転職活動のノウハウ

転職が決まらないまま1年経ってしまった方へ。よくある失敗理由と対処法

ポイント

  • 転職活動をスタートしてもう1年以上経過している。なかなか内定が出ない…。
  • 希望する職種、業種で内定がもらえない。条件を下げるべき?
  • 何をアピールすればいいのかわからない…。

転職活動を始めて1年が経過」というタイミングは、失業中の方にとっては生活面でもかなり厳しい状態になってくるでしょう。

働きながら転職活動をしている方は、収入的には問題がないかもしれません。

しかし、希望しない仕事で1年以上働いている状態というのはかなりつらいですよね。

この記事ではそういった方向けに、すでに1年以上転職活動をしているけど、なかなか思うような企業から内定をもらえないという方向けに、

転職活動をスムーズに成功させられる人と、残念ながらそうならない人との違いについて解説いたします。

少しでも早く今の状況から抜け出したい…!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ、1年以上転職が決まらないのか?

雇用情勢、また現在であれば新型コロナウイルスの影響など、

外部環境の影響(=自分ではどうしようもない事情)」で転職が決まりにくいケースというのは確か位にあります。

しかし、すでに1年以上が経過している人の場合は、求職者本人になんらかの問題がある場合が多いのが現実です。

逆に言えば、「転職がかなかなか決まらない」という状態は、

自分自身を見つめ直し、考え方と行動を変える良い機会ともいえるでしょう。

転職活動では、今所属している企業だけでなく、「社会全体」からあなたの人材としての価値を評価されるからです。

(企業の中での評価では、「この人、実力もないのになんで評価されているんだろう?」ということがありますよね。

しかし、転職活動ではそういうことは基本的にあり得ません。うまくいく人には必ず、うまくいく理由があります)

「転職が1年以上決まらない人」によくある失敗行動

↓例えばあなたは、以下のようなかたちで転職活動をしていないでしょうか?

  1. 未経験の職種や業種に応募している
  2. 応募している求人の理想が高すぎる
  3. 企業の採用担当者が「この人に会ってみたい」と思える応募書類になっていない

これらはできれば避けるべきやり方です。

それぞれの内容について、順番にみていきましょう。

1.未経験の職種や業種に応募している

「現在の仕事がどうしても嫌で転職活動している」という人の場合、「これまでの職種や業界とはまったく違う、未経験の求人を狙って応募している」という人も多いでしょう。

しかし、未経験職種・未経験業種で採用されるのは、遅くとも20代後半までです。

30代の転職となると、なんらかのかたちで「過去の職歴」をベースに転職活動を行うことは必須と言えるでしょう。

企業側の採用担当者からすると、20代後半以降の求職者に対しては「即戦力として働ける人かどうか」を一番にチェックするのが実情です。

これまでの経験が別の仕事でどう生かせるか?をアピールすることを考える

「それでも業種や職種を変える転職をしたい!」という方は、

これまでの経験が、別の職種でどのように生かすことができるのか」をアピールすることを考えてみましょう。

例えば、営業職の経験しかない人が事務職に転職する場合であっても、

営業職でつちかった能力をアピールすることは可能です(コミュニケーション能力や、目標数字に対して向かって行動を積み重ねていく能力など)

また、業種(営業職→経理職など)は未経験であったとしても、

業界は共通の転職なら、転職成功の確率は比較的高くなります。

例えば、自動車業界の営業職として働いてきた人が、同じ自動車業界の人事総務職に転職するようなケースですね。

業界内での慣行や、扱われている商品の値段相場などを把握している人は、業種は違ったとしても、スムーズに新しい仕事に適応していける可能性が高いと評価される可能性がありますよ。

せっかく転職をするからには、ガラッと環境を変えたい」と考えるのは自然なことです。

しかし、採用を行う企業側の視点から見て、あなたという人材が魅力的に見えるようにするには、

「過去の経験」をベースにアピールポイントを考えるのが基本となることを理解しておきましょう。

2.応募している求人の理想が高すぎる

理想を持つことは良いことですので否定はしません。

ただし、理想が高すぎる、多すぎることはないでしょうか?

理想の項目をあげて、優先順位をつけることをお勧めします。

どの項目も100点の仕事を見つけること自体、とても難しいことです。

さらにはその仕事へ転職するとなるとよりハードルが上がります。

妥協できるポイントと、絶対に妥協できない部分を明確にするべきです。

年収・仕事のやりがい・人間関係・働く時間・福利厚生・企業の将来性などの項目を基準に、

どういったことを優先したいかを整理しておくと迷いがなくなります。

3.採用担当者が合いたいと思える応募書類になっていない

書類選考でなかなか通過しない場合は、

履歴書・職務経歴書を見直してみましょう

★全角15文字★

  • 学歴や職歴をずらずらと並べるだけの履歴書を送っていないか。
  • 職務経歴書もわかりにくくなっていないか。

経験や実績については、具体的なエピソードを入れることがお勧めです。

あなたの過去のお仕事の経験から、成功体験ややりがいを感じた瞬間について具体的なエピソードを応募書類に書きましょう。

「いろんな話を少しずつ書く」のではなく、

「一番アピールしたいひとつのエピソードを、具体的に掘り下げて書く」のがポイントです。

応募書類の目的はたった一つ。人事担当者に会いたいと思ってもらうことだけです。

応募する企業がどういう人を欲しがっているのか?は求人を見るとおおまかにイメージがつかめるはずです。

企業側が求める人材について想像し、自分のどの経験で貢献できるかを、具体的なエピソードで書類の落とし込めば、人事担当者は会いたいと思ってくれるはずです。

転職が決まらず1年が経過したときに、まずすべきことは?

1年以上も転職活動をして内定が決まらないということは、何かしらの原因があります

なぜ活動がうまくいかなかったかの分析すること、さらには自己分析を行い、改善できることは何かを整理することが重要です。

例えば以下のようなことを振り返ってみましょう。

  • 書類選考の通過率
  • 面接で失敗したこと
  • 採用担当者が難色を示す時はどんな質問だったか

または、採用が見送られた理由を、転職エージェントへ確認することも良いかもしれません。

自分自身で変えられることをピックアップし、改善しなければ意味がありません。

改善したことを次回の面接ではチャレンジしてみる。そういったことを繰り返せば良い結果につながるでしょう。

第三者の意見を聞いてみる

転職活動においては、第三者の客観的な意見を参考にすることがとても大切です。

どんな人にとっても、自分で自分自身を評価するというのはとても難しいことです。

自分自身への評価を正しく行えないと、理想の高すぎる求人に応募して時間を無駄にしてしまう可能性があります。

あるいは、もっと良い条件でも応募できるのに、自分を過小評価してキャリアダウンになってしまう転職をしてしまう可能性があります。

こうした事態を避けるためには、転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントは「どういう人が、どういう求人に応募すれば採用されるのか」の相場をよく把握しています。

あなたの実績やアピールポイント、強みを客観的な立場で整理してくれますので、

自分では想像もしなかったキャリアプランを提案してくれることがあります。

自分の想像の範囲だけで活動するのではなくプロの意見を聞くことで可能性を広げることもお勧めです。

転職活動で絶対に失敗したくない人へ

読者様

今度の転職では絶対に失敗したくないんです…!

年収は絶対に今の職場より上げたいし、プライベートの時間も確保できるようにしたいです。

そんなあなたは、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

管理人

↓転職エージェントは、あなたと企業の間に入って、さまざまな場面であなたの転職活動をサポートしてくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたが採用される可能性が高い求人をピックアップしてくれます。
  • 逆に「この企業はやめた方が良い」というアドバイスもしてくれます。
  • 応募書類を提出前にチェックし、書類審査に通りやすくしてくれます。
  • 採用担当者との面接スケジュールの調整を代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれます。
  • 企業側とあなたの年収交渉をしてくれます。

読者様

なるほど。これだけやってくれたら確かに採用確率は上がりそうですね。

でも、転職エージェントってなんで無料なんですか?

後からいきなり料金を請求されたりするんじゃ…。

転職エージェントは最初から最後まで無料で使うことができますよ。

なぜかというと、転職エージェントの費用を負担しているのは、採用活動を行う企業側だからです。

管理人

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、企業側から「こういう人を探してきて欲しい」という依頼を受けて、人材の紹介をするのが仕事です。

最終的に採用が決まったら、企業側から転職エージェントに対して紹介料が払われるという仕組みになっています。

費用は採用活動を行う企業がすべて負担しますので、

お仕事を探している求職者側に料金が発生することはありません。

転職エージェントはあなたの代わりに企業側と年収交渉をしてくれます。

転職エージェントを使っている人と、使っていない人とでは、転職後の年収が100万円単位で差がつくこともあるんですよ。

同じ働くなら少しでも高いお給料で働く方が良いですよね。

今の職場よりも良い条件で働きたい!という方は、転職エージェントを使って転職活動するようにしましょう。

\ 優良なエージェント会社を厳選!/

おすすめの転職エージェントはこちら

転職エージェントを使って転職活動することのデメリットは?

読者様

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。「全部のことを自分でやりたい!」というタイプの人は、

転職エージェントと二人三脚で転職活動をしていくことにストレスを感じるかもしれません。

ただ、エージェントは企業の採用担当者との電話のやりとりや、

応募書類の提出などのめんどうな手続きをすべて代わりにやってくれます。

企業側との年収の交渉なども代行してくれますので、

交渉ごとには絶対の自信がある!という方以外は、エージェントを使った方が良い条件での転職につながると思いますよ。

管理人

【厳選!】おすすめの転職エージェント会社を紹介

読者様

うーん。でも転職エージェント会社っていろいろあって、どこも同じように見えるんですよね。

リクナビとかマイナビとか、どこが一番いいんですか?

以下では、私自身も実際に使ってみて「ここはおすすめ!」といえる転職エージェント会社をいくつか紹介します。

管理人

↓転職エージェント会社にはいろんなところがありますが、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

エージェントの得意分野は色々

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 30代以降の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 経理や人事などの事務職の求人が得意なエージェント会社

といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところをメインで使っていく」という使い方がおすすめです。

マイナビエージェント(20代の方の転職におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

20代の方におすすめ!年収アップが絶対条件ならここ!

マイナビエージェントは、20代の方に特におすすめの転職エージェント会社です。
特徴として、担当エージェントさんが面談でかなりしっかりと「あなたの強み」についてヒアリングすることが挙げられます。
企業側にあなたのアピールポイントをプッシュしてくれますから、実務経験がまだ少ない20代の方でも年収アップにつなげやすいんです。
サイト内では「20代・未経験職種でも年収500万円〜」など、若い人向けの優良求人が多数登録されていますよ。

就職Shop(ニート・フリーター脱出したい方におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニートを脱出したい方におすすめ!

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェント会社です。
最大の特徴は、書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えます。
離職中の方の相談を専門にしているので、エージェントとの面談で嫌な思いをする…なんてことは絶対にありませんよ。
「今すぐニート・フリーター脱出したい」「正社員になりたい」という方は、就職Shopを活用してみてください。

MSジャパン(経理や人事など「事務職」になりたい方におすすめ)

MSジャパンは経理や人事などバックオフィス系の求人を専門で扱う転職エージェントです)

経理や人事など「事務職」になりたい方におすすめ!

MSジャパンは、経理や人事といった「事務職(バックオフィス系の仕事)」の求人を専門で扱っている転職エージェント会社です。
事務職の仕事は基本的には実務経験者でないと厳しいケースが多いのですが、MSジャパンなら未経験者OKの求人が多数登録されています(経理職で未経験者年収400万円〜など)
もちろん、実務経験者向けの優良求人(年収600万円スタートなど)も多数登録されていますので、活用してみてください。

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.