仕事の悩み

向いてる仕事がわからない人へ。仕事選びと自分発見のヒント

  • どんな仕事が自分に合っているのかわからない…
  • 自分に向いてる仕事はわからないけど、今の仕事が向いてないのだけはわかる。
  • 仕事選びは自分のやりたいことでやるべき?それとも収入で選ぶべき?

世の中には本当にたくさんの仕事がありますね。

一昔前に比べると職業選択の自由は非常に大きくなっていますから、今の若い人には「チャンスがたくさんある」といっても間違いありません。

しかし、その一方で「自分には何が向いているんだろう?」と悩み立ち止まる方も多いのではないでしょうか?

むしろ、選択肢が多くなればなるのほど「どれを選べば良いのかわからない」という悩みを持つ人は増えているのだろうと思います。

最初から(新卒で就職した会社から)「これが天職だ!」と思える仕事に出会うことができればいいですが、ほとんどの人はそううまくはいかないでしょう。

天職に出会うためには、自分が何をしたいのか?について深く深く掘り下げて考える必要があるのです。

この記事では、向いている仕事がわからない人へ、「仕事選びと自分発見のヒント」を紹介します。

  • 「自分はこの仕事を本当にこのままやっていくべきなのか?」
  • 「やりたいことなんて特にない。でも今の仕事はつらい」
  • 「もっと合っている仕事があるのではないか?」

こんな想いを抱えながら日々悩みながら仕事をしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

きっと役に立つと思います。

向いてる仕事がわからない人は、まず「絶対にやりたくないこと」をリストアップしてみよう

「自分の天職はなんだろう?」と考えるとき、ほとんどの人が「自分が本当にやりたいこと」から考えるとするでしょう。

ですが、このやり方だとほとんどのケースでうまくいきません。

Sponsored Links

自分が好きなことと、仕事として貢献できることとはまったく違いますし、自分では「これが得意」と思っていたことでも、実際に仕事としてやってみると「まるで向いていなかった」ということはよくあることです。

より確実に天職を見つけるためには、まず「絶対にやりたくないこと」「絶対に嫌なこと」を考えてみてください。

「絶対にやりたくないこと」というのは過去の経験などから具体的に考えられるので、くっきりとイメージすることができますよね。

↓例えば、以下のような感じです。

「絶対に嫌なこと」を考えてみる

  • 営業の仕事をしていたときに、新規開拓で初対面のお客さんと話をするのが本当に苦手でつらかった。
  • 事務職の仕事をしていたとき、職場内の雰囲気になかなかなじむことができなかった。女社会のような人間関係が本当につらかった。

または、「こういう人とは絶対に一緒に仕事をしたくない」ということをイメージしてみるのもヒントになるでしょう。

例えば、実際に営業マンをやってみて「これは絶対に自分には向いていないな」という経験をしたのであれば、おそらくそれは正しい感覚なのです。

「営業マンという仕事をやっていて、絶対に嫌だ」と感じた作業をリストアップしてみてください。

嫌だと感じたのはなぜか?を考える(自分の価値観を知る)

あなたが「絶対に嫌だ」と感じたことであっても、他の人は喜んでやっている…ということはありますよね。

この違いはどこから来るのでしょうか?

結論から来ると、これが「価値観の違い」というものです。

あなたが「絶対に嫌だ」と感じることは、あなたの価値観と合致しないことが含まれている可能性が高いのです。

絶対に自分では向いていない、絶対に嫌だと思うことを考えたら、「なぜ、自分はこの作業が嫌なんだろう?」と考えてみてください。

「嫌なこと」に対してきちんと向き合って理由を考えることで、あなた自身の価値観の形が少しずつクリアになっていくと思います。

自分の価値観にマッチする仕事は具体的にどんなものがあるか?を考える

「やりたくないこと」の価値観を見直したあとは、「その対極にあること」を考えます。

Sponsored Links

例えば、あなたは新規開拓の営業の仕事が絶対に嫌だったとしましょう。

このことからわかるのは、あなたは「なじみのある相手とコミュニケーションをとるタイプ」だということです。

少なくとも、初対面の相手とやりとりをするようなコミュニケーションは苦手です。

ここまでくれば「あなたの価値観」がどんどんクリアになってきているはずです。

世の中にはどんな仕事があるのか?具体的に知る方法

あなたの価値観がわかったら、今度は「自分の価値観に合致する仕事には、どんなものがあるのか?」を考えましょう。

具体的な職業の選択肢を知るには、転職サイトを使うのが一番手っ取り早いです。

各種の転職サービスのメリットやデメリットについて説明していきます。

転職サイトをのぞいてみよう

転職サービスを利用するのもひとつの手です。

転職サービスを利用する上でのメリットとデメリットは…

メリット

  • 無料
  • 手軽
  • 自分のペースで進められる

デメリット

  • 他人からのアドバイスがない
  • すべての作業を自分でやることになってしまう
  • 主観で「この仕事が向いてそうだ」と思い込んでしまうことが多くなる
  • それによるミスマッチの可能性がある

転職エージェントに相談してみよう

転職エージェントを利用することもひとつの方法です。

転職エージェントを利用する上で考えられるメリットとデメリットは…

メリット

  • プロの視点で客観的に捉えることに長けている
  • あなたにとっての適職を紹介してくれる
  • 応募書類の添削や面接のアドバイスがもらえる

デメリット

  • 転職エージェントとのやり取りが発生すること
  • 転職エージェントが持っている案件から紹介されるため、かえって範囲が狭くなることもある

適職診断テストを受けてみよう

転職支援会社が無料でサイト内で提供しているものがあります。

このサイトを利用することであなた自身に向いている仕事が見えてきますよ。

ここではリクナビNEXTとマイナビの2つを紹介します。

どちらも利用してみると傾向などが見えやすくなりますよ。

①リクナビNEXT

22個の質問に回答していくことになります。

5分くらいで回答できるので、お手軽感があります。

質問内容

  • 最初の12個の質問
    仕事選びの価値観に関するもの(例えば、福利厚生の度合いや仕事での人間関係などの内容)
  • 後半の10個の質問
    性格に関するもの(例えば、物事に取り組むときに1つのことを行うのか、いろいろこなしながら行うのかの度合いを選ぶような内容)

私の場合には「仕事内容」重視タイプと診断されました。

その結果に伴っておすすめの求人検索キーがページの下の方に表示されます。

私の場合には「スペシャリスト」と「冷静」というキーワードが出ました。

そのキーワードにそって検索すると仕事の方向性が見えるようになりますよ。

②マイナビ

20個の質問に答えるだけで、27個の職業別にあなたにとってぴったりな仕事が見つけられます。

こちらも5分もかからないくらいで結果が出ます(私の場合には「予測不能な人生を送るアーティスト」となりました)

特徴として、性格の要素を表すディグラム波形も見ることができることが挙げられます。

性格の度合いによる誤差も調整することができますよ。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.