転職の体験談

国立大学職員の年収は低い?平均給与は私立大学と差がある?

  • 国立大学職員と私立大学職員、転職するならどっち?
  • 国立大学職員でキャリアアップを叶えたい!
  • 国立大学職員の仕事は激務と聞くけど、実際はどうなのかな?

国立大学職員に転職をしようと思った時、私立大学との比較も知っておきたいところですよね。

また、年収についてもどちらが低くてどちらが高いのか、気になる部分でもあります。

この記事では、国立大学職員への転職を視野に入れている方向けに、国立大学職員と私立大学職員の実情を比較しながら紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。
    営業は嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

国立大学職員の年収は低い?私立大学職員との年収比較

国立大学職員と私立大学職員の年収を比較した場合、約200万円弱の差があります。

全体の平均年収でも、50代の平均年収でも、同じような金額差です。

給与の面で見ると、間違いなく私立大学職員の方が好待遇であることがわかります。

ときには採用倍率が100倍を超え、50代では年収1000万円以上ということもあり、大学職員は人気の職種となっています。

Sponsored Links

国立大学職員はどんなふうにキャリアアップしていくの?

キャリアアップすると、年間ではボーナスも含め約80万円も収入が増加します。

国立大学職員の基本給は、等級が約10等級に分かれています。

等級が一つ上がれば、基本給は月額で約5万円ほど上がる仕組みになっているのです。

以下は、国立大学職員の平均的な年間給与です。

国立大学職員の年間給与

  • 22歳(大卒初任給)…年間給与 3,145,543 円
  • 35歳(本部主任)…年間給与 5,180,906 円
  • 50歳(本部係長)…年間給与 6,615,381 円

また、キャリアアップは以下のような流れです。

主任や係長の指示による簡単な事務処理作業

2~3年の間に主任となり、主要業務を任されるようになる

主任として5年ぐらいで部署を異動したのち、係長として業務を任されるようになる

能力を認められれば、課長や部長にキャリアップ

このように、8年前後で課長や部長へのキャリアアップが可能です。

国立大学職員の仕事内容は激務?

時期により、残業時間が多くなることがあります。

基本的には、事務職と同様なので、外回りの営業やノルマ達成などのハードルはありません。

ですが、国立大学の運営ではシステム化やデータ化などは私立大学ほど進んでいません。

その結果、データの確認や通知の出力などの作業を行う必要があり、業務負担は大きくなることもあります。

国立大学職員と私立大学職員の主な特徴は?

国立大学職員は公務員的な要素が大きく、私立大学職員は企業的な要素が大きくなります。

私立大学職員は、大手企業で実績を上げた人材が転職しているケースも多々あります。

前職の経験を活かし、企業的な要素を大学運営に活かしています。

国立大学職員と私立大学職員の給与体系は?

公務員的な働き方を希望する場合は国立大学職員、企業的な働き方を希望する場合は私立大学職員がふさわしいと言えます。

国立大学の法人では同じような評価制度が導入されていたとしても、給与体系に大きな差はありません。

制度自体が有効に機能しているとは言い難いのが現状です。

一方、私立大学の給与体系は年功序列に縛られず、実績に基づく人事評価制度を導入している学校法人も少なくありません。

給与にもそれが反映される仕組みになっています。

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!」みたいなサイトってたくさんありますけど、はっきりいって、どこもそんなに大差はないです。

どこも無料で使えるんで、実際使ってみて合わなかったらサヨナラ、という使い方でいいと思いますよ。

↓1つだけ気をつけておくとしたら、

  1. 大手型
    「うちは大手なんで、とにかく何でもそろってます」というエージェント会社
  2. 職種特化型
    「うちはこの業種・業界の求人なら自信があります」というエージェント会社

という2種類の会社があるという点でしょうか。

ここでは仮に、1.を「大手型」、2.を「職種特化型」と呼んでおきます。

↓この2つの使い分け型は以下の通り。

2種類の転職エージェントの使い分け方

まだ希望する職種(営業?経理?人事?総務?)が決まっていない人は、

1.大手型」で「とにかく可能性のある求人を全部出してください」と依頼しましょう。

おおまかな希望年収だけ伝えておけば、「ここなら採用される可能性あるよ」という感じで候補を出してきてくれます。

そこからよさげな求人を見つけていけばOKです。

希望職種がすでに決まっている人(俺は経理マンになる、俺は営業マンになる、俺は人事マンになる、など)は、

2.の「職種特化型」のところを使いましょう。

エージェント自身がその業種紹介に特化して仕事をしてますので、求人の質がやはり高いです。

おすすめの転職エージェント会社

↓一応、いくつかおすすめのところを紹介しておきますね。

  • リクルートエージェント(1.の大手型)
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここだけ使えばOK。
  • MSジャパン(2.の職種特化型)
    経理や人事など、管理部門の職種(かんたんにいえば営業以外の仕事)の求人を専門で扱ってます。
    営業はもう嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビ金融(2.の職種特化型)
    銀行や信用金庫など、金融業界で働いている人におすすめのエージェント会社です。未経験者向けの求人はないですが、金融業界経験者は高年収求人多数あり。
  • アクシスコンサルティング(2.の職種特化型)
    コンサルティング業界特化型のエージェント会社です。
    コンサル業界は採用のしかたが独特なので、必ず専門エージェントを使いましょう。

転職エージェントを使うメリット

↓転職エージェントを使って転職活動することには、以下のようなメリットがあります。

  • 完全無料で使える
  • 非公開求人をチェックできる。情報リサーチの精度が圧倒的に上がる
  • 履歴書や志望動機の添削を無料でやってもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 自分に合っている仕事がなんなのか?をプロの目で客観的にアドバイスしてもらえる
  • 面接の日程調整など、めんどうな手続きをすべて代わりにやってくれる
  • 年収交渉を代わりにやってくれる

特に、年収交渉を代わりにやってくれるのは大きいですね。

エージェントを使うか使わないかによって、年収で100万円以上の差がつくこともありますので、今よりも年収アップしたい人は必ず使うようにしましょう。

(最大手はリクルートエージェントです。迷ったらここ使えば問題なしです)

\ 年収アップ!優良求人多数あり/

募集中の求人を見てみる!

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.