転職活動のノウハウ

転職は上司に相談する?会社相手に退職を伝えるベストなタイミングや状況は?

投稿日:

転職 上司 相談

(転職を検討していることを上司に相談するベストタイミングは、ずばり「転職先が内定が出た後」です。退職予定日の2ヶ月前を目安に、会社にあなたの退職意思が伝わるようにスケジュールを組みましょう)

引き継ぎはできるだけ早めに進めていきたいので、上司には早めに転職を考えていることを相談すべきなのかも…

↑今の職場を辞め、転職を検討し始めているという人の中には、このように考えている人も多いでしょう。

いま現在、重要な仕事をしている人ほど退職によって会社に与えるデメリットは大きくなりますから、

迷惑をかけないように早めに退職意思を伝えておくべきと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

(そういうマジメな人ほど重要な仕事を任されるものです)

もちろん、退職意思を早めに伝えた方が会社側としてもあなたの後輩への業務引き継ぎなどもスムーズに伝えることができますから、助かるでしょう。

しかし、結論から言えば転職を上司に相談するタイミングは、「内定が決まってから」が鉄則です。

(それまでは直属の上司といえども転職の相談をしてはいけません)

あまりにも早いタイミングで上司に転職しようと考えていることを伝えてしまうと、あなたのキャリアに大きな傷がついてしまう可能性があるので注意してください。

以下では、現在の仕事を辞めて別の仕事に移ることを検討し始めた段階の方向けに、転職を上司に相談すべき具体的なタイミングについて解説します。

これはあなたの将来のキャリアに大きな影響を与える重要な問題ですので、ぜひ参考にしてみてください。

>>退職の意思は固まっているけど、まだ転職活動を始めたばかり…という方はこちらをご覧ください

転職先から内定が出る前に上司に相談してはいけない理由

大前提として、「あなたが退職することは、勤務先の会社にとって100%迷惑な状態であること」を理解しておきましょう。

(これはあなたがいくらしっかりと業務引き継ぎをしたとしても、です)

どんなにキレイごとをいってみても、退職・転職という問題については、あなたと勤務先企業との利害は100%対立しているのが現実です。

これは絶対に避けられないことを理解しておいてください。

そうしないと、会社側や上司の言い分にいいくるめられてしまい、

退職日をずるずると伸ばされた上げく、結果的に会社にもいづらくなる…という最悪の事態になってしまいます。

あなたが退職することによって、会社側は多かれ少なかれ現在の人事体制に変更を加える必要が生じるのは避けられません。

あなたの代わりになる人があなたが担当していた仕事や取引先を引き継ぐまでにはどうしてもタイムラグが発生することになります。

(担当者の変更によって取引先との信頼関係が大きく毀損してしまう…ということはよくあるパターンです)

あなたの上司が、あなたの退職を嫌がる理由

さらに言えば、上司にとっては部下に当たるあなたが退職してしまうことは、上司自身の評価を下げることにつながります。

上司の仕事というのは人材の流出を防ぐことも含まれますので、当然ながらあなたの退職は「上司としての能力が低い」という評価を受ける原因となってしまうからです。

出世意識の強い上司ほど、こうした事態は絶対に避けたいと考えているのは間違いありません。

あなたの退職は、上司にとって自分自身の利害に直結する状況ですから、上司は自分の身を守るために全力であなたを引き止めようとしてくるでしょう。

会社はありとあらゆる方法で退職を思いとどまらせようとする(あなたが優秀であるほど)

このような事情から、会社側としては退職しようとするあなたをできるだけ慰留する形で話を進めようとするでしょう。

↓具体的には、こうしたかたちであなたの退職・転職を妨害しようとしてくる可能性があります。

  • 「転職」という行動そのもののが悪いことであるような言葉をあなたに伝え、不安感を高めてくる。
  • まわりに迷惑をかけてまで自分のわがままを通すのか?など、あなたの罪悪感を煽って退職を思いとどまらせようとする。
  • 「これは君のために言うんだけど…」といったような言葉で会社側の都合を押し付けようとする。

(うちの会社はいい会社だから…と思っている方は要注意。会社というのは営利を目的とする組織ですから、自社のデメリットとなることについてはあなたを「他人」として扱ってくるのが普通です)

あなたが優秀な人であればあるほど、会社はありとあらゆる手段を使って転職を思いとどまらせようと考えるのがむしろ自然です。

重要なことは、こうした会社側の行動はあなたのキャリアを考えてのことではなく、多くのケースでは上司の面倒を減らしたい、職場に波風を立てて欲しくない…というだけに過ぎない点です。

(会社や上司は「君の将来を思って言っているんだ」という風に言ってくるでしょうが、率直に言って会社はそこまで考えてくれていません)

「退職のタイミングで、初めて自分の会社がどういう組織風土なのかがわかった」という人も多いですね。

【※参考】転職活動には転職エージェントを活用しましょう。採用担当者とのアポとりや年収交渉・応募書類の添削などをすべて代行してくれますよ

結論:上司に転職の相談をもちかけるタイミングは「転職先から内定が出てから」

自分の退職が100%会社側にとって不利益にしかならないことはわかった。

それでは、上司に転職の相談をもちかけてよい状況・タイミングとはいつなのか?

↑結論から言うと、これは「転職先からの内定が確実になってから」が鉄則です。

まだ退職を検討し始めた段階で、転職先から確実な内定をもらっていないと言う助状況では、上司に退職意思をほのめかすことさえも時期尚早といえます。

法律上、退職を伝えるタイミングは「退職日の2週間前」で問題ありませんし、上司に事前の相談などしなくても、いきなり退職届を持って行って法律上はまったく問題ありません。

ただ、これではさすがに一般常識には反しますから、退職予定日の2ヶ月前ぐらいのタイミングで上司に転職の相談を持ちかけるかたちがベターでしょう。

↓※法的な根拠としては、民法627条第1項という法律があります(「期間の定めのない契約」というのは、正社員・アルバイトその他普通の雇用契約のことをいいます)

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。


>>民法第627条第1項

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざもありますが、どのようなかたちで退職の手続きを行ったか?はその後の仕事にも影響があるものです。

(あなた自身の仕事のモチベーションにも影響します)

退職意思を伝えてから2ヶ月間は業務引き継ぎを真摯に行い、次の仕事に向けた心身の準備をしっかりと行うようにしましょう。

転職活動なんてやったことない…何から始めていいかわからないという方へ

転職活動 始め方

(これから転職活動を始めるなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

転職活動というのはなかなか大変な作業です。

求人を探すことから、応募書類の作成、面接対策…などなど、やることがてんこ盛りです。

多くの人たちは、「また1から就活なんてめんどう…。そんなめんどうなことをやるぐらいなら現状維持でいい」とまた今のつらい仕事に戻っていってしまいます。

ただ、それではまたつらく不満の残る日常が続くだけです。

それではどうしたらいいのか?

転職活動なんて何から始めていいかわからない…という方は、

無料で使える転職エージェントを使って転職活動を始めるのがおすすめです。

※こちらの業界最大手の転職エージェントがおすすめです

特に、在職中の方(現在の仕事がある人)は、

仕事が終わった後に転職活動をするエネルギーなんて残っていない…という方が多いでしょう。

転職エージェントを使えば、以下のような大変な作業はすべて専門のエージェントにおまかせすることができますから、忙しい方でも転職活動を効率的に進めることができますよ。

エージェントがやってくれること

  • あなたに本当にあった求人のしぼりこみ
  • 採用担当者とのアポとり(面接日程の調整)
  • 書類選考に確実に通る応募書類の作成
  • 事前に調査済みの情報に基づく面接対策(重要!)

なお、転職エージェントとは基本的にすべてメールでのやりとりになりますので、対面でのやりとりをする必要もありません。

秘密厳守で行動してくれますから、現在の会社にあなたが転職活動を始めていることがばれることはありません。

面接の打ち合わせなども完全個室で行えますから、あなたの秘密は完全に守られます。

おすすめの転職エージェントはこちら

↓私がおすすめする転職エージェントは、リクルートエージェントです。

転職エージェント 使い方

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で登録完了できます

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

営業職などの定番職種から、人事や経営企画・経理財務などの管理部門の人気職種まで圧倒的な数の求人が登録されています。

きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

リクルートエージェントは、今よりももっと年収アップしたい!というポジティブな理由で転職活動をしている方はもちろん、

今のブラックな環境から少しでも早く抜け出したい…というネガティブな理由で転職したい方まで、幅広いニーズに対応してくれるのが強みです。

↓特に、以下のようなお悩みをお持ちの方はリクルートエージェントを活用してみることをおすすめします。

こんな方におすすめ

  • 今の職場から少しでも早く抜け出したいけれど、転職は初めてなので何から始めていいのかまったくわからない…。
  • まだ20代で、これといったアピールできる実務経験がない。職歴に自信がない。
  • とにかく年収アップにこだわりたい。現在の職場の年収を下回る転職はしたくない。

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

5ステップであなたを優良企業への採用に導いてくれます

リクルートエージェント

(無料登録〜採用までの流れ:画像クリックで詳細ページに飛べます)

業界最大手のリクルートエージェントなら、パナソニックやトヨタ自動車といった誰もが知る超大手企業から、

これからどんどん伸びていくベンチャー企業まで、さまざまな求人を選択肢にすることができますよ。

応募書類の作成から面接対策まで、あなたが内定を得るまで親身にサポートしてくれますから、あなたの内定可能性を圧倒的に高めてくれます。

リクルートエージェントは、以下の公式サイトから申し込みできます。

↓申し込みが完了したら、あなたのメールアドレスにマッチした求人情報が届くようになりますので、まずは情報収集から始めてみてください。


フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で今すぐ無料登録完了できます

転職エージェントが無料で利用できる理由

転職エージェント 無料

(ただより高いものはない…?転職エージェントが完全無料で使えるのはなぜ?)

転職エージェントをは、すべて無料で使うことができます。

しかし、「無料」と聞くと、「なにか後からお金を請求されたり、怪しいセミナーに勧誘されたりするんじゃ…」と不安を感じてしまう方も少なくないでしょう。

「ただほど高いものはない」という言葉もあるぐらいですから、逆に不安になってしまいますよね。

しかし、結論からいうとこうした心配はありません。

転職エージェントを使うことで、あなたに料金が発生することは最初から最後までいっさいありません。

転職エージェントにお金を払っているのは企業側

理由は簡単で、転職エージェントにお金を払っているのは、採用活動を行なっている企業側だからです。

転職エージェントは、企業側が転職サイトの求人を掲載するときに「求人掲載料」という形でお金を受け取っています。

このお金は「こういう人を採用したいので、探してきてください」いうかたちで、採用を行う企業側が転職エージェントに対して払うものです。

転職エージェントがお金を受け取るのは採用を行う企業側からだけですから、転職希望者側(つまりあなた)は1円も支払う必要はないのです。

転職エージェントを使うと転職の成功率が高くなる理由

転職エージェント 使い方

(応募先企業の内部情報を知っているエージェントを使うと、転職の成功率がぐっと高くなります)

また、ここが特に重要なのですが、転職エージェントは採用活動を行なっている会社の内部情報に精通しています。

なぜかというと、企業側が採用活動を始める際には、

エージェントに対して「うちではこういう人材が欲しい」ということを具体的に伝えているからです。

企業側はエージェントにわざわざお金を払い、自社にマッチした社員を探していますから、これは当然のことですね。

こうした企業側の希望条件を事前に聞いた上で、応募書類の作成や面接対策を行うことができますから、必然的にあなたに内定が出る可能性が高くなるのです。

この会社への転職を絶対に成功させたい!という第一希望の求人がある方は、転職エージェントを活用して情報収集を行うことでライバルに差をつけましょう。

(あなたのライバルも転職エージェントを使っていますので注意してください)

希望条件を転職エージェントに伝えておくだけでマッチした求人を探してきて教えてくれる

また、あなたの側も「もし転職するならこういう会社がいい」というイメージや、必須条件がありますよね。

そうした条件に合致する求人を探すのはなかなか大変ですが、

転職エージェントに希望条件を伝えておけば、マッチする求人のしぼり込みをすべてあなたの代わりにやってくれます。

↓例えば、こういう感じで条件を伝えておけばOKです。

エージェントに希望条件を伝える

  • 仕事が異常に激務で残業だらけの仕事は避けたい。
  • 職場の人間関係が明るい会社に転職したい。
  • 営業職ではなく、経営企画や経理財務などの仕事に就きたい。
  • 若い人の離職率が高い会社は避けたい。
  • 年収400万円以下は絶対に嫌。
  • 英語を生かせる仕事に就きたい。

転職エージェントがメールで提示してくれる求人の中から、「これだ」というものを選んで応募に進むことができますよ。

(もちろん、提示された求人の中に良さそうなものがなければ、応募しないという選択をするのは問題ありません)

転職エージェントを使えば、自力でちまちま転職活動している人たちに圧倒的な差をつけられる

転職エージェントは転職のプロですので、最新の求人を日常的にチェックしています。

転職エージェントに求人のしぼりこみをやってもらえば、あなたが希望しない会社に間違って応募してしまうようなことがありません。

エージェントは、あなたが希望した条件に合致した求人だけを紹介してくれるからです。

転職エージェントは、転職活動が初めてという人や、未経験の職種や業種に挑戦したいという方もしっかりとサポートしてくれます。

プロのアドバイスを受けながら転職活動を進めていくことができますから、

たった一人で孤独に転職活動をしている人たちに圧倒的な差をつけることができますよ。

次の転職では絶対に失敗しないためにも、無料で使える転職エージェントを活用して効率的に転職活動をしましょう。

追伸:それでもなんだか不安だから今は行動したくない…という方へ

転職エージェント 使い方

(それでも今は行動したくない。現状維持でいいじゃないか…という方に知っておいてほしいこと)

ここまで、読んでくださった方の中にも、

「やっぱり不安だから、転職なんてやめておこう。今の職場でも最低限の給料はもらえているんだし…」

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

私は、あなたがこうした決断をしたとしても、あなたを責めることはしません。

どんな決断をするにしても、その結果を受け止めるのはあなた自身だからです。

ただ、何も行動を起こさなければ、今のつらい状況は今後もずっと同じように続いていくのだということはぜひ理解しておいてください。

あなたの仕事は今から40年以上も続いていく

老後の年金制度の不安定さが毎日のようにニュースになっていますね。

現在20代〜30代の人が高齢者になる頃には、70歳ぐらいまで働くのが当たり前の社会になっていることでしょう。

そうすると、あなたは今から30年〜40年以上もの長い間、ずっと仕事をしていくことになります。

あなたは、40年間もの長い間、ひたすらに「つらい。苦しい。でもがまん…」という形で仕事を続けたいですか?

それとも、大好きな職場の仲間に囲まれながら、毎日全力投球で楽しく仕事をし、その結果として高い年収を得て豊かな老後を迎えたいですか?

どちらの結果を得るかは、今、この瞬間のあなたの行動が決めるのです。

転職年齢は若い人ほど有利!1秒でも早く行動を起こそう

転職エージェント 使い方

(今すぐ行動を起こして未来を変えるか?何もしないまま今のつらい現実を受け入れるか?はあなた次第)

20代の方の転職では、年齢が高ければ高いほど不利になってしまうのが現実です。

同じ行動を起こすなら、少しでも早いタイミングで実行することが大切であることはぜひ理解しておいてください。

あなたの人生に責任を持てるのは、他ならぬあなただけですので、ぜひ後悔のない決断をしてくださいね。

↓まずは「どんな求人があるのか?」の情報収集から。転職エージェントはこちらから無料登録できます。

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で今すぐ無料登録完了できます




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved.