Sponsored Links

転職活動のコツ

履歴書で勤続年数をごまかすと職歴詐称?空白期間や在籍期間の短さが気になる人へ

履歴書,勤続年数,ごまかす

履歴書の勤続年数をごまかすのはアウト?

  • 履歴書の空白期間が気になる…
  • 在職期間を実際より長くしたらバレる?
  • 履歴書に嘘を書いたら犯罪?

転職回数が多めの人の中には、

履歴書の空白期間勤続年数が気になる…という方もおられるでしょう。

転職で不利に働くのではないかと不安になりますよね。

ちょっとぐらいごまかしてもバレないかも…。

なんて考えてしまうこともあるかと思いますが、

勤続年数をごまかすことは基本的にやらないほうが良いです。

この記事では、履歴書の勤続年数をごまかすことのリスクを解説します。

バレてしまうケースについても紹介しますので、参考にしてみてください。




Sponsored Links

履歴書の勤続年数をごまかすと職歴詐称?

履歴書,勤続年数,ごまかす

勤続年数のごまかしは本来は職歴詐称

まずは原則的なルールから説明します。

履歴書の勤続年数をごまかすことは、法律上は職歴詐称にあたってしまいます。

企業は、応募者が履歴書や職務経歴書に真実を書いていることを前提にして人材を採用しています。

従業員と企業は、法律上は雇用契約を結んでいることになります。

契約内容をごまかした場合、ごまかされた側(ここでは企業側)は、

契約の無効や取り消しを主張することができてしまうのです。

実際には、過去の職歴は細かくチェックされていない

もちろん、実際には企業側があなたの過去の職歴をこまかくチェックするケースは少ないでしょう。

なので、この職歴詐称が内定後または就職後に、

バレないケースがあるのも事実です。

職歴詐称がバレた場合は採用の取り消しや解雇されるケースもありますが、

よほど大きな職歴詐称がない限り問題にはなりにくいものです。

優秀な人材(または頭数)がいればそれで良いと考える企業もあるため、

小さなごまかしには目をつぶることもあります。

多くの企業にとって大切なのは、会社に利益をもたらしてくれる人材なのです。

もちろん大手企業やポジションによっては信用が第一になるケースもあり、

事前に調査会社を入れることもあります。

特に勤続年数が短く転職回数が多い人であれば、

数か月や半年、1年くらいは詐称して勤続年数を長く申告したくなるものです。




Sponsored Links

避けた方が無難な職歴詐称の具体例

ここからは職歴詐称のリスクや、

どのような場合に勤続年数のごまかしがバレるのかを紹介します。

↓まず、絶対に避けた方が良い(リスクの大きい)やり方としてはこちら。

  • 勤務経験のない会社に勤務したことにする
  • 派遣社員、契約社員なのに正社員として書く

勤務経験のない会社について新しい職場から聞かれる可能性がありますし、

辻褄が合わないなどの問題も出てくるので避けた方が無難です。

派遣社員・契約社員なのに雇用形態を偽って正社員として申告するのも避けましょう。

派遣社員の場合に実際に勤務した会社の名前を書く人がいますが、

予想もしないところでバレることがあるため、大きな詐称は避けましょう。

履歴書の勤続年数ごまかしがバレる原因は雇用保険の加入期間

勤続年数のごまかしは、雇用保険などに関する公的な書類からバレることがよくあります。

就職後に勤務先に提出する「雇用保険被保険者証・雇用保険被保険者資格等確認通知書」には、以下が記載されています。

  • 前職の会社名
  • 資格取得日(入社日)

入社後すぐに人事担当者などから雇用保険の提出を求められるため、

その時に履歴書に書いた内容と矛盾しているとバレる可能性があります。

また、年末調整時に提出する源泉徴収票からも以下の情報を知ることができます。

  • 前職の会社名
  • 入社日
  • 退職日

勤続年数のごまかしは公的な書類からバレることがよくあります。

また、書類以外でも知人を通じてバレることもあります。

短期間で辞めたり印象的な辞め方をした人だと、いつまでも覚えていることはありませんか?

新しい場所で再スタートしたはずが、取引先に前職の関係者がいるケースもあります。

自分は覚えていなくても、相手側がよく覚えているケースがあるので注意しましょう。

【私も実際にやった】履歴書の勤続年数が気になる人のための対策方法

履歴書,勤続年数,ごまかす

実際にあった勤続年数のごまかし

履歴書の勤続年数の詐称は本来やってはいけないことですが、

かく言う私も勤続年数のごまかしをやったことがあります。

私は1年半勤めた会社を辞め、半年の休職期間ののち勤めた会社も1年半で辞めてしまいました。

悪いと知りつつも「1社目の会社の勤続年数を2年」と半年伸ばし、

その後すぐに次の会社に就職したことにしました。

その後私は転職に成功し、

勤続年数について触れられることもなく5年間同じ会社で働き続けました。

ここでは、履歴書の勤続年数が気になる方のための対策方法を2つご紹介します。

1. あまりに短期間での転職なら空白期間にする

勤続年数があまりに短い場合は、あえて空白にしておくことをおすすめします。

試用期間中に退職した場合は社会保険手続きをしていないため、

保険証などにも在職していた事実は残りません。

面接時には履歴書の空白期間はアルバイト期間と伝えましょう。

口頭でどんなアルバイトをしていたのかアピールすることをおすすめします。

2. 数か月の違いなら、勘違いで済ます

数か月の違いなら勘違いで済まされることもあります。

私の職場にいた転職女性Aさんの話です。

Aさんが以前所属していた会社に、私の知人がいることが分かったので3人で食事をしました。

話の中で「Aさんは1年半で辞めてしまったから大変だったんだよ」という言葉が出ました。

当のAさんは、

「退職したのが夏の暑い日だった記憶があったので9月退社して、勤続2年だと思い込んでいた」

とぼんやりした表情で答えていました。

半年の詐称が自分や周りに何か影響があるとも思えず、

この出来事はそのまま私の記憶から消えていきました。

このように、数ヶ月程度の違いであれば勘違いでごまかせる場合もあります。

まとめ

履歴書,勤続年数,ごまかす

勤続年数の大きなごまかしは避けた方が無難

履歴書の勤続年数をごまかすことは、本来であれば経歴詐称にあたります。

雇用保険など公的な書類や思わぬ知人から判明することもありますし、

最悪の場合は内定取り消しなどの処分が下ることも覚悟しなければなりません。

しかし優秀な人材であればそれで良いと考える企業もあるため、

わずかな期間であれば追及されないこともあります。

あまり大きな経歴詐称は避け、

短期間などであれば転職を有利に進めるためにごまかすのも1つの手です。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、

なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報収集から始めましょう。

  • いま現在、世の中にはどんな仕事があるのか?
  • 自分の性格で向いている仕事ってどういうものなのか?
  • どういう仕事をしている人が給料高いのか?
  • どういう業種にニーズが集まっているのか?
  • どういう業界が今後も伸びていくのか?

↑こういったことについての現状把握から始めることがたいせつです。

具体的には無料の転職サイトを使って、

現在募集されている求人をチェックしてみましょう。

(↑無料アカウントのみで、求人検索で年収を見られます)

管理人

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

転職サイトは無料サイトなので、お金がかかることはありません。

自分の年齢・職歴に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らう)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイトを使う場合には、1つだけ注意点があります。

それは、自分の年齢や職歴に合った転職サイトを使うことです。

転職サイトっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、

まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

無料アカウント登録で求人検索機能を使えます。

(年収や残業時間などのくわしい情報を指定して検索できます)

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してください。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

 

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは誰でも無料で使うことができます。

↓20代若手層の人がマッチする求人を見つけやすい転職サイトはこちらです。

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる




Sponsored Links

-転職活動のコツ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.