大学職員の転職体験談

【大学職員と学歴フィルター】出身大学がエリートでないとなれない?

大学職員 学歴

(大学職員に学歴フィルターはある?エリート大卒でないとなれないって本当?)

  • 大学職員に学歴フィルターはある?
  • 出身大学(母校)でないとなれないって本当?
  • エリート大卒と三流大卒で出世に差はある?

↑大学職員を目指している方の中には、

学歴がないと採用されないのかも?と気になっている方は多いと思います。

ネットの口コミでは、

国公立や有名私立大卒のエリートじゃないと

書類選考で落とされるとか言われてますね。

体験談の投稿者

ただ、私立大で8年ほど働いている者の実感としては、

↓大学職員の学歴要件の実情ってこんな感じだと思います。

  1. 事務職員の未経験採用は大卒者のみ
  2. 大卒なら有名大卒である必要はなし(三流大卒もOK)
  3. 高卒者は事務職の未経験採用は厳しい。
  4. ただし、高卒者も技術系の区分で入職してキャリアアップしていくケースはある

以下では、大学職員採用での学歴フィルターの実態を解説します。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事を書いた人

営業マンから大学職員に転職して現在勤務8年目。
私立大学の正職員としてワークライフバランス重視で働いています。

大学職員に学歴フィルターはある?

大学職員 学歴

(大学職員に学歴は必要?)

結論からいうと、大学職員に学歴フィルターはあります。

ただ、求められる学歴ハードルはそれほど高くありません。

具体的には大卒であることだけです。

大学職員になるために有名大学を出ている必要はありません。

私自身、地方の三流大卒ですが、

普通に大学職員として働けています。

同じ部署で働く人の多くもエリート大卒ではありません。

体験談の投稿者

大学職員になるために東大や京大、

MARCHや関関同立などの学歴は必須ではないです。

なお、私が働いている大学は学生2000人程度の地方の私立大学です。

なぜ、大学職員に学歴は必要と言われるのか?

それではなぜ、ネットの口コミなどで、

大学職員になるには一流大卒であることが必須!

みたいにいわれるのでしょうか。

これは比較的簡単なことで、学歴が良い人というのは仕事も優秀な人が多いからです。

↓ちょっと難しい書き方をすればこういうことですね。

  • 必要条件
    仕事で優秀であること
  • 十分条件
    一流大卒業であること

要するに重要なのは「仕事で優秀であること」であって、

一流大卒であることはおまけということです。

仕事ができる人と評価されさえすれば、

三流大卒でも採用されるってことですね。

逆にいえば、一流大卒でも仕事ができない人と評価されると採用されません。

私が一緒に採用試験を受けた人の中にも、

偏差値の高い大学を出ている人はたくさんいました。

体験談の投稿者

採用試験中は「こんな人たちがライバルならやっぱ無理かなあ…」

みたいに思ってましたが、

フタを開けてみればそういった人たちは採用されず、

三流大学卒業の私が採用されてました。

大卒という最低限のハードルをクリアしている人であれば、

後は前職での経験や能力的なポテンシャルで判断されるケースが多いと思います。

採用後も「どこの大学卒か」なんて職員どうしで話題に上ったことすらありません。

(そんなセンシティブな話題にあえて触れる人間はいません)

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

高卒者は大学職員になれない?

大学職員 学歴

(大学職員は基本的には大卒者向けの求人がほとんどです)

 

以下は高卒者の方にはちょっと申し訳ない内容になりますが、

これは客観的な事実ですのでお伝えします。

大学事務の採用は基本的に大卒限定です。

高卒者はそもそも応募ができないというのが実情だと思います。

ただし、大学職員にもいろんな採用区分があることは知っておいて下さい。

採用区分によっては、高卒者や専門学校卒者でも採用されるケースがあるのです。

↓具体的には以下のようなケースですね。

  • 技術職の職員採用
  • 契約職員からの正社員登用

私が働く大学にも、高卒だけど電気主任技術者等の資格保有者で技術職として臨時採用され、その後に正社員(正職員)になった人がいます。

大学職員は基本的にどこでも同じ仕事をしていますので、

他大学でもこの辺りの事情は一緒かと思います。

学歴不問で大学職員を目指す方は、

契約職員から専任職員に昇格実績のある大学を狙ってもよいかもしれません。

自分の母校(出身大学)でなくても大学職員になれる

自分の母校(卒業した出身大学)で働いている大学職員はけっこういます。

ですが、そういう人はごく一部なのが実情かと思います。

自分の母校であれば、採用面接などでも面接官と話がはずむことはあるでしょう。

そういった面で有利になる程度だと思います。

私自身もそうですが、

Sponsored Links

母校と全く関係ない大学で働いている職員の方が多いですね。

自分の母校でないと大学職員になれないことはありません。

大学職員採用では学歴よりも職歴(卒業後の人生経験)が重要

大学職員の採用では、

学歴よりも「学校を卒業してからどういう人生経験を重ねてきたか?」の方が重要です。

  • 何社の企業を経験してきたのか?や、
  • 1社1社の在籍期間はどの程度か?
  • どういう内容の仕事をしていたか?

↑こういったことが採用の判断基準になります。

なお、前職での経験内容が大学職員としての配属部署に影響するか?

というと、必ずしもそうではないと思います。

私自身は営業マンの経験があったので、

外部との接触が多い部署に配属されるのかなと思っていました。

しかし、実際の配属先は大学施設を管理する部署です。

営業の仕事とは真反対な事務職ですね。

体験談の投稿者

これまで経験してきた職業とはまったく違う仕事をしてみたいという方も、

大学職員に挑戦してみる価値はあるでしょう。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

ブランク期間ありの第二新卒でも大学職員になれる?

大学職員を目指す人の中には、

新卒で入った会社を短期間でやめてしまった人や、

ブランク期間(無職の期間)がある方もいらっしゃるでしょう。

現在は大卒フリーターだけど、

なんとかこの状況から脱出したい!

とがんばっている人もいらっしゃるかもしれません。

体験談の投稿者

いわゆる「第二新卒」として仕事を探している方たちですね。

↓これも事実をありのままお伝えすると、

ブランク期間(無職になってしまった期間)は、

履歴書上ないにこしたことはありませんが、

あれば即不採用ということでもありません。

私自身も学校を出てからフリーターをやっていた期間はあります。

無職の期間があったとしても、

その間にどういうことを考えてどういう行動をしていたか?

をしっかり話すことができればOKです。

学校を出て迷いなく働いている人は一部のエリートだけ

学校を出てから何の迷いも悩みもなく、

順調にいっている人なんて一部のエリートだけです。

みんな「この会社にずっといていいのかな…」とか、

「就活してなんとなくこの会社にいるけど、実はやめたくてしょうがない…」

とか考えながら働いてるのが普通です。

無職の期間があったとしても、

コンプレックスに感じることはありません。

あなたの人生全体という長い視点でみましょう。

無職期間中に何を学んだか?を面接ではアピールすればいいのです。

大学には就職課という部署がありますが、

ここでは将来のキャリアに悩んで

相談にやってくる学生さんがたくさんいます。

体験談の投稿者

仕事に悩んだ経験がある人は、

彼らにアドバイスできることがたくさんあるはずです。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

大学職員にはコニュニケーション能力が重要

大学職員の採用では、コミュニケーション能力をチェックされます。

大学職員としてキャンパス内で働いていると、いろんな人と関わります。

学生さんはもちろん大学教員や学生の保護者など、

外部の関係者と接する機会が多くあります。

体験談の投稿者

大学職員は「縁の下の力持ち」的な人が好まれます。

専門的なスキルや学歴などの項目よりも、

コミュニケーション能力が重要視される傾向があるのです。

大学職員の採用面接ってどんな質問がされる?

実際の大学職員の面接でどのような質疑応答があるかというと、

↓以下のようなものが多いでしょう。

  • 自己紹介を簡潔にお願いします。
  • これまでの職歴の中で1番苦労したこと、それをどう乗り越えたかを教えてください。
  • 前職の退職理由を教えてください。
  • なぜ大学職員になろうとしているのか教えてください。
  • 数ある大学の中で、なぜ本学の採用試験を受けているのか教えてください。
  • 本学に対するイメージを教えてください。

面接は複数回行われる可能性があります。

対応してくれる面接官によっても面接での質問内容は異なるでしょう。

ただ、最低でも上記の質問に対しては回答を用意しておいてください。

仮に別の質問があったとしても、

上の質問への回答を用意しておけば、応用可能な場合が多いです。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる

まとめ

今回は、大学職員に求められる学歴の実態について解説しました。

結論的に大学職員は一流大卒でなくても十分転職できます。

それほどハードルを高くする必要はありませんので、ぜひ挑戦してみてくださいね。




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.