転職の体験談

経営企画への転職は未経験でも可能?採用成功のポイントを経験者が解説!

  • 経営企画に未経験で転職することはできる?
  • 自己PRすべきスキルや資格は?
  • ポテンシャル採用の対策ポイントは?
経営企画 転職 未経験

(未経験者でも経営企画に転職できる?具体的な対策方法を解説!)

経営企画の仕事って、未経験者でも転職できるの?

↑これはよく聞かれる質問なのですが、

結論からいいますと、可能だと思います。

転職経験者

ただし、あなたがこれまでに経験してきた職歴に応じて、

転職活動のやり方には違いがあることに注意してください。

↓具体的には、こちらの2パターンにわけて対策を考える必要があります。

  1. まったくの未経験者
  2. 経理や財務、法務など経営企画と親和性のある業務の経験者

それぞれのケースの対策方法について、具体的に見ていきましょう。

1.まったくの未経験者の対策ポイント

経営企画に関連する業務がまったく未経験である場合、

ポテンシャル採用の形で採用を行なっている企業の求人を狙うことになります。

(ポテンシャル採用というのは、あなたの性格的な適性ややる気をベースに採用判断を行うことです)

↓例えば、このような条件で求人が出ていることが多いですね。

経営企画 転職 未経験

(未経験者向けの経営企画求人)

経営企画 転職 未経験

(未経験者向けの経営企画求人)

未経験者の場合、年収は400万円〜500万円程度が相場になるでしょう。

>>実際の経営企画の求人を見てみる

経営企画のポテンシャル採用枠を狙う場合、

↓以下のようなことを面接や書類選考で伝えるようにしましょう。

  1. 前向きな性格とコミュニケーション能力をアピールする
  2. 課題を見つけ、対策を考えられる能力があることを伝える
  3. 論理的な思考力があることをアピールする

1.前向きな性格とコミュニケーション能力をアピールする

Sponsored Links

経営企画というのは「会社の未来」を考えて働く仕事です。

なので、何か課題が生じた時に

「これはできない」という思考ではなく、

「どうすればできるのか」「目的を達成するために何をすべきなのか」という前向きな思考が持てることをアピールするのが重要です。

チャレンジ精神が旺盛で、難しい問題にも前向きな思考ができる人が適しているというわけですね。

また、経営企画は社内のさまざまな部署(製造や営業・経理や人事など)とかかわりながら仕事をしなくてはなりません。

なので、分けへだてなく明るくコミュニケーションが取れる人は歓迎されます。

一人でコツコツ仕事をするタイプよりも、

チームでいろんな人を巻き込んで仕事ができる人の方が好まれるでしょう。

社会人としての経験がまだ乏しい20代前半の人なら、

クラブ活動やサークル活動などで、

チームをまとめる立場になった経験があることなどを自己PRに含めてみてください。

2.課題を見つけ、対策を考えられる能力があることを伝える

経営企画の仕事は、会社がかかえている課題を見つけ、

それに対しての対策を考えて、経営者に提案する仕事です。

(経営企画が立案した対策を決断し、実行するのは経営者の役割です)

なので、今までの人生経験の中で「苦労したこと」と「それをどう乗り越えたか」をアピールするようにしてください。

結果が出ていなくても、壁にぶつかったとき、

やってやろう!何とかしようと行動できる人が求められます。

なお、転職回数が多い人は、仕事が大変で投げ出して転職してきた、

というネガティブなイメージを持たれないように注意しましょう。

3.論理的な思考力があることをアピールする

Sponsored Links

質問に対してロジカルに答えられることが大切です。

これは、経営企画の仕事の流れと対応しています。

「課題の発見」→「対策の立案」→「それを支える根拠を社内に説明」

というのが経営企画の仕事の流れですが、

面接もこれと同じスタイルを意識してのぞみましょう。

↓具体的には、以下のような受け答えが理想です。

「面接担当者からの質問」→「あなたの答え」→「その答えの理由」

この流れを意識し、

「質問に対してまずは結論を先に答え、その理由は後から説明する」

というようなスタイルで話をしてみてください。

重要なことは、何が聞かれているか?(相手が本当に知りたいことは何か?)を察知し、

それに対してのシンプルな回答を心がけることです。

一生懸命説明しようとして、回りくどくなっていないかも気を付けましょう。

2.経理や法務の経験者の場合

経営企画は、経理や法務といった「企業の管理部門」での実務経験がある人を積極的に採用する傾向があります。

特に、会社の数字を経営にどう活かすか?という視点で働ける人は好まれますから、

経理や財務での実務経験がある人は、

経営企画の仕事は未経験でも採用される可能性が極めて高いといえます。

↓実際、応募の必須要件として「経理の実務経験」を挙げている企業はとても多いですね。

経営企画 転職 未経験

(経理経験者向けの経営企画求人)

経営企画 転職 未経験

(経理経験者向けの経営企画求人)

>>経理経験者向けの経営企画求人を見てみる

経理経験者は、

  • なぜ経理から経営企画に転職したいのか?
  • これまでの経理としての実務経験を、どのように生かすことができるのか?

を具体的に伝えるのがポイントになります。

↓例えば、以下のような感じですね。

これまでは経理職として決算書を「作る」仕事をしてきたが、

今後は決算書を「使う」仕事をやってみたい。

経理経験は、財務諸表が理解できる点で有利ですし、

数字から見える経営課題を発見できることをアピールできます。

経営幹部は、経営目標や経営指標(KPI)の設定提案ができる人を重宝するものですから、

経理経験者は経営企画への転職を成功させやすいのはまちがいありません。

会社を「全体的にみる視点」をアピールしよう

経理や法務といった部門で働いてきた人は、

「会社を全体的に見る」という視点が身に付いているはずです。

(少なくとも営業や製造だけを経験してきた人に比べて)

上では経理経験者について解説しましたが、

法務経験者も経営企画の仕事に適性がある可能性が高いでしょう。

例えば、従業員の雇用や得意先との契約締結にあたって、

法的にメリットのある施策の提案したり、

現在、自社が抱えているリスクを指摘し、法的知識をもとに対策を講じていくのも経営企画の仕事です。

過去に経験した仕事の経験が、経営企画職としてどのように応用できるか?を考えてみてください。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.