大学職員の転職体験談

私立大学職員は激務ブラック?部署別の残業や土曜出勤の実態を解説

大学職員 激務

(大学職員の仕事は激務ブラック?って本当)

大学職員の仕事は楽で稼げる!

↑ネット上ではなぜかこういう噂が多いようですね(汗)

体験談の投稿者

確かに、大学職員は落ち着いた環境で働けるのは事実です。

ただ、決して楽な仕事ではないので注意してください。

この記事では、私立大学職員として8年働いている私の仕事体験談をお伝えします。

これから大学職員へ転職を目指す人は参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

営業マンから大学職員に転職して現在勤務8年目。
私立大学の正職員としてワークライフバランス重視で働いています。

私立大学職員は激務ブラック?勤務時間と残業の実態

大学職員 激務

(大学職員の仕事は激務ブラック?)

 

私は現在、首都圏にある小規模な私立大学に勤務しています。

もともと短大であったこともあり、

学部数が少なく知名度も低い大学です。

職員の数も少なく、かなり仕事が忙しいと感じる時もありますね。

働く部署によって仕事の忙しさはかなり違う

また、大学職員は実際に働く部署によっても仕事の忙しさが違います。

(学生課・教務課・就職課・総務課その他)

部署によっては日常的に残業が発生することもありますね。

私の大学の場合、学生のカリキュラムや成績にかかわる教務関係は、

月間25~30時間程度の残業があります。

ただし、残業代は必ず給与に反映されますので、

当然ながらもらえるお給料の金額は多くなります。

私立大学職員の休日出勤の実態

これから大学職員を目指す人が知っておくべきなのは、

大学職員は土日がいつも休みとは限らないという事実です。

なぜかというと、受験生や学生むけの行事イベントは土日開催が多いためです。

行事ごとですから、通常の事務仕事とはかなり違って

キャンパスを駆け回るような仕事も発生しますね。

(まあそれがわりと楽しかったりしますが…)

体力のある方は良いですが、

そうでない方にとっては「激務」と感じる部分があるかもしれません。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

行事以外で土曜日出勤が発生することも

また、行事以外の通常勤務でも土曜日出勤が発生することがあります。

祝日がある週に、土日に振替講義が行われることがありますので、その対応が主ですね。

私の勤務大学も通常は土曜日は講義休みです。

ただ、教員や学生が土日に準備や学習をすることがありますから、

こうしたときには出勤することもあります。

体験談の投稿者

基本的には当番制で出勤するルールとなっています。

午前中のみの半日勤務という場合もありますね。

私の勤務先大学ではこうした土曜出勤については振替休日がありません。

(休日出勤日=残業あつかいなので割増の賃金は支給されます)

土曜日はキャンパスもとてもゆったりしていて仕事も少ないですから、

割増の給料をもらえて嬉しい方と感じる人もいるかもしれません。

夏季休暇は大学自体が休み

一方で、夏季休暇などは大学自体が休みになります。

なので例年10日間ほどの休暇取得が可能です。

また、民間企業のように有給取得がしづらいようなことはありません。

ただし、後述するオープンキャンパスは夏休みに繁忙期を迎えます。

Sponsored Links

なので連続した休暇取得(10連休など)は難しいでしょう。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

オープンキャンパス対応で激務になるケースも…

大学職員 激務

(オープンキャンパスの対応を行う大学職員はかなり激務)

 

少子化によって、小規模な私立大学の学生獲得競争は激化しています。

大学がとっている具体的な対策としては、オープンキャンパスがあります。

オープンキャンパスは基本的に集客が見込める土日に行いますので、

当然ながら対応する大学職員は休日出勤となります。

準備も必要ですので、通常業務と合わせて激務になるケースもありますね。

オープンキャンパスを毎月実施する大学もある

オープンキャンパスは、受験生や保護者むけに行われるイベントです。

体験授業や施設見学、相談対応を行います。

現在は国立を含むほぼすべての大学が実施していますね。

私立大学で特に中堅以下の大学は、オープンキャンパスにはかなり力を入れています。

月1~2回の実施をしているところもありますね。

夏休み期間などは教職員総出で準備と開催に追われます。

オープンキャンパスは事前準備と後片付けが大変

オープンキャンパスの実施当日は、それぞれの大学職員に担当業務が割り振られます。

後片付けもあるので、夕方過ぎまで時間をとられることもありますね。

前日準備も大変です。机等の移動や教員との打ち合わせなど、

普段デスクワークの職員も肉体労働に従事します。

体力に自信がない方にとっては激務と感じることもあるかもしれません。

繁忙期になる夏は猛暑のなかで時には屋外で案内、誘導などかなり疲れるイベントです。

オープンキャンパス=大学職員は休日出勤です。

振替休日が取得できるとしても、

全職員が一斉に同じ日に休むわけにいかないため早い時期に消化できるとは限りません。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

大学入試シーズンはかなりの激務

大学職員 激務

(大学入試対応は大学職員にとって最重要業務)

 

大学入試シーズンは大学職員の仕事量も増えます。

私立大学の場合、一般入試は5回程度またはそれ以上実施するケースが多いですね。

それ以外にもAO、推薦やセンター入試を含めた年間十数回の入試が行われます。

これらは休日に行われますので、大学職員にとって大きな負担となります。

事前準備~入試実施まで業務量は膨大

大学職員にとって、入試対応は最重要業務といっても過言ではありません。

全部門の職員が駆り出されるケースがほとんどでしょう。

試験監督等は教員も協力しますが、

冬の寒い時期に屋外での案内や誘導などスタッフとしての業務に従事します。

試験期間中はミスや不測の事態が絶対にあってはいけません。

大学内でも緊張感が漂うために、勤務時間以上の疲労感がありますね。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

共通テスト(旧センター入試)の会場対応も大変

共通テスト(センター試験)は、多くの大学が試験会場となります。

私の勤務先は小さな私立大学ですが、例年試験会場となっていますね。

当日はものすごい数の受験生がやってきます。

受験生にとっては人生を決める重要な試験ですから、

万が一にもトラブルや不正が起こらないようにしなくてはなりません。

準備や対応のため、大学職員には分厚いマニュアルが配布され説明会議なども実施されます。

試験は2日連続ですし、周囲の交通整理など必要です。

入試業務は独特の緊張感と疲労感に襲われます。

これが3月まで続きますから、大学職員にとってこの時期は激務ですね。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる

まとめ

今回は、大学職員の仕事の実態について解説いたしました。

なぜか「楽な仕事」というイメージを持たれがちですが、

大学職員の仕事は決して楽ちんではありません。

これから私立大学職員への転職を目指す方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.