転職活動のノウハウ

「転職後1年半で退職」はあり?会社選びに失敗した人へ。

Sponsored Links

ポイント

  • 前回の転職から1年半しかたっていない。でも転職したい。これってやっぱり不利になる?
  • 石の上にも三年」とか無理…。
  • 苦痛なだけの仕事をしながら無意味に年齢をとりたくない。
  • 親や友人に相談してもみんなに反対される…。

転職活動をしているときには良さそうに見えたけど、実際に入社してみたら思ってたのと違った…。

↑こういうことってよくありますよね。

求人情報にはどの企業も自社の良いところだけを書く傾向がありますから、

入社後にギャップを感じるというのはよくある話です。

ただ、今の仕事から転職するにしても、

次の職場でもまた同じように短期間で辞めてしまう…というループは避けたいですよね。

そうこうしているうちに年齢を重ねてしまうと、転職市場ではジョブホッパーとしての扱いを受ける可能性すらあります。

以下では、前回の転職から1年半で転職を検討している方向けに、今後のキャリアの築き方について解説いたします。

転職ではやり直しはいくらでもききます。

ぜひポジティブな気持ちで読んでみてください。

Sponsored Links

「転職後1年半で転職」は可能。でもしっかりと戦略をねる必要あり

結論から先に言うと、前回の転職から1年半しか経っていない人でも、転職することは可能です。

ただし、安易に転職するのではなく、しっかりと戦略を練ることが必要です。

昔とくらべて世の中の流れは速くなっています。

例えば、飲食店では1年未満で廃業する店舗が34.5%もあります。

2年以内なら49.7%が廃業する時代です。

「三年は働かないと次の職場はない」という話はよくいわれることですが、実はあまり根拠はありません。

重要なことは根拠のない批判やウワサにまどわされることなく、自分で主体的に決めることでしょう。

自分の人生について他人は責任をとってくれません。

「3年は働かないとダメだよ」とアナタに教えてくれた人が、どうやってアナタの人生に責任をとれるというのでしょうか?

3年後に会社の経営が傾くことだってありえますし、ストレスをかかえて働いてウツになってしまったら?

必ずしも3年という期間にしばられる必要はありません。

転職後1年半以内で退職したい人が知っておくとよいポイント

前回の転職から時間があまり経っていないタイミングで転職活動を始める場合、

採用側の「この人は、嫌なことがあったらすぐにやめてしまう人なのではないか?」という不安を解消する理由づけが必要です。

具体的には、以下のようなポイントを明確にした上で、転職活動を進めていくようにしてください。

今の職場で「こういうことを学べた」と面接で話せるようにしておく

本音でいうならネガティブな退職理由もポジティブの変換しておくことが面接で重要になります。

例えば人間関係が苦痛であるといった退職理由も、年齢や職歴がバラバラの職場でコミュニケーション能力が磨けた、と変換することができますよね。

短所と長所は裏と表の関係ですので、言い換えが可能です。

もうひとつ例をあげると、ひたすら残業時間が多かった場合でも、忍耐力が身についたと表現をポジティブに変えることができます。

他人が聞いても納得できる退職理由を準備しておく

転職して1年半で再び転職となると、短期間の職歴の積み重ねになってしまいかねません。

次の会社へ転職活動するさいには、退職理由を面接官に説明することが必要となります。

↓例えば、以下のような理由が考えられます。

  • 事前に説明された業務内容が異なっていてキャリアとするのに困難を感じた
  • 残業時間などの労働条件が悪く長く勤められる環境ではなかった。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.