Sponsored Links

転職活動のノウハウ

仕事が続かない20代は必見!転職市場の残酷な現実と、天職を見つける具体的なステップ

仕事続かない 20代

(仕事が続かない20代を待ち受ける「残酷な現実」とは?)

読者さんの質問

現在20代の男です。仕事がどうしても続かないのが悩みです。

新卒で入った会社を数ヶ月で退職し、その後転職した会社もまた数ヶ月で辞める…ということを繰り返してしまっています。

(現在すでに社会人になって3社目です。しかももう辞めたいです…)

入社当初は「今度こそ!」という気持ちで頑張るんですが、どうしてもその気持ちが長続きしません。

やっぱり原因は私の根気のなさなのでしょうか。

将来がとても不安で悩んでいるので、何かアドバイスをいただけますと助かります。

ご質問をいただきありがとうございます。

「仕事が続かない」「すでに転職を何度も繰り返してしまっている」という悩みをお持ちの20代の方は非常に多いです。

最初から「この仕事がやりたくてこの会社に入った」ということが実現できている幸福な人はいいですが、世の中の90%以上の20代はそうではないでしょう。

ほとんどの20代の人が「本当にやりたいことはこれじゃないんだけどな…」と思いながら、なんとなく社会人になるのが普通ですよね。

やりたくない仕事を全力でやる!というのはよほど精神力のある人でないと難しいものです。

仕事が続かない20代は絶対に知っておくべき!転職市場の残酷な現実

仕事続かない 20代

(採用担当者から「ジョブホッパー認定」されるとかなりと不利なことに…)

まずは現状把握的な話からいきましょう。

1つの仕事を「職歴」として認めてもらうためには、最低でも3年間はその仕事を継続している必要があります。

逆に、3年以内に仕事を辞めている記録が多い人は、人事の立場では「ジョブホッパー(短期間に転職を繰り返す人)」という印象を受けてしまう可能性が高くなります。

採用を行う人事からジョブホッパー認定を受けてしまうと、あなたは書類選考や面接で、他の人に比べて不利な扱いを受ける可能性が高くなります。

なぜ会社はジョブホッパーの採用を避けたがるのか?

会社がジョブホッパーの採用を避けたがるのは、新人教育にかけるコストが無駄になるのを避けたいからです。

新入社員が一人前の社員として会社に貢献できるようになるには数ヶ月〜1年以上かかるのが普通です。

その間は会社はあなたに対してお給料をただで支払うことになります。

逆に言えば、この期間中はあなたがまったく会社に貢献しなかったとしても、会社は大目に見てくれるということですね。

しかし、新人研修の期間も過ぎ、「これからようやく戦力になってくれるかな」と思ったタイミングであなたに退職される…となると、会社としては今まであなたに支払ったお給料というコストがまるまる無駄になってしまうことになります。

人事の採用担当者もサラリーマンであることを知っておこう

仕事続かない 20代

(採用担当者もサラリーマン。あなたが辞める=採用担当者の評価が下がる)

そして(ここが重要なポイントなのですが)、こうした責任を問われるのはあなたを採用するという決断をした人事部なのです。

人事の採用担当者もサラリーマンですから、上司から「長く勤めてくれて、能力の高い若い人を採用するように」という指示を受けています。

そんな採用担当者は、すぐ辞めてしまう人を採用してしまうと、自分の評価がさがってしまいます。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.