仕事の悩み

契約社員から正社員にしてくれない…試してみるべき4つのこと

契約社員 正社員にしてくれない

(契約社員から正社員になるには?)

  • がんばって働いているのに、いつまでたっても契約社員から正社員にしてくれない
  • 契約社員として入社して5年が経つタイミングで契約終了を打診された…
  • 自分はもう何年も契約社員として働いているのに、正社員として新しく入ってくる人がいる
  • 契約社員として働いている人が、正社員になるためには具体的にどうすればいい?

↑現在、契約社員として働いている人の中には、このように感じている人は少なくないでしょう。

正社員の安定した福利厚生や昇進、ボーナスは魅力です。正社員と契約社員の両方を選べるという状況で、あえて契約社員を選ぶという人はまずいません。

めでたく契約社員から正社員になれる人と、いつまでたっても契約社員のままの人は、何が違うのでしょうか?

↓契約社員から正社員になるには、以下の4つのことを知っておいてください。

契約社員から正社員になるには?

  1. 正社員登用のための基準を知る
  2. 会社が正社員にしたい人とはどんな人なのか?を知る
  3. 無期転換のルールを適用してもらう
  4. 正社員になるための一番手っ取り早い方法

以下で順番に説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1.正社員登用のための基準を知る

契約社員 正社員にしてくれない

(契約社員から正社員にしてくれない…。どうしたらいい?)

契約社員から正社員には、「ただがむしゃらに頑張っていればなれる」というわけではありません。

会社によってクリアしなければならない基準や、正社員になるための試験があります。これを「正社員の登用基準」と呼びます。

あなたがこれをクリアしない限り、いくらあなたの上司があなたを正社員にしたいと思っていても、それは不可能なことなのです。

正社員登用基準を確認する方法

契約社員から正社員へ社員登用を行っている場合、一般的に人事部が規定を掌握しています。なので、人事に確認するのが一番早いです。

また社内規定にも記載があるはずですので、この社内規定を確認するのも一つの方法です。

また、正社員登用の精度がある会社の場合は、求人募集の募集内容に記載しているケースがああります。

会社が現在も求人募集をしている場合、募集広告の条件欄を確認してみるのも良いでしょう。

正社員登用試験があるか確認する

登用試験があるかどうかも確認しましょう。これも人事に直接聞くか、社内規定で確認できます。

また、上司や先輩に聞くという方法もあります。

正社員登用試験がある場合、試験を受けて正社員になっている人が過去にもいるはずです。社内の古株の人に聞いて確認してみてください。

2.会社が正社員にしたい人とはどんな人なのか?を知る

契約社員 正社員にしてくれない

(会社はどういう人を契約社員から正社員にしたいと考えている?)

契約社員から正社員になるには、会社がどのような人を正社員にしたいと思っているのかを知ることがとても大切です。

どのような基準で「契約社員→正社員」とする人を選んでいるか?はその会社によって異なる部分があります。

↓しかし、以下の3点についてはどの会社でも共通しているのは間違いありません。

会社が正社員にしたい人の条件

  1. 会社は「この会社は自分が骨を埋める会社」と思える人を正社員にしたいと考えている
  2. 会社は「複数の人をまとめるリーダー」を正社員にしたいと考えている
  3. 会社は「専門的な知識や技術を身に着けている人」を正社員にしたいと考えている

以下、順番に解説します。

1.会社は「この会社は自分が骨を埋める会社」と思える人を正社員にしたいと考えている

会社は「この会社まで骨を埋める(つまり定年まで働く)」という気持ちで働いてくれる人を、正社員に登用したいと考えています。

会社は契約社員を正社員にする場合、せっかく正社員にしたのに、すぐに辞められるのは大きなリスクになるからです。

特に中小規模の会社の場合、会社が正社員を雇うというのは家族を一人増やすのと同じぐらいのリスクがともないます。正社員は原則として会社都合で退職させることができないからです。

会社が契約社員を正社員に登用する際は、この人とならずっと一緒に仕事をしていきたいという思いで登用します。

働く側もそれに答える気持ちを見せることが必要であるということですね。

2.会社は「複数の人をまとめるリーダー」を正社員にしたいと考えている

会社は「複数の人をまとめるリーダー」を正社員にしたいと考えます。

契約社員のうちは正社員の人の指示に従って仕事をすることが多くなりますが、正社員になるとそうはいきません。

正社員には、契約社員や入社して間もない人などを引っ張っていってくれるリーダー的な役割が求められます。

そういった契約社員と正社員の立ち位置の違いも把握して仕事をすることも大切です。

3.会社は「専門的な知識や技術を身に着けている人」を正社員にしたいと考えている

会社の各部署にはその部署ごとに「専門的な知識や技術」が必要になります。

同じ契約社員でも、その分野の専門的な知識や技術を身に着けている人の方が、そういったスキルがあまりない人より正社員になりやすくなります。

今働いている職種ではどんな専門知識や技術が必要なのか、ということを把握してスキルを上げていくこともとても重要になります。

3.無期転換のルールを適用してもらう

契約社員 正社員にしてくれない

(「無期転換ルール」とは何か?)

会社が契約社員を雇うときには、「無期転換のルール」を雇わなくてはなりません。

無期転換ルールとは、契約社員として5年間働いたら無条件で正社員にしなければいけないというルールです。これは法律で決まっていることです。

このルールは契約社員として働いた期間が5年経過した時に、契約社員が正社員として働きたいという意思を表示すれば無条件でなれるというものです。

途中で契約が切れないように注意することが大切です。

もっとも、ある程度の規模の会社では人事が無期転換のルールを把握していますから、5年間の契約が完了する直前のタイミングで契約の終了を打診してくる可能性があります。

4.正社員になるための一番手っ取り早い方法

契約社員 正社員にしてくれない

(最短で契約社員から正社員になるには?)

正社員としての地位と身分を少しでも早く手に入れたいのであれば、正社員としての採用枠をねらって別の会社に転職活動をするのがもっとも手取り早い方法です。

重要なことは、最初から正社員枠の応募に限って求人を探すことです。契約社員の求人を選択肢に入れてしまうと現状維持と同じになってしまいます。

これでは何も行動しないのと変わりません。せっかく転職活動を検討するのであれば、次は必ず正社員として入社する!という強い気持ちで取り組むことが大切です。

契約社員の経験がなくても正社員として転職することは可能

これまでに契約社員としての社会人経験しかない人の場合、正社員としての採用が本当にされるのか自信が持てない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、多くの会社は即戦力を欲しがっています。

契約社員であっても、実務経験を1年以上積んでいるのであれば、正社員としての採用を検討する会社は必ずあります。

今の会社での地位を手放すことに恐怖感がある方もいらっしゃるかと思いますが、転職活動は今の仕事に在職しながらでも始めることができます。

次の正社員の仕事が正式に決まってから、現在の会社に退職の意思を表示すればいいのです。

まずは「どういう求人があるのか」「自分の条件の場合、どういう求人に採用される可能性があるのか」の情報収集から始めてみてください。

転職活動で絶対に失敗したくない人へ

読者様

今度の転職では絶対に失敗したくないんです…!

年収は絶対に今の職場より上げたいし、プライベートの時間も確保できるようにしたいです。

そんなあなたは、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

管理人

↓転職エージェントは、あなたと企業の間に入って、さまざまな場面であなたの転職活動をサポートしてくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたが採用される可能性が高い求人をピックアップしてくれます。
  • 逆に「この企業はやめた方が良い」というアドバイスもしてくれます。
  • 応募書類を提出前にチェックし、書類審査に通りやすくしてくれます。
  • 採用担当者との面接スケジュールの調整を代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれます。
  • 企業側とあなたの年収交渉をしてくれます。

読者様

なるほど。これだけやってくれたら確かに採用確率は上がりそうですね。

でも、転職エージェントってなんで無料なんですか?

後からいきなり料金を請求されたりするんじゃ…。

転職エージェントは最初から最後まで無料で使うことができますよ。

なぜかというと、転職エージェントの費用を負担しているのは、採用活動を行う企業側だからです。

管理人

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、企業側から「こういう人を探してきて欲しい」という依頼を受けて、人材の紹介をするのが仕事です。

最終的に採用が決まったら、企業側から転職エージェントに対して紹介料が払われるという仕組みになっています。

費用は採用活動を行う企業がすべて負担しますので、

お仕事を探している求職者側に料金が発生することはありません。

転職エージェントはあなたの代わりに企業側と年収交渉をしてくれます。

転職エージェントを使っている人と、使っていない人とでは、転職後の年収が100万円単位で差がつくこともあるんですよ。

同じ働くなら少しでも高いお給料で働く方が良いですよね。

今の職場よりも良い条件で働きたい!という方は、転職エージェントを使って転職活動するようにしましょう。

\ 優良なエージェント会社を厳選!/

おすすめの転職エージェントはこちら

転職エージェントを使って転職活動することのデメリットは?

読者様

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。「全部のことを自分でやりたい!」というタイプの人は、

転職エージェントと二人三脚で転職活動をしていくことにストレスを感じるかもしれません。

ただ、エージェントは企業の採用担当者との電話のやりとりや、

応募書類の提出などのめんどうな手続きをすべて代わりにやってくれます。

企業側との年収の交渉なども代行してくれますので、

交渉ごとには絶対の自信がある!という方以外は、エージェントを使った方が良い条件での転職につながると思いますよ。

管理人

【厳選!】おすすめの転職エージェント会社を紹介

読者様

うーん。でも転職エージェント会社っていろいろあって、どこも同じように見えるんですよね。

リクナビとかマイナビとか、どこが一番いいんですか?

以下では、私自身も実際に使ってみて「ここはおすすめ!」といえる転職エージェント会社をいくつか紹介します。

管理人

↓転職エージェント会社にはいろんなところがありますが、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

エージェントの得意分野は色々

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 30代以降の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 経理や人事などの事務職の求人が得意なエージェント会社

といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところをメインで使っていく」という使い方がおすすめです。

マイナビエージェント(20代の方の転職におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

20代の方におすすめ!年収アップが絶対条件ならここ!

マイナビエージェントは、20代の方に特におすすめの転職エージェント会社です。
特徴として、担当エージェントさんが面談でかなりしっかりと「あなたの強み」についてヒアリングすることが挙げられます。
企業側にあなたのアピールポイントをプッシュしてくれますから、実務経験がまだ少ない20代の方でも年収アップにつなげやすいんです。
サイト内では「20代・未経験職種でも年収500万円〜」など、若い人向けの優良求人が多数登録されていますよ。

就職Shop(ニート・フリーター脱出したい方におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニートを脱出したい方におすすめ!

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェント会社です。
最大の特徴は、書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えます。
離職中の方の相談を専門にしているので、エージェントとの面談で嫌な思いをする…なんてことは絶対にありませんよ。
「今すぐニート・フリーター脱出したい」「正社員になりたい」という方は、就職Shopを活用してみてください。

MSジャパン(経理や人事など「事務職」になりたい方におすすめ)

MSジャパンは経理や人事などバックオフィス系の求人を専門で扱う転職エージェントです)

経理や人事など「事務職」になりたい方におすすめ!

MSジャパンは、経理や人事といった「事務職(バックオフィス系の仕事)」の求人を専門で扱っている転職エージェント会社です。
事務職の仕事は基本的には実務経験者でないと厳しいケースが多いのですが、MSジャパンなら未経験者OKの求人が多数登録されています(経理職で未経験者年収400万円〜など)
もちろん、実務経験者向けの優良求人(年収600万円スタートなど)も多数登録されていますので、活用してみてください。

-仕事の悩み

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.