転職活動のノウハウ

転職先の給料が安い…。希望の年収待遇を得る方法と転職活動のポイント

ポイント

  • 転職先から内定が出そうだけど給料が安い…。
  • 今より多少給料が下がったとしても、安定をとるべき?
  • 交渉で年収条件を改善することってできるの?
  • 自分の評価を給料に反映してもらうにはどうしたらいい?

待遇や仕事内容に不満があって転職したけれど、「転職先の給料が安い」と感じてしまう人ことはないでしょうか。

そんな時はこの転職失敗だったかも,,,と、人知れず悩んでしまいますよね。

失敗しない満足の行く転職をするためには「自己分析」「客観的な評価」が必要です。

この記事では失敗しないための転職方法について解説をしていますので、ご覧ください。

転職先が提示してくる給料が安い…なんで?

企業側が提示してくるお給料の金額は、必ずしもあなた自身の能力だけから決まるわけではありません。

その仕事に応募してくる人の数によっても、提示される年収額は変わってくるからです。

例えば、それほど高度な能力が必要な仕事ではなかったとしても、

その仕事をやりたいと思う人が少ない職種(新規開拓の営業など)では、お給料はかなり高めに設定されていることが多いでしょう。

また、人事採用担当者にもノルマがあります。

「今年中にこれだけの数の人材を確保しないといけない」という状況で人が集まらない場合、年収条件をぐっと引き上げてくることもあるのです。

転職先が内定をちらつかせてきた段階で給料の交渉は可能?

「入社日の相談をさせていただきたいのですが」といったように、

企業側が採用を前提とした話をふってきた場合には、ほぼ内定が出ていると考えて良いでしょう。

このタイミングで給料の交渉をすることは可能です。

企業側としては、あなたの能力や実績面でGOサインが出ていますから、「後はお給料の金額だけ決まれば」という気持ちになっている可能性が高いからです。

逆にいうと、ここ以外のタイミングで求職者の側からお給料の話を出してみても、まず思い通りには通らないというのが現実だと思います。

Sponsored Links

内定が出そうな感触なら、思い切ってお給料の金額について交渉をしてみてください。

その給料交渉、ほんとうに成功しますか?

ただ、タイミング的には給料の交渉が可能とは言っても、それが成功するかどうかは別問題です。

自分のお給料の金額について、ただでさえ緊張する採用面接の場で交渉する」というのは、

あまり現実的ではない…」と感じる方が多いのではないでしょうか。

相場から考えてありえないような金額で交渉してしまって、

この人、めちゃくちゃがめついな…」と企業側に思われてしまったら最悪ですよね(入社後の評価にもひびきます)

自分で年収の交渉をするのが難しいと感じる方は、転職エージェントを使って給与交渉を行うことも検討してみてください。

転職エージェントは、あなたと企業側との間に入って、あなたの希望する給与額をやんわりと伝えてくれます。

エージェントは「おおよその業界内での給料の相場観」のようなものを持っていますから、あまりにもありえない金額のお給料を交渉してしまうリスクも避けることができますよ。

転職先を給料の高さだけで選ぶのは危険

転職した先の給与が安いと不満を感じたり、ネガティブな気持ちになる時に、

「もっと給料の良い会社に入りたい」と思い、仕事を辞めたいと感じることがあるでしょう。

結論から言いますと、それだけの理由で会社を辞めることは危険です。

仕事を辞めたいと感じた時、自分の仕事のコストとリターンをもとに考えると、気持ちが整理されます。

コストとは「大変さ、どれくらいのしんどさか」、リターンは「収入」です。

ベストはコストを下げながら、リターンを増やすことです。

リターン(収入)だけを考える人が多いので、仕事の満足度を感じなくなってしまうのです。

単純に給与が安いからダメだと判断するのではなく、自分のコスト面とリターンのバランスを考えてみるのもいいでしょう。

サラリーマンにとっての「コスト」とは何か?

コストとは「大変さ、どれくらいのしんどさか」ということ、すなわち仕事をやっていく上でのしんどさ全般です。

Sponsored Links

重要なのはまったく同じ種類の仕事であっても、人それぞれ感じるしんどさ(コスト)は違うという点です。

特にわかりやすいのが営業の仕事です。

例えばこのようなタイプの人の場合、営業の仕事から感じるしんどさはそれほど大きくないでしょう。

ポイント

  • 人とのコミュニケーションが大好き
  • 人と話をしていないと落ち着かない

一方で、このようなタイプの人には営業の仕事はものすごくコストの高い仕事になるでしょう。

ポイント

  • 人見知り
  • 初対面の相手は目を見て話すのさえ苦痛

営業は数字で評価される仕事のため、いくら能力があったとしても売り上げが伸びなければ給料がもらえません。

数字を追いかけることを楽しいと感じる人は、適正があると言えるでしょう。

仕事がしんどい=他の人はどうあれ、あなたにとってコストの高い仕事

仕事がしんどいを感じているのであれば、その仕事が自分に合ってない可能性が高いです。

自分に合っている仕事であれば、仕事が楽しくて仕方がなくなり、リターン(収入)が低くかったとしても、満足度が高い状態で仕事ができるでしょう。

しかし、多くの人はリターン(収入)を上げることだけを考えがちです。

「この仕事が自分にマッチしているのか」よりも、リターン(収入)を見て、転職先を選ぶ傾向があります。

その基準になればしんどい仕事を無意識に選択してしまうことも少なくありません。

自分がどのような仕事に向いているのかを自己分析し、仕事を見つけることが最も重要なのです。

自分に合った仕事、「天職」を見つけることが出来ればコストが下がり、仕事の満足度が高まるでしょう。

あなたにとって「コストの低い仕事」を見つけるには?

今いる職場での仕事が天職でないと感じる場合は、転職活動を始めましょう。

転職は身近なものになってきており、大手転職エージェント「doda」の調査によると全体の52%の人が転職を経験しています。

終身雇用制度はすでに過去のものとなりつつあります。

企業も中途採用で優秀な人材を募集しているので、転職はそこまで難しいことではありません。

自己分析が重要

ただし転職をすれば必ず成功するのではなく、自己分析をしておくことが非常に重要です。

自己分析をしておかないと、転職のミスマッチが起こり、こんなはずではと後悔してしまいます。

選択基準は「自分に合った仕事か」「リターンに満足できるか」の2点です。

特に自分が楽しいとやりがいを感じることが大事です。

その他平均勤続年数や昇給率、有給消化率などの待遇面でも調べておくと良いでしょう。

転職エージェントから客観的な評価をしてもらおう

どうすれば自分に合った仕事を見つけることができるかというと、客観的な意見をたくさんもらうことがお勧めです。

転職の場合は、プロの転職エージェントの意見を聞くことが良いでしょう。

もちろん身近な周りの人、家族や友人などに聞くことも大事です。

口コミや紹介などから良い会社の求人を手に入れることもできます。

転職エージェントに登録をすればプロの転職アドバイザーがこのようなアドバイスをしてくれます。

ポイント

  • どういった仕事が合っているか
  • キャリアプラン
  • 様々な選択肢

例えば自分では当たり前だと思っていた経験や実績が、客観的に見ればとても価値のあるもので、アピールポイントになっているかもしれません。

自分の強みを客観的に整理することができれば、自分に合った仕事を見つける近道となります。

第三者の意見を取り入れ、自己分析をしっかりと行うことで天職に出会えるはずです。

転職先で給与が安いと不満を感じた場合は、目先のことだけにとらわれずに、天職に出会える方法を考えることが大切です。

そのためには転職エージェントを有効活用して、満足の行く転職活動を行いましょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.