転職の体験談

経営企画の中途採用者って難易度高い?未経験だと仕事についていけない?

  • 経営企画の中途採用者にあるあるなことってどんなこと?
  • 未経験だと仕事についていけない?
  • 入社後にはどんな仕事をする?入社直後に気を付けておくべきことは?

この記事では、経営企画担当者として中途採用を目指す人が

知っておくべき仕事のポイントを解説します。

すでに経営企画として入社が決まっている人や、

これから中途採用されることを目指して転職活動している人はぜひ参考にしてみてください。

経営企画部の中途採用組が知っておくべき仕事のポイント

経営企画 中途採用

(経営企画に中途採用されたらどんな仕事をするの?)

 

企業の経営企画部に中途採用された人(あるいはこれから転職活動する人)は、

↓仕事のコツとして以下のようなことを知っておくと良いでしょう。

  1. 今までの経験を強みにする
  2. 分からないことは素直に聞く
  3. 結果を出すことを焦らない

それぞれのポイントを解説しますね。

1.今までの経験を強みにする

経営企画の仕事は、企業内のさまざまな仕事に関わっています。

そのため、これまでにあなたが経験してきた仕事内容は、

経営企画の仕事にも生かすことができます。

具体的には、これまでの仕事で「ここをもっとこうすればいいのに」と思ってきたことを、

経営企画として経営者に提案することを考えてみてください。

例えば、営業経験者であれば「自社の商品のこいうところが顧客ニーズに沿っていない…」と感じたことが一度ぐらいはあるでしょう。

また、人事採用や教育の経験がある人は、

社員教育のやり方や、採用する人材像について「こういう人を社員として採用すべきだ」と考えてきたことが何かしらあるはずです。

それらの延長で、経営企画としていま所属している会社の組織や商品の問題点を考えてみるのです。

どのような企業であっても、同じような悩みを抱えているものです。

過去の経験を経営企画の仕事に生かすことを意識してみてください。

>>経営企画に中途採用で転職するには?

2.分からないことは素直に聞く

上の1.では「今までの経験を生かすこと」をお伝えしましたが、

これとは逆に「今までの経験をいったん忘れて、今の職場の人たちの意見をすなおに聞くこと」も大切です。

↓特に、絶対NGなのは以下のようなことですね。

  • 疑問点をそのつど消化せずに流してしまう
  • 知ったかぶりをして、相手に合わせてしまう

今でこそ経営企画部の管理職になっている私ですが、

入社当時にはKPI(重要業績評価指標)の意味すら分かっていませんでした。

部署の会議で普通に出てくる言葉だったので、

「なんだかよく聞く専門用語だなあ」ぐらいには思っていたのですが、

きちんと調べもせずに適当に流していました。

私の失敗談

そんなある日、経営企画部の上司から

「営業部のKPIの設定に問題がないか確認しておいてくれる?」といった指示を受けました。

私としては「いやいやそもそもKPIってなんなのよ…?」という感じだったのですが、

とりあえず営業部の人に「KPIに問題はないですか?」と聞いてみたのでした。

現場の人からすれば「問題があるか?ないか?」と聞かれたら「ない」と答えるに決まっています。

問題あります、と答えたら「改善するために何やってますか?いつまでにできますか?」

とめんどくさい指摘が来るに決まってますからね。

そのときももちろん「問題ない」という返事を営業部の人からもらい、当時の私は「問題ないならいいか」ということでそのままにしていました。

そして案の定、後日に上司に怒られました。

上司からしたら第三者視点で確認してほしいというのが私への指示の意図です。

(というか、「おそらく問題ある状態だから、指摘して具体策をどうするつもりかヒアリングしてこい」という意味だったのでしょう)

今から考えると、分からない言葉の意味はその場で教えを乞うべきでしたし、

その質問の目的も確認すべきでしたね。

疑問点を素直に聞けることは経営企画にとって重要な素質

もちろん経験のないことや、苦手なこともあるでしょう。

疑問点を素直に聞けることは、経営企画の中では非常に重要なスキルです。

なぜならば、みんなが「大丈夫と思っていること」に目を向け、落とし穴を探し出すのが経営企画の仕事だからです。

現状を打破して、今よりも良い業績を上げるために経営企画があります。

同調意見よりも、

なぜそうなるのか?ロジックにおかしい所はないか?

全く逆の手段を使ったらどうなるのか?

といった視点を持つことが必要なのです。

>>経営企画に中途採用で転職するには?

3.結果を出すことを焦らない

中途採用として採用されたら、少しでも早く結果を出さないと…と焦るのは当然んですよね。

しかし、特に経営企画の仕事では、仕事のプロセスを大事にしてください。

経営企画の仕事は、一朝一夕では結果は出ませんし、

実際に結果を出してもらうのは、各部門になります。

経営企画の役割は、明確な目標設定や手段の提供を行うことです。

自分の部署だけではできない全社的な視点でしっかりと現状分析をして、

スムーズに部署に動いてもらうのが経営企画の仕事なのです。

もちろん、ビジネスなので結果を出すことはとても大事なのですが、

経営企画では「なぜその選択をするのか?」の根拠説明と、

適切な行動ができているか?の検証が重要視される傾向があります。

経営企画の中途採用が入社直後のタイミングで気を付けておくべきポイント

企業の経営企画部門に中途採用された人は、

↓入社後には以下のようなことに気をつけてみてください

(転職活動中の人は入社後のイメージとして読んでみてください)

  • 自分は何でも知ってると自信過剰にならないようにする
  • 気になる点をその場で直接言うのもNG(根回しが大切)
  • 新人でも自信がなさすぎるのはダメ

中途入社であれば、全社を回ってひと通り経験する名目で、

営業に同行したり、実際に製造作業をしたりすることが多いでしょう。

そういったときに、舐められたくない思いから、

自分の知識やうんちくを現場の人に語ったりしないようにしましょう。

現場への批判は慎重に!

特に、入社したばかりの状況がはっきりしない状態で、

「ここはもっとこうしたほうがいいのではないでしょうか?」

などと現場を批判しないように注意しないといけません。

経営企画にできるのは現場への提案だけです(指示はできません)

あなたが経営企画としてどんなに良い案を提案したとしても、現場に反感を保たれていてはまず提案に沿った動きをしてもらうことができません。

経営企画として結果を出すためには、現場とのコネを作る努力と気づかいが必要なのです。

自信なすぎ…もNG

もっとも、経営企画には現状を批判的にみる視点も期待されていますから、

逆に自信がな過ぎるのもいけません(バランスがむずかしいところです)

少なくとも入社してすぐのタイミングでは、じっくりと現場の意見を謙虚に聞くことに徹してみてください。

入社当初こそ、今後の仕事で結果を出すための信頼関係構築が大切です。

>>経営企画に中途採用で転職するには?

経営企画の職場ってどんな人がいる?

経営企画で働く人たちの男女比や年齢層は、とても幅広いものになっていることが多いでしょう。

なぜかというと、

経営企画の仕事はさまざまな視点でものごとを判断する必要がありますから、

多彩なバックボーンを持った人が採用される傾向があるからです。

いろんな経験から企業の改善点を見つけるとともに、

時代の流れに敏感になり、ニーズに対応できる組織を目指している企業が多いでしょう。

なお、新入社員で経営企画に配属されてくる人もいます。

そういった人は、中途採用として採用される新人の方よりも年齢的にはるかに若いこともあるでしょう。

役員は30代の比較的若い世代から60代以上のカリスマ的な方まで様々です。

経営者はロジカルな説明を求める人が多い印象です。

仕事柄なのでしょうが、発言する言葉が難し過ぎる役員もいたりしますね。

>>経営企画に中途採用で転職するには?

経営企画で働く私の1日のタイムスケジュール

参考までにですが、実際に企業の経営企画部門で働いている私の

1日のタイムスケジュールを紹介します。

企業によって働き方はいろいろだと思いますが、参考にしてみてください。

  • 09:00-
    メールチェックやニュース、トレンド調査
  • 09:30-
    資料づくり

    • 営業部や製造部から提出されるデータ分析やレポート
      →役員へ提出
    • 役員会議からの質問事項の取りまとめ
      →役員へ提出
  • 11:00-
    社内の巡回をしながら様々な部署のメンバーとコミュニケーション
  • 12:00-
    同僚とランチ
  • 13:00-
    新製品開発プロジェクト会議(営業・製造・広報などが集まります)
    こちらはファシリテーターとして参加、進捗を取りまとめて役員へ報告
  • 14:30-
    役員会議(中長期案件の進捗報告と対策検討)
  • 16:00-
    部署内MTG(明日以降の業務確認や、役割分担確認)
  • 17:00-
    やり残し業務のためのバッファ時間(何もなければ学びの時間にしています)
  • 18:00-
    退社

午前中は情報収集や資料作成、午後は会議が多いですね。

自分でコントロールできる部分を、

いかに効率よく計画を立てられるかがポイントになります。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからないという段階の人も、

転職エージェントのサイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

職歴や希望年収などの条件を入力しておくと、

あなたが現時点で採用される可能性のある企業の最新求人を見られるようになります。

自分にはどういう選択肢が与えられているのか?を知っておくことが重要ですよ。

転職活動は、今の職場で追い込まれてどうしようもなくなってからスタートするのではなく、

精神的にまだ余裕があるときに始めないといけません。

余裕のない状態で始めてしまうとほぼまちがいなく失敗します。

管理人

私も経験があるのですが、

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

転職サイトに登録するという簡単な作業ですらやる気がなくなるものです。

辛い気持ちをそのままずるずると放置しながら働いていると、

深刻な事態になる可能性が高いです(私はうつ病寸前までいきました)

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい

という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから始めてみてください。

管理人

↓個人的におすすめの転職サイトはdodaです。

常時10万件以上の求人が登録されていますので、

あなたの条件に合った企業がきっと見つかりますよ。

(dodaは10万件以上の求人が常に登録されている大手転職サイトです)

\ 高年収!優良求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

doda スカウトサービス
doda転職エージェントの評判は悪い?受からないって本当?(口コミ評価まとめ)

「dodaの口コミ評判は悪い?」この記事では、dodaの口コミ体験談をまとめています。コロナ禍後に実際にdoda転職エージェントを利用した人だけに限定して口コミ体験談を募集しましたので、最新の情報に基づく体験談を集めることができました。

続きを見る

doda スカウトサービス
dodaのオファー(スカウトメール)を実際に使ってみたらこんな感じだった

この記事では、dodaの転職サイトを利用した場合に企業側から送られてくるオファー(スカウトメール)について、実体験ベースでお話ししています。「オファー経由なら必ず面接に進める?ブラック企業からもオファーくるらしいけど、見分け方は?」など、利用前に知っておくべき内容と対策方法を紹介します。

続きを見る

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.