転職活動のノウハウ

こんなベンチャー企業はやめとけ!ブラック企業の特徴と転職先の選び方

Sponsored Links

「もし転職した先がブラック企業だったら…」

「ベンチャー企業に転職したいけど選び方がわからない…」

「転職で失敗したくない…」

ベンチャー企業への転職を考えた時に、上記のような事を不安に思ってなかなか転職に踏み出せない…なんていう事はありませんか?

せっかく転職を決意して、今よりも良い環境を求めて転職したはずなのに、
実際に転職してみたらブラック企業だった!なんてことになっては最悪ですよね。

この記事では、そんなブラックなベンチャー企業に転職してしまわないように、
ブラック企業である可能性が高いベンチャー企業の特徴を5つの項目でご紹介いたします。

ブラック企業の求人にはわかりやすい特徴がありますので、そのポイントさえ知っておけば間違って応募してしまうリスクを避けることができますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職サイト

  • パソナキャリア
    取り扱い求人16000社(!)の大手転職会社です。
    ここを使えば「応募できる求人が1件もない」という状況になることはまずないです。
    転職活動は初めて…という人はここを使うのがおすすめ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富な転職支援会社です。
    未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、
    これから社会人としてキャリアスタート!という方はここを使いましょう。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人が専門の転職会社です。
    営業は絶対嫌だ!という人はここ。

Sponsored Links
Sponsored Links

ブラック企業である可能性が高いベンチャー企業の特徴5つ

ブラックなベンチャー企業には以下のような5つの特徴があります。

ポイント

  • みなし残業時間が60時間を超えている
  • 半年以上前から同じ求人をよく目にする
  • 夜遅い時間や土日の面接でもすんなりと対応してくれる
  • 就業時間が10時~19時など一般的な時間よりも遅めに設定されている
  • 賞与の記載がない

ベンチャー企業は、自由な風土で、自分の評価が年収に繋がりやすく、マネジメントが早く経験できるのが魅力的なところです。

とはいえ、ブラック企業になりやすいのもベンチャー企業ですので、選択には多くの注意が必要です。

ではどんなベンチャー企業がブラック企業の可能性が高いのか、それぞれの特徴について順番に解説していきますね。

みなし残業時間が60時間を超えている

みなし60時間を超える場合は、基本的に60時間の残業が当たり前と考えて良いでしょう。

また、みなし残業時間が40時間を超えている場合もブラック企業予備軍となり少し注意が必要です。

上記の場合、ワークライフバランスが取れない企業であることが多いです。

半年以上前から同じ求人をよく目にする

これにはネガティブな理由があるので注意が必要です。

大手企業であれば同じポジションに複数名採用することも多いですが、ベンチャー企業の場合は一つのポジションに1人が基本です。

新規部署立ち上げなどは例外ですが、半年以上前から同じ求人が掲載されている場合は、
採用してもすぐに退してしまうという、環境的に問題がある状況が考えられます。

夜遅い時間帯や土日の面接でもすんなりと対応してくれる

面接調整の際にすんなりと夜の遅い時間や土日の面接を対応してくれる会社は要注意!

一見、親切なベンチャー企業に見えますが、良い企業は残業や休日出勤をしてまで面接を行いません。

この場合は、いつでも会社に誰かがいる、
つまり、
残業や休日出勤が当たり前の会社
と考えて良いでしょう。

Sponsored Links

就業時間が10時~19時など一般的な時間よりも遅めに設定されている

遅めの就業時間の会社も要注意です。

一見、朝はゆったり出勤できる印象がありますよね。

ですが、遅めの就業時間を設定している会社は、
仕事の終了時間が遅いだけである可能性が実は少なくないのです。

就業時間よりも平均的な残業時間数に着目するが、求人をチェックする際には重要になります。

残業時間についての記載がないような求人はその時点で要注意ですが、可能であれば面接で具体的な状況を聞き出すようにしてください。

賞与の記載がない

この場合もブラック企業の可能性があるので注意しましょう。

これはどういうことかというと、
賞与が業績によって全く出ない可能性があるということです。

つまり、企業としての業績や成長が安定していない可能性が高いということです。

ということは、まだベンチャー企業としては不安定な段階かもしれないため、リスクも高くなります。

Sponsored Links

ベンチャーの中でも良い企業はある!

ベンチャー企業の全てが悪いわけではなく、もちろん良い企業もたくさんあります。

現在の優良企業も最初はベンチャーだったのです。

ベンチャー企業の魅力としては、

  • 裁量権を与えられ責任ある仕事をするが出来る
  • 成長速度が早くスピード感を持って仕事が出来る
  • 会社に対する貢献度が大きく、実績を出せば役職が上がる
  • 実力主義で年齢は関係ない

などといったところでしょう。

そういった企業へ転職するには自分で調べるより転職エージェントから情報を収集するのが圧倒的に良いです!

転職エージェントというのは、日々企業の人事担当とコンタクトを取っています。

ベンチャー企業の良し悪しもしっかりわかっており、伸びるベンチャー企業の情報も持っています。

ですから、複数の転職エージェントに登録をし、様々なベンチャー企業を紹介してもらうことをお勧めします。

さらに書類選考や面接でのコツはチャレンジ精神をベースにアピールすることです。

そうすればベンチャー企業への転職も実現しやすくなります。

実際にはハードルの高い転職になるかもしれません。

ですが、ベンチャー企業への転職を希望している方は、

ポイント

  • 自分の経験を整理する
  • なぜベンチャー企業でチャレンジしたいのか明確にする

この2点を踏まえて転職活動を行えば、必ず希望通りの転職を叶えることができます。

是非、本記事を参考にベンチャー企業の選別に注意しながら頑張って頂ければと思います。

Sponsored Links

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからない」という人も、

転職サイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

転職活動は、あなたの人生に大きな影響を与える重要な決断ですから、

「今の職場で追い込まれてしまい、どうしようもなくなって転職」ではなく、

「精神的に余裕があるときに、長期的な視点で転職活動を始める」というのが理想です。

管理人

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

新しい行動を起こすのがとても苦しくなります。

辛い気持ちをそのままずるずると放置してしまうと、深刻な事態になる可能性が高いです。

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

「今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから初めて見るのが良いですよ。

↓おすすめの転職サイトはこちらです。

管理人

  • パソナキャリア
    取り扱い求人16000社(!)の大手転職会社です。
    ここを使えば「応募できる求人が1件もない」という状況になることはまずないです。
    転職活動は初めて…という人はここを使うのがおすすめ。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富な転職支援会社です。
    未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、
    これから社会人としてキャリアスタートの方はここを使いましょう。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人が専門の転職会社です。
    営業は絶対嫌だ!という人はここ。

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.