仕事の悩み

仕事を休みたい…精神的理由(ストレス)で限界な場合の対処法

  • 仕事を休みたい…。でも上司が怖くて休めない。
  • 精神的理由で辛いと伝えると職場での評価は下がってしまう?
  • 毎日、出勤前にはお腹が痛くなる。ストレスで限界…。

精神的理由でストレスを抱えている状態は本当に辛いですよね。

私は転職エージェントをやっていますが、職場の人間関係で悩み、うつ病寸前の状態で転職活動の相談に来られる方はかなり多いです。

どうしても今の会社が辛い場合には、一時的に休暇をとることも検討しなくてはいけません。

ただし、「精神的理由での欠勤」は社内でのあなたの評価を決定的に下げてしまう可能性がありますので、伝え方には注意してください。

この記事では、精神的理由で仕事を休みたいと感じている方向けに、正しい対処法を解説いたします。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。営業は絶対嫌だ!という人はここ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

仕事休みたい…精神的理由で限界を感じる時にはどうする?

仕事休みたい 精神的理由

(「精神的な理由で仕事を休みたい」と職場に伝えることのリスク)

精神的理由で仕事を休みたいときには、会社に対してどのようなかたちで伝えるのが適切でしょうか。

注意しておいていただきたいことは、精神的理由で仕事を休んでしまうと、

職場内でのあなたの評価が決定的に低下してしまう可能性があることです。

もちろん、企業はタテマエ的には「社員のケアもしっかりやっていますよ」ということをいいます。

しかし、現場では「精神的理由で仕事を休みたい」と伝えてしまうと、

  • 「あの人はちょっとメンタルが弱い人」
  • 「一緒に働く自分たちに何か不満があるのか?」

などの決定的にネガティブな評価を受けてしまう可能性があります。

一度このような評価を受けてしまうと、同じ職場で挽回することは非常に困難です。

「体力的に少し疲れた状態なので、1日か2日だけ休みたい」というのなら問題はありませんが、

精神的につらいので仕事を休みたい」と職場に伝えることは、よほどの覚悟と準備が必要であることを理解しておいてください。

どういう準備をしておくべきなのか?については後でくわしく解説します)

上司に相談するのは「最後の手段」

仕事休みたい 精神的理由

(精神的な理由で仕事を休みたいと上司に相談するのは「最後の手段」です)

信頼できる上司がいて、精神的理由で仕事を休みたいことを相談できるなら理想的です。

しかし、これはあまり現実的ではありません。

というのも、あなたの上司の仕事は、

あなたが「仕事を辞めたい」なんてことを言い出さないようにマネジメントすることだからです。

簡単にいえば、あなたが「仕事を辞めたい」と意思表示した瞬間に、

その上司自身の会社からの評価は下がってしまうということですね。

上司とはいえ、サラリーマンである以上は「自分の評価」がもっとも重要な課題です。

自分の出世よりも部下のために…なんて人はまずいないです。

(あなた自身も上司と同じ立場だったとしたら、そのように思うでしょう)

社会人として生きていく以上、自分の評価は自分で守っていかないと誰も守ってくれません。

精神的理由で仕事が辛い場合、上司に相談するのは「最後の手段」であることを知っておいてください。

退職を伝えるかどうかのギリギリのタイミングまでは、上司に相談するのは避けるべきです。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。営業は絶対嫌だ!という人はここ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

今の職場が精神的にどうしても辛いなら転職も検討しよう(ただし注意点あり)

  • 今の職場が精神的に辛い…。
  • 人間関係でいつもびくびくしている。
  • 出勤前に体調が悪くなってしまう。
  • 月曜日はいつも憂鬱で最低な気分…。

↑このような精神状態で働いている人は、

今の職場を離れる(転職する)という選択肢も視野に入れましょう。

仕事はあなたが人生でもっとも長い時間を使う活動です。

仕事が精神的に辛い状態というのは、人生のほとんどが辛い状態ということです。こんなのつらすぎますよね。

心配しないでも、あなたにあった仕事・楽しいと思える仕事は必ずあります。

私は転職エージェントとして今まで1000人以上の転職相談を受けてきましたが、

「向いている仕事が一つもない」なんて人には一人も出会ったことがありません。

ほとんどのケースで、「自分の適性にあった仕事につけていない」ということだけが問題です。

ちょっと視点を変えるだけで、あなたにあった仕事は見つかるのです。

これだけは注意!転職活動を始める前に知っておくべき3つのポイント

↓ただし、もし転職を選択肢に入れるのであれば、以下の3つだけは押さえておいてください。

この3つだけは重要

  1. 転職活動は必ず在職中に始める
  2. 自己分析は「社会人としてのやり方」で行う
  3. 何か1つだけでも「実績」を今の職場で作っておく(実はそれほど難しくないです)

それぞれのポイントについて、順番に解説いたします。

1.転職活動は必ず在職中に始める

転職活動は在職中に(=今の仕事をしながら)始めるようにしましょう。

転職活動そのものにも時間と労力が必要なので、「今の仕事はいったん辞めて、失業保険をもらいながらゆったりやったほうが良い」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論から言うとこれは避けるべきです。

↓失業保険は、在職期間が1年〜5年未満の人の場合、以下の日数しか受け取ることができません。

失業保険の受給期間

  • 30歳未満の人:90日
  • 30歳〜35歳の人:120日
  • 35歳〜45歳の人:150日
  • 45歳〜60歳の人:180日
  • 60歳〜65歳の人:150日

30歳未満の人ならたったの90日間=3ヶ月です。

転職活動には最低でも半年程度は見ておく必要がありますから、受給期間終了後は無収入になってしまいます。

転職活動は精神的なプレッシャーとの戦い

転職活動は自分との孤独な戦いです。

希望していた求人で不採用になることもありますし、慣れない面接で大きなストレスを感じることもあるでしょう。

ただでさえ精神的な負担が大きいのに、

失業保険がもらえているうちに絶対に採用を1社は獲得しないといけない…」というプレッシャーを抱えることになると、

多少は条件面では譲歩することになるけど、しょうがないか

というかたちで妥協することになりかねません。これでは何のために転職するのかわかりませんよね。

在職中なら少なくとも収入については心配する必要がない

一方で、在職中に始めるのであれば、

少なくとも収入については安定した状況で転職活動を行うことができます。

次の職場ではあなたの希望を叶えるためにも、転職活動は在職中に始めるようにしましょう。

転職先の面接等も平日の昼間に実施されるのが普通ですが、今の職場の有給休暇を上手に活用しながらやりくりするようにしてください。

2.自己分析は「社会人としてのやり方」で行う

多くの人が、学生時代の就職活動で自己分析をされたことでしょう。

しかし、社会人になってからの自己分析は、学生時代の就活とはまったく性質が違います。

学生時代の就活が「人格的なポテンシャルだけでの勝負」だったのに対して、

社会人の転職は「今までの実務経験を生かして、新しい職場にどのように貢献することができるのか」を考える作業になるからです。

社会人経験がすでにあることの強み

もっとも、社会人としての経験がすでにあることは強みにもなります。

自分に向いている仕事・向いていない仕事が、ある程度実感を持って分かるからです。

学生時代には自分は事務職向きだと思ってみたけれど、実際にやってみたらまったくそんなことはなかった…という経験をお持ちの方もいるでしょう。

こうした失敗経験は、次の職場で自分にあった職場を見つける上でのヒントになります。

何の仕事がしたいかわからない人は「絶対に嫌なこと」を明確にしてみよう

「自分が何をしたいのかよくわからない」という方は、

まずは「これだけは絶対にやりたくない」ということを明確にしてみてください。

その「絶対にやりたくないこと」の対極には、あなたが「本来はやりたいこと」が見え隠れしていることが多いです。

例えば、もしあなたが「新規開拓営業のような仕事は絶対に嫌だ」と感じているなら、

あなたは「一回限りの人間関係でなく、じっくりと付き合う形のコミュニケーション」を好む傾向があるのかもしれません。

同様に、事務職の仕事はどうか、数字を扱う経理の仕事はどうか、といったように、

こういう仕事は嫌だ」というものがないかをリストアップしていってみてください。

社会人としてすでに経験がある人なら、それぞれの仕事がどのような内容なのか?についても学生の頃より具体的にイメージできるでしょう。

「自分が絶対に嫌なこと」は「自分が本来やりたいこと」を見つけるヒントになるのです。

3.何か1つだけでも「実績」を今の職場で作っておく

これから転職活動を始める人は、どんなことでも良いので、

今の仕事で「実績」を作っておくようにしてください。

実績とは言っても「営業成績で〜位になりました」「社内で表彰されました」などのおおげさなものでなくても構いません。

↓例えば、以下のようなことでも立派な「実績」といえます。

今の職場で「実績」を作っておく

  • 与えられたノルマに対して、常時80%以上の達成率をキープしていた。
    いいかえればノルマは達成できていなかったわけですが、8割以上という具体的な数値を見せることで、「与えられた仕事をきちんとやってきた人」という印象を与えられます。
  • 社内での人間関係には常に配慮してきた(具体的なエピソードを作っておく)
    コミュニケーション能力の高さを、具体的なエピソードで語れるようにしておくと、次の職場の面接等でもアピール材料にできます。
  • お得意先への訪問は毎月〜件は必ず行うようにしていた。
    成果ベースでなく、作業ベースでの実績なら、今からでもコツコツやっていけば必ず実績として生み出すことができます。

もし、こうした実績が何もない状態で転職活動してしまうと、

次の職場に対して「過去の実績から、御社でこのように活躍できます」という説得力のある自己アピールができなくなってしまいます。

そうなると、次の職場に採用されたとしても、本当に「ゼロからのスタート」という扱いにされてしまう可能性があるでしょう。

採用可能性が低くなってしまうだけではなく、給料もちょっと前まで学生だった新卒扱いにされてしまうこともあります。

これはできれば避けたいですよね。

「成果ベース」でなく「作業ベース」の実績なら今すぐ作れる

上でもみたように、成果ベースの実績(売上〜円達成したなど)ではなく、

作業ベースの実績(毎週〜件の処理をした、お得意先を訪問した、職場の人間関係でのエピソード)であれば、まわりの環境はどうあれ自分の心がけ次第で作ることは可能です。

こうした実績があるかどうかによって、次の転職の成功率はかなり変わってきますから、ぜひ今日から初めてみてください。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからない」という人も、転職サイトへの無料登録は早めにやっておく方が良いです。

仕事のストレスが限界に達してしまうと「新しい行動を起こす」ということができない心理状態になっていくからです。

そのまま放置すると深刻な事態になってしまいますよ。

(私は冗談抜きでこれで命を落としかけました)

転職サイトに登録して、気になった求人情報をブックマークしておくだけでも「いざとなったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトへの登録は無料で5分もあればできる作業です。

登録したメールアドレスにあなたの条件に合う新規求人やおすすめ求人が届きますので、今すぐは転職する気がない人も登録しておきましょう。

↓優良求人が多数あるおすすめの転職サイトはこちら。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。営業は絶対嫌だ!という人はここ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.