意思決定の瞬間や、

企業側の重要な経営課題でもある人事採用に携われるので、

プレッシャーを感じながらも達成感が味わえる仕事なのはまちがいありません。

3.顧客に合わせて動く必要があるためワークライフバランスが難しい

人材業界の営業は、求職者と企業側の両方とかかわる仕事です。

必然的に相手に合わせて働くことになりますから、

ワークライフバランスがとりづらいのが大きな理由の一つでしょう。

なお、厚生労働省が発表している2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要では、

サービス業(他に分類されないもの)の離職率は18.8%、産業別では第3位という結果でした。

2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要

突発的な仕事が入ることも多いですから、

休日出勤や残業もある程度は覚悟しておく必要があります。

(もちろん、残業代や休日出勤の割増賃金は支給されますから、稼げるお給料は多くなりますが)

↓※人材紹介営業の求人例

人材業界 やめとけ

(人材業界営業の求人例:仕事がきつい分お給料はいいです)

>>人材紹介営業の実際の求人を見てみる

朝出社してから夕方ぐらいまでは、

企業側の人事採用担当との打ち合わせがメイン業務になります。

求職者は現職を続けながら転職活動しているので、

仕事終わりの夕方以降から面談するケースが多いですね。

転職経験者

最近ではずいぶん少なくなりましたが、

入社してすぐの頃には朝から夜まで仕事に追われ、毎日22時退社の月残業80時間…

みたいなブラックな状況も経験しました。

>>未経験から人材紹介営業に転職するには?

Sponsored Links

人材業界で働くメリットと向いている人の特徴

このように、なかなかきびしい環境な人材業界なのですが、

それでもこの業界を目指す人はとても多いです。

↓その理由としては、以下のようなメリットがあるからです。

  1. 成果主義なので新卒でもベテラン社員の年収を超えられる
  2. どこでも通用する営業力が身につく
  3. 誰かの幸せが自分の幸せにつながる仕事ができる

こちらも順番に見ていきましょう。

1.成果主義なので新卒でもベテラン社員の年収を超えられる

実力主義の会社が多いのは人材業界の特徴のひとつです。

営業成績によって、インセンティブやボーナスがつきますから、

その人の実力次第で稼げるお給料の金額が大きく変わるのです。

転職経験者
人材業界 やめとけ

(人材業界営業の求人例:能力次第で年収1000万円も狙える世界です)

>>人材紹介営業の実際の求人を見てみる

人材業界は「年功序列」とは無縁です。

20代でも役職つきになることは普通にありますし、

努力次第では入社1年目からでも高年収を狙えますよ。

大手人材のトップセールスになれば20代後半〜30代前半でも年収1000万円こともあります。

>>大手の人材紹介営業に転職成功するには?

2.どこでも通用する営業力が身につく

人材業界の営業は転職という「人へのサービス」を扱う仕事です。

無形商材のため、顧客との信頼関係が最も重要とされています。

信頼関係を築くためには、高いコミュニケーション能力が求められます。

また、求職者の意向や人事の採用方針は常に変化するので、

何度も相談や打ち合わせを重ねる行動力、

最新の情報を素早くキャッチするためのリサーチ力が身に付いてきます。

このような磨き上げたスキルは、

今後どの業種へ転職したとしてもどこでも通用する営業力となります。

仕事に生きがいを見出したい人は向いています。

3.誰かの幸せが自分の幸せにつながる仕事ができる

人材業界の営業は、多くの人と深く関わっていくため、人が好きであることが大事です。

転職活動や採用は一筋縄ではいきません。

先が見えなくて不安になることもあるなかで

時には厳しい意見を伝える必要があったり、

相手の希望に反するアドバイスをしなくてはならないときもあります。

転職経験者

それもすべて転職を成功させるためであって、

目の前の求職者を幸せな道に導きたいという思いが大切なのです。

最終的に「ありがとう」と感謝されることが、原動力になっていくでしょう。

このように、人に関わる仕事が好きな人や誰かを幸せにしたいと思う人は、

人材業界の営業に向いています。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.