いまの仕事が嫌で嫌でしょうがない人へ…!

↓退職代行を使えば「会社の誰とも会わず・即日」仕事を辞められますよ。

※ 実体験者が恥をしのんで書いた…!退職代行の口コミ体験談

金融業界の転職体験談

【銀行員の転職】面接や職務経歴書での自己PRの書き方(例文あり)

  • 銀行員が転職するときに自己PRすべき内容とは?
  • 銀行員が事業会社で評価されるには?
  • 銀行員から経理に転職は有利?実務経験をどうアピールする?

銀行員の経験がある人は、他の業界ではできない経験をたくさんしています。

自分では当たり前のように感じていても、それが大きな強みになることがあります。

私は金融営業マンを経験した後、

大手人材紹介会社に転職しました。

行員時代の経験を生かして、

金融業界からの転職を目指す方との面談を1000件以上やってます。

転職経験者

私自身も面接で「そこに食いつくの?」という体験を何度かしました。

自己PRは、志望する業界や職種に合わせてカスタマイズして用意しておくことが大切ですよ。

この記事では、これまで銀行員として働いてきた人が異業種に転職する場合の、自己PRの書き方や伝え方を解説します。

アレンジして使える例文も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

好条件なホワイト求人がなかなか見つからない方へ!

おそらく「探す場所」でミスってる可能性大です。

福利厚生の良いホワイト求人に強い転職サイトで探すようにしましょう。

ハロワに頼るとかブラック一直線なので注意して下さいね。

↓残業なしなどホワイト求人が多数ある無料転職サイトです。

求人検索で探してみてください。

(現時点で求人1274件あり)

※ 求人をすべて見るには無料登録が必要です。

体験談の投稿者

\ 好条件求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

銀行員が転職するときの自己PRの書き方

銀行員が異業種に転職する場合、

↓以下のようなポイントを押さえて自己PRを作っていきましょう。

  1. 銀行員として経験した仕事内容をたな卸しする
  2. 応募先の企業で求められるスキルに合わせた内容にする

ちょっとしたことですが、意外にできていない人が多いです。

(できているだけでライバルに差をつけられるということでもあります)

1.銀行員として経験した仕事内容をたな卸しする

実務経験者として転職するには、これまで何をやってきたのか?の具体的なアピールが必要になります。

これは学生時代の就活との違いですね。

そのために、これまでに経験してきた業務内容を棚卸ししてみてください。

その際、2W1H(What・Who・How)でまとめておくと相手にも伝わりやすくなります。

棚卸しした業務内容それぞれについて、

「何を?誰に?どうやって?」

を明確に答えられるようにしておきましょう。

自己PRを文章で書く場合には、これをやっておくことで文章の論理性が増し「できる人」という印象を与えやすくなります。

実績は具体的な数字でPRする

過去の経験は、定量的に(数字で)表現して自己PRして下さい。

「〇〇に努めた」や「〇〇を推進した」では弱いです。

例えばあなたが融資や投信提案などの渉外業務を担当されていたのであれば、

「半期投信販売額 〇〇円 同エリア内〇名中〇位」などです。

特に売上の成績は良くなかったので書くことが無い…という方もやりかた次第です。

「未稼働顧客の稼働化」や「NISA獲得件数」など、

数字でアピールできる内容はいくらでもあります。

実績を挙げるためにどういう行動をしたか?も重要

実績を数字でアピールするとともに、「それを実現するために、具体的にどんな行動をとってきたか?」を伝えましょう。

おすすめはPDCAサイクルの内容を記す事。

何を考え、どんな計画でどういった行動に落とし込んだか。

またその結果をどんな修正によって実績に結びつけたかまでを記載することで、PRしたあなたの実績をより根拠のある内容にしてくれます。

2.応募先の企業で求められるスキルに合わせた内容にする

自己PRは、募集企業が「採用したい人材なのか?」を確かめる際に大変重要な役割を果たします。

志望する応募先の企業や職種によって合わせた内容にしましょう。

↓いくつか具体例を紹介します。

銀行から金融機関への転職の場合

同業界への転職を志望される場合であれば、金融業界で重要視されるポイントを押さえる必要があります。

  • 真面目な性格である
  • 細かな対応も丁寧にこなせる
  • 法令遵守意識が高い
  • 経営者などの富裕層との折衝経験が豊富

銀行から事業会社への転職の場合

他業種や他職種を志望される場合は、

その志望業界(職種)に求められるスキルと自身が経験してきた銀行業務の親和性を見つけ出す必要があります。

↓例えば、IT業界に転職する場合はこんな感じ。

  • 折衝相手の意思決定者(キーパーソン)を見つけ出す事ができる
  • 顧客の課題に沿った提案ができる
  • システムの導入に関わっていたためITリテラシーが高い

↓経理職へ転職するならこんな感じですね。

  • 数字を読み解く能力と経験がある
  • ミスの無い業務遂行が実現できる
  • 与信管理業務から帳簿上の経営課題に触れていた

3.自己PRするエピソードは「たった1つ」だけにする

転職を成功させるためにもPRしたい事は山ほどある、という方もいらっしゃるかと思います。

ただ、PR欄は内容が多すぎると本当にPRしたい事が薄れてしまいます。

応募先に合わせたPRをたった1つ厳選し、とことん掘り下げてPRして下さい。

以下で紹介する例文も参考にどうぞ。

銀行員が転職する場合の自己PR(例文)

銀行員が転職する場合の自己PR例文をいくつか紹介します。

例文1.コンプライアンス遵守を自己PRする場合(金融志望)

私は、お客様の大切な資産をお預かりするうえで最も大切な事は顧客属性に適した商品提案を行う事だと考えて参りました。

金融機関の人間としての責任を持つことが、お客様との信頼にもつながると考えております。

例文2.富裕層との折衝経験をPR(金融志望)

私は、現職の業務の中で数多くの富裕層のお客様との折衝を重ねて参りました。

富裕層の方々の関心は資産のリスク分散である事だと考え、ご提案の際には常に通貨の異なる商品をセットで販売しておりました。

その結果、投信販売額は〇年連続支店トップの実績を挙げることができました。

例文3.他職種への転職志望の場合(ITサービス業界)

私はお客様への提案を行う際、常にそのお客様が解決したい課題の原因を明確にすることを心がけて参りました。

自分が売りたい商品を提案しているばかりではお客様との信頼関係は築けない事を実感しています。

そのため貴社の、クライアントが持つ課題に応じて商品を創り出すソリューション営業で役立てられると考えております。

例文4.他職種(経理職)への転職志望

私は、銀行業務の与信管理の経験からお客様の会社が持つキャッシュフロー上の課題に毎月平均で〇社程度触れて参りました。

その経験を活かして、経理面で会社を支える仕事に役立てたいと考えております。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事は自分には向いてないと感じる…。
  • 仕事にまったくやりがいを感じない。何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事で人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代前半のうちはまだいいかもしれません。

何事も経験だから…。

でがまんできる部分もあるでしょう。

ですが、20代後半以降になると

「楽しく働いてる人」と「苦痛を感じながら働いてる人」って、

出世や給料にものすごく大きな差が出てくるんですね。

例えば営業マンの仕事。

営業マンってものすごく

「向いてる/向いてない」がある仕事です。

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

管理人

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた同期たちにはどんどん差をつけられました。

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」扱いされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

どんな仕事にも向き不向きってありますからね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる!」って思える仕事はあります。

管理人

あと、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

あなたが今後の人生で、

一番年齢的に若いのって「今この瞬間」ですから。

「自分に向いてる仕事」を見つける方法

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

問題は、どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは世の中にどんな仕事があるのか?を知ることから始めましょう。

無料で仕事を探せる場所としてはハロワもありますが、

ネット使える人は転職サイトで検索かければOKです。

無料アカウントを作ると求人検索がいろいろできます。

アカウント登録なしだと

検索結果に表示される求人数が制限されるので

無料アカウントはあらかじめ作っておきましょう。

管理人

↑めんどくさいんですが、

こういう細かいところで手抜かない方が良いです。

幅広い選択肢を見てみるのが大事ですからね。

(2分もあればできる作業です)

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内にものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

と感動すると思いますよ。

学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の会社に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に転職サイトからくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは無料で使うことができます。

情報リサーチだけに使いたい人も活用できますので、

無料アカウントを作っておきましょう。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

いまの仕事が嫌で嫌でしょうがない人へ…!

↓退職代行を使えば「会社の誰とも会わず・即日」仕事を辞められますよ。

※ 実体験者が恥をしのんで書いた…!退職代行の口コミ体験談

-金融業界の転職体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.