転職の体験談

大学職員は給料高すぎ?平均年収の実態を実体験者が教えます

Sponsored Links
大学職員 給料 高すぎ

(大学職員の給料は高すぎ?私立大学で8年働く私の体験談)

大学職員という仕事について、「給料が高すぎといえるぐらい高い」というイメージをお持ちの方は多いでしょう。

一般企業に勤めた場合に高年収になる職種は、営業マンなどの「実績が自分の給料やボーナスに直結する職業」か、課長職以上の「高い役職についている人」に限られるのが普通です。

一方で、大学職員はいわゆる「ヒラ社員」の事務職であったとしても、給料が高いのが特徴です。

実際に務める大学によっても平均年収は違いますが、ある程度有名な私立大学の大学職員なら、平均年収で700万円程度になるでしょう。

以下では、実際に私立大学の大学職員として8年ほど働いている私の体験談をお話しします。

大学職員を目指して転職活動中の方の参考になれば幸いです。

大学職員の給料の実態は…「高すぎなぐらい高い」

大学職員 給料 高すぎ

(大学職員の給料の実態とは)

結論から言うと、大学職員の給料は高いです。

有名大学となると、45歳の平社員でも年収1000万程度は期待できます。

これは嘘ではありません。大学職員の給料が高すぎなぐらい高くなることには、ちゃんと理由があるのです。

大学職員の給料が高すぎなぐらい高くなる理由

大学という組織は、基本的に大学に入学してくる大学生が納める学費によって運営されている組織です。

有名大学の場合、毎年毎年定員以上の学生が入学したい!と受験してきます。

いわば人気のラーメン屋さんにものすごくたくさんの行列ができているような状態です。

これで大学がもうからないわけがありません。

例えば、慶應や早稲田で「定員割れ」なんてことはまずありえないでしょう。

大学で働く大学職員の給料は、こうして得た学生さんの学費によって払われます。

加えて、大学職員は学生の就職や大学の先生の講義サポートなどをするのが仕事ですが、正直に言ってそれほどたくさんの人手(ひとで:労力)が必要な仕事ではありません。

必然的に大学職員の給料は「高すぎるほど高い」という状況が生まれるのです。

大学職員の給料は高いが「採用はせまき門」なのが実情

大学職員の給料が高すぎるほど高くなる仕組みについてはお分かりいただけたかと思います。

大学職員はこのようにある意味「おいしい職業」ですから、当然ながら大学職員を目指す人はたくさんいます。

大学は日本全国で約800もありますが、その中で大学職員として雇用されるのは「ほんのひと握り」となっているのが実情です。

(もちろん、どなたでもチャンスあはります。大学職員になるのに学歴が求められるということも基本的にはありません。30代〜40代の人でも大丈夫です。私自身、30歳で大学職員になるまでは普通の一般企業で働いていました)

大学の公式ホームページなどをみると、ときどき「職員募集」の通知が出ていますね。

大学職員として採用されるためには、こうした求人通知が「出た瞬間に応募する」ぐらいの勢いでないと採用されません。

大学職員を目指すなら、常に求人情報にアンテナを立てておく必要があります。

転職サイトに登録して最新情報をリサーチするのがおすすめ

このように、大学職員という仕事に採用され、高すぎるぐらいの給料を得るには「せまき門」をくぐりぬけなくてはなりません。

大学職員を目指す人の転職活動は、スピードと情報リサーチの質が勝負を決めるのは間違い無いでしょう。

求人情報のリサーチをする際には、上で見たように「大学のホームページを1件1件常にチェックして、情報収集をする…」ということをやっていては、まず他の応募者に勝てません。

大学職員の仕事を目指すなら、転職サイトに登録して情報収集するようにしましょう。

転職サイトで「大学職員」「私立大学職員」などの希望条件を登録しておくと、

毎日最新の求人情報がニュースメールのようなかたちであなたのメールアドレスに届きます。

こうした情報の中から、「これだ」と思えるものをストックしておいて、いつでも応募できるようにしておきましょう。

↓転職サイトは無料で使えますので、いくつか有名どころのサイトに登録して、求人情報のとりこぼしがないようにしておくのが大切です。

↑これらの大手のサイトは求人の数が圧倒的に多いのが特徴です。

大学職員の仕事も見つけられる可能性が高いので、サイト内で検索してみてください。

(無料登録で非公開の求人も見れるようになります)

同じ大学職員でも待遇はいろいろ

私は現在、大学業界の中では小規模に位置付けされる大学で、大学職員として働き8年が経ちます。

↓※私の仕事体験談はこちらに掲載されています。

大学職員の仕事はきつい?

私が働いている大学職員では、45歳までの人たちの平均年収は1000万円もありません。700万円程度です(それでも一般企業に比べると高いほうだと思いますが)

一方で、早稲田や慶應といった名門大学では45歳までの平均年収で1000万円は超えます。

大学だけでなく、付属の高校〜小学校までありますから、学校グループの中でキャリアを築いていくことも容易でしょう。

大学職員を目指すなら「仕事に求めるものの優先順位」を明確にしよう

このように同じ「大学」というカテゴリーであっても、全く年収が違ってきます。

給料高すぎといわれるぐらいに高年収の環境で働けるところもあれば、それほどでもないというところまであるというわけですね。

大学職員を目指す方の中には、「大学職員になれるならどの大学でもよい」といった方もいれば、有名大学のみを希望するといった方もいるはずです。

大学職員を目指すなら、あなた自身の「仕事の優先順位」は何なのかを考えてみてください。

年収なのか、「大学職員」という職種による安定なのか、あるいは学生をサポートする仕事、という仕事内容なのか。

その優先順位によって、転職活動の方向性は大きく変わるでしょう。

↓※仕事選びの際の「優先順位の付け方」についてはこちらの記事を参考にしてください。

仕事選びの優先順位はやりがい?給料?転職先の選択肢はあなたの「持ち点」と「点数配分」で決めましょう

大学職員の給料が「高すぎなぐらい高い理由」は?

大学職員の給料が高い理由は、過去を紐解けば簡単に分かります。

1950年代頃から現在まで、18歳人口がざっくりですが約150~200万人と安定していた時代であったことに加え、大学進学率は右肩上がりであったたため、高い水準で大学職員に給料を支給できました。

これが反対に、18歳人口と大学進学率が右肩下がりであれば、当然今の大学職員の高い給料はなかったはずです。

ただし、現在は高い水準の給料を維持できていますが、これからの大学業界は決してそう甘くはないでしょう。

その理由は、2018年を境に、日本の18歳人口が右肩下がりになっているからです。

約205万人もの18歳人口があった1992年と比べると分かりやすいと思いますが、現在(2019年)は約118万人、約20年後の2040年は80万人と予想されています。

これだけ少子化が進むことにより、これからの大学業界はより一層の弱肉強食の時代となり、年月をを重ねるごとに学生の少ない地方大学や都市大学は潰れていくでしょう。

当然ですが、これまでのようにどの大学でも安定というわけにはいきません。

もしかすると、「大学職員の給料が高い」等という概念そのものが変わる可能性があるため、これから大学職員を目指す方は、慎重に大学を見極める力が必要になってくるといえます。

現在はどの大学でも情報公開が義務化されていますので、ここ数年の経営状況等を把握することができますし、各大学のホームページを参考にすればある程度大学の中身がわかることができるでしょう。

同じ大学職員でも私立大学と国公立大学では給料はかなり違う

皆さんは、私立大学の大学職員と国公立大学の大学職員とでは、どちらが給料が期待できると思いますか?

答えは、私立大学です。

私自身は、大学職員で働く前は、国公立大学の方が給料は高いと勝手なイメージがありました。

しかし、国公立大学の大学職員の給料は、有名私立大学の大学職員の給料の3分の2もしくは半分といったところでしょうか。

ちなみに、大学は国立大学、公立大学、私立大学と大きく3つに分かれます。

一般的には私立大学の大学職員の方が国立大学や公立大学の大学職員よりも、年収は高く設定されているケースが多いことも覚えていてください。

以外かもしれませんが、国立大学や公立大学には年収の面だけを考慮すると、あまりお勧めできません。

それだけ同じ大学職員でも、給料に開きがあるということを覚えていてください。

私立大学によって年収に格差がある

大学職員は高い給料を期待できる業界であることは間違いありません。

ただし、大学によって年収が異なります。

それは、一般企業と同じです。

当然、学生数が多いほど、支出は増えるものの学費、いわゆる収入が増えます。

また、先進的な大学等には国から補助金が支給されるため、人件費に割り当てることもできます。

高い年収が期待できる大学では、45歳程度で年収1000万円を超える大学もあり、驚かされます。

その反面、小規模大学になると年収500万円といったケースもあり、かなり格差があることがわかります。

もちろん、小規模大学すべてが年収500万円というわけではありませんし、中には年収1000万円のところもあるでしょう。

一度大学業界の中に入ってしまうと、他の大学が良く見えてしまう大学職員は多くいます。

大学職員の経験があると、他大学に転職しやすいメリットが生まれることも事実ですので、より高い年収を目指すことも可能となるでしょう。

高年収の大学職員に転職するにはどうしたらいい?

大学職員になるためには、当然ですが採用試験を受ける必要があります。

それは一般企業と一緒です。

大学のすべてではありませんが、大抵の場合は、以下のような流れになります。

大学職員の採用選考プロセス

  • 一次選考(書類選考)
  • 二次選考(筆記試験・一般教養等)
  • 三次選考(集団面接)
  • 四次選考(個人面接)
  • 内定

内定を得るには、長い道のりがあります。

もっというと、五次選考まである大学もあるぐらい厳しい戦いになります。

決して楽ではありませんが、大学職員になることを諦める必要はありません。

私が30歳で大学職員に転職できた理由

私自身も29歳で転職活動を始め、30歳のときに一般企業から転職して、大学職員になることができました。

↓私の転職体験談はこちら

大学職員の仕事は「きついからやめとけ」?8年働いた男性の転職体験談

大学職員になれた理由は、大きく分けると2つあります。

一つ目は、転職エージェント会社の力を借りることです。

転職支援のプロの力を借りるにこしたことはありません。

無料で利用することができるうえ、大学職員に限らず面接アドバイスや応募書類の添削をしてくれるため、転職スキルが上がるからです。

世の中には出回っていない転職エージェント独自の大学職員の求人も中にはあり、チャンスが広がるでしょう。

採用選考に向けた事前準備が勝負を決める

2つ目は、事前準備に尽きます。

選考を通過するには事前準備がもっとも重要で、筆記試験を通過するためにSPI等の勉強も必要ですし、面接対策を徹底的にする必要もあります。

私の場合は、筆記試験の勉強は全くしていなかったため、数多くの大学の一次選考で落ちました。

運良く一次選考が受かった大学で、大学職員になれたということです。

新卒じゃなくても大学職員になれる?

結論から言うと、新卒じゃなくても大学職員になれます。

新卒のみの募集もありますが、大抵は転職者を対象としていますので、安心してください。

とはいっても、20代の若手は書類選考を通過しやすいでしょう。

それは一般企業でも一緒ですので、理解できるかと思います。

30代からでも大学職員になれる?

20代は有利といいましたが、30代でも全く諦める必要はありません。

私の大学でも、多くの30代が転職で大学職員になっていますし、20代にはない「経験」が評価されたということです。

また、大学職員の求人は4月採用だけではなく、緊急を要する欠員補充等もあるため、求人情報を見逃さないためにも、アンテナを張っておくことをおすすめします。

大学職員になるための転職活動について

大学職員の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを使うようにしましょう。

>>大学職員の求人が多いおすすめの転職エージェントはこちら(無料)

大学職員の募集は、各大学のホームページなどで知ることができますが、

日本には700以上の大学がありますから、

これらの情報すべてを自分でチェックするのは相当きついです。

(というか、あまり現実的ではありません)

大学職員は人気職業なので、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

求人の見落としがないようにしたいなら、

転職エージェントを使って情報アンテナを立てておくのが確実です。

転職エージェントのサイトに無料登録し、

志望条件に「大学職員」「大学事務」「学校法人」などのキーワードを入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらうことが可能ですよ。

(dodaは最大手クラスの転職サイトです。大学事務の求人も多数登録されていますよ)

\ 大学職員の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

なお、転職エージェントは採用を行なっている企業側(大学側)が支払う広告料で運営されていますので、

私たち求職者は完全無料で使うことができますよ。

転職経験者

私も今の大学にはエージェント経由で転職しましたが、

お金を1円でも請求されることはありませんでした。

利用をやめたくなったらメール一本送るだけでいいのでリスクは何もありませんよ。

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する大学事務職員の求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

(求人を見逃すことがほぼなくなります)

↓人気職種である大学職員を目指すならこれは必須の作業なので、少しでも早くやっておいてください。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

大学職員志望者が転職エージェントを使うメリット

転職エージェントは、転職活動をやっていく上でめんどくさいことを代わりにやってくれます。

くりかえしになりますが無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由がないです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

転職経験者

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い大学職員の書類審査では必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは応募先大学の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この大学は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について大学側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。

↑逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

大学職員は人気の職種なので、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

転職経験者

ひと昔前までは、転職活動といえば「ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…」というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

大学職員の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

情報収集の意味でも、無料登録だけは早めにやっておきましょう。

大学職員の採用試験はどんな感じで進む?

↓私の場合は以下のような感じで選考が進んでいきました。

  1. 転職エージェント経由で求人に応募
  2. 書類選考
  3. 筆記テスト(SPIのようなもの)
  4. 集団面接
  5. 個人面接
  6. 最終面接

どんな大学に応募するにしろ、まずは求人を見つけるところからスタートしなくてはいけません。

応募する求人を見つけたらその大学の情報をインプットし、

担当エージェントと面接練習を繰り返し行うのが良いと思います。

いかに徹底的に準備できるかが、内定まで進める人とそうでない人の差になるでしょう。

>>大学職員を目指す人へ!おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

まとめ:これから大学職員に転職したい人へ

大学職員は、外資系企業に転職してエリートになりたいとか、

将来は起業して社長になりたい!とかいった人には向かない仕事です。

一方で、安定的に仕事をしながらワークライフバランスもしっかりとりたいという方には非常に適した仕事だと思います。

基本的に残業なしの職場で、

年齢20代でも年収500万円超を狙える事務職

という仕事は、なかなか世の中にないでしょう。

転職経験者

大学職員は、特別な才能や学歴がないとできない仕事ではありませんから、

未経験でも転職することは可能です(本文でもみたように、転職組が多い職場ですし)

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

>>まずはここ使って求人を見つけるところから

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.