転職の体験談

一人事務は暇?忙しい?寂しい?メリットデメリットと求人の探し方

※このページは 3 分で読めます。

一人事務

(一人事務の仕事の体験談をお聞きしました)

一人事務とは、内勤の事務職で、すべての仕事を基本的に一人でこなす人のことをいいます。

中小企業・大手企業を問わず、「1つの営業所の社員のほとんどが営業職で、営業職をサポートする事務員が1人だけいる」という体制になっているケースは少なくありません。

一人事務は、その名の通り基本的に1人で仕事をしますから、同僚とのコミュニケーションがなくて寂しいと感じる人も少なくないでしょう。

一方で、一人事務はマイペースでもくもくと作業をすることができますから、職場の人間関係に苦手意識がある方には人気のある仕事でもあります。

今回は、実際に一人事務の仕事を経験された女性に体験談をおききしました。

一人事務の仕事のメリットやデメリット、一人事務として就職するためには具体的にどうしたらいいのか?といったことについて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

私が体験した一人事務の仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • 性別:女性
  • 名前:佐藤紀子(仮名)
  • 当時の年齢:22歳
  • 当時の給料の金額:手取り月給16万円

私の入社した会社は鉄鋼業の会社で、おもに自社で作った鉄製品を販売する会社でした。

私は、その会社の営業部の事務員として入社しました。

営業の人たちは、基本的に朝以外は会社にいませんので、午前〜退社まで、いわゆる「一人事務」として仕事をしていました。

一人事務として仕事をすることは面接の時点で聞いていましたが、最初のうちはなかなか仕事をおぼえることができず苦労しました。

前任者からの引きつぎもなかったので、探り探り仕事をし、わからないことはまとめておいて、営業の人がいる時に聞くというように工夫していました。

営業の人達は、街にビルや橋を作る計画が始まると、施工業者に営業に行き、見積もりなどを作ります。

私はその見積もり作りを手伝ったり、営業に行く際に必要なカタログ作り、電話当番やFAXの受信確認をしていました。

一人事務の仕事は孤独でしたか?

正直に言って、一人事務は孤独です(笑)

ですが、基本的に自分のペースで仕事ができたので、私には向いていて楽でした。

次のページへ >

まだムダで苦しいだけの仕事に人生の大切な時間を使うのですか?

  • 大嫌いな上司・先輩・同僚…。
  • 時間のムダで何のメリットもない社内のコミュニケーション…。
  • 不当に安い給料でこき使われる。
  • ゴマすりが上手なだけで、ろくに働いていないくても評価される人たち。

↑いつまで、こんな「ムダで苦しいだけの会社」で働き続けますか?

あなたを正当に評価してくれる、楽しみながら仕事ができるホワイトな会社は世の中にたくさんあります。

多くの人が「情報を制限されている」というたった1つのことが原因で、理想の会社に出会えていないのです。

ぜひこちらのサイトに無料登録して、情報をゲットしてみてください。

↓お金が発生することなんてことは最初から最後までいっさいありません。完全無料です。変な連絡もいっさい来ません。あなたのリスクはゼロです。

  • 「今とまったく同じ仕事内容」なのに、年収が100万円多くなったら?
  • この仕事こそが自分の仕事」と胸をはって言える仕事に出会えたら?
  • 職場の人たちが大好き。本当の仲間」と思える環境で働けたら?

早い者勝ちです。明日にはなくなっているかもしれません。

-転職の体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.