介護職の転職体験談

介護職を辞めたい【退職理由7個】仕事がきつい?給料安くて生活できない?

介護職 辞めたい

(介護職を辞めたい…あるあるな退職理由ってどんなもの?)

  • 介護職を辞めたい理由は?
  • あるあるな退職理由ってどんなもの?
  • 介護職を辞めて転職し、本当に生活していける?

介護職は残念ながらとても離職率の高い仕事です。

特に20代〜30代の若い人は「思っていた仕事内容と違った」

というミスマッチで仕事を辞めていくケースが多いですね。

この記事では、介護職を辞める人によくある退職理由についてまとめてみました。

実際に介護職の現場で働いていた人間として、

介護業界の実態を赤裸々に書いていきます。

参考にしてみてください。

介護職を辞めたい…あるあるな退職理由7選

介護職 辞めたい

(介護職に多い退職理由7つ)

1. 将来が見えなくて結婚が不安

介護職は毎日同じ仕事でなかなか給料も上がりません。

職場は年功序列で役職がつくには最低5年はかかります。

また、役職がついても1万円ほどしか給料はあがりません。

その他にも入居数が決まっているので、大幅に会社の利益が上がることもないため、今後も給料が大幅にあがることは考えにくいです。

そのためこのまま働いていて、結婚や貯金などができるか不安になってきます。

2. スタッフとの人間関係がうまくいかずに辛い

スタッフ間は年の差が最大35歳開いています。

男女比率は5対5くらいですが、同期という存在が基本的にはいません。

介護の専門学校というのはほとんどなく、入社してくる人は事務職だったり飲食などの接客業だったりと未経験が多いです。

スタッフも15名程度なので歳の近い人も少なく相談できる相手も少ないのが現状です。

なので上司などとトラブルがあると1人で抱え込んでしまう現状が多くなっています。

業務も忙しいため余裕をもって接する機会も少ないため意見を交わす場面もありません。

3. 収入が少なくお金が貯まらない

給料が上がらないうえに手取りは18万円〜21万円くらいの間です。

この3万円の差額は残業代によって毎月変動します。

ボーナスも1.5ヶ月分が2回支給なので合計手取り55万円くらいです。

なので年収に換算しても320万円前後になりますね。

なのでお金が貯まらずに1人暮らしをするのが精一杯になります。

介護職としてもっとお給料を稼ぎたい人は、

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

【介護士の働く場所】給料稼ぐなら特別養護老人ホームかケアハウスがおすすめ

介護士の働く場所はどこがおすすめ?お給料が高いのはどんな施設?介護士といえばお給料が安い…というイメージがありますが、特別養護老人ホームなど高い年収を稼げる職場もたくさんあります。この記事では、お給料にこだわる方向けに介護士の働く場所の選択肢を紹介します。参考にしてみてくださいね。

続きを見る

4. 仕事がきつく精神的にも疲れる

介護職は高齢者のお世話を全般的にしなくてはなりません。

なのでプライドが高い方やこだわりの強い方にきつく言われることがあります。

例えば食事の提供が少し遅れると「仕事ができないんだね」や朝のコーヒーを出す時間が遅れると「この時間しか飲まないからもういらない」など思っていることをストレートに言われます。

なので精神的にも疲れやすいです。

5. 他に良い仕事があった

他に良い仕事を見つけてしまうとどうしても良い仕事の方に行きたくなります。

介護職は他の職業に比べて重労働で精神的にも疲れます。

なのでお世話が好きという人や介護に熱意がある人でないと続けにくいです。

6.人手不足による業務過多でしんどい

他の業種に比べて人手が少ないです。

本来は12〜13人必要な仕事ですが、私が働いていた職場には10人しかいませんでした。

そのため業務の回転が悪くなるので「遅い」といったクレームにつながることがおおいです。

普段できない事務作業などをほぼ毎日残業で行います。

月に30時間は残業がありますね。

その他にも休日出勤や希望休が月に2日までと制限があります。

基本週2日の休みはありますが夜勤後だったりもするのであまり休めている感じはありませんね。

なので体力的にもきつくて辞めたくなりますね。

7. 感染症などのリスクがかなり高い

介護職は高齢者の方が多いので通院している人も多いです。

そのため病院行ってなどで流行っている感染症などは移りやすいです。

なのでどんなに感染対策をしていてもある程度の覚悟は必要ですね。

私が20人規模の介護施設の介護職を勤務1年で辞めた理由

私が介護職を辞めた理由は、体力に限界を感じたからです。

私が働いていた施設では、利用者数とスタッフの人数の割合があっていませんでした。

人数的な割合としては、20人の利用者に対して10人でした。

私の実感ですが、20人の利用者に対して13人は必要です。

身体介護だけでなく、ご飯を作ったり来客者の対応だったりを含めると、この人数割合は最低限ですね。

実際には常に10人程度しか出勤していませんでした。

体力的には相当きつかったですね。

「スタッフを補充すれば良い」という声もありましたが、

募集をかけても応募してくる人がいないのです。

また採用されてもきつくてすぐに辞めてしまう人が多いのでなかなか安定して人数が増えません。

残業も1日1時間〜2時間程度あり、週あたり10時間はありました。

なのでこのままではしんどい一方なので辞めました。

次の仕事も続けられるか不安…。それでも私が介護職を辞めた理由

介護職をやめて、次の仕事も続くか…と不安は感じていました。

しかし、このまま介護職にいる方が不安だと感じました。

他の介護施設の求人も見ましたが、

どこも給料は手取り20万円前後しかないのに、

残業は1日2時間程度は必ずあるとのことでした。

(募集要項ですらこの書き方なのですから、実際にはもっと残業は多いと思われます)

やはりどこも人手不足を解消できていないようで今後、

少子高齢化になっていくに連れて負担は増えるばかりだと思います。

このまま介護職を続けても体力的、精神的な負担も増えるばかりだと思ったのです。

-介護職の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.