Sponsored Links

転職の体験談

一人事務は暇?忙しい?寂しい?メリットデメリットと求人の探し方

一人事務

(一人事務の仕事の体験談をお聞きしました)

一人事務とは、内勤の事務職で、すべての仕事を基本的に一人でこなす人のことをいいます。

中小企業・大手企業を問わず、「1つの営業所の社員のほとんどが営業職で、営業職をサポートする事務員が1人だけいる」という体制になっているケースは少なくありません。

一人事務は、その名の通り基本的に1人で仕事をしますから、同僚とのコミュニケーションがなくて寂しいと感じる人も少なくないでしょう。

一方で、一人事務はマイペースでもくもくと作業をすることができますから、職場の人間関係に苦手意識がある方には人気のある仕事でもあります。

今回は、実際に一人事務の仕事を経験された女性に体験談をおききしました。

一人事務の仕事のメリットやデメリット、一人事務として就職するためには具体的にどうしたらいいのか?といったことについて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

私が体験した一人事務の仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • 性別:女性
  • 名前:佐藤紀子(仮名)
  • 当時の年齢:22歳
  • 当時の給料の金額:手取り月給16万円

私の入社した会社は鉄鋼業の会社で、おもに自社で作った鉄製品を販売する会社でした。

私は、その会社の営業部の事務員として入社しました。

営業の人たちは、基本的に朝以外は会社にいませんので、午前〜退社まで、いわゆる「一人事務」として仕事をしていました。

一人事務として仕事をすることは面接の時点で聞いていましたが、最初のうちはなかなか仕事をおぼえることができず苦労しました。

前任者からの引きつぎもなかったので、探り探り仕事をし、わからないことはまとめておいて、営業の人がいる時に聞くというように工夫していました。

営業の人達は、街にビルや橋を作る計画が始まると、施工業者に営業に行き、見積もりなどを作ります。

私はその見積もり作りを手伝ったり、営業に行く際に必要なカタログ作り、電話当番やFAXの受信確認をしていました。

一人事務の仕事は孤独でしたか?

正直に言って、一人事務は孤独です(笑)

ですが、基本的に自分のペースで仕事ができたので、私には向いていて楽でした。

まず、まわりに自分と同じ仕事をしている人がいないので、人間関係に気を使うことがありません。

コミュニケーションが苦手な方や、事務職にありがちな職場の派閥争いに嫌悪感があるという方は非常にやりやすい仕事なのではないでしょうか。

ただし、一人事務は仕事に慣れるまではかなり大変です。

私の場合は営業の人がみんな外に出てしまい、事務所に一人になると質問等をすぐにできないので不安はありました。

もちろん、まわりも「新人が一人で仕事をしている」という状況なのはよくわかってくれていましたから、質問した時にはていねいに教えてもらうことができましたね。

仕事に慣れてくれば、一人事務は非常にストレスの小さい仕事です。

気楽に仕事ができたので、孤独さを感じることより、楽さを感じるようになりました。

プライベート重視でお仕事を探している方にとっては魅力的な仕事だと思いますよ。

一人事務の仕事は忙しいですか?それとも暇ですか?

私の会社は、忙しい時期と暇な時期がありました。

忙しい時期は、一人なので仕事を振り分けることができませんので、残業する日もありましたね。

電話対応をする人が自分しかいないので、忙しい時はトイレにもなかなか行けません。

お昼休みもデスクから離れられず、休んだ気になりませんでした。

ただ時間が経つのが早く、1日があっという間に終わり、充実感はありました。

逆に暇な時期は、とても暇で時間が経つのが遅く、それはそれで辛かったですね。

誰かいれば話相手になってもらえますが、一人事務なのでそうはいきません。

やることが電話対応以外なかったので、みんなのデスク周りを掃除したり、ネットで調べものをして時間をつぶしていました。

忙しさや暇さは会社にもよりますが、一人事務は基本的に自分で仕事の優先順位や時間配分を決めることが求められる仕事だと思います。

一人事務の仕事のメリット・デメリットについて教えてください

一人事務のメリットとデメリットを大まかにまとめると、以下のようなことがいえると思います。

一人事務の仕事を選ぶメリット

  • 自分のペースで仕事ができる
  • 人に気を使う機会が少ない
  • 自分次第で仕事の幅を広げられる
  • 早めに帰りたい時は、早めに帰れる

一人事務の仕事を選ぶデメリット

  • 仕事を分担できない
  • 暇な時は時間が経つのが遅い
  • 忙しいとトイレに行けない

一人事務は、コツコツと自分のペースで仕事したい人に向いている仕事です。

普段から一人でいることが好きな人や、職場での会話や人間関係に苦手意識がある人には特におすすめの仕事と言えますね。

また、自分のやる気次第でいくらでも仕事の幅を広げることができるので、やりがいを求める人も挑戦してみるといいと思います。

その日の仕事量は自分で決める事ができるので、1日のスケジュールが組みやすく、プライベートも大切にしたい人にとって、かなり良い仕事なのではないでしょうか。

仕事を覚えるまでは大変などのデメリットもありますが、私自身は大人数の事務員がいる会社より働きやすかったですね。

一人事務のお仕事はどこで見つけましたか?

私の場合は、求人チラシをみて電話して応募しました。

人間関係の少ない職場が良かったので、従業員数が少なめの会社の事務職を狙って応募したら、偶然一人事務だったという感じです。

最初から一人事務をねらって仕事を探すなら、「少人数の組織内で、事務のお仕事全般をお任せします」などの記載がある求人を狙ってみるといいと思います。

ただ、すでに募集が終わっていたり、思っていた仕事と違ったりということがあったので、自分で1件ずつ電話して応募するのはあまり効率が良くないです。

正社員での就職を目指しているならリクナビなどの転職サイト、契約社員や派遣で働きたい人はマイナビスタッフなどの派遣会社を使って応募した方が採用までスムーズかと思います。

エージェントの方に「一人事務の仕事を探しています」と伝えておけば、一人事務の仕事に限定して求人をたくさん紹介してくれるのではないでしょうか。

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ

一人事務として働きたいと考えている方向けにアドバイスをお願いします

一人事務の場合、当たり前ですが会社は「一人でも任せられる人」を取ります。

なので、何よりも「人間的に信用できる人」を採用すると思います。

また、仕事では想定外のこともおこるので、急な仕事にも柔軟に対応できるということをアピールするといいかもしれませんね。

私が採用面接を受けた時は、資格や学歴では私よりもずっと良い人たちがいました。

ですが、結果として採用してもらえたのは私一人でしたので、資格や学歴はあまり関係ないです。

面接では相手の目を見てしっかり話し、「相手が何を聞きたいのか?」を考えて答えるように気をつけるといいと思います。

面接ではあいまいな返答をせず、自分の考えをしっかり伝えることが大切です。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職の体験談

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.