退職の悩み

退職理由の伝え方で「精神的に疲れた・心身ともに限界」がNGな理由

退職理由,精神的に疲れた

(精神的に限界…を退職理由にするのはNG?)

  • 退職理由で「精神的に疲れた・心身ともに限界」と伝えるのはまずい?
  • 再就職するときに低評価を受けない伝え方って?

人間関係や過酷な仕事内容など、ストレスの大きすぎる職場で働くのって本当につらいですよね。

仕事を辞めるときの退職理由として「精神的にもう疲れました。限界です」などの伝え方を検討している方もおられると思いますが、

結論から言うとこの退職理由はおすすめしません。

退職理由に精神的な原因を持ってくるのはリスクが大きすぎます。

わざわざ正直に退職理由を伝えて

キャリアにダメージを負ってしまう…。

↑こんな損なことをする必要はまったくありません。

管理人

あなたの現在の状況にもよると思いますが、

いまの仕事を辞めたら、遅かれ早かれ再就職のために就活をする必要があります。

そのときに「精神的理由で仕事を辞めた」という履歴が残っていることにはデメリットしかないんです。

こんな損な辞め方をしなくても「スムーズに退職→もっと環境の良い職場へ再就職」を決める方法はありますよ。

退職理由で「精神的に疲れました・心身ともに限界です」がNGな理由3つ

退職理由,精神的に疲れた

(精神的なストレスを退職理由にしてはいけない理由)

 

退職理由で「精神的に限界」がNGな理由について、

↓もう少し掘り下げて説明すると、以下の3つの理由があります。

  1. ひきとめられる可能性大
    退職を告げられる側(あなたの上司)としては「いま精神的に落ち込んでいるなら、少し休めば大丈夫」という判断をする可能性が高いです。
  2. 最終的に辞めない決断をした場合に評価が著しく下がる
    もし、最終的に今の職場を辞めないという決断をあなたがした場合に「精神的理由で一度退職まで行きかけた人」というマイナスの社内評価がずっとつきまとってしまいます。
  3. 次の職場の転職面接でも「精神的理由の退職理由」は嫌われる
    もっとも重要な理由がこれです。
    一度「精神的理由で退職した」という職歴が残ってしまうと、次の職場でも「もしつらいことがあったらすぐ辞めてしまうのでは?」という評価をされてしまいます。

このように、精神的ストレスを退職理由をすることには

デメリットしかありません。絶対に避けましょう。

管理人

退職理由でホンネなんて話さなくていい

退職理由,精神的に疲れた

(退職理由を上司にホンネで話す必要なんてありません)

 

それではどうしたらいいか?ですが、ひとことで言えば

退職理由で、正直にホンネを語る必要なんてない

↑これにつきます。

退職理由なんて、はっきりいって上司の側から見ても「自分の上司に言い訳するためのもの」にすぎません。

Sponsored Links

上司にとって、あなたの退職は自分自身(上司自身)の評価低下につながる事案です。

部下が退職してしまうのはマネジメントに失敗したことの証明以外のなにものでもありませんからね。

冷たく聞こえるかもしれませんが、

みんなサラリーマンなんで内情はこんなものです。

管理人

上司にも家族がいて自分のキャリアは守らないといけませんから、責めてもしょうがありません。

(自分の家族より会社の人を優先する人間なんてまずいませんよね)

「あいつはちょっと精神的に弱いんで…笑」

さらにいうと、あなたが精神的なストレスを退職理由にしてしまうと、

「精神的にきつくて辞めたいらしいです。あいつは精神的にちょっと弱いんでうちの仕事は無理だったみたいですね笑」

とか陰で言われる可能性すらありますよ。

なんにせよ、精神的ストレスを退職理由にすることにメリットは1つもありません。

逆に言えば「これこれこういう退職理由で部下が辞めてしまいました」というわりとポジティブな退職理由さえ用意してあげれば、

上司としてはあなたをひきとめる理由はないんです(めんどくさい引き止めを回避できます)

以下では、めんどくさい上司のひきとめを回避できる

退職理由の例文をいくつか紹介します。

↓活用してみてください。

管理人

スムーズに辞められる退職理由の例文

退職理由,精神的に疲れた

(スムーズに辞められる退職理由とは?)

 

スムーズに辞められる退職理由のポイントとしては、

ポジティブな内容にすることと、いまの会社の批判をしないことです。

↓例えば以下のような感じですね。

  • 別の職種へ挑戦したい
    経理(人事・法務・営業その他なんでも)の仕事に興味を持つようになり、転職したいと考えています。未経験で挑戦したいので年齢的に若いうちの方が良いと思っています。
  • 働き方を変えたい(大手企業への転職)
    もう少し大きなチームで働く経験を積みたいと考えています。ちょうど経験者枠で募集をしている企業の求人を見つけることができたので、選考を受けてみたいと思います。
  • 働き方を変えたい(ベンチャー企業への転職)
    ベンチャーでゼロから事業を作っていく経験を積みたいと考えています。挑戦できるのは年齢的に今がぎりぎりだと思っています。

↑かなりあっさりですよね。

Sponsored Links

でも退職理由なんてこの程度でOKです。

(そもそも相手はあまり興味がありません)

管理人

上司に退職意思を伝えた後、退職願(退職届)を出すように言われると思いますが、それに書くのは「一身上の都合により」だけでOKです。

(決まり文句というか、書面上はこれがテンプレです)

給料や勤務時間、人間関係などなど、今の職場にいろいろ不満はあると思います。

ですが、退職にあたってそれを伝えてもあまり意味がないです。

無意味にこじれて時間と労力を浪費するだけですので、ポジティブな退職理由を用意してさらっと伝えましょう。その後に退職願を出してさよならです。

めんどくさい退職引き止めをされる可能性を最低限にできますよ。

辞める会社のことなんて精神的に引きずる必要はない

退職理由,精神的に疲れた

(辞める会社のことを精神的に引きずる意味はありません)

この記事を読んでくださる方の中には、精神的にかなり落ち込んでいる状態の方も多いと思います。

会社や職場のために自分を殺し、

一生懸命無理をしてきたのに、会社がそれに答えてくれない…。

↑こんな不満と絶望にさいなまれている方も多いのではないでしょうか。

ですが、できればそんなに真剣に思いつめないでください。

会社という組織にそこまで期待をしない方がいいです。

会社と社員の関係なんてしょせんはビジネスです。

社員は家族!みたいに言っている会社ほど、退職していった社員はさっさと切り捨てるものですからね。

私も人生で何度か転職を経験していますが、

どの会社も退職日の翌日以降、

一度も連絡が来たことなんてありません。

管理人

仲良くしていたはずの同僚や先輩からも「その後どう?」なんて連絡はもらったことがないです。

みんな忙しいですから、退職していった人のことまで気にかける余裕なんてないのが現実ですよ。

逆に言えば、あなたも退職した会社のことをいつまでも精神的にひきずる必要なんてまったくないんです。

ちょっと乱暴な言い方になりますが、長い人生で1回や2回の転職ぐらいあって普通ですよ。

大企業でも終身雇用なんてとっくの昔に終わっていますし、コロナ禍をきっかけにみんな副業とかばんばんやってる時代ですからね。

精神的に限界な職場なんてこちらから切り捨てて、さっさと次に行きましょう。

転職先もブラックで苦痛な職場…なんてことにならないために

退職理由,精神的に疲れた

(転職するなら今の会社より良い環境にいきましょう)

 

退職理由の伝え方については以上ですが、かんじんなのは「次の職場でより良い環境に移れるか?」ですね。

1つだけルールとして知っておくべきこととしては、

転職活動は必ず「在職中」に始めることです。

いまの仕事をしながら

同時進行で転職活動を始めましょうということですね。

できればいまの会社に退職を伝える前に、

次の会社から内定を得ておくのが理想です。

管理人

いったん今の仕事は辞めて、失業保険をもらいながらしばらく休んで、そこから再就職をゆっくり考えよう…。

↑こんなふうに考えておられる方もひょっとしたらおられるかもしれません。

しかし、結論から言うとこれは絶対にやめた方が良いです。

失業状態になるとどうしても社会人としてのセンスがにぶってしまいますし、何よりも採用側は失業中の人は低く評価する傾向があります。

また、失業保険があるといっても自己都合退職の場合は3ヶ月間は待たないとダメですし、支給が始まったとしてもたったの6ヶ月程度です。

もしこの間に再就職が決まらなければ、

収入も絶たれて履歴書もブランク…という最悪の状況になってしまいますよ。

採用側から足もとをみられ、安い給料で仕事も過酷なブラック企業に行かざるをえないなんてことにもなりかねません。

転職活動を始めるなら、在職中に働きながらが鉄則です。

これだけは注意してくださいね。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-退職の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.