転職の体験談

海外で働くには就労ビザが必要だよ

海外で働く場合、就労ビザというものが必要となります。

海外旅行に行くときにもビザを取得しますが、これは観光ビザです。

観光ビザで滞在している国で、働くことは基本的にできません(不法滞在となってしまいます)

海外で働くことを考えている人は、まずは就労ビザをどうやって取得するか?を考えましょう。

就労ビザの取得方法や条件などは、国によって異なります。

この記事では、海外就職で人気のある国(アメリカ・インド・タイ)の就労ビザ条件について解説します。

1.ビザ発行数に制限あるアメリカ

・4大卒以上
・専門性のある職種であること
・ビザ取得しても働くまで半年かかる

Sponsored Links

外国人が就労することに対して厳しいアメリカでは、労働ビザ取得の条件も他の国と比べて厳しいと言えます。

基本的に4大卒以上もしくは同等の実務経験が必要となります。

更に専門性が高い職種に就くこと、学位と職務内容が一致していることが条件です。

アメリカの就労ビザはH-1Bビザ(高度専門職)を取得することが一般的です。

アメリカの就労ビザは申請し認可されても働けるまで半年ほどかかります。

さらに発給件数が限られているため、申請すれば誰でも取得されるわけではありません。

年々アメリカの就労ビザは厳しい環境となっています。

Sponsored Links

有給インターンシップを利用する人もいますが、J-1ビザからの切り替えが難しい状況であるため長期的には厳しいと言えます。

2.条件の制限が少ないインド

・経験、年齢、語学力不問
・新卒でもチャンスあり
・求人数が多い今が狙い目

ビザの条件が少なく比較的ビザ取得がゆるいインドですが、経験やスキルを求められることがあります。

年齢や経験などの制限は基本的にはありませんが、申請する条件としてインド人にはないスキルをインド人に与えることができることとされています。

とは言え、アジアの中で一番就労ビザが取得しやすいのがインドです。

海外就職が難しい新卒であっても、スキルがあれば就職するチャンスもあります。

日本人の求人が多く、就職希望者が少ないインドは今が狙い目だと言えるでしょう。

3.難易度が低いが労働許可証も必要なタイ

・ビザ条件は少ない
・外国人が従事できない職種がある
・労働許可証を取得する必要がある

タイの労働ビザは、ノンイミグラントBビザを取得したあと、労働許可証の取得も必要です。

比較的インド同様にビザ取得の条件が少ないタイですが、必ず労働許可証を取得するようにしましょう。

日本もしくは指定の国のタイ大使館や領事館でビジネスビザを取得してからタイに入国しなければいけません。

観光ビザで入国した場合、またビジネスビザ申請のために戻らなければいけないので注意が必要です。

条件はゆるいタイの就労ビザですが、外国人の就労が禁止されている職種があるので、すべての仕事でビザが取得できるわけではありません。

日本人が多いタイでは、ビザを発給すると約束しておきながらビザを出さずに働かせるケースもあるので注意してください。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.