転職の体験談

経営企画の仕事内容でつらい・辞めたい瞬間3個!向いてる人の特徴は?

  • 経営企画の仕事ってどんなもの?
  • 仕事をしていて「つらい・辞めたい」と感じるのはどんなとき?
  • 経営企画職に向いている人の特徴や性格は?
経営企画 つらい

(経営企画の仕事内容でつらい・辞めたいと感じるのはどんなとき?)

 

経営企画は、会社全体を見渡しながら経営者の支援をする仕事です。

かっこよくいえば「経営者の懐刀(ふところがたな)」のような仕事なのですが、

負担も大きい仕事であることは間違いありません。

正直、仕事をしていて「つらい・辞めたい」と感じてしまう瞬間も多いですね。

もちろん、その分だけやりがいも大きい仕事といえます。

転職経験者

この記事では、中小規模の食品メーカーで経営企画課長をやっている私が、

経営企画の仕事のつらい部分・楽しい部分を紹介します。

「経営企画に向いているのはこういう人」という情報もお伝えしますので、

ぜひ参考にしてみてください。

経営企画の仕事をしていて「つらい」と感じる瞬間

↓経営企画の仕事をしていて「つらい」と感じる瞬間としては、以下のような場面があります。

  1. 仕事の規模が大きく、会社全体の業務を把握する必要がある
  2. 経営陣と現場メンバーからの期待に対するプレッシャーがある
  3. 自分の専門外についても学ぶ必要がある

>>経営企画の仕事に「向いてる人」の特徴とは?

1.仕事の規模が大きく、会社全体の業務を把握する必要がある

会社全体のあらゆる部署の現状を知ることが大切になるので、業務範囲の広いところがハードな部分です。

営業や製造などの現場作業、人事や経理、情報システム部門などといったサポート業務まで幅広く業務を知る必要があり、それぞれの部門での課題を拾い上げることが求められます。

2.経営陣と現場メンバーからの期待に対するプレッシャーがある

Sponsored Links

経営企画には「現場の課題」をしっかりと吸い上げて経営者に報告することと、

それに対しての対策案を提案することが求められます。

↓例えば、日常的なやりとりとしてこんな感じでやりとりが生まれます。

  • 経営者
    「今の製造現場の課題ってどんなことが考えられる?」

  • 「事前にターゲットを定めないで商品づくりをしているのが気になります。事後評価もできていないためコンスタントにヒット商品を生み出せていません」
  • 経営者
    「なるほどね。で、それに対策を打ててないのってどうして?」

  • 「企画部のデザイナーさんとのやり取りに時間とコストがかかっています。対策としては、マーケティングができるメンバーを含めた商品開発チームの組織作りが急務です」
  • 経営者
    「それ、どのぐらいコストかかる?」

  • 「かしこまりました。ただちに試算して報告します。」

もちろん、現場のニーズをそのまま伝えているだけでは経営企画の存在意義がありません。

(それなら経営者が自分で現場の担当者を呼んで聞けばいいですから)

現場のニーズをそのまま実現しようとしたらどういう問題が生じるか?

競合他社などの外部環境や自社の内部環境まで分析したうえで、効果的な提案を求められます。

現場メンバーとの「板ばさみ」になることも…

経営企画の部署にいると、現場メンバーと経営者との「板ばさみ」状態になることも少なくありません。

現場メンバーは、経営企画のことを「現場のクレームを経営層にあげてくれる人たち」と認識している人も多いんですよね。

必ずしも現場のニーズと経営陣のニーズは一致しませんから、調整や説得もときには必要となります。

↓※例えばこんな感じで、現場との意識のすり合わせも我々の仕事になります。

  • 現場メンバー
    「ターゲットなんてどうでも良くて、売れたらいいんだよ、現に売れてるし。」

  • 「売れるのはいいですが、数字を見るとかなりロスが出ているようなんですよ」
  • 現場メンバー
    「うーん。でもデザインのできる人が社内にいないからね…」
  • 私:
    「社内にいたらもっと早く制作できますし、コストも抑えられるのはまちがいないわけですか?」
  • 現場メンバー
    「今は忙しくてそれどころじゃないよ」
  • 私:
    「なるほど。今すぐ解決というわけにはいかない問題ですね。長期課題として社長に提案としてあげてみますので、一緒に対策を検討してもらえませんか?」
  • 現場メンバー
    「次の納期まであんまり時間ないんだけどなあ…。わかったよ。」

3.自分の専門外についても学ぶ必要がある

それぞれの部門で一定の知識がないと、打ち合わせなどの議論の内容が理解できません。

経理であれば、財務諸表を読み込むことや原価について議論できず、ちんぷんかんぷんです。

製造であれば、設備についての知識や作業工数などどれくらいかかるかなどを知っておかないと現場の人に怒られます。

苦手だからといって避けて通れるものではありません。

経営企画の仕事に向いている人の特徴

Sponsored Links

ここまで経営企画の仕事内容について大まかにお伝えしましたが、

この仕事に「向いてる人」ってどんな人でしょうか。

↓私の経験からいうと、経営企画に向いているのは

以下のような特徴(適正)を持った人だと思います。

転職経験者
  • 未来のことを考えられる人
  • 会社全体の視点を持って働ける人
  • 期待に応えることにやりがいを感じられる人
  • 過度にプレッシャーを受けずに確実に業務ができる人
  • 情報を共有し、上司に対して素直に悩みを相談できる人

ちょっと抽象的な話になりますが、

仕事を選んでいく上で「向き不向き」ってとても重要です。参考にしてみてください。

1.未来のことを考えられる人

将来の社会はこうなっているのでは?と考えることが楽しいと感じられる人。

これから会社を「良くしたい」「変えていきたい」と、未来の会社を想像できる人は、ワクワクできるはずです。

他部署では、その中の業務の範疇を越えた改革を進めることはなかなか難しいです。

一方経営企画では、会社全体を考えることが必要になるので、自分の理想の会社に変えることも可能になります。

2.会社全体の視点を持って働ける人

会社にとって一番効果の高いのは何かを判断できる人。

部門別にみるとベストでないことは少なくありません。

要するに全体最適を目指す必要があるので、どこか特定の部署だけが楽になるとか、負担が減るといった判断では不十分です。

一部分の効果だけを見るのではなく、全体を俯瞰した効果を見る力が必要です。

3.期待に応えることにやりがいを感じられる人

頼られると嬉しいタイプの人が向いています。

頼りにしてくる人は、どうしても何とかしてくれるのではないかと期待をしてしまいます。

その期待をエネルギーに変えられる人は、大きなやりがいになることでしょう。

経営陣と現場の期待も大きいだけに、結果を出すと大変感謝されますので、感謝の言葉も次の課題への力に変えられるでしょう。

4.過度にプレッシャーを受けずに確実に業務ができる人

どんな状況でも臆することなく普段通りの力を発揮できる人。

特に経営陣からの要求は、規模が大きい、問題が多い、複雑化している、スピードを求められることが多いのですが、解決できるかはそれほど期待していません。

それよりも、難しい問題に対して逃げずに立ち向かえる人を求めています。

経営陣は、一般の部署単位で解決が難しい部分を経営企画部門に求めています。

そこにアプローチしていくことを最も重要視しているので、まずは行動すること。

本当に重要だと判断されれば、プロジェクトチームが立ち上がったり、人員を補強してくれます。

ですので、チャレンジし精神があるだけで十分だと考えています。

実際のところ、プレッシャーを楽しめるくらいの人が活躍しています。

5.情報を共有し、上司に対して素直に悩みを相談できる人

こまめにホウレンソウができて、進捗をしっかりと共有できる人。

経営陣は朝令暮改も少なくありません。

方向性をガラッと変えることもあるので、上司にこまめに状況を共有しましょう。

会社全体の課題は一人では到底解決できません。

自分ひとりで頑張ろうとせず、少しでも不安がある場合は、必ず相談しましょう。

もちろん順調なときも、「ここまで進んだので、次はここに取り掛かります」といった、進捗報告はかかせません。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.