転職の体験談

中小企業に就職すると後悔する?大企業・ベンチャーも経験した人の体験談

Sponsored Links

就職先を考える時、大手企業にするか中小企業にするかで、まず悩む人もいるのではないでしょうか。

私は大学卒業後、中小企業の直販メーカーで6年間営業職を行い、その後東証1部上場企業に転職しました。

私自身が中小企業に就職して後悔した体験を通して、

なぜ中小企業がダメだったのか!?どこが良くなかったのか!?

中小企業の問題点を具体的に解説したいと思います。

Sponsored Links

後悔した理由1:待遇の違い

入社する前は、

「中小企業には大手にはないやりがいというものがある」と信じていました。

大手と比べて、基本給・賞与・手当といったものが劣るということはもちろん知っていました。

しかし、そういうお金に関わる待遇より、「やりがい」というものに魅力を感じたのです。

中小企業の待遇

中小企業でも、採用人数を確保するために、基本給を大手近くにまで上げている会社もあります。

しかし、そのような会社は、

福利厚生(住宅手当、家族手当、子手当、営業手当など)の部分が大きく劣ります。

それぞれの手当は数万円でも、全て合わせると10万円ほどの差になることもあります。

そうすると、年間100万円ほどの実質年収の差になってしまうのです。

いくら「やりがい」といっても、現実的に年間100万円の差があるとなると、モチベーションに大きく影響します。

実際の年収

私は中小企業の時は年収450万円で、大手企業に転職後2年目で550万円まで上がりました。

さらに福利厚生を加えると、実質年収は600万円以上になりました。

つまり、年収に150万円も差が出たのです。

後悔した理由2: 仕事量

ほとんどの中小企業が、大手に比べて仕事量は遥かに多いです。

これには明確な理由があります。

大手企業の場合、営業、総務、事務等各部署に分かれて、バックオフィスがしっかりしています。

ですから、それぞれの社員は、配属された部署の業務に専念することができます

しかし、中小企業では、内勤職もいるにはいるものの、人数、質ともに十分ではないことが多いのです。

そのため、中小企業の営業職は、内勤業務を自分でやらなければならないのです。

実際の仕事量

私の働いていた企業にも内勤職はいましたが、私は自分で、

発注から伝票の起伝、郵送や売掛金の回収まで、全ての業務を行う必要がありました。

これを営業後、帰社して行うとなると数時間かかります。

全ての業務を自分で完結しなければならない以上、繁忙期にはとてつもない業務量になりますし、

ミスやトラブル時の対応も自分でやらなければなりません

気の休まる時がありませんでした。

後悔した理由3: ワンマン社長で経営が不安定

大手企業の多くは経営が安定していますが、私の働いていた中小企業は、安定とは程遠い世界でした。

また、中小企業では俗に言うワンマン社長が多く、社長の一存で全てが決まる傾向にあります。

Sponsored Links

実際のワンマンぶり

私が働いていた会社では、ある日突然、翌年からの契約内容の変更が発表されるということがありました。

そして、全ての得意先に対し、契約の見直しと契約書の取り直しを求められました。

それ自体は、どこの会社でもあるかもしれません。

しかし、現場の意見を無視したその契約書は、

売上を上げるどころか、下手をしたら契約打ち切りになるような内容でした。

何故そのようなことが起こるかというと、まず、社長に意見を出来ない雰囲気だからです。

そして、営業部長というポジションにつくのは、社長の顔色を窺い社長の意のままに動く社員だからです。

もちろん、営業部長は社長の意思のごり押しで、対応は現場に丸投げです。

後悔した理由4: パワハラ

特にワンマン社長の会社では、労基法が守られていないケースが多いです。

いまだに、長く働くのが美徳という文化があり、長時間働き上の言うことを忠実に守るイエスマンが、重宝されます。

能力は関係ないのです。

パワハラも酷く、社長自身がパワハラという観念が欠如しています。

社長からパワハラを受けた上司が、ストレスのはけ口のように部下にパワハラ、暴言、怒鳴りつけるということが起こります。

これくらい中小企業では労基法やパワハラへの認識が低いのです。

新卒で中小企業に就職して後悔しているあなたへ。優良企業に転職する方法

ここからは、中小企業から大手優良企業に転職する方法を、実体験をもとに紹介します。

中小企業から大手企業に転職するのは、とても難しいというイメージかもしれません。

しかし、しっかり対策をすれば大丈夫です。

中小企業では大手企業に比べて業務量が多く、色々な経験をしているからです

中途採用は実務経験者採用が基本

私は新卒で入った中小企業で6年働き、大手企業に転職しました。

30歳前後の中小企業から大手企業への転職は、スキルが求められます

面接時に「今までこのような業務を行い、このような実績を出しました」だけではダメです。

そこにもう一つプラスし

ポイント

  • 「御社のこのような業務は、今までの経験から貢献できます」
  • 「この業務で最大限能力を発揮できます」

といった未来の話、入社後に活躍できるというアピールが、面接で必要になります。

中小企業で業務を行ってきた強みは、全ての業務を自分自身で完結してきたことです。

しっかり業務内容を整理して、希望する企業とマッチングしましょう。

20代半ば、第二新卒の大手企業への転職

中小企業に入って3年以内、20代半ばまでの方が大手企業に転職するには

ポイント

  • 「志望動機」
  • 「転職理由」

の2つを明確にすることが大事です。

この年齢ですと、社会人として問題がないかという点と、熱意を見られます

なぜ新卒で入った会社でなく、この会社に転職したいのか、と志望動機を明確にしましょう。

転職エージェントを活用しよう

より良い転職活動のために、転職エージェントの活用をお勧めします

エージェントを活用すると、

ポイント

  • 表には出てきていない非公開求人の紹介を受けられます。
  • 職務経歴書の添削、面接対策等も行って頂けます。
  • 面接での質問傾向や人事の雰囲気も、情報として得ることが出来ます。

登録の際は複数のエージェントに登録することをお勧めします。

エージェントによって強みも違いますし、複数登録することによって求人の幅も増えると思います。

Sponsored Links

-転職の体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.