仕事の悩み・転職活動のコツ

新卒辞めたらその後どうする?最速で転職成功してまわりを見返す方法

新卒 辞めた

(新卒入社した会社を辞めたらやっぱり後悔する…?)

新卒でわりといい会社に入社できたけど、

仕事がつまらなすぎてつらすぎ…。

入社してまだ1年も経ってないけど会社辞めるってやばい?

(でももう精神的に限界…)

↑こんな感じで悩んでいる方ってかなり多いと思います。

  • 毎日仕事行くのがつらすぎ
  • 会社の先輩や上司の顔なんて見たくもない…。
  • 月曜日が来るのが憂鬱すぎて鬱になりそう…

みたいに感じながら働いている人が大半ではないでしょうか。

というか、社会人経験のない学生から、

いきなり自分に合った仕事や会社に入れる…

なんてラッキーな人は、

ほとんどいないのが現実なんですよね。

体験談の投稿者

実際、厚生労働省のデータによると、

「大卒者の3人に1人は、新卒入社した会社を3年以内に辞めている」

という統計があります。

厚生労働省の統計「就職後3年以内の離職率:高卒は36.9%・大卒は31.2%」

新卒カードは有利!捨てるのはもったいない!

とか世の中では言われてますが、現実にはこんなもんなんですね。

この記事では、新卒入社した会社を辞めたら実際どうなるのか?

についてお話しするとともに、

会社辞めた後にキャリアをリカバリ(復活)する方法をお教えします。

結論から言うと、新卒入社した会社を辞めてもキャリア的にはぜんぜん大丈夫です。

(その程度のことで人生終わりません)

ぜひ前向きな気持ちで読んでみて下さいね。

新卒入社した会社で失敗…なんて余裕で挽回できるから気にするな

新卒入社した会社を辞めてしまうと人生が終わってしまう…

みたいな不安に襲われるかもしれませんが、普通に挽回は可能です。

社会人未経験で入社した会社ですから、

仕事のイメージと実際のギャップがあったり、

人間関係が合わないという事はよくあることですからね。

また、3年以内で辞めた場合は「第二新卒」として扱ってもらうことが可能です。

第二新卒は新卒と比較して「最低限のビジネスマナーなどは身についている」と会社側も期待しているため、

新卒採用の補充人材として歓迎される傾向があります。

(会社側から見ると、新卒よりコストを抑えて戦力化できるメリットがあるからです)

近年では新卒と第二新卒を同じ扱いで採用する企業も増えています。

新卒入社した会社を3年以内で辞めても、

その後のキャリアに深刻な影響を与えるケースは少なくなっているといえるでしょう。

新卒の会社を辞めてしまって悩むより、

第二新卒として十分に強みを発揮することを考えてみましょう。

「新卒辞めた」を気にしすぎてニートに転落するケースも多い

「新卒辞めた」というレッテルを気にして落ち込んでしまっている方の中には、

今の会社を辞めたら、

しばらく休んで次のキャリアをじっくり考えよう…

↑こんなふうに考えている方もいるかもしれません。

ただ、結論から言うとこれは絶対にやめた方が良いです。

「いったん、実家に帰ってゆっくり考えよう」

「自分の本当のやりたいことを探すために旅に出てみよう」

など考えたくなる気持ちはとてもよくわかります。

ですが、これは本当に危険です。

職歴にブランクを作るのは得策ではありません。

やる気が落ちていき、そのままズルズルとニートになってしまうケースもあり得ますからね。

実際に私が人材会社で採用にも関わった際にも職歴にブランクがあり、

明確な目的がない応募者は一次選考で見送るという採用基準がありました。

ブランクが空いている方の多くが

「一度状況を落ちつけてから」

「自分がやりたい仕事が何か考える時間」と話をしていました。

しかし、採用担当者からすると、在職中に自己分析を終えて転職することはできなかったのか、

マルチタスクができないのではないかと感じてしまいます。

明確に仕事に活かせるスキルや技術を獲得するためのブランクであれば検討の余地がありますが、

自分探しなどの抽象的な理由であれば止めておきましょう。

新卒で会社を辞めた場合は、次の仕事を探すために行動に移すのがベストです。

新卒辞めた後にとるべき行動:第二新卒採用でまわりを見返せ!

新卒を辞めた後は第二新卒として活動を再開させましょう。

第二新卒は大学などの学校を卒業して3年以内の方と厚生労働省で定義されています。

企業側で「第二新卒」の定義を独自に設定している場合はこの限りではありませんが、

DODAの行ったアンケート調査では、

第二新卒の年代である20代転職に関する企業側のイメージは、

約66%が「ポジティブなイメージを持っている」という結果が出ています。

dodaのアンケート調査結果

つまり第二新卒の3年以内という貴重な期間限定の時期なのです。

そして、第二新卒でも大手企業に入社することは可能です。

株式会社ディスコの調査では、大手企業の46.1%が「新卒採用に苦戦している」という結果が出ているからです。

株式会社ディスコの調査

この新卒採用で採用できなかった募集枠は主に第二新卒で補填されます。

そのため、第二新卒は大手企業を狙える最後のチャンスとも言われています。

一方で新卒で経験した大手企業を経て、大手企業に入社する事が全てではないと感じた方も多いでしょう。

裁量を持って仕事がしたい、自分の意見が言える職場で働いてみたいなど、人にはそれぞれの理想の働き方があります。

その理想の働き方を考えた時に必ずしも大手企業が最良の選択とは限りません。

自分自身でも気付かない自分が求めている働き方がある可能性もあります。

そういう「自分の理想の働き方」に近づけていけるように転職活動を展開することが重要です。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

(働かなくても生きていけるお金持ちや

専業主婦や専業主夫になれる人以外)

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

問題は、どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報リサーチ(求人探し)から始めるのが大切です。

いま現在、世の中ではどんな仕事が募集されているのか?

の現状把握から始めましょう。

1つの仕事や業界でしばらく働いていると、

世の中全体の流れが見えなくなってくるものです。

(1つの業種業界にはくわしくなるけど)

管理人

転職サイトを使って、

現在進行形で募集されている求人をチェックしてみましょう。

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

ハロワって正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

>>転職サイトは無料で使えます(その理由を解説した記事)

>>20代若手層におすすめはこちら(無料で使えます)

自分に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らうよ…)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイト(転職支援サービス)を使う場合には、

1つだけ注意点があります。

それは、自分の状況に合った転職サービスを使うことです。

転職サービスっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので、

注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(JAICは未経験の仕事に挑戦したい「20代若手向けの求人」が充実している転職支援サービスです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してくださいね。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

(変な電話連絡が来るとかないです)

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

>>転職エージェント・転職サイトが無料で使えるのはなぜ?

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サービスで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職支援サービスへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

↓転職支援サービスは誰でも無料で使うことができます。

今の時代、全部自力で転職活動…とかは避けた方が良いです。

特に、自分で自分を売り込むのが苦手なタイプの人は、

プロに援護射撃をしてもらった方が採用可能性が高くなります。

(JAICは未経験の仕事に挑戦したい「20代若手向けの求人」が充実している転職支援サービスです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる

>>転職エージェント・転職サイトが無料で使えるのはなぜ?
(タダほど高いものはない?)

-仕事の悩み・転職活動のコツ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.