転職の体験談

【海外で働く】女性におすすめの国と成功のコツ

海外で女性が働くということは、どんな魅力とリスクがあるのでしょうか。

男女平等と言われながらも、日本はまだまだ男性上位の国であることは間違いありません。

国によっては、さらに男女の差がある国もまだまだあります。

海外で働きたいと考えている女性にとって知っておきたい、国に寄る男女の働き方の違いについて解説します。

北欧諸国

EU諸国の中でも、ジェンダーギャップ指数が少ないのが北欧4カ国です。

女性の社会進出が多く出産後もすぐにフルタイムで復帰し、男性も育休などを取るのが当たり前の国となっています。

そのため、女性が社会で活躍しやすい国です。

北欧で働くなら高い語学力が必要

北欧諸国で働きたい女性は、語学を習得しビジネスレベルまで上げておく、ITの専門スキルをつけておくなどの必要があります。

日系企業が少ない地域なので、日本語だけで仕事をするのは非常に難しい環境です。

数少ないですが、日本食のレストランや観光ガイドなどである場合もありますが、狭き門だと言えます。

方向諸国は働き方のメリットが多い

それでも語学を学んで北欧諸国に住みたい場合は、非常にたくさんのメリットがあります。

ビジネスのやり方が日本に近いフィンランドは、日本人には馴染みやすい上に働く人の権利が守られ待遇も良いです。

スウェーデンでは、プライベートの時間が確保できるように短時間で結果を出す仕事が基本となっています。

そのため、伸び伸びとしたプライベートの時間を過ごすことができます。

アメリカ

アメリカは、女性の社会進出は多い国ですが社会的な環境が万全とは言い難い部分があります。

一般家庭であれば、共働きが当たり前というアメリカでは女性も日本同様に働いていることが多いです。

ただし、育休や産休、保険制度などはあまり守られていないことがネックとなっています。

アメリカは地域によってもありますが、まだまだ男性上位の風習があるところもあります。

そのため、アメリカのジェンダーギャップはあるわけです。

アメリカ就職はスキルや経験が必要

アメリカで日本人が働く場合、語学力や専門性の高いスキルがあることが強みです。

女性であっても働くチャンスはあります。

アメリカの場合は、経験やスキルがある即戦力となる人材を求めているため、経験を積んでおくことが必要です。

高い英語力があることも必須

ネイティブの中で働く場合、語学のスキルが高くないと難しいと言えます。

もちろん、中には日本語や日常会話の英語でもできる仕事はありますが、限られた職種となります。

女性であり日本人であることから、高い英語力や専門スキルを持っておくことは強い武器となるでしょう。

マレーシア

Sponsored Links

東南アジアのイスラム系の国であるマレーシアは、女性の社会進出が進んでいる国です。

一見イスラム教の国では、女性差別があり社会進出が厳しい国だと思われがちですが、女性を大切にする国でもあります。

(政府が女性の社会進出を推奨しています)

マレーシアは、さまざまな民族が暮らす国でもあることから、格差がないことを目指してきたことで自然と男女差も少なくなっています。

マレーシアでは、政府が女性の労働参加率を引き上げようとしていることもあり、柔軟な働き方ができるように動いています。

日系企業やコールセンターがある

マレーシアで日本人女性が働くチャンスは、幅広くあると言えます。

日系企業もあり、観光業やコールセンターなどの求人もあるので、特別なスキルがない人でもチャンスがあるのです。

住みやすさなどから日本人にも人気があり、クアラルンプールなどの都市部では在住日本人も多くいます。

独特な多民族国家

マレーシアで働く場合、理解しておきたいのは多民族国家であることです。

中華系、マレー系、インド系が主な民族で、それぞれの気質や考え方が異なります。

お金のためなら残業をいとわない中華系、あくまでも家族優先するため定時にきっちり帰るマレー系、どっちもあるインド系とさまざまです。

男女差があまりないマレーシアの社会では、女性でも働きやすいですがそれ以前に、独特な多民族国家を理解しておきましょう。

タイ

タイは、女性が働くことが当たり前の国です。

管理職にも女性が多く、オフィスの男女比は女性が高いという会社も多くあります。

空港やイミグレーションなど、政府機関のオフィスに行くと女性が目立っていることがわかるでしょう。

タイでは、男性より女性の方が働くということで、女性を雇用する傾向もあります。

これは、タイ人の気質傾向による結果で、男性よりも女性がオフィスで仕切る姿はよくあることです。

タイは日系企業が多く求人も豊富

タイで働きたい日本人女性は、多くのチャンスがあります。

日系企業がとても多く、レストランや観光業も豊富なので日本人にとっては働きやすい国です。

英語やタイ語ができなくても働ける職種もあるので、スキルがないはじめての海外就職におすすめだと言えます。

タイは子育て中でも安心な環境

シングルマザーが多いタイでは、子供を田舎に預けて都市部で働く女性が多くいます。

そのため、働きやすい環境を作れているのです。

日本人で子供がいる場合は、お手伝いさんを雇って働くことができます。

お手伝いさんの費用はさほど負担になるような額ではないので、現地採用の人でも利用していました。

タイ人女性は家事や子供の世話が上手なので、非常に助かる制度です。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.