転職活動のノウハウ

こんなベンチャー企業はやめとけ!ブラック企業の特徴と転職先の選び方

Sponsored Links

「もし転職した先がブラック企業だったら…」

「ベンチャー企業に転職したいけど選び方がわからない…」

「転職で失敗したくない…」

ベンチャー企業への転職を考えた時に、上記のような事を不安に思ってなかなか転職に踏み出せない…なんていう事はありませんか?

せっかく転職を決意して、今よりも良い環境を求めて転職したはずなのに、
実際に転職してみたらブラック企業だった!なんてことになっては最悪ですよね。

この記事では、そんなブラックなベンチャー企業に転職してしまわないように、
ブラック企業である可能性が高いベンチャー企業の特徴を5つの項目でご紹介いたします。

ブラック企業の求人にはわかりやすい特徴がありますので、そのポイントさえ知っておけば間違って応募してしまうリスクを避けることができますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

ブラック企業である可能性が高いベンチャー企業の特徴5つ

ブラックなベンチャー企業には以下のような5つの特徴があります。

ポイント

  • みなし残業時間が60時間を超えている
  • 半年以上前から同じ求人をよく目にする
  • 夜遅い時間や土日の面接でもすんなりと対応してくれる
  • 就業時間が10時~19時など一般的な時間よりも遅めに設定されている
  • 賞与の記載がない

ベンチャー企業は、自由な風土で、自分の評価が年収に繋がりやすく、マネジメントが早く経験できるのが魅力的なところです。

とはいえ、ブラック企業になりやすいのもベンチャー企業ですので、選択には多くの注意が必要です。

ではどんなベンチャー企業がブラック企業の可能性が高いのか、それぞれの特徴について順番に解説していきますね。

みなし残業時間が60時間を超えている

みなし60時間を超える場合は、基本的に60時間の残業が当たり前と考えて良いでしょう。

また、みなし残業時間が40時間を超えている場合もブラック企業予備軍となり少し注意が必要です。

上記の場合、ワークライフバランスが取れない企業であることが多いです。

半年以上前から同じ求人をよく目にする

これにはネガティブな理由があるので注意が必要です。

大手企業であれば同じポジションに複数名採用することも多いですが、ベンチャー企業の場合は一つのポジションに1人が基本です。

新規部署立ち上げなどは例外ですが、半年以上前から同じ求人が掲載されている場合は、
採用してもすぐに退してしまうという、環境的に問題がある状況が考えられます。

夜遅い時間帯や土日の面接でもすんなりと対応してくれる

面接調整の際にすんなりと夜の遅い時間や土日の面接を対応してくれる会社は要注意!

一見、親切なベンチャー企業に見えますが、良い企業は残業や休日出勤をしてまで面接を行いません。

この場合は、いつでも会社に誰かがいる、
つまり、
残業や休日出勤が当たり前の会社
と考えて良いでしょう。

就業時間が10時~19時など一般的な時間よりも遅めに設定されている

遅めの就業時間の会社も要注意です。

一見、朝はゆったり出勤できる印象がありますよね。

ですが、遅めの就業時間を設定している会社は、
仕事の終了時間が遅いだけである可能性が実は少なくないのです。

就業時間よりも平均的な残業時間数に着目するが、求人をチェックする際には重要になります。

残業時間についての記載がないような求人はその時点で要注意ですが、可能であれば面接で具体的な状況を聞き出すようにしてください。

賞与の記載がない

この場合もブラック企業の可能性があるので注意しましょう。

これはどういうことかというと、
賞与が業績によって全く出ない可能性があるということです。

つまり、企業としての業績や成長が安定していない可能性が高いということです。

ということは、まだベンチャー企業としては不安定な段階かもしれないため、リスクも高くなります。

ベンチャーの中でも良い企業はある!

ベンチャー企業の全てが悪いわけではなく、もちろん良い企業もたくさんあります。

現在の優良企業も最初はベンチャーだったのです。

ベンチャー企業の魅力としては、

  • 裁量権を与えられ責任ある仕事をするが出来る
  • 成長速度が早くスピード感を持って仕事が出来る
  • 会社に対する貢献度が大きく、実績を出せば役職が上がる
  • 実力主義で年齢は関係ない

などといったところでしょう。

そういった企業へ転職するには自分で調べるより転職エージェントから情報を収集するのが圧倒的に良いです!

転職エージェントというのは、日々企業の人事担当とコンタクトを取っています。

ベンチャー企業の良し悪しもしっかりわかっており、伸びるベンチャー企業の情報も持っています。

ですから、複数の転職エージェントに登録をし、様々なベンチャー企業を紹介してもらうことをお勧めします。

さらに書類選考や面接でのコツはチャレンジ精神をベースにアピールすることです。

そうすればベンチャー企業への転職も実現しやすくなります。

実際にはハードルの高い転職になるかもしれません。

ですが、ベンチャー企業への転職を希望している方は、

ポイント

  • 自分の経験を整理する
  • なぜベンチャー企業でチャレンジしたいのか明確にする

この2点を踏まえて転職活動を行えば、必ず希望通りの転職を叶えることができます。

是非、本記事を参考にベンチャー企業の選別に注意しながら頑張って頂ければと思います。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.