転職活動のノウハウ

やりたい仕事がない20代は自己分析から!社会人経験者の転職活動

悩み

  • やりたいと思える仕事が何もない…。
  • 転職サイトの求人はどれも同じように見えてしまう。
  • 自分に合った仕事をするのが大切とか言われるけど、選択肢そのものが思いつかない。
  • 自分の仕事を決めるのは年齢的に若いほどいいらしい。タイムリミットが迫っているようであせる…。

現在、仕事についている人も、これから仕事を探す人も、「自分に合った仕事」が見つからずに悩んでいるという方は多いでしょう。

↓学生時代の就活が比較的うまくいった人でも、以下のような悩みをお持ちの方は少なくないんです。

  • どうも今の職場は自分の居場所ではない。
  • 仕事をしていて楽しくない…。
  • 一緒に働いている人たちと仲良くなれない…。

この道で生きていく」というキャリアを定めるのは、年齢的に若ければ若いほど有利なのは事実です。

どんな職種・業界でも、未経験者として入社できるのは年齢制限があるのが普通だからですね。

ただ、あせって転職をしてしまうと、「やっぱりちがうかも…」と、転職を繰り返してしまうケースもあるので注意してください。

やりたい仕事がないと感じている方は、まずは自己分析から始めてみましょう。

この記事では、転職活動を始める前にやっておくべき自己分析の方法を具体的に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

やりたい仕事がない20代は必見!自己分析の進め方

「やりたい仕事がないと感じている人には、自己分析が重要」ときくと、

自己分析なら、学生時代にさんざんやったよ」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、学生時代の自己分析と、社会人になってからの自己分析は、やり方が全く違います。

学生時代には「なんとなく」でもOKだった自己分析ですが、社会人が行う場合にはより具体的なアピールポイントにまで落とし込んで行う必要があるのです。

それぞれがどのように違うのかをまず理解しておきましょう。

①学生時代の自己分析

学生さんには、当然ながらまだ社会人としての実務経験がありません。

そのため、学生時代の自己分析は、主に「ヒューマンスキル」をもとに行うことになります。

Sponsored Links

ヒューマンスキルとは、簡単に言えば「性格的にその仕事に向いているかどうか」ということですね。

学生時代に取り組んだことや、部活動などの組織の中でどういう役割を持ってきたかということからアピールポイントを作っていくことになります。

②社会人の自己分析

一方で、社会人としての自己分析は「テクニカルスキル」をもとに行います。

テクニカルスキルとは「あなたが仕事としてどういうことが出来るのか」ということです。

もう少し具体的に言えば、「今までにやってきた仕事から考えて、自分に向いている仕事はなにか」を考えるということですね。

すでに社会人経験のある人なら、仕事をしていて「この作業は自分に合っているな」とか、「この分野の仕事は絶対にやりたくないな…」と感じていることがあるでしょう。

また、「自分は性格的にこの仕事が合っていると思っていたけど、実際にやってみたらぜんぜん楽しくなかった」ということもあるかもしれませんね。

性格的な仕事との相性(ヒューマンスキル)と、仕事として取り組む場合の仕事との相性(テクニカルスキル)とは、まったく違うことがあるのです。

社会人として自己分析を行う場合には、テクニカルスキルからみて、自分に仕事が合っているか?を考えなくてはなりません。

以下では、テクニカルスキルから自己分析を行う場合の具体的な手順をみていきましょう。

自分にはテクニカルスキルなんて何もない…という方へ

とはいえ、「自分にはテクニカルスキルなんて何もない…。得意に思える仕事なんてないんだけど…」という方も多いでしょう。

ここでは、自分の中であまりハードルを上げすぎないようにしてください。

20代の方の場合、実務経験がまだ少ないのが普通ですから、得意分野といわれてもピンとこないものなのです。

「得意とまでは言わないけれど、やっていて苦にならない」というレベルのことがわかればOKです。

まずは「絶対にやりたくないこと」を明確にしよう

自己分析の具体的なステップを紹介します。

まずは、あなたが仕事として「絶対にやりたくないこと」をピックアップしてください。

「やりたいこと」ではなく、「やりたくないこと」から考えるのがポイントです。

Sponsored Links

性格的にこれだけは無理、と思っていることや、これまでの仕事の経験から「あの仕事だけは苦痛だった」ということをイメージしてみてください。

  • 新規開拓の飛び込み営業
  • 毎日遅くまでの残業
  • 無駄な会議
  • 転勤

このように個人的にやりたくないことをどんどん出していきましょう。

やりたくないことの対極にあるものを考える

次のステップです。

絶対にやりたくないことがわかったら、その対極にあるものを考えます。

例えば、「新規開拓の営業は絶対にやりたくない」と感じているなら、あなたは「じっくりと信頼関係を深めていくタイプ」なのかもしれません。

同じ営業でも、新規開拓の営業と、ルート営業や来客の接客ベースの営業とではまったく働き方が違います。

過去の経験から「営業は無理」と思っている人でも、こうしたタイプの営業(新規開拓ではない営業)なら成功するケースはありますよ。

あるいは、営業という仕事そのものに苦痛を感じる人なのであれば、事務職の仕事を選ぶべきです。

その際「どんな事務仕事が絶対に嫌か」を考えましょう。絶対に嫌なことがわかったら、またその対極にあるものを考えます。

例えば、議事録を作ったり、営業日報を書いたりなど「文章で資料を作る作業」に苦痛を感じる人は、逆に「数字で資料を作る作業」には向いている傾向があります。

例を挙げると経理の仕事です。

基本的に会計の数字を扱う仕事になります。  

「好きなこと」と「得意なこと」の整理

好きなことを仕事にすることが成功に近道。

そんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

ただ好きなことを最初から仕事にしている人は、スポーツ選手や歌手、芸能人など特殊な仕事に就いていることがほとんどです。

多くの人はなんとなく仕事をしている中で楽しいことややりがいの感じることを見つけていき、そのうち好きになっていくもではないでしょうか。

その仕事がもし得意なことでないと、きっと成果を出すまで時間がかかってしまいます。

自分の得意なことを仕事にすることで「好きなことを仕事にしている状態」にいち早く近づけることが出来ます。

得意なことを活かして今すぐに転職出来る方法はないか。

このように考えると、将来のビジョンを実現するために、日々楽しく仕事ができ、さらに最短で将来像に近づくことが可能になります。

性格分析は「客観的な統計データ」を参考にする

性格分析については自分で考えるのではなく、「客観的な統計データ」を参考にするのも良いです。

↓おすすめはリクナビNEXTのグッドポイント診断です。

(統計的なデータから自分の強みを知ることができるグッドポイント診断:リクナビNEXTに無料登録すると利用できます。なお、WEB完結で30分程度でできますよ)

10万人以上の過去の求職者の統計データを使って、客観的にみた場合の「あなたの5つの強み」を教えてもらうことができます。

自分だけで考えていたらまったく思いもよらなかった性格を指摘してもらえるので、おもしろいですよ。

こういったサイトを参考にするのもいいでしょう。

\ 今すぐ適職診断を受けてみる!/

適職診断スタート(無料)

転職エージェントを活用しよう

それでも「やりたい仕事が何もない」という人もいると思います。

最近まで学生で少し社会人を経験した20代だと世の中にどんな仕事があるのかも分からない状態です。

やりたい仕事をと言われても、どんな仕事があるのか分からない、さらに自分の強みはなんなのかも分からない時は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントはいわば転職のプロです。

ポイント

  • やりたい仕事がない
  • 自分の市場価値は分からない
  • 年収を上げるにはどうしたらいいか分からない
  • 将来年収1000万円にするにはどうすればいいか
  • 残業を減らしたい
  • 休日出勤がない会社に転職したい
  • 人間関係が辛い
  • 仕事内容を一層変えたい

様々な悩みを持った人と転職エージェントは日々面談をしています。

そんな転職エージェントは様々なノウハウを持っているので、自分の悩みを相談すれば今まで考えていなかった角度のアドバイスをもらうことが出来ます。

客観的な統計データと客観的なプロのアドバイスをもらいながら、自己分析に深みを出し、転職活動を進めていきましょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.