退職の悩み

退職理由で「精神的に限界」はNG?ストレスで辞めたい時の対処法

Sponsored Links

ポイント

・仕事でストレスがたまっている。もう精神的に限界…

・退職したいけれど、退職理由ってどう言ったらいい?

穏便に退職するために、具体的にはどうしたらいい?

「仕事でストレスがたまる」ということは誰にでもあるでしょう。

でも、我慢して無理に仕事を続けていると、心身共に疲れ切ってしまいます。

「精神的に限界」と思ったら、退職を考えてもいいと思います。

ただこの場合、「本当にこんな理由で退職していいんだろうか?」とか「こんな理由で退職できるんだろうか?」と、悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

退職理由などを考えるだけでも、ストレスですよね。

この記事では、

精神的に限界という理由で退職を考えている方のためにストレスで辞めたい時の方法を具体的に解説します。

精神的疲労をなくすために、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

退職理由で「精神的に限界」がNGな理由3つ

結論から言うと「精神的に限界」という退職理由は、リスクが高いだけでメリットはほとんど無いのでNGです。

上司にそのまま本音を言うと、どのようなリスクがあるのでしょうか。

NGな理由は、以下の3つです。

ポイント

・引き止められる可能性大

・最終的に辞めない決断をした場合に評価が著しく下がる

・次の職場の転職面接でも「精神的理由の退職理由」は嫌われる

それでは、一つづつ見ていきましょう。

ひきとめられる可能性大

「精神的に限界です」と本音を上司に伝えても、

仕事に慣れてきた重要な労働力を、そうみすみすとは見逃してくれません

「ちょっと疲れてるだけだよ。少し休んで、そしたらまた働きなよ」と上手に言いくるめられてしまいます。

なんだかんだ長年「辞めたい」とストレスを感じながらも、同じ職場でずっと働いている人は多いものです。

最終的に辞めない決断をした場合に評価が著しく下がる

「辞めたい」とぶつぶつ言いながらも結局働いている人がたまにいますが、

同期や上司から信頼されにくくなります

その結果人間関係はより悪化しチャンスは少なくなり、誰にでもできるような仕事しか与えらることなく、以前よりも会社での立場は悪くなりがちです。

次の職場の転職面接でも「精神的理由の退職理由」は嫌われる

「前の会社を退職した理由」を訊かれた時「精神的に限界がきた」という理由は好まれないことがほとんどです。

ポイント

・採用しても、また同じ理由でうちの会社も辞めてしまいそう

・人のせいにして愚痴が多く、人間関係をうまく築けないのではないか

・うちの会社を選んだ理由は、前の会社を辞めたかっただけでどこの会社でもいいんじゃないか

このように思われてしまいがちです。

確実かつ安全に退職までもっていくには?

今いる職場を辞める時に中途半端な気持ちでは、ずるずると居残ることになりかねません。

「100パーセント絶対に辞める」という強い覚悟と固い意思が大事です。

そうした意思を持ち、事前に準備をして確実かつ安全に退職する方法を見ていきましょう。

退職理由は「本当のこと」を言う必要はない

転職する際、退職理由として「精神的に限界がきたから」というのは、前向きな理由ではないですよね。

人間関係、過重労働…

そうした理由をあえて本当にいう必要はありません

いや正確に言えば、「本音をネガティブにではなく、ポジティブに聞こえるように話す」ことが大切なのです。

たとえば「今とは違う、新しい仕事に挑戦してみたくなった」といったようにポジティブな理由で伝えれば、会社への不満など本当に言いたいことは別にあっても、嘘ではありません。

そうすれば上司も「それなら仕方ない」と温和に辞めさせてくれる可能性が高まります。

「必要な人物」「待遇、給与を改善する」と言われたら

「辞める」といった時に、会社はあの手この手であなたを引き止めようとしてくるかもしれません。

「もう自分のしたい事が決まっているので、絶対辞めます」という態度を崩さないことが大事です。

・君は会社にとって必要な人物だ。だから今よりも働きやすい良い待遇、良い労働時間で、給与も上げるから留まってくれないか

正直個人的経験も含め、様々な転職経験者から聞いた話を元にしても、

「必要な人物」「待遇も給与も上げる」といった台詞は、大抵その場しのぎの口約束です。

その後は「ああ、そのうち待遇も給与もあげるよ」と濁した感じになり、そのまま「え、そんなこと言ったっけ?」となるケースが非常に多いです。

「後任が来て、引き継ぎができるまで」と言われたら

・今繁忙期なので、君に辞められると会社が回らない。せめて後任が入って、その人に引き継ぎができるまで待ってくれないか

「後任が来て、引き継ぎができるまで」と言われたら、「在職中に後任が入ってきたら、引き継ぎの協力は惜しみません」と前置きします。

その上で、退職日をきちんと伝え「それ以上働くのは無理です」と伝えましょう。

退職日は最低一ヶ月前には伝え、忙しくない時期を見計らって退職の話を切り出すと効果的でしょう。

退職を決めてから辞める前に準備しておくべきこと

退職をする前に事前に転職への準備をしておくことはとても大事です。

何も考えないで辞めてしまい、生活ができなくなるというのは最悪のパターンですよね。

辞めてから考え始めたのでは、失業状態が長引き焦りが出てきてしまいます。

事前に準備することで、不安を減らしておきましょう。

転職面接への準備

退職理由と同じように、転職面接で転職先を選んだ理由をどう答えるかも考えておきます

精神的限界が理由で退職した場合、そのネガティブな気持ちを引きずっていると、うつむきがちで暗くなります。

その態度が面接官に良い印象を与えることはありません。

なので転職面接では、転職先の職場を「あえて」選んだ理由を堂々とした態度で、積極的にポジティブに話せるように準備しておきましょう。

転職先を探す準備

転職先を探す準備も退職前に始めておきます

「会社を辞める」「転職活動をする」というのは、大抵の人は不安を感じるでしょう。

そういう方には「転職エージェント」の利用をお勧めしています。

転職エージェントとは、あなたに適した職種や年収の仕事を探し出してくれる、プロの人達のことです。

その転職エージェントをお勧めする理由は、メリットが大きいからです。

ポイント

・採用企業側がエージェントに報酬を代わりに払うので、転職活動者の利用料は無料

・求人情報には一般公開されていない企業とも、転職の交渉がおこなえる

退職の準備と並行して転職先を探す時に、活用してみてはいかがでしょうか。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-退職の悩み

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.