転職の体験談

一人事務は暇?忙しい?寂しい?メリットデメリットと求人の探し方

一人事務

(一人事務の仕事の体験談をお聞きしました)

一人事務とは、内勤の事務職で、すべての仕事を基本的に一人でこなす人のことをいいます。

中小企業・大手企業を問わず、「1つの営業所の社員のほとんどが営業職で、営業職をサポートする事務員が1人だけいる」という体制になっているケースは少なくありません。

一人事務は、その名の通り基本的に1人で仕事をしますから、同僚とのコミュニケーションがなくて寂しいと感じる人も少なくないでしょう。

一方で、一人事務はマイペースでもくもくと作業をすることができますから、職場の人間関係に苦手意識がある方には人気のある仕事でもあります。

今回は、実際に一人事務の仕事を経験された女性に体験談をおききしました。

一人事務の仕事のメリットやデメリット、一人事務として就職するためには具体的にどうしたらいいのか?といったことについて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

私が体験した一人事務の仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • 性別:女性
  • 名前:佐藤紀子(仮名)
  • 当時の年齢:22歳
  • 当時の給料の金額:手取り月給16万円

私の入社した会社は鉄鋼業の会社で、おもに自社で作った鉄製品を販売する会社でした。

私は、その会社の営業部の事務員として入社しました。

営業の人たちは、基本的に朝以外は会社にいませんので、午前〜退社まで、いわゆる「一人事務」として仕事をしていました。

一人事務として仕事をすることは面接の時点で聞いていましたが、最初のうちはなかなか仕事をおぼえることができず苦労しました。

前任者からの引きつぎもなかったので、探り探り仕事をし、わからないことはまとめておいて、営業の人がいる時に聞くというように工夫していました。

営業の人達は、街にビルや橋を作る計画が始まると、施工業者に営業に行き、見積もりなどを作ります。

私はその見積もり作りを手伝ったり、営業に行く際に必要なカタログ作り、電話当番やFAXの受信確認をしていました。

一人事務の仕事は孤独でしたか?

正直に言って、一人事務は孤独です(笑)

ですが、基本的に自分のペースで仕事ができたので、私には向いていて楽でした。

まず、まわりに自分と同じ仕事をしている人がいないので、人間関係に気を使うことがありません。

コミュニケーションが苦手な方や、事務職にありがちな職場の派閥争いに嫌悪感があるという方は非常にやりやすい仕事なのではないでしょうか。

ただし、一人事務は仕事に慣れるまではかなり大変です。

私の場合は営業の人がみんな外に出てしまい、事務所に一人になると質問等をすぐにできないので不安はありました。

もちろん、まわりも「新人が一人で仕事をしている」という状況なのはよくわかってくれていましたから、質問した時にはていねいに教えてもらうことができましたね。

仕事に慣れてくれば、一人事務は非常にストレスの小さい仕事です。

気楽に仕事ができたので、孤独さを感じることより、楽さを感じるようになりました。

プライベート重視でお仕事を探している方にとっては魅力的な仕事だと思いますよ。

一人事務の仕事は忙しいですか?それとも暇ですか?

私の会社は、忙しい時期と暇な時期がありました。

忙しい時期は、一人なので仕事を振り分けることができませんので、残業する日もありましたね。

電話対応をする人が自分しかいないので、忙しい時はトイレにもなかなか行けません。

お昼休みもデスクから離れられず、休んだ気になりませんでした。

ただ時間が経つのが早く、1日があっという間に終わり、充実感はありました。

逆に暇な時期は、とても暇で時間が経つのが遅く、それはそれで辛かったですね。

誰かいれば話相手になってもらえますが、一人事務なのでそうはいきません。

やることが電話対応以外なかったので、みんなのデスク周りを掃除したり、ネットで調べものをして時間をつぶしていました。

忙しさや暇さは会社にもよりますが、一人事務は基本的に自分で仕事の優先順位や時間配分を決めることが求められる仕事だと思います。

一人事務の仕事のメリット・デメリットについて教えてください

一人事務のメリットとデメリットを大まかにまとめると、以下のようなことがいえると思います。

一人事務の仕事を選ぶメリット

  • 自分のペースで仕事ができる
  • 人に気を使う機会が少ない
  • 自分次第で仕事の幅を広げられる
  • 早めに帰りたい時は、早めに帰れる

一人事務の仕事を選ぶデメリット

  • 仕事を分担できない
  • 暇な時は時間が経つのが遅い
  • 忙しいとトイレに行けない

一人事務は、コツコツと自分のペースで仕事したい人に向いている仕事です。

普段から一人でいることが好きな人や、職場での会話や人間関係に苦手意識がある人には特におすすめの仕事と言えますね。

また、自分のやる気次第でいくらでも仕事の幅を広げることができるので、やりがいを求める人も挑戦してみるといいと思います。

その日の仕事量は自分で決める事ができるので、1日のスケジュールが組みやすく、プライベートも大切にしたい人にとって、かなり良い仕事なのではないでしょうか。

仕事を覚えるまでは大変などのデメリットもありますが、私自身は大人数の事務員がいる会社より働きやすかったですね。

一人事務として働きたいと考えている方向けにアドバイスをお願いします

一人事務の場合、当たり前ですが会社は「一人でも任せられる人」を取ります。

なので、何よりも「人間的に信用できる人」を採用すると思います。

また、仕事では想定外のこともおこるので、急な仕事にも柔軟に対応できるということをアピールするといいかもしれませんね。

私が採用面接を受けた時は、資格や学歴では私よりもずっと良い人たちがいました。

ですが、結果として採用してもらえたのは私一人でしたので、資格や学歴はあまり関係ないです。

面接では相手の目を見てしっかり話し、「相手が何を聞きたいのか?」を考えて答えるように気をつけるといいと思います。

面接ではあいまいな返答をせず、自分の考えをしっかり伝えることが大切です。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事は自分には向いてないと感じる…。
  • 仕事にまったくやりがいを感じない。何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事で人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代前半のうちはまだいいかもしれません。

何事も経験だから…。

でがまんできる部分もあるでしょう。

ですが、20代後半以降になると

「楽しく働いてる人」と「苦痛を感じながら働いてる人」って、

出世や給料にものすごく大きな差が出てくるんですね。

例えば営業マンの仕事。

営業マンってものすごく

「向いてる/向いてない」がある仕事です。

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

管理人

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた同期たちにはどんどん差をつけられました。

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」扱いされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

どんな仕事にも向き不向きってありますからね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる!」って思える仕事はあります。

管理人

あと、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

あなたが今後の人生で、

一番年齢的に若いのって「今この瞬間」ですから。

「自分に向いてる仕事」を見つける方法

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

問題は、どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは世の中にどんな仕事があるのか?を知ることから始めましょう。

無料で仕事を探せる場所としてはハロワもありますが、

ネット使える人は転職サイトで検索かければOKです。

無料アカウントを作ると求人検索がいろいろできます。

アカウント登録なしだと

検索結果に表示される求人数が制限されるので

無料アカウントはあらかじめ作っておきましょう。

管理人

↑めんどくさいんですが、

こういう細かいところで手抜かない方が良いです。

幅広い選択肢を見てみるのが大事ですからね。

(2分もあればできる作業です)

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内にものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

と感動すると思いますよ。

学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の会社に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に転職サイトからくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは無料で使うことができます。

情報リサーチだけに使いたい人も活用できますので、

無料アカウントを作っておきましょう。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

-転職の体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.