Sponsored Links

転職の体験談

臨床検査技師の給料は高い?平均年収の実態と高年収で転職するコツ

※このページは 3 分で読めます。

臨床検査技師 給料 高い

(臨床検査技師の給料は高い?平均年収はどのぐらい?)

  • 臨床検査技師の給料って高い?安い?
  • 給料の高い病院の求人もあるけど、業務はやっぱりきつい?
  • 未経験で転職した場合の臨床検査技師の平均年収は?

↑臨床検査技師として働くことを目指している方の中には、こうしたことが気になっている方もいらっしゃるでしょう。

仕事をしていく上で「お給料がどのぐらいもらえるか?」はとても大切なことです。

この記事では、臨床検査技師として中規模の病院で9年働いている私が、臨床検査技師のお給料の実態について説明します。

結論から先に言うと、臨床検査技師は専門職といっても決して給料が高い方ではありません。

それでも高年収を目指すのであれば、実務経験を積みながら超音波検査士や細胞検査士といった「認定資格」を取得しましょう。

こうした資格を取得し、実務経験も転職活動でアピールすることができれば、比較的高い給料で働くことができるようになります。

臨床検査技師の給料は高い?安い?

私は、職員数230名・160床ほどの規模の病院で、臨床検査技師として働いています。

在職9年目になりますが、正直にいって給料は高い方とはいえませんね。

年収にすると320万円を少し超える程度です。

↓内訳にすると以下のような感じになります。

  • 基本給 :21万円×12ヶ月=252万円
  • 役職手当:1万円×12ヶ月=12万円
  • 通勤手当:1万円×12ヶ月=12万円
  • ボーナス:23万円×年2回=46万円
  • 年収合計:約320万円

月収でみると、基本給が約21万円です。

役職に就いておりますので、役職手当として1万円がつきます。

これに通勤手当が付いて、月額総支給額は23万程度です。

賞与は年2回で、計2か月分が支給されます。

臨床検査技師の給料はどう決まる?

病院で働く人たちの給与体系は、学歴、年齢によって決められるのが基本です。

実務経験がある人の場合は、ここに「実務経験給」が加味されます。

ただし、加味されても、だいたい数千円の範囲です。

勤務経験を積むと私のように役職つきになることもありますので、役職手当てとして1万円程度の手当が出るでしょう。

ただし、役職は定員がありますので、前任の役職者の退職がなければ上役にはなかなか就けないのが現状です。

私が働く病院の規模

現在、私が在職している病院は、療養型病棟と一般病棟で160床ほどの規模です。

内科・小児科を標傍しており、職員数は200名ほどです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.