転職の体験談

作業療法士の給料は安い?平均年収の実態と高収入になれる転職先

作業療法士 給料 安い

(作業療法士の給料は安い?平均年収の実態と稼げる就職先)

作業療法士は国家資格ではあるものの、実際には「給料が安い」と悩んでいる人も多いです。

平均年収でいうと300万円〜350万円が相場になるでしょう。

ただし、同じ作業療法士でも、もっとたくさんのお給料を受け取っている人がいるのも事実です。

どんな仕事でも同じですが、高年収を狙いたいのであれば「どの勤務先を選ぶのか?」がとても大切なのです。

この記事では、作業療法士の給料の実情について解説するとともに、高収入の作業療法士になるためのポイントについて解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

作業療法士の給料は安い?私の給与明細

私は、病院勤務の作業療法士としてキャリアをスタートしました。

1~3年目の頃に勤務していた病院では、月収約25万円、年収は350万円でした。

「社会人になりたての段階でそのくらいもらえるなら決して安いとは言えないのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、作業療法士は単純に経験年数を重ねるだけでは、あまりお給料が上がっていかないのが現状です。

つまり、20代の頃は比較的多めのお給料がもらえますが、30代・40代になると「給料が安い」と感じる人が多くなってくるのです。

どのような手当てが付く?

「資格手当」や「役職手当」が主に給料に反映される手当てです。

あまり昇給することがない作業療法士ですが、少しでも給料を多くしたいのであれば、資格を取得することをおすすめします。

ただ資格を取得すれば給料がアップするということではなく、「資格手当」に該当する資格を取得すると給料がアップします。

その職場ごとにどの資格が資格手当に該当するかは違いがありますが、ケアマネージャーの資格はどこの職場も資格手当に該当します。

資格手当は、1つの資格につきおおよそ1~2万円です。

作業療法士の資格自体も資格手当として給料に反映されていますが、資格手当に該当する資格が多ければそれだけ給料に上乗せされるのです。

職場によっては、認定作業療法士などの「認定」の資格が反映されるというところもあるようです。

役職なしで転職を繰り返した場合、年収はあまり上がらない

私の場合、作業療法士の仕事を始めて4~6年目で病院から介護老人保健施設へ転職しました。

転職後は月給22万円、年収は320万円と、経験年数はあるにも関わらず特別高い給料はもらえませんでした。

さらにその後、作業療法士を初めて7~9年が経った頃、今度は介護老人保健施設から訪問リハビリステーションへ転職しました。

固定月給は25万円、年収350万円と大きな年収アップにはなりませんでしたが、訪問リハの良いところとして「訪問件数によって給料がアップするしくみ」を導入していることが挙げられます。

訪問リハビリステーションなら訪問件数によって年収をアップできる

PT/OT専門の転職情報

つまり、訪問リハでは「歩合制度」のようなかたちで頑張り次第でのお給料がもらえるということですね。

職場の中には訪問件数を増やしてバリバリ稼いでいる人も多くいました。

年収600万円を超える年もあったそうです。

もちろん、その分だけ仕事は忙しくなりますので、この仕事が好きでどんどん訪問件数を増やせることが条件になりますね。

作業療法士は、3年〜5年ごとに転職をする人が多い

作業療法士は、3年〜5年ごとに転職をする人が多い業界です。

しかし、役職に就きキャリアアップを狙うのであれば、一つの職場で長く勤務するのが良いかもしれません。

普段の仕事に加えて、研修会や資格取得など能力アップを目指すことが管理職への近道となります。

また、一つの職場で役職に就いていた場合、転職の際にも役職に就ける可能性が高いのもポイントです。

その場合、転職後の給料も役職経験者ということで2~3万円上乗せされることが多いですね。

作業療法士として高い年収を目指したい方は、一つの職場でまずは管理職になるぐらいの実力をつけて、その実績を元にさらに高い給料をもらえる転職先を見つけていく方法がおすすめです。

実務経験何年目ぐらいで役職につける?

作業療法士にも、主任や科長といった役職があります。

経験年数があれば必ずしもなれるというわけではありません。

具体的にどういう人が役職に就ける可能性が高いのか?というと、以下のような適性がある人です。

管理職になれる人の特徴

  • 同じ職場で長く勤務している
  • たくさんの研修会に参加して能力向上に努めている
  • かつ実力が伴っている
  • 認定の資格を有している

目指せ高年収!作業療法士で稼げる転職先の候補

「給料が安い」という悩みを持つ人が多い作業療法士ですが、その中でも高額のお給料を受け取っている人はいます。

つまり、作業療法士として働く人みんなが給料が安いのではなく、その人自身の実力や働いている場所が重要なのです。

以下では、少しでも給料の高い職場へ転職したい!と考えている方におすすめの、作業療法士が稼げるおすすめの転職先をご紹介します。

訪問リハビリステーション

訪問リハビリステーションは、ステーションの規模によって年収の違いはあるものの、作業療法士としては高収入です。

年収400万円以上というところも少なくありません。

私が訪問リハビリステーションで勤務していた時は、子育て中で9時~16時までの常勤扱いの時間短縮勤務でしたが、それでも年収は350万円もらえていました。

時短勤務でこれだけ稼げるのはありがたかったですね。

また、訪問件数によって給料がアップする職場もありますので、自分のやる気次第で給料をアップさせることもできます。

訪問リハビリステーションは、経験年数3年以上としているところがほとんどなので、転職先として選ぶ方はとても多いです。

>>訪問リハビリステーションの作業療法士求人ならこちら

専門学校や大学の教員

専門学校や大学の教員も狭き門ではありますが、とても高収入な転職先です。

教員になるには、5年以上の臨床経験が必要です。

また、大学の教員になりたい場合には、「修士」や「博士」といった「学位」が必要です。

ただ、あまり求人が出されることが少ないため、なりたくてもチャンスがないということが多いです。

働いている教員から紹介として入職する場合や、学会発表をたくさんしており人脈・実績が作られ、推薦されることが多いようです。

公務員(国立病院や公立病院、保健センターや保健所など)

公務員として勤務した場合、初任給は平均と同じ年収ではあるのですが、昇給やボーナスの待遇が良いので、経験年数が経つにつれて年収が多くなります。

知り合いに公務員として働く作業療法士がいますが、経験年数10年以上となると、公務員でない作業療法士の年収と比較して、100万円以上の年収の差でした。

就職先としては、国立病院や公立病院に勤務をすると、公務員扱いとなります。

この場合、特に公務員試験を受験し、合格していなくても公務員と同じ待遇を受けることができるのです。

また、保健センターや保健所でも公務員の作業療法士が勤務しています。

この場合は、公務員試験に受験し、合格していなければ勤務できませんので、注意してください。

作業療法士への転職を目指す人におすすめの転職エージェント

PTOT人材バンク

PT/OT専門の転職情報

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

-転職の体験談
-

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.