仕事の悩み・転職活動のコツ

転職が決まらないまま1年経ってしまった方へ。よくある失敗理由と対処法

ポイント

  • 転職活動をスタートしてもう1年以上経過している。なかなか内定が出ない…。
  • 希望する職種、業種で内定がもらえない。条件を下げるべき?
  • 何をアピールすればいいのかわからない…。

転職活動を始めて1年が経過」というタイミングは、失業中の方にとっては生活面でもかなり厳しい状態になってくるでしょう。

働きながら転職活動をしている方は、収入的には問題がないかもしれません。

しかし、希望しない仕事で1年以上働いている状態というのはかなりつらいですよね。

この記事ではそういった方向けに、すでに1年以上転職活動をしているけど、なかなか思うような企業から内定をもらえないという方向けに、

転職活動をスムーズに成功させられる人と、残念ながらそうならない人との違いについて解説いたします。

少しでも早く今の状況から抜け出したい…!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ、1年以上転職が決まらないのか?

雇用情勢、また現在であれば新型コロナウイルスの影響など、

外部環境の影響(=自分ではどうしようもない事情)」で転職が決まりにくいケースというのは確か位にあります。

しかし、すでに1年以上が経過している人の場合は、求職者本人になんらかの問題がある場合が多いのが現実です。

逆に言えば、「転職がかなかなか決まらない」という状態は、

自分自身を見つめ直し、考え方と行動を変える良い機会ともいえるでしょう。

転職活動では、今所属している企業だけでなく、「社会全体」からあなたの人材としての価値を評価されるからです。

(企業の中での評価では、「この人、実力もないのになんで評価されているんだろう?」ということがありますよね。

しかし、転職活動ではそういうことは基本的にあり得ません。うまくいく人には必ず、うまくいく理由があります)

「転職が1年以上決まらない人」によくある失敗行動

↓例えばあなたは、以下のようなかたちで転職活動をしていないでしょうか?

  1. 未経験の職種や業種に応募している
  2. 応募している求人の理想が高すぎる
  3. 企業の採用担当者が「この人に会ってみたい」と思える応募書類になっていない

これらはできれば避けるべきやり方です。

それぞれの内容について、順番にみていきましょう。

1.未経験の職種や業種に応募している

「現在の仕事がどうしても嫌で転職活動している」という人の場合、「これまでの職種や業界とはまったく違う、未経験の求人を狙って応募している」という人も多いでしょう。

しかし、未経験職種・未経験業種で採用されるのは、遅くとも20代後半までです。

30代の転職となると、なんらかのかたちで「過去の職歴」をベースに転職活動を行うことは必須と言えるでしょう。

企業側の採用担当者からすると、20代後半以降の求職者に対しては「即戦力として働ける人かどうか」を一番にチェックするのが実情です。

これまでの経験が別の仕事でどう生かせるか?をアピールすることを考える

「それでも業種や職種を変える転職をしたい!」という方は、

これまでの経験が、別の職種でどのように生かすことができるのか」をアピールすることを考えてみましょう。

例えば、営業職の経験しかない人が事務職に転職する場合であっても、

営業職でつちかった能力をアピールすることは可能です(コミュニケーション能力や、目標数字に対して向かって行動を積み重ねていく能力など)

また、業種(営業職→経理職など)は未経験であったとしても、

業界は共通の転職なら、転職成功の確率は比較的高くなります。

例えば、自動車業界の営業職として働いてきた人が、同じ自動車業界の人事総務職に転職するようなケースですね。

業界内での慣行や、扱われている商品の値段相場などを把握している人は、業種は違ったとしても、スムーズに新しい仕事に適応していける可能性が高いと評価される可能性がありますよ。

せっかく転職をするからには、ガラッと環境を変えたい」と考えるのは自然なことです。

しかし、採用を行う企業側の視点から見て、あなたという人材が魅力的に見えるようにするには、

「過去の経験」をベースにアピールポイントを考えるのが基本となることを理解しておきましょう。

2.応募している求人の理想が高すぎる

理想を持つことは良いことですので否定はしません。

ただし、理想が高すぎる、多すぎることはないでしょうか?

理想の項目をあげて、優先順位をつけることをお勧めします。

どの項目も100点の仕事を見つけること自体、とても難しいことです。

さらにはその仕事へ転職するとなるとよりハードルが上がります。

妥協できるポイントと、絶対に妥協できない部分を明確にするべきです。

年収・仕事のやりがい・人間関係・働く時間・福利厚生・企業の将来性などの項目を基準に、

どういったことを優先したいかを整理しておくと迷いがなくなります。

3.採用担当者が合いたいと思える応募書類になっていない

書類選考でなかなか通過しない場合は、

履歴書・職務経歴書を見直してみましょう

★全角15文字★

  • 学歴や職歴をずらずらと並べるだけの履歴書を送っていないか。
  • 職務経歴書もわかりにくくなっていないか。

経験や実績については、具体的なエピソードを入れることがお勧めです。

あなたの過去のお仕事の経験から、成功体験ややりがいを感じた瞬間について具体的なエピソードを応募書類に書きましょう。

「いろんな話を少しずつ書く」のではなく、

「一番アピールしたいひとつのエピソードを、具体的に掘り下げて書く」のがポイントです。

応募書類の目的はたった一つ。人事担当者に会いたいと思ってもらうことだけです。

応募する企業がどういう人を欲しがっているのか?は求人を見るとおおまかにイメージがつかめるはずです。

企業側が求める人材について想像し、自分のどの経験で貢献できるかを、具体的なエピソードで書類の落とし込めば、人事担当者は会いたいと思ってくれるはずです。

転職が決まらず1年が経過したときに、まずすべきことは?

1年以上も転職活動をして内定が決まらないということは、何かしらの原因があります

なぜ活動がうまくいかなかったかの分析すること、さらには自己分析を行い、改善できることは何かを整理することが重要です。

例えば以下のようなことを振り返ってみましょう。

  • 書類選考の通過率
  • 面接で失敗したこと
  • 採用担当者が難色を示す時はどんな質問だったか

または、採用が見送られた理由を、転職エージェントへ確認することも良いかもしれません。

自分自身で変えられることをピックアップし、改善しなければ意味がありません。

改善したことを次回の面接ではチャレンジしてみる。そういったことを繰り返せば良い結果につながるでしょう。

第三者の意見を聞いてみる

転職活動においては、第三者の客観的な意見を参考にすることがとても大切です。

どんな人にとっても、自分で自分自身を評価するというのはとても難しいことです。

自分自身への評価を正しく行えないと、理想の高すぎる求人に応募して時間を無駄にしてしまう可能性があります。

あるいは、もっと良い条件でも応募できるのに、自分を過小評価してキャリアダウンになってしまう転職をしてしまう可能性があります。

こうした事態を避けるためには、転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントは「どういう人が、どういう求人に応募すれば採用されるのか」の相場をよく把握しています。

あなたの実績やアピールポイント、強みを客観的な立場で整理してくれますので、

自分では想像もしなかったキャリアプランを提案してくれることがあります。

自分の想像の範囲だけで活動するのではなくプロの意見を聞くことで可能性を広げることもお勧めです。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

(働かなくても生きていけるお金持ちや

専業主婦や専業主夫になれる人以外)

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

問題は、どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報リサーチ(求人探し)から始めるのが大切です。

いま現在、世の中ではどんな仕事が募集されているのか?

の現状把握から始めましょう。

1つの仕事や業界でしばらく働いていると、

世の中全体の流れが見えなくなってくるものです。

(1つの業種業界にはくわしくなるけど)

管理人

転職サイトを使って、

現在進行形で募集されている求人をチェックしてみましょう。

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

ハロワって正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

>>転職サイトは無料で使えます(その理由を解説した記事)

>>20代若手層におすすめはこちら(無料で使えます)

自分に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らうよ…)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイト(転職支援サービス)を使う場合には、

1つだけ注意点があります。

それは、自分の状況に合った転職サービスを使うことです。

転職サービスっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので、

注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(JAICは未経験の仕事に挑戦したい「20代若手向けの求人」が充実している転職支援サービスです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してくださいね。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

(変な電話連絡が来るとかないです)

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

>>転職エージェント・転職サイトが無料で使えるのはなぜ?

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サービスで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職支援サービスへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

↓転職支援サービスは誰でも無料で使うことができます。

今の時代、全部自力で転職活動…とかは避けた方が良いです。

特に、自分で自分を売り込むのが苦手なタイプの人は、

プロに援護射撃をしてもらった方が採用可能性が高くなります。

(JAICは未経験の仕事に挑戦したい「20代若手向けの求人」が充実している転職支援サービスです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる

>>転職エージェント・転職サイトが無料で使えるのはなぜ?
(タダほど高いものはない?)

-仕事の悩み・転職活動のコツ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.