大学職員の転職体験談

大学職員(大学事務)は給料高すぎ?人気職種の平均年収の実態を解説

大学職員 給料 高すぎ

(大学職員の給料は高すぎ?平均年収の実態を現役職員が解説します)

  • 大学職員は給料高すぎって聞くけど本当?
  • 平均年収はどのぐらい?ボーナスは?
  • 国立大学と私立大学で年収は違う?

ネットの情報を見てみると

大学職員って給料高すぎ!

という意見をときどき目にしますね。

これって本当なのでしょうか。

結論から先にいうと、

高すぎというほど高くはありません。

ただ、大学は雇用が非常に安定していて働きやすいので、

普通の事務職と比較するとおいしい職種

という感じではないでしょうか。

体験談の投稿者

以下では私立大学職員として8年働いている私が、

大学職員の給料の実態をお話しします。

大学職員を目指して転職活動中の方の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

営業マンから大学職員に転職して現在勤務8年目。
私立大学の正職員としてワークライフバランス重視で働いています。

大学職員の給料は高すぎ?平均年収はいくら?

大学職員 給料 高すぎ

(大学職員の給料は高い?安い?)

まず、私立大学職員8年目の私の年収を正直にお話しすると、

ボーナスを含めて500万円程度というのが実際のところです。

アラサーなのでこの金額は決して高すぎというほどでもないですよね。

大手企業の営業職とか、事務系の管理職になっている人とかなら、

もっともっと稼いでいる人はいくらでもいるでしょう。

このように、大学職員の給料は決して高すぎというほどでもないのですが、

メリットというかおいしい点もあります。

それは、いわゆるヒラ社員の事務職でも給料が高めに設定されている点です。

一般企業で高年収な人って、営業マンで成果いっぱい出してる人とか、

事務職で役職つきの管理職になっている人とかですよね。

一般企業はヒラ社員のスタッフ事務職の場合、

給料はとても安いことが多いんですよね。

体験談の投稿者

大学職員って与えられた仕事をまじめにこなすことが求められます。

ノルマ営業や出世競争とかをバリバリやるのがしんどいと感じるタイプの人でも、

高年収になれる可能性があるのは大学職員のメリットですね。

ある程度有名な私立大学の大学職員なら、

まじめに勤めてベテランになれば年収700万円とかも狙えると思いますよ。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

大学職員の給料が高く、雇用も安定している理由

大学という組織は、学生が納める学費によって運営されている組織です。

有名大学の場合、毎年定員以上の学生が入学したい!と受験してきます。

例えば、慶應や早稲田で

定員割れなんてことはまずありえないでしょう。

体験談の投稿者

いわば人気のラーメン屋さんに、

ものすごくたくさんの行列ができているような状態です。

一般企業のように競争がないのに、お客さんがたくさんいる状態なんですね。

これで大学側がもうからないはずがありません。

実際、有名大学のキャンパスって

「ここ本当に日本?」と思っちゃうぐらい巨大な建物をどんどん建ててますよね。

要するにお金が余ってるんです。

日本はなんだかんだいってもまだまだ学歴社会です。

ある程度の家庭環境なら勉強ができなくても高卒で社会に出る…

という選択をする人は非常に少ないですよね。

いわゆるFランク大学(こういう言い方は嫌いですが)といわれる大学にも、

安定的なニーズがあるのはこういう理由です。

これは大学側から見ると「非常に安定的にお客さんを確保できる状態」なんですね。

そこで働く大学職員は、事務職でも高めの給料で安定的に働くことが可能になるわけです。

大学職員の給料は高いが「採用はせまき門」なのが実情

大学職員の給料が高くなる仕組みについてはお分かりいただけたかと思います。

大学職員はこのように「おいしい職業」ですから、

当然ながら大学職員を目指す人はたくさんいます。

大学は日本全国で約800もありますが、

その中で大学職員として雇用されるにはしっかりとした対策が必要となります。

もちろん、どなたでもチャンスあはります。

大学職員になるのに特別な能力が求められることはありません。

私も学歴も職歴もフツーで、

Sponsored Links

中途採用で大学職員になりました。

体験談の投稿者

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

私立大学と国公立大学では給料はかなり違う

私立大学の大学職員と国公立大学の大学職員とでは、

どちらが給料が期待できると思いますか?

答えは、私立大学です。

国公立大学の大学職員の給料は、

有名私立大学の職員と比べるとかなり低めです。

↓例えば京都大学の求人だとこんな感じですね。

体験談の投稿者

大学職員 給料 高すぎ

(国立大学職員の実際の求人例)

↓一方で、私立大学職員ならかなり高年収を狙えます。

体験談の投稿者

大学職員 給料 高すぎ

(私立大学職員の求人例)

>>実際の大学職員の求人を見てみる

大学職員の職場は、国立大学・公立大学・私立大学と大きく3つに分かれます。

一般的には私立大学の大学職員の方が、

国立大学や公立大学の大学職員よりも年収は高く設定されているケースが多いでしょう。

国立大学や公立大学には年収の面だけを考慮すると、あまりおすすめできません。

同じ大学職員でも、どこで働くか?によって給料には開きがあるということを覚えていてください。

同じ私立大学でも年収には格差がある

大学職員は実際に務める大学によって年収が違う点も重要です。

一般企業と同じで、儲かっている大学とそうでない大学はあります。

大学の収入は学生さんが納めてくれる学費です。

なので、学生に人気のある大学とそうでない大学とではもうけにかなりの差があるんですね。

有名私立大学のキャンパスってものすごく豪華ですよね。

はっきりいってお金が余っているんです。

体験談の投稿者

早稲田や慶応など、名前の通った私立大学の場合、

毎年安定的に学生を集めることができます。

また、先進的な大学等には国から補助金が支給されるのも大きいです。

こうした補助金を人件費に割り当てることができるのです。

有名な私立大学では、

45歳前後で年収1000万円を超える大学もあります。

その反面、小規模大学になるとベテランでも

年収500万円などのケースもあります。

同じ大学職員でも年収にかなりの格差があるんですね。

有名大学は付属の高校〜小学校までありますから、

学校グループの中でキャリアを築いていくケースもあります。

せっかく大学職員を目指すのであれば、

高年収を狙える有名私立大学への就職を目指すのをおすすめします。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

大学職員の採用プロセスはどうなってる?

大学職員になるためには、一般企業と同じく採用試験を受ける必要があります。

すべてではありませんが、

↓多くは以下のような採用プロセスになります。

体験談の投稿者
  • 一次選考(書類選考)
  • 二次選考(筆記試験・一般教養等)
  • 三次選考(集団面接)
  • 四次選考(個人面接)
  • 内定

内定までは長い道のりですが、しっかり準備していけば問題ありません。

どういう準備が必要か?見ていきましょう。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

採用選考に向けた事前準備が勝負を決める

大学職員として採用されるコツは、

とにかく各プロセスにおいて事前準備をしっかりやることに尽きます。

筆記試験を通過するためにSPI等の勉強も必要です。

面接対策では応募先大学のホームページやパンフレットなどを読み込んで、

建学の理念などをしっかり頭に入れておきましょう。

私の場合は、筆記試験の勉強は全くしていませんでした。

なので、一次選考でたくさん落ちてしまいましたね。

運良く一次選考が受かった大学で、大学職員になれたという感じです。

新卒じゃなくても大学職員になれる?

結論から言うと、新卒じゃなくても大学職員になれます。

新卒のみの募集もありますが、

大抵は転職者を対象としていますので安心してください。

年齢30代以上の人も、あきらめる必要はまったくありません。

私の大学でも、30代から未経験で大学職員になる人はたくさんいます。

20代にはない「社会人経験」が評価されることはあるでしょうしね。

なお、大学職員の求人は4月採用だけではなく欠員補充もあるので、年中行われていますよ。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる

まとめ

今回は、大学職員の給料と平均年収の実態について解説いたしました。

大学勝因は事務職としては「高すぎ」といわれてもおかしくない年収を稼げる職種です。

ぜひ挑戦してみてくださいね。




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.