Sponsored Links

転職の体験談

人材派遣営業は楽しい?体験者が教える仕事のコツややりがい・年収

人材派遣営業 楽しい

(人材派遣営業は楽しい?仕事のコツ〜年収や退職理由まで体験談をお聞きしました)

人材派遣営業とは、派遣社員として働きたい人たちを、企業に紹介する仕事です。

派遣スタッフを雇いたい企業側のニーズを把握し、

この人はこういうスキルがあって実績もありますが、御社の派遣スタッフにいかがですか?」という形で提案します。

ざっくりといえば、「ハローワークの民間企業版」のようなお仕事と言えるでしょう。

働き方のかたちとしては、人材派遣会社に所属して、営業マンとして働くことになります。

今回は、人材派遣業界で営業マンで仕事をされている29歳の男性の方に、お仕事の体験談を話していただきました。

  • 人材派遣営業の仕事で「楽しい・やりがいがある」と感じる瞬間は?
  • 平均年収はいくらぐらい?
  • 仕事は激務?残業や休日出勤はある?
  • この業界でよくある退職理由は?
  • この仕事で成功するためにはどういう働き方をしたらいい?

などなど、実体験者でないとなかなか話せない内容についてもお聞きしました。

これから未経験で人材派遣営業への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

人材派遣営業は楽しい?私が体験した具体的な仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前  :田中将大
  • 現在の年齢:29歳
  • 在職年数 :8年間
  • 年収   :約500万円(固定年収350万円+出来高制のボーナス)

人材派遣営業の仕事は、顧客企業に最適な派遣スタッフを紹介することです。

顧客企業の「こういう人材が欲しい」というニーズをくみ取って、

それならこういうスキルを持っている、この人はどうでしょうか?」という形で提案します。

お客さんが「ではぜひその人で」という形になった場合には、紹介手数料という形で私たちの会社に収入が入ります。

また、私たちは派遣会社に所属する営業マンでもあります。

どのぐらいの紹介手数料を得られたかによって、私たち自身のボーナスも決まります。

紹介する方の時給や年収が高ければ高いほど、私たちが受け取る収入も大きくなります。

なので、優秀な人を紹介することができればできるほど、私たち自身のメリットになるのです。

人材派遣営業の仕事が「楽しい」と感じる瞬間はどんなときですか?

具体的なモノを売る仕事ではなく、「求められている仕事に最適な人材を紹介する」という点に魅力を感じています。

また、私たちのビジネスでは「損をする人」がいません。

  • 派遣社員のみなさんの「自分の特性を生かして働きたい」というニーズを満たす。
  • 企業側の「任せたい仕事内容にマッチした人材を見つけたい」というニーズを満たす。

これら両者のニーズを満たしたときに初めて、私たち自身に紹介手数料が入ってくるかたちになっていますから、まさに「WIN-WIN-WIN」の関係を築くことができます。

人とのコミュニケーションが好きという人におすすめ

私たちの日常業務は、人材を探している企業の人事担当者さんや、仕事を探している派遣スタッフさんとのやりとりが基本になります。

なので、人とコミュニケーションをとることが楽しい、好きという方におすすめですね。

ただし、私たちの仕事にって重要なことは、相手のニーズをきっちり把握できる能力です。

コミュニケーション上手というのは、別に飲み会で盛り上げ役になれるとか、ノリが軽いとかいうことではありません。

社内には人と話すことはあまり得意ではないけれど、お客さんのニーズをしっかりと把握することで、実績を出している人は大勢います。

なので、「知らない人と話すのはちょっと苦手かな」という人でも大丈夫だと思います。

人材派遣営業は「紹介する人材の魅力をいかに引き出せるか」が問われる

人材派遣営業は、いわゆる「形のない商品を売る仕事」です。

スマホや自動車などのように「形がある商品」を売るわけではありません。

なので、「どういうふうに紹介する人材の魅力を引き出して、伝えるか?」が難しい仕事と言えます。

ただし、その点こそがまさにこの仕事の醍醐味(だいごみ)ともいえます。

私自身がこの仕事をしていて、そのことを痛感した時のお話を紹介しましょう。

私が新入社員だった頃の話

例えば、私が新人時代の話です。

事務員を希望している方にお仕事を紹介することになったのですが、どうしても企業様から内定をもらえませんでした。

その方はまだ事務職の仕事は未経験でした。

なので、私自身が「この人はちょっと難しいかも…」と思い込んでいた部分があったのです。

企業様へのプレゼンも弱気で、消極的なものになっていたように思います。

しかし、私の先輩のベテラン営業マンが再提案してみると、なんとあっさりと内定がでてしまいました。

先輩営業マンは、この方のパソコンスキルをくわしくヒアリングし、さまざまな「得意分野」をピックアップしていきました。

タイピングの速さやデータ入のていねいさ、以前に自己学習していた簿記の話を具体的に伝え、人材としての魅力付けを行って担当者に話を通したのです。

このように、同じ人でも、人材派遣営業マンによって見え方が180度変わり、成果も全く違ってきます。

これが人材派遣営業の魅力的なところで、仕事を突き詰めると本当に楽しくなってきます。

働く人たちの「人生の岐路」にたずわれる楽しさと責任感

私が人材派遣営業に携わる中で、特に楽しさややりがいを感じるのは、

働く人たちの人生選択のお手伝いができるという点です。

私たちにとって、「仕事」は単にお金を得るための手段ではありません。

人生の大部分の時間を使って取り組む、とても重要な活動です。

仕事が楽しくなければ人生は本当に辛いです。

毎日が憂鬱で「仕事辞めたいな…」とぐちをいいながら働くことになってしまいます。

人材派遣営業マンは、今の仕事に不満がある人や、働きたいのに働き口がなかなか見つからない人に対して、

こんなお仕事はどうですか?あなたの能力を生かせるかもしれませんよ」と提案を行います。

最適な提案をするためには、ていねいにヒアリングを行い、その人の能力を見極める必要があります。

特に、その人が「仕事に対して本当に求めていること」を読み取れなくてはなりません。でもこれが楽しいんです。

「仕事にあきてしまった男性」に紹介したベンチャーの仕事

繰り返しになりますが、私たちの仕事は「働きたい人に、最適な仕事を紹介すること」です。

場合によっては、相談者の方が今まで考えたこともないような仕事に就業していただくこともあります。

私が担当した求職者の方で言えば、これまでずっと地元企業で堅実に事務の仕事をしてきた男性がいました。

この人は「今の仕事に飽きてしまったこと」がきっかけで仕事を探していました。

堅実に生きることを優先しすぎて、仕事そのものを楽しめない状態になっていたのです。

この方に対して私は、

いっそ、時代の最先端をいくようなITベンチャー業界に挑戦してみてはいかがですか?堅実な企業で事務の仕事をされてきた経験は、これから成長のステップを上げることを目指している若い企業からニーズがありますよ

と提案しました。

昔ながらの地元企業の事務をしていた人が、ITベンチャーに転職するわけですから、かなり思い切った提案です。

その方も「忘れてたんだけど、昔は興味あったんだよね」と話が進みました。

結果として、たまたま1名募集している企業様も見つかり、現在も就業されています。

本人もこれまでにない新しい経験ができ、毎日刺激があってとても楽しいといつも話してくれます。

自分が紹介する仕事で、その人の人生がいい方向へ進むなんて最高だと思いませんか。

人材派遣営業の仕事をやっていて、本当によかったと思えた瞬間でした。

人材派遣営業のお仕事はどうやって見つけましたか?

人材派遣営業 楽しい

(人材派遣会社で営業マンとして働くには?転職活動のやり方を解説)

私の場合は、転職サイトに登録して「人材派遣営業」で求人検索して見つけた求人に応募し、採用されました。

自分でサイト内で求人検索をして仕事を見つけることもできますが、自分の希望条件をあらかじめ入力しておいて、しばらく待ってみるのもおすすめです。

転職サイトから希望条件に合致する求人が登録されるたびに自動配信メールが届くので、気になったものに応募するというかたちですね。

転職サイトは転職活動の情報収集に非常に便利なので、いくつか登録しておくと良いと思います(転職サイトは無料で使えます)

【※編集部より】20代の方におすすめの転職サイトはこちら↓

マイナビジョブ20's

20代の転職ならマイナビジョブ20's

転職エージェントにいろいろ相談してみるのもおすすめ

また、転職サイトに登録すると、人材紹介のエージェントさんに直接アドバイスを受けることもできます。

エージェントさんは自分の希望条件に合致する求人をピックアップして紹介してくれるので、自分で探していたら見つけられなかった意外な選択肢を提案してくれることがあります。

また、人材派遣営業と、転職サイト運営会社に所属するエージェントさんは広い意味では「同業者」になりますから、仕事内容についていろいろ聞いてみるのもいいと思いますよ。

転職サイト経由で応募した場合、応募の作業や面接担当者とのアポイントとりはエージェントがすべて代わりにやってくれます。

また、年収の交渉も自分に代わってしてくれたので、結果として希望以上の会社に入社できたと思っています。

人材派遣営業の働く時間や残業・休日出勤について教えて下さい

勤務時間は日中8:00~18:00で、土日祝日はお休みです。

ただし、人材派遣営業が働く時間は、自分が担当している派遣先企業ありきの部分もあります。

担当する派遣先企業が稼働している日は、可能な限り対応できるようにしておく必要があるからです。

例えば、イベント会社などをメインの顧客としている場合には、土日祝が稼働日ということもあります。

(もちろん、その場合は私たちは振替の休日が取れます)

転職前に「どんな顧客企業にスタッフを派遣しているのか?」をリサーチしておくのが良いかもしれません。

それによって私たち自身の働くスタイルも決まるからです。

私のように残業なしで土日祝日はきっちり休みたいという方は、事務職の人をメインで派遣している派遣会社を選ぶといった具合ですね。

転職エージェントを使って転職活動すれば、こういった細かい情報も応募前に知ることができると思います。

人材派遣営業というと「離職率が高い」というイメージがありますが、実際はどうですか?

どんなお仕事でもそうですが、人材派遣営業の仕事にもつらいこと、しんどいこともあります。

この業界に転職する人が、特に心配されることが「離職者の多さ」ですね。つまり、短期間で辞めてしまう人が多いのです。

業界的な平均で言えば、5年〜10年働いている人であれば、ベテランといえるのではないでしょうか。

もちろん、これはあくまでも業界全体の平均です。

実際に働く会社がちゃんとしていれば長く働くことはできると思います。

私もできるだけ長く働ける職場で働きたかったので、転職活動を行っている時には、離職率についてはエージェントの方を捕まえてしっかりと確認していました。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

人材派遣営業のつらいところ、やめたくなる瞬間について教えてください

人材派遣営業の離職率が高い理由としては、良くも悪くも「成績によって差が付きやすい」ということが挙げられます。

人材派遣業界は、昇格のペースが非常に速いです。

2019年現在、人材業界の景気はすごくいいので業績拡大、ポストも増えていてどんどん人材も採用しますが、業界のスピード感についていけない人も多いようです。

採用、離職の母数が非常に多いので、おのずと離職率も高くなる傾向があるのです。

メーカー営業などで課長を任されるのはだいたい40歳前後だと思いますが、人材業では20代で責任者をしていることもよくあります。

私自身も、入社1年目で拠点の責任者となりました。

出世が早いのは働いている人間としては嬉しいことです。

ただ、年齢的に若くても結果を求められる部分はありますから「ノルマなんかなしでのんびり働きたい」という人は注意が必要かもしれません。

もっとも、ノルマを達成しないと上司からパワハラを受けるとかそういうことはまったくありません。

「誰がどのぐらいの成績を出しているか」が毎月きっちりと可視化されるというだけです。

感覚的にはオンラインゲームなどに似ていますね。「この人が上位」というのがリアルタイムではっきりわかって、いつも入れ替わるという感じです。

実際に人材派遣営業マンによくある退職理由を教えてください

「派遣スタッフさんの管理が嫌になる」というのが、この仕事を辞める理由(退職理由)としてもっとも多いです。

人材業全般に言えることですが、人材を扱う仕事ですので、突発の対応が非常に多いのが実際のところです。

日常業務に追加で別件のトラブルが起こるのは日常茶飯事で、しっかりマネジメントをしないとあっという間に手が回らなくなります。

ただ、ある程度「これは自分の責任じゃないからしょうがない」と割り切れないと精神的にしんどくなることもあるかもしれません。

例えば、自分が管理している派遣スタッフさんが突然退職した、なんて事態もあります。

明らかにスタッフさん自身のモラルが問題であることもありますから、そういう場合には私たち自身が思い悩んでもあまり意味がありません。

私の経験では真面目な人(1つのこと、1人の人に集中してしまう人)ほど、人材派遣営業を辞めていってしまう印象です。

人材派遣営業の仕事に向いている人は、どんな人だと思いますか?

人材派遣営業に向いている人は「最速で自分を成長させたい人」だとおもいます。

能力としては最低限のコミュニケーション力があれば問題ありません。

忙しい業界ですから、他業界以上に採用や成長の機会がたくさんあります。

また、上でも見たように、ある程度は踏ん切りをつけて、マルチタスクで臨機応変に仕事を処理できる人が向いているかもしれません。

人材派遣営業に必要な能力はいくつかありますが最重要なのは「クライアントのニーズの把握」です。

私の担当クライアントからよく言われたのが「即戦力で若い人材が欲しい」です。

ただ、こういうときに「それじゃ年齢25歳ぐらいまでで、最低限の社会人マナーのできている人材を探して…」と機械的に考えてしまうとうまくいきません。

顧客は別に若い人が好きだからこういう要望を出しているわけではありませんから、必ずしも年齢で限定する意味はないのです。

例えば、30代の方や主婦からの復業を目指す方であっても、即戦力で働ける場合は普通にあります。

クライアントは、意外にも自社の必要ニーズがわかっていないことがありますので、「本当に求められていることは何か?」を深堀りしていく能力は必須です。

私の経験上ニーズの掘り起こしがうまい方がクライアントを多く抱え相対的に年収が上がっていく傾向がありました。

これから人材派遣営業として働きたい人向けに、アドバイスをお願いします

人材派遣営業の醍醐味は、人生の岐路に立っている「働く人たち」のサポートできることにあると思います。

私たちの仕事のやり方次第で、その人の人生が左右されるといっても過言ではありません。

逆にそこを意識しすぎると重圧で押しつぶされてしまうので注意した方が良いですね。

責任感が強すぎる方は、少しだけ肩の力を抜いて仕事をするようにしてみると良いと思います。

人材派遣営業は、成長志向バリバリの人でなくても大丈夫です。ゆっくり自分のペースで働いている方いますので、ぜひ挑戦してみてください。

人材業界自体が好調ですから、就職しやすくて昇格のチャンスがたくさんあるのも魅力ですね。

  • 「誰かのためにがんばりたい」
  • 「人事や採用、人材教育に興味がある」
  • 「働くことの意味や、価値について考えながら働きたい」

こんなふうに考えながら働ける方には本当におすすめできる業種です。

転職を検討されている方は、ぜひ候補の1つに入れてみてください。

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.