転職活動のノウハウ

転職が決まらないまま1年経ってしまった方へ。よくある失敗理由と対処法

ポイント

  • 転職活動をスタートしてもう1年以上経過している。なかなか内定が出ない…。
  • 希望する職種、業種で内定がもらえない。条件を下げるべき?
  • 何をアピールすればいいのかわからない…。

転職活動を始めて1年が経過」というタイミングは、失業中の方にとっては生活面でもかなり厳しい状態になってくるでしょう。

働きながら転職活動をしている方は、収入的には問題がないかもしれません。

しかし、希望しない仕事で1年以上働いている状態というのはかなりつらいですよね。

この記事ではそういった方向けに、すでに1年以上転職活動をしているけど、なかなか思うような企業から内定をもらえないという方向けに、

転職活動をスムーズに成功させられる人と、残念ながらそうならない人との違いについて解説いたします。

少しでも早く今の状況から抜け出したい…!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ、1年以上転職が決まらないのか?

雇用情勢、また現在であれば新型コロナウイルスの影響など、

外部環境の影響(=自分ではどうしようもない事情)」で転職が決まりにくいケースというのは確か位にあります。

しかし、すでに1年以上が経過している人の場合は、求職者本人になんらかの問題がある場合が多いのが現実です。

逆に言えば、「転職がかなかなか決まらない」という状態は、

自分自身を見つめ直し、考え方と行動を変える良い機会ともいえるでしょう。

転職活動では、今所属している企業だけでなく、「社会全体」からあなたの人材としての価値を評価されるからです。

(企業の中での評価では、「この人、実力もないのになんで評価されているんだろう?」ということがありますよね。

しかし、転職活動ではそういうことは基本的にあり得ません。うまくいく人には必ず、うまくいく理由があります)

「転職が1年以上決まらない人」によくある失敗行動

↓例えばあなたは、以下のようなかたちで転職活動をしていないでしょうか?

  1. 未経験の職種や業種に応募している
  2. 応募している求人の理想が高すぎる
  3. 企業の採用担当者が「この人に会ってみたい」と思える応募書類になっていない
Sponsored Links

これらはできれば避けるべきやり方です。

それぞれの内容について、順番にみていきましょう。

1.未経験の職種や業種に応募している

「現在の仕事がどうしても嫌で転職活動している」という人の場合、「これまでの職種や業界とはまったく違う、未経験の求人を狙って応募している」という人も多いでしょう。

しかし、未経験職種・未経験業種で採用されるのは、遅くとも20代後半までです。

30代の転職となると、なんらかのかたちで「過去の職歴」をベースに転職活動を行うことは必須と言えるでしょう。

企業側の採用担当者からすると、20代後半以降の求職者に対しては「即戦力として働ける人かどうか」を一番にチェックするのが実情です。

これまでの経験が別の仕事でどう生かせるか?をアピールすることを考える

「それでも業種や職種を変える転職をしたい!」という方は、

これまでの経験が、別の職種でどのように生かすことができるのか」をアピールすることを考えてみましょう。

例えば、営業職の経験しかない人が事務職に転職する場合であっても、

営業職でつちかった能力をアピールすることは可能です(コミュニケーション能力や、目標数字に対して向かって行動を積み重ねていく能力など)

また、業種(営業職→経理職など)は未経験であったとしても、

業界は共通の転職なら、転職成功の確率は比較的高くなります。

例えば、自動車業界の営業職として働いてきた人が、同じ自動車業界の人事総務職に転職するようなケースですね。

業界内での慣行や、扱われている商品の値段相場などを把握している人は、業種は違ったとしても、スムーズに新しい仕事に適応していける可能性が高いと評価される可能性がありますよ。

せっかく転職をするからには、ガラッと環境を変えたい」と考えるのは自然なことです。

しかし、採用を行う企業側の視点から見て、あなたという人材が魅力的に見えるようにするには、

Sponsored Links

「過去の経験」をベースにアピールポイントを考えるのが基本となることを理解しておきましょう。

2.応募している求人の理想が高すぎる

理想を持つことは良いことですので否定はしません。

ただし、理想が高すぎる、多すぎることはないでしょうか?

理想の項目をあげて、優先順位をつけることをお勧めします。

どの項目も100点の仕事を見つけること自体、とても難しいことです。

さらにはその仕事へ転職するとなるとよりハードルが上がります。

妥協できるポイントと、絶対に妥協できない部分を明確にするべきです。

年収・仕事のやりがい・人間関係・働く時間・福利厚生・企業の将来性などの項目を基準に、

どういったことを優先したいかを整理しておくと迷いがなくなります。

3.採用担当者が合いたいと思える応募書類になっていない

書類選考でなかなか通過しない場合は、

履歴書・職務経歴書を見直してみましょう

★全角15文字★

  • 学歴や職歴をずらずらと並べるだけの履歴書を送っていないか。
  • 職務経歴書もわかりにくくなっていないか。

経験や実績については、具体的なエピソードを入れることがお勧めです。

あなたの過去のお仕事の経験から、成功体験ややりがいを感じた瞬間について具体的なエピソードを応募書類に書きましょう。

「いろんな話を少しずつ書く」のではなく、

「一番アピールしたいひとつのエピソードを、具体的に掘り下げて書く」のがポイントです。

応募書類の目的はたった一つ。人事担当者に会いたいと思ってもらうことだけです。

応募する企業がどういう人を欲しがっているのか?は求人を見るとおおまかにイメージがつかめるはずです。

企業側が求める人材について想像し、自分のどの経験で貢献できるかを、具体的なエピソードで書類の落とし込めば、人事担当者は会いたいと思ってくれるはずです。

転職が決まらず1年が経過したときに、まずすべきことは?

1年以上も転職活動をして内定が決まらないということは、何かしらの原因があります

なぜ活動がうまくいかなかったかの分析すること、さらには自己分析を行い、改善できることは何かを整理することが重要です。

例えば以下のようなことを振り返ってみましょう。

  • 書類選考の通過率
  • 面接で失敗したこと
  • 採用担当者が難色を示す時はどんな質問だったか

または、採用が見送られた理由を、転職エージェントへ確認することも良いかもしれません。

自分自身で変えられることをピックアップし、改善しなければ意味がありません。

改善したことを次回の面接ではチャレンジしてみる。そういったことを繰り返せば良い結果につながるでしょう。

第三者の意見を聞いてみる

転職活動においては、第三者の客観的な意見を参考にすることがとても大切です。

どんな人にとっても、自分で自分自身を評価するというのはとても難しいことです。

自分自身への評価を正しく行えないと、理想の高すぎる求人に応募して時間を無駄にしてしまう可能性があります。

あるいは、もっと良い条件でも応募できるのに、自分を過小評価してキャリアダウンになってしまう転職をしてしまう可能性があります。

こうした事態を避けるためには、転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントは「どういう人が、どういう求人に応募すれば採用されるのか」の相場をよく把握しています。

あなたの実績やアピールポイント、強みを客観的な立場で整理してくれますので、

自分では想像もしなかったキャリアプランを提案してくれることがあります。

自分の想像の範囲だけで活動するのではなくプロの意見を聞くことで可能性を広げることもお勧めです。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.