転職の体験談

公務員から大学職員への転職はおすすめ?仕事内容と必要なスキル

Sponsored Links
  • 安定した仕事をしたくて公務員を選んだけど、仕事そのものが最近つまらない…。
  • 民間で安定的に働ける職場として大学職員ってどう?
  • 公務員から大学職員に転職して採用される可能性はある?

結論から言うと、「安定性に加えて高収入を得たい」というニーズをもっている人に大学職員はおすすめの職種です。

確かに安定性だけで選ぶなら公務員が最強ですよね。

ただし、大学職員として私立大学で働く場合、公務員に近い安定性に加えて高収入が期待できるのです。

仕事内容も学生や教職員のサポートが中心ですから、ごりごりの利益追求的なことをする必要もありません。

公務員から転職を検討している人には、

大学職員への転職という道もあることをぜひ知っていただきたいと思います。

大学職員の年収と雇用安定性

公務員から大学職員

(公務員から大学職員への転職はおすすめ?)

大学職員の平均年収は730万円、一方で公務員の平均年収は680万円です。

平均年収では数百万円もの差があるわけではありません。

しかし、これはあくまでも平均です。

私が大学職員として働いている私立大学では、

40代で年収1000万円以上の人が何人もいます。

公務員の場合は、同じ40代でも650〜800万円程度の年収はありますが、あくまでも順調に出世した人に限ります。

ちなみに、先程実例で挙げた大学職員は、「一般職」でいわゆる「ヒラ」です。

もちろん、少子化の影響で18歳人口が減少し続けているため、私立大学同士での学生確保の競争が生まれています。

しかし、私立大学は文科省からの補助金や2020年からスタートする大学無償化等、国からの支援が充実しています。

大学職員は、今後も高い安定性を確保できるといえるでしょう。

大学職員 やめとけ
大学職員はしんどい・きついからやめとけ?勤務8年目が教える向いてる人の特徴

29歳で大学職員になり、その後も私立大学の職員として8年間仕事をしている方に転職体験談をお聞きしました。橘さんは大学職員という仕事については「いい加減な気持ちで転職するきついのでやめとけ」という意見をお持ちです。実体験者でないと話せない内容をインタビューすることができましたので、参考にしてみてください。

続きを見る

大学職員のワークライフバランス

大学職員はワークライフバランスも非常に良いです(民間企業ではありえないレベルです)

年間休日120日以上が期待できるのは、学生主体の教育現場ならではではないでしょうか。

学生の大型連休(春季休暇・夏季休暇・冬季休暇等)時には、大学職員も一定的な休日がもらえるうえ、GWや年末年始も当然休みです。

年間休日の面では、公務員と同等レベルといったイメージをもってよいでしょう。

大学職員と公務員の残業については、配属される部署や時期等によって、大きく異なるため、安易に比較はできません。

あくまでも参考ですが、私が所属している広報関係の部署では年間200時間程度の残業が発生しています。

大学職員の仕事内容と求められるスキル

公務員の経験を、大学職員として活かすことはできます。

例えば、地方公務員の事務を行う行政職では、福祉や健康、まちづくり等、地域に密着した事務作業が中心です。

地域の活性化や地域の要望に耳を傾ける仕事内容は、立場や内容に違いはあるものの、「学生」に置き換えてしまえば近いものがあります。

また、大学職員に求められる最重要スキルはコミュニケーション力です。

行政職以外の公務員の人の中でも、コミュニケーションを中心とした仕事をしている人は多いはずですので、十分アピールができるでしょう。

公務員から大学職員に転職する具体的なステップ

結論から言うと、コネがない限りは一般採用で受験するしかありません。

まずは、リクナビNEXTなどの大手転職サイトに登録することからスタートしましょう。

(無料で使えます)

転職サイトから大学職員の求人検索し、応募する流れが効率的といえます。

もちろん、各大学のホームページから直接求人情報をチェックすることもできますが、

「この大学しか受けない」といったように特にしばりをかけていないのであれば、転職サイトで求人を探すのがベストです。

公務員から大学職員への転職面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問は、「本学を志望した理由は何ですか?」や「大学職員を志望した理由は何ですか?」です。

質問される可能性はかなり高いので、自己分析を含めて事前準備をしっかりと行いましょう。

アピールすべきことは、あなたのこれまでの公務員という職歴で得た経験値です。

そして、この大学で職員として働きたいという想いを志望動機としてぶつけてください。

公務員出身であることを強みにするには?

公務員出身であることを強みにするには、

安定が確保された公務員を捨ててまで、貴学で大学職員で働きたい」という想いをぶつけましょう。

つまり、公務員では実現できないことを大学職員として実現したいということを伝えるのです。

大学側も、一般企業からの転職者がほとんどですので、

公務員という肩書と志望動機で、有利になる可能性があります。

面接で「なぜ、公務員を辞めて大学職員になりたいのですか?」と聞かれたら?

公務員の人には絶対と言っていいほど、この質問が出てきます。

もちろん、「公務員の仕事内容に飽きたから」とは当然言えません。

公務員での経験を活かし、貴学の大学職員として働きたい。そして、大学職員として、貴学の発展に貢献し地域や社会に対して恩返しがしたい。

といったように、公的な利益を追求する仕事をしてきた公務員の経験を活かしたアピール方法を考えましょう。

大学職員になるための転職活動について

大学職員の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを使うようにしましょう。

>>大学職員の求人が多いおすすめの転職エージェントはこちら(無料)

大学職員の募集は、各大学のホームページなどで知ることができますが、

日本には700以上の大学がありますから、

これらの情報すべてを自分でチェックするのは相当きついです。

(というか、あまり現実的ではありません)

大学職員は人気職業なので、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

求人の見落としがないようにしたいなら、

転職エージェントを使って情報アンテナを立てておくのが確実です。

転職エージェントのサイトに無料登録し、

志望条件に「大学職員」「大学事務」「学校法人」などのキーワードを入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらうことが可能ですよ。

大学職員 やめとけ

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です。大学職員の求人も定期的に出てきますよ)

\ 大学職員の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓大学職員の求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職経験者

私も今の大学にはエージェント経由で転職しましたが、

お金を1円でも請求されることはありませんでした。

利用をやめたくなったらメール一本送るだけでいいので、リスクは何もありませんよ。

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する大学事務職員の求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種である大学職員を目指すならこれは必須の作業なので、少しでも早くやっておいてください。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

大学職員志望者が転職エージェントを使うメリット

転職エージェントは、転職活動をやっていく上でめんどくさいことを代わりにやってくれます。

くりかえしになりますが無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由がないです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

転職経験者

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い大学職員の書類審査では必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは応募先大学の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この大学は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について大学側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。

↑逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

大学職員は人気の職種なので、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

転職経験者

ひと昔前までは、転職活動といえば「ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…」というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

大学職員の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう。

大学職員の採用試験はどんな感じで進む?

↓私の場合は以下のような感じで選考が進んでいきました。

  1. 転職エージェント経由で求人に応募
  2. 書類選考
  3. 筆記テスト(SPIのようなもの)
  4. 集団面接
  5. 個人面接
  6. 最終面接

どんな大学に応募するにしろ、まずは求人を見つけるところからスタートしなくてはいけません。

応募する求人を見つけたらその大学の情報をインプットし、

担当エージェントと面接練習を繰り返し行うのが良いと思います。

いかに徹底的に準備できるかが、内定まで進める人とそうでない人の差になるでしょう。

>>大学職員を目指す人におすすめの転職エージェントはこちら(無料)

まとめ:これから大学職員に転職したい人へ

大学職員は、外資系企業に転職してエリートになりたいとか、

将来は起業して社長になりたい!とかいった人には向かない仕事です。

一方で、安定的に仕事をしながらワークライフバランスもしっかりとりたいという方には非常に適した仕事だと思います。

基本的に残業なしの職場で、

年齢20代でも年収500万円超を狙える事務職

という仕事は、なかなか世の中にないでしょう。

転職経験者

大学職員は、特別な才能や学歴がないとできない仕事ではありませんから、

未経験でも転職することは可能です(本文でもみたように、転職組が多い職場ですし)

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

>>まずはここ使って求人を見つけるところから!

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.