臨床検査技師の転職体験談

臨床検査技師に転職はやめとけ?ブラックで給料安いって本当?

臨床検査技師 やめとけ

(臨床検査技師はやめとけって本当?)

  • 臨床検査技師への転職は「やめとけ」っていわれることが多いのはなぜ?
  • 給料は安い?平均年収はいくらぐらい?
  • ブラックな職場が多いって本当?

資格を持ち、安定しているイメージがある臨床検査技師ですが、

ネットなどで「やめておいた方がいい」という意見を見かけることがあります。

やりがいもあり、手に職もあるのに、不思議に思う人もいますよね。

ではどうして「臨床検査技師はやめとけ」といわれてしまうのでしょうか。

この記事では、2つの病院で10年以上臨床検査技師として働いている筆者が、

臨床検査技師あるあるな不満理由をわかりやすく解説しています。

臨床検査技師の実態を知りたい人は、参考にしてみてくださいね。

ue↑

臨床検査技師はやめとけ?あるあるな不満理由6つ

臨床検査技師 やめとけ

(臨床検査技師の不満理由はなに?)

1. 職場によっては給料が安い

厚生労働省・令和4年賃金構造基本統計調査調によると、

臨床検査技師の平均年収は583万円です。

意外に高い感じがしますよね。

ただ、「実際に働いている人」からすると、

この金額のお給料はちょっと現実的ではない感じがします。

上の統計データはかなりベテランの臨床検査技師も含めた平均値だからかもしれません。

参考までに、私の過去〜現在の臨床検査技師としての給与実態をお教えします。

新卒時代の私の給与

↓新卒で就職したのは医師会の検査センターで、こんな感じの給与待遇でした。

  • 初任給は総額18万円で、手取り13万円
  • ボーナスは、年2回の1.5ヶ月分

中規模病院で当時15名の技師が在職し、

検体業務をメインとした日勤と夜勤の交代制です。

ハードな業務量でしたが、この程度の給与だったのです。

初任給をもらった時は、これが医療従事者の給与なのかと、正直がっかりしました。

転職後の私の給与

新卒で入った職場は1年で辞めて、今の職場に転職しました。

↓その結果として給与待遇はこのレベルにまでは上がりました。

  • 給与は総額21万円で、手取り16万円
  • ボーナスは年2回の1.5ヶ月分

健診施設と8つの科がある個人病院で、臨床検査技師5名が従事し、

健診と検体業務を日勤のみで行っています。

他の施設の場合は?(友人の給与)

友人の臨床検査技師は大規模検査センターに勤務しており、

月収は総額28万円程と聞きました。

私のところよりは高額ですが、決して「高くはない」というのが現実です。

  • 小規模
  • 大規模

など、施設の大きさと年収はあまり関係ありません。

あくまでもその「施設次第」となります。

求人を幅広くチェックすることで、よりよい待遇の施設も見つかるので、

諦めずに細かく調べるということが大切ですね!

臨床検査技師は「どんな職場で働くか?」で給料がかなり違う

臨床検査技師といえば病院や検査センターの就職が多いですが、

  • 検査関連企業
  • 治験コーディネーター

に従事する人もいます。

治験コーディネーターの年収は400万円前後であるものの、

資格手当が付きやすく、年20万円程度のベースアップをするところもあります。

また、ボーナスも3〜4ヶ月分と高い傾向です。

また、さらに高い給与であれば「臨床開発モニター」という仕事もあり、

5年ほどで年収500万円〜650万円近くを目指すことも可能です。

その他にも、

  • 医療機器メーカー
  • 胚培養士

といった就職先もあります。

2. 基本的に「女社会」な職場

臨床検査技師の職場は、女性が圧倒的に多い世界です。

各検査部門に男性は1人いるかいないか、あとは女性という施設が多いです。

そのため、女性の職場!という雰囲気が強く、人の悪口や失敗をネチネチ言う、

俗にお局のような方がいる職場もあります。

3. つらい試験に見合った待遇が得られない?

臨床検査技師国家試験の科目は幅広く、一つの科目でも覚えることがとても多いです。

私自身も毎日早朝から晩まで、ゼミ室にこもって必死に勉強しました!

国家試験の合格率が75%前後なので、決して合格しやすいとはいえず、努力が必要となります。

ただし、臨床検査技師は、医師・看護師からは検査のエキスパートと思われており、

  • 採血のとり方
  • 検査データ

などについて、よく問い合わせが来ます。

これはある意味、やりがいを感じる瞬間といえます。

4. 配属部署によっては「こんなはずでは…」となってしまう

検査業務は大きく、

  • 検体検査
  • 生理検査

の2つにわかれます。

ある程度の規模の病院になると、複数の部署にわかれていて、

必ずしも就職の際に希望した部署に配属されるとは限りません。

私も以前の職場では生理検査を希望していましたが、半年以上検体検査のみの仕事でした。

しかし、今の職場は健診が主体なため、

生理検査を主にやらせてもらえており、大変満足しています!

求人検索では、

  • 施設の規模
  • 希望に融通が効くか
  • 業務内容はなにがあるのか

などをじっくりと見極めるのが重要です。

5. 検査の自動化・機械化が進み将来が不安

検体検査は自動化が進み、画面をタッチするだけで検査が可能になっています。

そのため、将来的にも検体検査の求人が格段に伸びることは考えにくいです。

しかし、生理検査はコンピュータのみで完結できるものではありませんよね。

必ず臨床検査技師の知識や技術が必要であり、絶対に求められる存在です。

以上のことや、医師や看護師からの信頼が厚いことを考えると、

まだまだ将来性は高いといえます!

6. 残業が多くて激務な職場も(夜勤もあり)

中規模以上の施設であれば、夜間対応が必要です。

検体数が多い日やサーベイの際は、施設によっては残業することもありますし、

残業時間もバラバラです。

プライベートのことを考えると、長時間残業や夜勤というのはとても大変ですよね。

求人情報を見るときには給与だけでなく、勤務形態もしっかりと確認することをおすすめします!

sita↓




Sponsored Links

-臨床検査技師の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.