仕事の悩み

転職一年目だけどもう辛い…。やばい企業の特徴と退職判断の基準

  • 転職して1年目の仕事は辛いもの?
  • 転職してからまだ数ヶ月しか経っていないけどまた「辞めたい」と感じてしまっている…。
  • 転職後の職場でもっと楽に働くにはどうしたらいい?

転職して1年目は、仕事で「辛い」と感じてしまう場面がたくさんありますよね。

前の職場とは何かと勝手が違ってストレスがたまる…という方も多いのではないでしょうか。

(前の職場では「のぞましいこと」とされていたことが、新しい職場では「やってはだめなこと」になっているなど)

初めに結論からお伝えしておくと、

転職してまだ1年しか経っていなかったとしても、職場環境によっては再度の転職を検討すべきケースもあります。

この記事では、転職1年目の方が「仕事をしていて辛い」と感じがちな場面を紹介するとともに、その対策方法を解説いたします。

人間関係が辛い・なじめない

転職 一年目 辛い

(転職一年目で仕事が辛いのはどんなとき?)

中途採用者は、新しい職場の人間関係になじみにくいのが実情です。

あなたを受け入れる側の人たち(もともと会社で長いこと働いている人たち)の中には、新しく入ってくる人たちを意識的に排除しようとする人もいるでしょう。

また、新卒者に対してはしっかりと教育研修が組まれることが多いですが、

中途だと「ある程度は社会人としての土台があること」を前提に採用されることが多く、新人研修がなにもないことも人間関係になじんでいきにくい理由になることもあります。

もちろん、転職ではまずあなた自身が自発的に人間関係に入っていく努力をするのが基本になります。

しかし、職場の人たちが「よそもの扱いをしてくる」とか、

社風がそもそも自分の性格に合わない(体育会系で辛い、最低限の会話しかせずドライすぎて辛いなど)」とかいったように、

残念ながらその企業の体質そのものが問題…というケースも少なからずあります。

今の職場が、あまりにもあなたの人格に合わない、過去のキャリアを活かせない環境なのであれば、転職1年目でも別の職場に移ることを検討した方が良いかもしれません。

上司とそりが合わない

会社で働く上では、直属の上司との人間関係を築くことはとても大切です。

Sponsored Links

日常業務は上司の指示のもとで仕事を進めることになりますし、あなたの人事評価にもっとも影響力を持つのも彼らだからです。

直属の上司から信用されない職場環境で働き続けることは、精神的に相当辛いものです。

最悪の場合は、あなたがどれだけ仕事のパフォーマンスを上げていたとしても、まったく社内で評価されることなく終わってしまう可能性があります。

常識的に考えても、明らかに人間性に問題がある上司にあたってしまうこともあるでしょう。

そんなときでも、会社としては組織としてその上司を優先せざるを得ません。

転職組なので昇進できない

会社によっては、新卒入社組の社員と、中途採用組の社員とで、出世コースが分けられていることがあります。

(大手企業の場合は、むしろそのような企業の方が多いでしょう)

能力や実績では明らかに自分の方が優れているのに、会社への入り口が違うだけで出世スピードが違う…というのは辛いですよね。

会社の人事評価のルールというのは、基本的には変化のスピードがゆっくりです。

よほど優秀な人でない限り、特別扱いも認められないことが多いでしょう。

一人の人について特別待遇を認めてしまうと、他の人についても認めざるを得なくなり、収集がつかなくなってしまうからです。

このようなことから、同じ会社で働き続けても、実績を認めてもらいにくい状況に追いやられてしまうことがあります。

今の職場があなたの能力をきちんと評価してくれないのであれば、正当な評価をしてくれる会社への転職も検討する必要があるかもしれません。

長時間労働が辛い

会社が変わると福利厚生のあり方は大きく変わります。

勤務時間・労働時間については会社ごとに違いが出やすいポイントですね。

入社したばかりの時期だと定時で帰宅できることが多いものの、入社から半年以上経つと、本格的に働いていくことになるでしょう。

Sponsored Links

場合によっては、入社当初に想定していた以上の残業が発生している…というケースもあるかもしれません。

「やりたい仕事につけたので、長時間労働もあまり気にならない」という人ならいいかもしれませんが、

以前とは違って、長時間労働が当たり前の会社に苦痛を感じている人もいるかもしれませんね。

(これは「大手企業→中小企業)の転職をした人に多い悩みです」

また、入社前には「残業がない」などの説明を受けていたような場合(求人票に残業が発生することを掲載されていなかった場合)は、そもそも雇用契約上の問題がある可能性もあります。

社風が合わなくて辛い

転職によって会社が変わると社風も変わります。

会社によっては「毎朝の朝礼で社歌を歌わないといけない…」「宗教まがいの社員教育をされる」などのケースもあるでしょう。

また、外資系だと比較的ドライなので、接し方に親しみを感じにくいことがありますね。

何事も体育会系で、労働時間についての感覚がにぶく、当たり前のようにサービス残業をさせる社風の会社もあります。

長い期間、1つの会社に勤め続けたとしても、その会社の社風や文化がどうしても合わない…というケースは少なくありません。

実績をあげる、ノルマを達成するなどの「本来の仕事」以外の部分でストレスが大きい職場というのは、かなりつらいものです。

中途採用なのできびしい目で見られて辛い

中途採用での転職の場合、何かと「このぐらいのはできてあたり前」会社からみられることが多いです。

なれない環境で、早いタイミングで仕事の実績を上げていかないといけないプレッシャーは相当なものです。

ただし、そもそも「社員の評価の基準」がおかしな方向性にずれてしまっている会社もあります。

会社というのは営利組織です。

お客さんに商品やサービスを提供することで利益を上げ、従業員の雇用を守りつつ発展していくことが本来の目的といえます。

であるのに、「会社への忠実度」とか、「上司や先輩への服従」といった「ずれた評価」を人事評価の基準としてしまっている会社も少なからずあるのです。

今の職場が、あなたにとってあまりにも自分のパフォーマンスを評価してくれない、本来の実力を発揮できない環境であるなら、別の職場に移ることも検討した方が良いかもしれません。

転職は年齢が若い人ほど有利になるのが実情なので、早めの決断が吉と出ることもあります。

給料が割にあっていなくて辛い

中途採用での入社の場合、入社初年度からはあまり高い給料をもらえないことが多いです。

あなた自身も給料に納得して入社を決められたはずなので、少なくとも1年目はそれに応じて働くべきです。

しかし、それでもハードルの高い仕事ばかり要求されて、給料に見合わないと思うこともあると思います。

もしかしたら自身の能力を発揮しにくい業界・職種なのかもしれません。

給与相場は業界によって決まっていることも多いので、同じ職種でも業界を移ることで給料アップにつながることもありますよ。

(営業職として建設業界にいた人が、同じ営業職でコンサル業界に移るなど)

転職一年目でも退職は検討していい

これまでは「一つの会社で長い期間働いていること」が評価されるのが普通でした。

しかし、近年では転職市場もどんどん流動化が進んでいます。

転職1年目でも、実は次の転職先を探しているという人はたくさんいますし、「自分のパフォーマンスに見合ったお給料をくれないなら転職も選択肢に入れる」という人の割合は確実に増えていますね。

重要なことは、今の会社があなたの人生のゴールにつながっているか?を考えることです。

「給料は高くなくても、時間的な余裕を持って家族と幸せな家庭を築くこと」が人生のゴールである人が、

「仕事で高いパフォーマンスを上げる人間だけが生き残る価値がある」という社風の会社で働くことは、残念ながらミスマッチです。

あなた自身が人生で「本当に実現したいこと」がなんなのかを考えてみてください。

新たな道を探す上では、少しでも年齢的に若い方が有利であることも事実であることも理解しておきましょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.