Sponsored Links

転職の体験談

公務員から転職は難しい?4年働いて民間就職した27歳男性の体験談

※このページは 3 分で読めます。

公務員から転職 難しい

(公務員から転職は難しい?27歳でWEB業界に転職した男性に体験談をお聞きしました)

公務員から民間への転職を検討している人の中には、

    • 安定が失われる
    • 利益追求の組織でモチベーションを保てるか疑問

などの不安をお持ちの人も多いでしょう。

この記事では27歳の時に4年間働いた地方公務員職から民間に転職した男性の体験談を紹介します。

民間企業に実際に転職してみて後悔していることや、逆に良かったことなどをくわしくインタビューしましたので、参考にしてみてください。

公務員から民間へ転職は難しい?私の体験談

私は、大学を卒業してから約4年間、地方公務員として税金の滞納整理と課税の仕事に従事していました。

その後27歳でWeb制作会社に転職し、現在はWebディレクターとして働いています。

以下では、公務員から転職してみて良かったことや後悔していること、転職活動の進め方などについて解説します。

  • 公務員から民間企業に転職したいと考えている方
  • 未経験だけどWeb業界に挑戦したいと考えている方

↑こういった状況の方のお役に立てば嬉しいです。

結論からいうと、公務員から民間に転職することは決して難しいことではありません。

  • 「せっかく安定している公務員になったのだから…」
  • 「家族に反対されるのは明らかだし…」

と思いつつモヤモヤしながら公務員をやっているという方は、ぜひ積極的に挑戦していただきたいと思います。

公務員から民間に転職したら給料や福利厚生はどう変わる?

給料や福利厚生などの待遇面は、民間に転職後は公務員に比べると悪くなりました。

この点では「公務員という身分がいかに守られていたか」を痛感しています。

具体的には、公務員時代の給与は月給21万円に加え、賞与が年2回支給されていました。

転職後は雇用形態が契約社員になったため賞与はなく、月給24万円になりました。

毎月のお給料はアップしたものの、年間ベースで見ると年収ダウンという感じですね。

福利厚生や雇用の保証について

福利厚生的には、残業手当や通勤手当をはじめとした各種手当、社会保険・雇用保険は完備されています。

雇用の保障については、公務員のように100%保証されているわけではありません。

極端にいえば、社長に嫌われたら実質解雇ということもあるでしょう。

ただし、公務員に雇用保証があるとはいっても、仕事や人間関係で病んでしまってやめざるを得ないというケースもあるでしょう。

「雇用が安定しているから公務員はやめない」という人は私の周りにもかなりいましたが、

制度的に守られていても退職せざるを得なくなるケースはあるのが実情です。

年齢的に40代になってからいきなり公務員から民間に転職したくなったとしても、かなり難しいというのが実情ではないでしょうか。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.