転職活動のノウハウ

正社員になれない30代の方へ。非正規・フリーターから就職成功する方法

Sponsored Links
  • 30代フリーター・非正規から正社員にはなれない?
  • 一度も正社員になったことがないってやばい?
  • 書類選考にぜんぜん通らない…原因は年齢?
正社員 なれない 30代

(正社員になかなかなれない30代のために就活のポイントを解説)

 

好きでずっとフリーターやアルバイトをしているわけじゃないけど、

なかなか正社員になれない…という方は決して少なくありません。

30代の方がなかなか就職成功できない原因としては、

20代の頃と同じやり方で就活をしてしまっている

ことが考えられます。

管理人

就職活動(転職活動)は、年齢20代と30代とでやり方がまったく異なります。

20代の頃と同じ考え方で就活してしまうと、

書類選考で全落ち…。なんてことにもなりかねませんよ。

この記事では、

30代で非正規・フリーターから正社員への就職を目指す方向けに、

転職活動(就職活動)の具体的なやり方を解説します。

一生懸命就活してるけど、なかなかうまくいかない…と感じている方は、

ぜひ参考にしてみてください。

正社員を目指す30代が自己PRすべき4つのこと

正社員 なれない 30代

(非正規から正社員を目指す30代がチェックしておくべき4つのポイント)

 

現在30代の人が正社員として採用されるためには、

以下の4つのポイントを押さえておかなくてはなりません。

企業側が未経験者を採用する場合、

年齢的に若い20代を優先したいと考えるのは自然なことです。

この点で30代は不利なわけですが、それは事実としてまず受け入れましょう。

きちんと対策をすれば、20代のライバルに負けることなく

正社員として採用されることは十分に可能ですよ。

上の4つの対策ポイントについて、順番にみていきましょう。

管理人

>>最速で30代・非正規から就活成功したい人はこちらをクリック

1.社会人としてのマナーをきちんと身につけていることをアピールする

正社員 なれない 30代

(30代から正社員を目指す人は「年下の先輩」ともうまくやれることをアピールしなくてはいけません)

 

まずは、あなたが社会人としてのマナーをきちんと身につけている人であることを自己PRしましょう。

具体的には、

入社後に周囲の先輩たちとうまくコミュニケーションをとっていけること

を採用担当者に伝える必要があります。

管理人

30代で正社員になる場合、

新卒入社の20代前半の人が自分の先輩になることもあるでしょう。

採用側としては「年下の先輩ともうまくやっていける人か?」はとても気になっているポイントです。

もちろん、仕事ですから年齢の上下なんて本来は関係ないはずですよね。

しかし、学生時代の先輩・後輩の感覚からなかなか脱出することができない人といのは少なくないのです。

逆に言えば、あなたが「仕事に年齢は関係ない。成果を出している人なら自分より年下であろうがなんであろうが、尊敬できる」という感覚で面接に望めば、

まわりのライバルから頭ひとつぬけだすことができるということでもあります。

こうした「大人の態度」で働けることは、

20代ではない30代ならではのコミュニケーション能力といえるでしょう。

2.自分の短所は長所に「変換」する

正社員 なれない 30代

(一見すると短所に思えることでも、伝え方しだいで長所にできます)

 

あなたの性格や経歴で「他の人と少し違っている部分」というのは、

あなたのとらえ方しだいで短所にも長所にもなります。

つまり、短所は長所に変換できるということです。

今のご時世、よほど古い体質の会社でない限り、

人とはちょっと違った経歴を

「面白い」と思ってくれる企業はいくらでもありますよ。

管理人

例えば以下のようなかたちで、

↓短所は長所に変換して自己アピールにつなげることが可能です。

  • いろんな職場を転々としてきた…(短所)
  • 大勢の人たちと関わってきたので、話題が豊富(長所)
  • 自分を曲げることができず、職場の人間関係でうまくいかなかったことが多い(短所)
  • 不正なことにはきちんとNOと言える(長所)
  • あきっぽくてすぐに別の仕事をやりたくなってしまう…(短所)
  • 好奇心が豊富で、いろんな仕事に挑戦してきた(長所)
  • 計画性がないと言われることが多い…(短所)
  • アドリブが得意で、臨機応変に対応できる(長所)

どんなにネガティブに思えることでも、

それはものごとを一面からみた場合の表現にすぎません。

人と違っていることは「伝え方ひとつ」でプラスに変えることは可能ですよ。

>>30代の就活は「これ」をやることから始めましょう

3.失敗や挫折をたくさん経験してきたことを明るく語る

30代で就活をしている人の中には、

30代でまだ正社員になったことがないということについて、過剰にコンプレックスを持ってしまっている人が少なくありません。

あなたは周囲とは少し違った社会人経験を積んできた人

といえるかもしれませんが、

それはむしろ強みにすることができます。

管理人

これまでにたくさんの失敗をしてきたということは、

それだけたくさんの挑戦をしてきたということであります。

人生にはいろんなことがありますから、失敗や挫折をすること自体は悪いことではありません。

企業の採用担当者がみているのは、

その失敗や挫折をどのように乗り越えてきたのか?

その経験を入社後の仕事でどのように生かしてくれるか?なのです。

失敗経験を積み重ねることは、

人間的な魅力を増し、他人に対する優しさを育てることにもなります。

むしろ、年齢30代で「人生でほとんど失敗をしたことがない…」という人は、

何も挑戦をしてこなかったつまらない人生を送っている人とさえいえるでしょう。

一見するとまじめに見える人が、

実はこんな失敗をしたことがありまして…。

という話をしてくれたら、

好感度は上がることはあっても下がることはありませんよね。

管理人

面接では「あの失敗をしたからこそ今の私の人生があります」という前向きな気持ちに切り替えて、明るく語りましょう。

これまでの人生で、たくさんの失敗してきたことは、

あなたをより魅力的に見せるための材料にすることができます。

4.二十代の人にはない「覚悟」があることを伝える

正社員 なれない 30代

(30代は20代の人にはない「覚悟」をアピールに使いましょう)

 

30代で正社員を目指しているあなたは、

20代の人たちにはない「覚悟」があるはずです。

その覚悟を、採用担当者に伝えるようにしてください。

↓例えば、30代のあなたには以下のような事情があるのではないでしょうか。

  • 周囲の冷たい目線にはもう耐えられない。なんとかまっとうな社会人としてみられるようになりたい。
  • 次の職場でもし正社員として働くことができたら、今度こそ地に足をつけて仕事をしていきたい。
  • まわりから低年収の落伍者と思われるのががまんならない。今の状況をなんとしても変えたい。
  • 養わないといけない家族がいるので、絶対にお金を稼がないといけない。

格好つける必要はありません。

自分は死に物狂いで仕事を探しているんだ…!

という必死感を採用担当者に伝えましょう。

管理人

この人は、ちょっとやそっとのことでは仕事を辞めてしまうことはないだろう。

と採用担当者に思わせればあなたの勝ちです。

こういったアピールの仕方は、20代の人にはなかなかできませんから、

年齢的に若いライバルに勝つための強みになります。

さらにいえば、

30代から正社員になることに挑戦することはとても勇気がいることですが、

これは企業の人事採用担当者もよく理解していることです。

人事採用の担当者というのは、

日頃からキャリアについて深く考える仕事をしている人たちです。

30代で未経験の仕事に挑戦している人たちが、

高いハードルに立ち向かっていることはきちんと理解してくれています。

管理人

相手も同じサラリーマンとして働く社会人です。

  • 今度の職場では絶対に失敗できない
  • 絶対にお金を稼がないといけない

↑こういった「覚悟」は、かざりたてることなく正直に話せばきちんと相手に共感を持って伝わります。

年齢的に30代であることは、

あなたの考え方しだいで弱みにも強みにもなるのです。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.