転職の体験談

公務員から転職は難しい?4年働いて民間就職した27歳男性の体験談

Sponsored Links
公務員から転職 難しい

(公務員から転職は難しい?27歳でWEB業界に転職した男性に体験談をお聞きしました)

公務員から民間への転職を検討している人の中には、

    • 安定が失われる
    • 利益追求の組織でモチベーションを保てるか疑問

などの不安をお持ちの人も多いでしょう。

この記事では27歳の時に4年間働いた地方公務員職から民間に転職した男性の体験談を紹介します。

民間企業に実際に転職してみて後悔していることや、逆に良かったことなどをくわしくインタビューしましたので、参考にしてみてください。

Sponsored Links

公務員から民間へ転職は難しい?私の体験談

私は、大学を卒業してから約4年間、地方公務員として税金の滞納整理と課税の仕事に従事していました。

その後27歳でWeb制作会社に転職し、現在はWebディレクターとして働いています。

以下では、公務員から転職してみて良かったことや後悔していること、転職活動の進め方などについて解説します。

  • 公務員から民間企業に転職したいと考えている方
  • 未経験だけどWeb業界に挑戦したいと考えている方

↑こういった状況の方のお役に立てば嬉しいです。

結論からいうと、公務員から民間に転職することは決して難しいことではありません。

  • 「せっかく安定している公務員になったのだから…」
  • 「家族に反対されるのは明らかだし…」

と思いつつモヤモヤしながら公務員をやっているという方は、ぜひ積極的に挑戦していただきたいと思います。

公務員から民間に転職したら給料や福利厚生はどう変わる?

給料や福利厚生などの待遇面は、民間に転職後は公務員に比べると悪くなりました。

この点では「公務員という身分がいかに守られていたか」を痛感しています。

具体的には、公務員時代の給与は月給21万円に加え、賞与が年2回支給されていました。

転職後は雇用形態が契約社員になったため賞与はなく、月給24万円になりました。

毎月のお給料はアップしたものの、年間ベースで見ると年収ダウンという感じですね。

福利厚生や雇用の保証について

福利厚生的には、残業手当や通勤手当をはじめとした各種手当、社会保険・雇用保険は完備されています。

雇用の保障については、公務員のように100%保証されているわけではありません。

極端にいえば、社長に嫌われたら実質解雇ということもあるでしょう。

ただし、公務員に雇用保証があるとはいっても、仕事や人間関係で病んでしまってやめざるを得ないというケースもあるでしょう。

「雇用が安定しているから公務員はやめない」という人は私の周りにもかなりいましたが、

制度的に守られていても退職せざるを得なくなるケースはあるのが実情です。

年齢的に40代になってからいきなり公務員から民間に転職したくなったとしても、かなり難しいというのが実情ではないでしょうか。

(公務員としての経験内容にもよると思いますが)

転職や独立を選択肢にできるのは民間の強み

また、民間企業の場合は実績をあげて転職したり、独立をしたりといった選択肢があります。

特に、私のようなWEB業界では若くても実力を身につけて独立する人がとても多いです。中には20代後半で社長になっている人もいます。

「20代で社長」ときくと、テレビによく出てくるようなチャラいイメージがあるかもしれませんが、実際はああいう人はまずいません(笑)

人一倍ちゃんとビジネスマナーを身につけていて、気配りもできないと経営者にはなれないです。

また、WEB業界は「ものを仕入れて売る」という商売ではありませんから、自分の生活費をきちんと稼げるなら独立してもちゃんとやっていけます。

独立して自由に仕事をしている人たちを見てうらやましいと感じることはありますね。

公務員から民間に転職して後悔していること3つ

↓公務員から民間企業に実際に転職してみて、後悔していることとして以下の3つがあります。

  • 給与や福利厚生が悪くなったこと(今のところ)
  • 公務員でも明確な目標を持って働くという意識を養っておくべきだった
  • 転職前にビジネスマナーをもっと身につけておくべきだった

給与や福利厚生が悪くなったこと(今のところ)

まず1つ目は、前述のとおり、給料と福利厚生の条件が悪くなってしまったことです。

ただ、未経験で飛び込んだ世界なので、今は働きながら勉強させてもらっている修行期間と捉えています。

近いうちにはより待遇条件の良い企業へ転職するのか、フリーランスとして独立するのかを決断したいと考えています。

転職サイトはこまめにチェックしておくのがおすすめ

ただし、待ちの姿勢でいるだけでは良いオファーはこないと思うので、転職サイトには登録してこまめに求人をチェックするようにしていますね。

転職サイトを見ると、世の中には本当にいろんな仕事があることを実感します。

公務員時代も市民に近い部署にいたので社会を知ったつもりでいましたが、率直に言って井の中の蛙だったと思います。

広い世界を見れたことで、自分の可能性に気づくことができ、胸のつっかえが取れたような気持ちがしたことを覚えています。

現在、公務員として在職中の方も、いくつか転職サイトに登録してみて、いろいろ検索してみることをおすすめします。

公務員でも明確な目標を持って働くという意識を養っておくべきだった

2つ目は、転職前に「目標を達成しないといけない」という意識を公務員時代に身につけていなかったことです。

公務員時代は、利益を求めたり、明確な目標をもって働いたりという意識は薄かったのが正直なところです。

どちらかというと与えられた仕事をしっかりこなして、職場内で嫌われないようにうまくやっていくことにエネルギーを使っていました。

こうした姿勢は、民間に移って新人時代に先輩から「社内でなくて、もっとお客さんに目を向けた方が良いよ」注意を受けることがありました。

民間企業では性格が悪かろうが、みんなから浮いていようが、お客さんの満足感を高めることができ、成果を出す人間が一目置かれます。

公務員の人の中にも「自分がどれだけ成果をあげたか」を意識して働いている人はたくさんいますので、そうした人たちをもっと見習っておけばよかったですね。

転職前にビジネスマナーをもっと身につけておくべきだった

三つ目は、ビジネスマナーです。

公務員から転職する前は、名刺の受け渡しや、外部とメールでやりとりする機会がなかったので、失敗をして何度か恥ずかしい思いをしました。

公務員でもそういったマナーが必要な部署はありますが、自身が配属された職場では、全く意識する機会がありませんでした。

公務員であれ、ビジネスマナーは身につけておくことは大切ですね。

公務員から民間に転職して良かったこと3つ

↓公務員から民間に転職して良かったと思っていることとしては、以下の3つがあります。

  • 自分の年収を自分で決められるようになったこと
  • 前例にとらわれず仕事ができるようになったこと
  • お客さんと「ビジネス」として仕事ができるようになったこと

自分の年収を自分で決められるようになったこと

まず一つ目は、副業ができるようになった分、自分の努力次第で年収が変わることです。

公務員は原則副業禁止ですし、年功序列制なので勤続年数が分かればだいたいの年収が想像できますが、副業可能な民間企業に転職したことで、自分の好きなペースでやってみたかった仕事に挑戦できます。

継続すればスキルや収入のアップに繋がります。

前例にとらわれず仕事ができるようになったこと

二つ目は、前例にとらわれず仕事ができるようになったことです。

少しかっこよく言えば、改善の意識を持って仕事ができるようになりました。

公務員時代は、何よりもまず慣例にならって仕事することがほとんどだったので、無駄と感じるようなルールがたくさんありつつもそれをどうしようもありませんでした。

現職では、PDCAを回しながらWebサイトやメールマガジンなどをより良いものに改善していく仕事をしています。

WEB業界は特に若い業界ですから、日々新しい集客方法やサービスが出てきます。5年前のルールなんて化石のような扱いです。

変化の激しい業界ですが、自分にはこういった働き方が合っていると感じています。

お客さんと「ビジネス」として仕事ができるようになったこと

そして三つ目は、お客さんと「ビジネス」として仕事ができるようになったことです。

前職で従事していた市税の滞納整理の仕事では、滞納者との折衝が主な業務でした。

滞納者から、電話の引継だけで怒鳴られたり、人格否定や脅されることも多く、電話応対に対して恐怖を感じるようになっていました。

今の職場では、メールのやりとりがほとんどです。

電話がかかってきたとしても業務上関わりのある相手からしかかかってこないので、大幅なストレス軽減につながりました。

公務員から民間への転職を成功させるには?

↓公務員から民間企業への転職を成功させるために、必要なことは2つあります。

公務員から転職を成功させるには

  • 目指す業界で必要とされているスキルを身につけること
  • 採用者に対してやる気や熱意を人一倍しっかりと伝えること

目指す業界で必要とされているスキルを身につけること

まず一つ目は、目指す業界で必要とされているスキルを身につけることです。

私が公務員から転職したWeb業界では、IllustratorやPhotoshopの操作、HTML5やCSS3をはじめとしたコーディングの知識が必要とされています。

Webスクールやオンラインスクール、独学など、勉強の方法は色々あります。

私は、なるべく早く転職活動を始めたかったのと、実務で役立つ知識を無駄なく学びたいと思ったため、Web制作会社直営のWebスクールで半年間学びました。

↓公務員から転職でWEB業界を目指すならこちらはおすすめです。



キャリアチェンジを支援する・社会人のためのWebクリエイタースクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

採用者に対してやる気や熱意を人一倍しっかりと伝えること

二つ目は、採用者に対してやる気や熱意をしっかりと伝えることです。

公務員出身者は、どうしても「民間でやっていけるのか。仕方なく転職してきたのでは」という視点でみられます。

また、未経験採用は実務での実績がない分、今まで努力してきたことや、本気度、ポテンシャルを見られます。

業界で必要なスキルを身につける努力をしてきたことや、前職で得たスキルがどう生かせるのかを具体的にアピールする必要があります。

企業へのファーストコンタクトの取り方

面接だけでなく、企業へのファーストコンタクトの取り方でもアピールはできます。

私は、最初のうちは企業のホームページなどで求人を見つけて、直接エントリーしていましたが、書類選考の時点で落とされてしまい面接に進めないでいました。

その後はビジネス向けのSNSを利用したり、転職サイト経由で応募して転職エージェントのアドバイスを受けるなどしていました。

転職活動は、近年では採用企業側もWEBを活用するようになっています。

エージェントを利用すれば応募書類でのアピールの仕方や、面接対策などもしっかりやってくれますので、ここぞという志望企業がある場合には活用することをおすすめします。

まとめ:公務員からの転職は勇気がいるけどおすすめ

公務員時代、友人や家族に転職について相談した時は「公務員は安定している、せっかく勉強して入ったのに辞めるなどもったいない」と言われ反対されることもありました。

それでも、興味のある仕事、やりがいを感じられる仕事に就けたので転職して本当に良かったと思っています。

運が良いことに、個人の成長意識を大切にしてくれる会社と巡り合えたので、挑戦したいと思ったことをチャレンジさせてもらえる環境に身を置けて幸せです。

公務員からの転職は勇気がいると思います。

しかし、もし今の職場で何十年も働き続ける姿が想像できず苦しんでいるのであれば、環境を変えることも必要だと思います。

勇気を出して一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.