転職の体験談

大学職員に学歴は必要?三流大卒でも採用される?母校でないとだめ?

  • 大学職員の採用に学歴は関係ある?
  • 高卒者でも大学職員として働いている人はいるの?
  • 大卒でも有名大卒じゃないと大学職員に離れない?

↑大学職員を目指している方の中には、「学歴がないと採用されないのかも?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

ネットの口コミ情報では「国公立や有名大卒じゃないと書類選考で落とされる」ということがいわれることもありますね。

しかし、実際に働いている者の意見としていわせてもらうと、

↓大学職員になるための学歴要件は以下のようになっているのが実情だと思います。

大学職員の学歴要件

  • 大学職員の未経験採用は基本的に大卒者のみ
  • 有名大卒である必要はなし
  • 高卒者は事務職の未経験採用は厳しいものの、技術系の区分で入職し、キャリアアップしていくケースはある

以下では、大学職員採用での学歴の扱いについてくわしく解説します。

大学職員として働く人たちの実際の学歴事情

大学職員 学歴

(大学職員に学歴は必要?)

大学職員になるためには、大卒であることが必要ですが、有名大学を出ている必要はありません。

私自身、いわゆる「三流大学」といわれることの多い地方のマイナー大学を卒業していますが、普通に大学職員として働いています。

一緒に採用試験を受けた人の中には偏差値の高い大学を出ている人もいましたが、そういった人たちは採用されずに三流大学卒業の私が採用されました。

なので、大卒という最低限のハードルをクリアしている人であれば、後は前職での経験や能力的なポテンシャルで判断されるケースが多いと思います。

実際、働いていて「どこの大学卒か」なんてことが職員どうしで話題に上ったことすらありません(そんなセンシティブな話題にあえて触れる人間はあまりいません)

高卒者でも採用される大学はある?

大学職員 学歴

(大学職員は基本的には大卒者向けの求人がほとんどです)

事務職の採用は基本的に大卒限定で、高卒者はそもそも応募ができないというのが実情だと思います。

ただし、大学職員にもいろんな採用区分があるので、高卒者や専門学校卒者でも採用されるケースはあります。

どのようなケースかというと、技術職の職員採用や、契約職員から正社員に登用されるケースです。

Sponsored Links

私が働く大学にも、大卒ではなくとも電気主任技術者等の資格保有者で技術職として臨時採用され、その後に正社員になった人がいます。

大学職員は基本的にどこでも同じ仕事をしていますので、他大学でもこの辺りの事情は一緒かと思います。

学歴不問で大学職員を目指す方は、契約職員から専任職員に昇格実績のある大学を狙ってもよいかもしれません。

低学歴の大卒者・自分の母校でない人でも大学職員になれる

大学職員の応募要件は「大卒以上」となっていることが多いですが、有名大学卒業でないといけないわけではありません。

例えば私の場合は、大卒といっても偏差値40台の中規模大学でした。

それを考えると、大学職員になるために東大や京大、MARCHや関関同立等の学歴が必須ということはないでしょう。

なお、私が働いている大学は学生2000人程度の地方大学です。

仕事柄、よその大学の情報に触れることもありますが、大学によって状況がまったく違うということはないと思います。

ちなみに、母校で働いている大学職員はけっこういます。

ですが、私のように母校と全く関係ない大学で働いている職員の方がたくさんいますから、自分の母校でないと職員になれないと言うことはまったくありません。

自分の母校であれば、採用面接などでも面接官と話がはずむでしょうから、そういった面で有利になると言う程度だと思います。

大学職員の採用では学歴よりも職歴(卒業後の人生経験)が重要

学歴に関しては、大卒者でありさえすれば大きな問題は生じません。

学歴よりも重要なことは、学校を卒業してからどういう人生経験を重ねてきたか?です。

具体的には、職歴は何社あるのか、1社1社の在籍期間はどの程度でどういう内容の仕事をしていたかといったことがポイントになります。

ただし、前職の経験内容がそのまま採用後の配属先に影響するか?というと、必ずしもそうではないと思います。

Sponsored Links

私自身は一般企業での営業経験があったので、営業マンとしての能力が必要な部署に配属されるのかなと思っていました。

しかし、実際の配属先は大学施設を管理している部署です。営業の仕事とは真反対のような事務職の部署です。

なので、これまで経験してきた職業とはまったく違う仕事をしてみたいという方も、大学職員に挑戦してみる価値はあるでしょう。

ブランク期間ありの第二新卒でも大学職員になれる?

大学職員を目指す人の中には、新卒で入った会社を短期間でやめてしまった人や、ブランク期間(無職の期間)があるという人もいらっしゃるでしょう。

現在は大卒フリーターだけど、なんとかこの状況から脱出したい!とがんばっている人もいらっしゃるかもしれません。

(いわゆる「第二新卒」として仕事を探している方たちですね)

ブランク期間(無職になってしまった期間)は履歴書上ないにこしたことはありませんが、あれば即不採用ということでもありません。

実際、私自身も学校を出てからフリーターをやっていた期間はあります。

無職の期間があったとしても、その間にどういうことを考えてどういう行動をしていたか?をしっかり話すことができればOKです。

学校を出てから何の迷いもなく働いている人は一部のエリートだけ

学校を出てから何の迷いも悩みもなく社会人を順調にやってきている人なんて、一部のエリートを除いていません。

無職の期間があったとしても、あなたの人生全体という視点で見て、その期間がどういう風にプラスに働いたのか?ということを面接ではアピールしましょう。

例えば、大学には就職課という部署がありますが、ここでは将来のキャリアに悩んで相談にやってくる学生さんがたくさんいます。

仕事に悩んだ経験がある人は、彼らにアドバイスできることがたくさんあるはずです。

大学職員にはコニュニケーション能力が重要

大学職員の採用では、コミュニケーション能力もチェックされます。

大学の中心は「学生」ですので、学生と接することはもちろん、大学教員や学生の保護者など、外部の関係者と接する機会が多くあります。

なので、専門的なスキルや学歴といった項目よりも、コミュニケーション能力が重要視される傾向があるのです。

↓実際の大学職員の面接でどのような質疑応答があるかというと、以下のようなものが多いですね。

大学職員の面接質疑応答(例)

  • 自己紹介を簡潔にお願いします。
  • これまでの職歴の中で1番苦労したこと、それをどう乗り越えたかを教えてください。
  • 前職の退職理由を教えてください。
  • なぜ大学職員になろうとしているのか教えてください。
  • 数ある大学の中で、なぜ本学の採用試験を受けているのか教えてください。
  • 本学に対するイメージを教えてください。

面接は複数回行われる可能性があります。

対応してくれる面接官によっても面接での質問内容は異なるかと思いますが、最低でも上記の質問に対しては回答を用意しておくと良いでしょう。

仮に別の質問があったとしても、上の質問への回答を用意しておけば、応用可能な場合が多いです。

大学職員って本当になれる?

この記事をここまで読んでくださった方の中には、

↓以下のように感じている方もおられるでしょう。

  • 大学職員の仕事は魅力的だとは思うけど、やっぱりライバルが多そう…。
  • 条件が良い分だけ競争率が高いだろうから自分が採用される保証はない。

気持ちはわかります。でもあきらめないでください。

私も実際に大学職員になる前は自分に自信なんてありませんでした。

正直に言って、ダメ元で応募した求人に拾われたという感じです。

でも、もしあのとき一歩踏み出していなかったら、大学職員には一生なれていなかったと思います。

うまくいく/いかないの差って、ほんの少しの決断をできるかできないかの違いだったりするんですよね。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.