Sponsored Links

転職活動のノウハウ

公務員から大学職員への転職はおすすめ?仕事内容と必要なスキル

  • 安定した仕事をしたくて公務員を選んだけど、仕事そのものが最近つまらない…。
  • 民間で安定的に働ける職場として大学職員ってどう?
  • 公務員から大学職員に転職して採用される可能性はある?

結論から言うと、「安定性に加えて高収入を得たい」というニーズをもっている人に大学職員はおすすめの職種です。

確かに安定性だけで選ぶなら公務員が最強ですよね。

ただし、大学職員として私立大学で働く場合、公務員に近い安定性に加えて高収入が期待できるのです。

仕事内容も学生や教職員のサポートが中心ですから、ごりごりの利益追求的なことをする必要もありません。

公務員から転職を検討している人には、

大学職員への転職という道もあることをぜひ知っていただきたいと思います。

Sponsored Links

大学職員の年収と雇用安定性

公務員から大学職員

(公務員から大学職員への転職はおすすめ?)

大学職員の平均年収は730万円、一方で公務員の平均年収は680万円です。

平均年収では数百万円もの差があるわけではありません。

しかし、これはあくまでも平均です。

私が大学職員として働いている私立大学では、

40代で年収1000万円以上の人が何人もいます。

公務員の場合は、同じ40代でも650〜800万円程度の年収はありますが、あくまでも順調に出世した人に限ります。

ちなみに、先程実例で挙げた大学職員は、「一般職」でいわゆる「ヒラ」です。

もちろん、少子化の影響で18歳人口が減少し続けているため、私立大学同士での学生確保の競争が生まれています。

しかし、私立大学は文科省からの補助金や2020年からスタートする大学無償化等、国からの支援が充実しています。

大学職員は、今後も高い安定性を確保できるといえるでしょう。

大学職員 仕事 きつい
大学職員の仕事は「きついからやめとけ」?8年働いた男性の転職体験談

29歳で大学職員になり、その後も私立大学の職員として8年間仕事をしている方に転職体験談をお聞きしました。橘さんは大学職員という仕事については「いい加減な気持ちで転職するきついのでやめとけ」という意見をお持ちです。実体験者でないと話せない内容をインタビューすることができましたので、参考にしてみてください。

続きを見る

大学職員のワークライフバランス

大学職員はワークライフバランスも非常に良いです(民間企業ではありえないレベルです)

年間休日120日以上が期待できるのは、学生主体の教育現場ならではではないでしょうか。

学生の大型連休(春季休暇・夏季休暇・冬季休暇等)時には、大学職員も一定的な休日がもらえるうえ、GWや年末年始も当然休みです。

年間休日の面では、公務員と同等レベルといったイメージをもってよいでしょう。

大学職員と公務員の残業については、配属される部署や時期等によって、大きく異なるため、安易に比較はできません。

あくまでも参考ですが、私が所属している広報関係の部署では年間200時間程度の残業が発生しています。

大学職員の仕事内容と求められるスキル

公務員の経験を、大学職員として活かすことはできます。

例えば、地方公務員の事務を行う行政職では、福祉や健康、まちづくり等、地域に密着した事務作業が中心です。

地域の活性化や地域の要望に耳を傾ける仕事内容は、立場や内容に違いはあるものの、「学生」に置き換えてしまえば近いものがあります。

また、大学職員に求められる最重要スキルはコミュニケーション力です。

行政職以外の公務員の人の中でも、コミュニケーションを中心とした仕事をしている人は多いはずですので、十分アピールができるでしょう。

公務員から大学職員に転職する具体的なステップ

結論から言うと、コネがない限りは一般採用で受験するしかありません。

まずは、リクナビNEXTなどの大手転職サイトに登録することからスタートしましょう。

(無料で使えます)

転職サイトから大学職員の求人検索し、応募する流れが効率的といえます。

もちろん、各大学のホームページから直接求人情報をチェックすることもできますが、

「この大学しか受けない」といったように特にしばりをかけていないのであれば、転職サイトで求人を探すのがベストです。

公務員から大学職員への転職面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問は、「本学を志望した理由は何ですか?」や「大学職員を志望した理由は何ですか?」です。

質問される可能性はかなり高いので、自己分析を含めて事前準備をしっかりと行いましょう。

アピールすべきことは、あなたのこれまでの公務員という職歴で得た経験値です。

そして、この大学で職員として働きたいという想いを志望動機としてぶつけてください。

公務員出身であることを強みにするには?

公務員出身であることを強みにするには、

安定が確保された公務員を捨ててまで、貴学で大学職員で働きたい」という想いをぶつけましょう。

つまり、公務員では実現できないことを大学職員として実現したいということを伝えるのです。

大学側も、一般企業からの転職者がほとんどですので、

公務員という肩書と志望動機で、有利になる可能性があります。

面接で「なぜ、公務員を辞めて大学職員になりたいのですか?」と聞かれたら?

公務員の人には絶対と言っていいほど、この質問が出てきます。

もちろん、「公務員の仕事内容に飽きたから」とは当然言えません。

公務員での経験を活かし、貴学の大学職員として働きたい。そして、大学職員として、貴学の発展に貢献し地域や社会に対して恩返しがしたい。

といったように、公的な利益を追求する仕事をしてきた公務員の経験を活かしたアピール方法を考えましょう。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ
-

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.