Sponsored Links

転職活動のノウハウ

転職がうまくいかない30代は必見!20代と同じやり方の就活なんてやってたら負け組に一直線ですよ

転職 うまくいかない 30代

(30代の転職は、20代の就活と同じようなやり方をしているとうまくいかない可能性が高いです)

  • 現在30代で転職活動を始めたけど、20代の就活のようにうまくいかない…。
  • 30代の転職と20代の就活とはどう違う?
  • 年収アップにつながる転職活動のやり方は?

↑現在30代で、転職を検討している方の中にはこうしたお悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。

30代はいわゆる「働きざかり」という年代です。

やる気と体力さえあればOK!だった20代とは、転職市場での評価のされ方が全く違います。

必然的に、20代の就活と同じようなやり方では、30代の転職活動はうまくいかないので注意してください。

↓例えば、あなたは志望動機や面接で、次のようなアピールの仕方をしていませんか?

30代転職のNGアピール

  • 「ゼロから勉強させていただきたいと思っています…」
  • 「未経験職種ですので、ある程度年収が下がってもやむを得ないと考えています…」

「謙虚な姿勢で、給料はある程度下がってもOKというアピールをしておけば、企業側も好感持ってくれるんじゃ?」と思ってしまいますよね。

しかし、実際の評価のされ方は全く違います。

30代の転職で上のようなNGなアピールの仕方をしてしまうと、

「いい年して学生みたいなことを言っているなんだかイタい人」という評価をくらってしまいますよ(当然不採用になります)

なぜかと言うと、採用活動を行う企業の立場からすれば、

やる気さえあればOKな仕事をやってもらうなら、30代の人よりも20代の人を選んだ方が合理的だからです。

(企業側もそういう種類の仕事は20代向けに求人を出しています。そこに30代の人が応募するとミスマッチになります。具体的には書類選考にすら通りません)

30代の転職では、

「私は20代新人のような安い給料では働きません。私を採用したいのであれば、これだけのオファーは必ず出してください」

という明確な条件提示をしないとむしろうまくいかないのです。

…と、ここまでやや厳しめに書きましたが、ハードルが高く感じてしまった人も心配は無用です。

この記事で紹介するテクニックを使えば、30代の方でもちゃんと転職を成功させることができます。

「弱気・引っ込み思案・コミュ障・営業経験ゼロ…の人でもできる、転職活動における自分の売り込み方」をこの記事の中で具体的に紹介します。

以下では、30代の人はどのように転職活動をしたらいいのか?について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①企業側は30代人材のどういうところを見ているのか?

30代の転職は、20代の就活と同じようなことをやっていると100%失敗します

理由は上で少し見ましたが、企業側の立場では、

20代と同じような能力しか持っていない人なら、20代の人を採用する方が良いに決まっているからです。

30代の人より20代の人の方が他社のカラーに染まっていませんし、体力もあって指示や指導もしやすいです。

同じ条件で30代の人と、20代の人が応募してきたとしたら、会社側は20代を選ぶということですね。

つまり、30代の人は、20代の人とはまったく異なるアプローチでアピールポイントを考えないといけないのです。

それでは30代の転職では具体的に何をアピールしたらいいのか?というと、以下の3つです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.