Sponsored Links

メーカー製造業の転職体験談

開発職を辞めたい…。退職理由あるあると大手精密機器メーカーからの転職体験談

開発職,辞めたい

憧れの開発職の現状は?

  • 開発職は華やかで憧れる
  • 激務だったりしないのかな?
  • 今の時代も開発職は安泰じゃないの?

開発職について、

「新しい製品を開発する格好いい仕事」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

実際のところ開発職の仕事内容や環境は大きく変わってきており、

今では「辞めたい」と考える方も少なくありません。

ここでは、開発職としての私の実際の経験から、

なぜ「開発職を辞めたい」と考える人が増えているのか解説します。

私自身は既に開発職を辞めていますが、退職の際の理由やコツについてもご紹介します。

開発職を辞めたいと考えている方はもちろん、開発職を目指している方も参考にしてみてくださいね。




Sponsored Links

開発職を辞めたい…あるあるな退職理由5選

開発職,辞めたい

開発職の仕事の辛さとは

1. 新規開発に関われないのがつらくて辞めたい

開発職を辞めたい理由として、

「せっかく開発部門に所属できたのに、新規開発に関われない」という意見をよく聞きます。

華やかに見られる開発部門でも、

  • 既存製品のトラブル対応
  • 使用部品の生産中止対応
  • 得意先へのカスタマイズ対応
  • 規格改正にともなう設計変更
  • 顧客からの問い合わせ対応

といった、新規開発以外の仕事に追われてしまうことがよくあるからです。

開発職を辞めたくなる背景には、新規開発に関われないという現実もあるのです。

もちろん、「開発職でもやるべき仕事はやらなくてはダメ」という声もあります。

確かに、お客様や外部からのお仕事には対応すべきという意見は正しいです。

しかし意味のないルール化に縛られ、

「余計な事務作業が増えて、製品開発に集中できない」といった事例もよくあります。

開発職にとって意味のないと思えるルールの例として、

安全面やコンプライアンス面でのリスク回避のための社内ルールが挙げられます。

無駄な社内ルールで本業の開発業務ができない」という声が、

「開発業務に集中できる企業に行きたい」という声に変わっていくのを私も何度も見てきました。




Sponsored Links

2. 納期遅れのストレス

開発納期が遅れるとストレスを抱えてしまい、辞めたいと思うようになります。

開発部門に所属していても開発以外の仕事が無駄にあるため、

開発スケジュールが遅れることは少なくありません。

開発が遅れると営業活動の開始時期も遅れるため、

新商品で予算を組んでいた営業部は既存製品で予算をカバーしなければいけなくなります。

開発の遅延を説明する会議の場で、営業部の人たちの表情を見るのはつらいものです。

「また開発遅れか、やってらんないよ」

なんていう不満の声が耳に入ってくることもしばしばあります。

責任感が強い人ほど、スケジュールの遅れに対して強いストレスを感じてしまいがちです。

営業部門や会社上層部への説明もプレッシャーとなり、苦しいストレスを抱えることとなります。

難しいと分かっているのに「スピードを上げて取り組みます」と言わないといけないのですから、

辞めたいと思うのも当然ですよね。

3. 開発したものが売れない…

自分が開発した製品が全く売れない時も、辞めたい気持ちになります。

開発職になったからには「世の中に役に立つものを作りたい」と誰しもが思い描くものです。

そうした希望が実現できないのでは、辞めたい気持ちになるのは当たり前ですよね。

なぜ売れない製品を開発してしまうことがあるのでしょうか?

原因について共通して言われるのが、

「日本は高度成長から作れば売れる時代を長く経験したため、マーケティング戦略が弱い」

ということです。

また、

  • 家電
  • オーディオ
  • 半導体

といった一時期は世界でたくさん売れていたこれらの製品は、今では競争力を失っています。

自分が開発した製品が売れないのを避けるための解決策としては、

  • マーケティングが上手な企業へ転職する
  • 売れないことがないくらい売れている企業へ転職する
  • 売れないことがないくらい成長市場へ力を入れている企業へ転職する

といった転職活動が挙げられます。

一方で、開発職をあきらめる選択をする人も最近は増えてきています。

4. 共同研究ばかりで肩身がせまい

企業同士の共同研究産学連携の研究プロジェクトに憧れて開発職に就いた人が、

「辞めたい」と言うケースも少なくありません。

実用化にはほど遠い研究をさせられたり途中で打ち切りになったりすることも多く、

ほとんどが売上に貢献できないからです。

売上貢献をしていないのに給料をもらい続けるのは肩身の狭い思いをすることにもなります。

共同研究で企業間の力関係や政治関係といった暗い部分が見えてしまうのも、

辞めたいと思う理由の一つです。

5. 給料が下がり、やりがいも失う

働き方改革とコロナの影響で、開発職の人は給料が下がるだけでなくやりがいも失っています。

残業時間が半分になり、

「月収の手取りで10万円近く低くなってた」という声も耳にします。

事務系の仕事と比べると、開発職の仕事は予測しにくく時間がかかるのが特徴です。

特に技術的にどうなるか分からないことに関しては、

「何日もかけて実験したのに、分からないことがわかっただけだった」なんてこともよくあります。

成果が出なかった技術評価では残業代を申請しにくいものですが、

一昔前なら多くの時間を使って開発業務に没頭できたのも事実です。

サービス残業ができた時代の方が働きやすかったという見方もありますが、今は違います。

残業時間も厳しく管理される一方で、

できる限り定時の内に開発職を全うするように言われる時代になったのです。

開発業務は上手くいかないことの方が多いため、

「残業しないと開発職として仕事にならない」と言う人は若手にも大勢います。

給料が下がるだけでなく思うような開発ができないのですから、

「辞めたい」と考える人が増えているのも理解できます。

私が20年働いた大手精密機器メーカーの開発職を辞めた理由

開発職,辞めたい

開発職を辞める際のポイントとは

キャリアをスタートさせた頃に憧れた上司像が今の時代には消えてしまった、

というのが私が開発職を辞めた最も大きな理由です。

「技術の優れた人が会社で出世していくのは当然」という時代から、

「技術だけが優れた人はマネジメントができないから出世できない」という時代に変わっていったのです。

昔は、「自分も技術を磨いてあの人のようになろう」と憧れの的となる上司や先輩がたくさんいました。

しかし技術上がりの職人気質の人は出世のラインからは外れてしまい、

技術開発で実績のない人ばかりが役職に就くようになっていったのです。

出世のラインから外されて技術を追求する職人になるという将来を、

私はイメージができませんでした。

「自分の持っているスキルと経験を別の世界で貢献しよう」と考えるようになり、

辞めることを決断しました。

決断にあたっては転職経験のある友人や転職エージェントなどにお世話になりましたが、

一番大切なのは、自分の人生をどう生きるかを決めることです。

開発職を辞めたいと感じている人は今一度自分の人生というものを振り返り、

どう生きていくのかを考えてから行動することをおすすめします。

今開発職を目指している方も、

自分がどのようなキャリアを歩みたいかをきちんと計画した上で転職を考えると良いでしょう。




Sponsored Links



Sponsored Links

-メーカー製造業の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.