仕事の悩み

契約社員から正社員にしてくれない…試してみるべき4つのこと

Sponsored Links
契約社員 正社員にしてくれない

(契約社員から正社員になるには?)

  • がんばって働いているのに、いつまでたっても契約社員から正社員にしてくれない
  • 契約社員として入社して5年が経つタイミングで契約終了を打診された…
  • 自分はもう何年も契約社員として働いているのに、正社員として新しく入ってくる人がいる
  • 契約社員として働いている人が、正社員になるためには具体的にどうすればいい?

↑現在、契約社員として働いている人の中には、このように感じている人は少なくないでしょう。

正社員の安定した福利厚生や昇進、ボーナスは魅力です。正社員と契約社員の両方を選べるという状況で、あえて契約社員を選ぶという人はまずいません。

めでたく契約社員から正社員になれる人と、いつまでたっても契約社員のままの人は、何が違うのでしょうか?

↓契約社員から正社員になるには、以下の4つのことを知っておいてください。

契約社員から正社員になるには?

  1. 正社員登用のための基準を知る
  2. 会社が正社員にしたい人とはどんな人なのか?を知る
  3. 無期転換のルールを適用してもらう
  4. 正社員になるための一番手っ取り早い方法

以下で順番に説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

1.正社員登用のための基準を知る

契約社員 正社員にしてくれない

(契約社員から正社員にしてくれない…。どうしたらいい?)

契約社員から正社員には、「ただがむしゃらに頑張っていればなれる」というわけではありません。

会社によってクリアしなければならない基準や、正社員になるための試験があります。これを「正社員の登用基準」と呼びます。

あなたがこれをクリアしない限り、いくらあなたの上司があなたを正社員にしたいと思っていても、それは不可能なことなのです。

正社員登用基準を確認する方法

契約社員から正社員へ社員登用を行っている場合、一般的に人事部が規定を掌握しています。なので、人事に確認するのが一番早いです。

また社内規定にも記載があるはずですので、この社内規定を確認するのも一つの方法です。

また、正社員登用の精度がある会社の場合は、求人募集の募集内容に記載しているケースがああります。

会社が現在も求人募集をしている場合、募集広告の条件欄を確認してみるのも良いでしょう。

正社員登用試験があるか確認する

登用試験があるかどうかも確認しましょう。これも人事に直接聞くか、社内規定で確認できます。

また、上司や先輩に聞くという方法もあります。

正社員登用試験がある場合、試験を受けて正社員になっている人が過去にもいるはずです。社内の古株の人に聞いて確認してみてください。

2.会社が正社員にしたい人とはどんな人なのか?を知る

契約社員 正社員にしてくれない

(会社はどういう人を契約社員から正社員にしたいと考えている?)

契約社員から正社員になるには、会社がどのような人を正社員にしたいと思っているのかを知ることがとても大切です。

どのような基準で「契約社員→正社員」とする人を選んでいるか?はその会社によって異なる部分があります。

↓しかし、以下の3点についてはどの会社でも共通しているのは間違いありません。

会社が正社員にしたい人の条件

  1. 会社は「この会社は自分が骨を埋める会社」と思える人を正社員にしたいと考えている
  2. 会社は「複数の人をまとめるリーダー」を正社員にしたいと考えている
  3. 会社は「専門的な知識や技術を身に着けている人」を正社員にしたいと考えている

以下、順番に解説します。

1.会社は「この会社は自分が骨を埋める会社」と思える人を正社員にしたいと考えている

会社は「この会社まで骨を埋める(つまり定年まで働く)」という気持ちで働いてくれる人を、正社員に登用したいと考えています。

会社は契約社員を正社員にする場合、せっかく正社員にしたのに、すぐに辞められるのは大きなリスクになるからです。

特に中小規模の会社の場合、会社が正社員を雇うというのは家族を一人増やすのと同じぐらいのリスクがともないます。正社員は原則として会社都合で退職させることができないからです。

会社が契約社員を正社員に登用する際は、この人とならずっと一緒に仕事をしていきたいという思いで登用します。

働く側もそれに答える気持ちを見せることが必要であるということですね。

2.会社は「複数の人をまとめるリーダー」を正社員にしたいと考えている

会社は「複数の人をまとめるリーダー」を正社員にしたいと考えます。

契約社員のうちは正社員の人の指示に従って仕事をすることが多くなりますが、正社員になるとそうはいきません。

正社員には、契約社員や入社して間もない人などを引っ張っていってくれるリーダー的な役割が求められます。

そういった契約社員と正社員の立ち位置の違いも把握して仕事をすることも大切です。

3.会社は「専門的な知識や技術を身に着けている人」を正社員にしたいと考えている

会社の各部署にはその部署ごとに「専門的な知識や技術」が必要になります。

同じ契約社員でも、その分野の専門的な知識や技術を身に着けている人の方が、そういったスキルがあまりない人より正社員になりやすくなります。

今働いている職種ではどんな専門知識や技術が必要なのか、ということを把握してスキルを上げていくこともとても重要になります。

3.無期転換のルールを適用してもらう

契約社員 正社員にしてくれない

(「無期転換ルール」とは何か?)

会社が契約社員を雇うときには、「無期転換のルール」を雇わなくてはなりません。

無期転換ルールとは、契約社員として5年間働いたら無条件で正社員にしなければいけないというルールです。これは法律で決まっていることです。

このルールは契約社員として働いた期間が5年経過した時に、契約社員が正社員として働きたいという意思を表示すれば無条件でなれるというものです。

途中で契約が切れないように注意することが大切です。

もっとも、ある程度の規模の会社では人事が無期転換のルールを把握していますから、5年間の契約が完了する直前のタイミングで契約の終了を打診してくる可能性があります。

4.正社員になるための一番手っ取り早い方法

契約社員 正社員にしてくれない

(最短で契約社員から正社員になるには?)

正社員としての地位と身分を少しでも早く手に入れたいのであれば、正社員としての採用枠をねらって別の会社に転職活動をするのがもっとも手取り早い方法です。

重要なことは、最初から正社員枠の応募に限って求人を探すことです。契約社員の求人を選択肢に入れてしまうと現状維持と同じになってしまいます。

これでは何も行動しないのと変わりません。せっかく転職活動を検討するのであれば、次は必ず正社員として入社する!という強い気持ちで取り組むことが大切です。

契約社員の経験がなくても正社員として転職することは可能

これまでに契約社員としての社会人経験しかない人の場合、正社員としての採用が本当にされるのか自信が持てない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、多くの会社は即戦力を欲しがっています。

契約社員であっても、実務経験を1年以上積んでいるのであれば、正社員としての採用を検討する会社は必ずあります。

今の会社での地位を手放すことに恐怖感がある方もいらっしゃるかと思いますが、転職活動は今の仕事に在職しながらでも始めることができます。

次の正社員の仕事が正式に決まってから、現在の会社に退職の意思を表示すればいいのです。

まずは「どういう求人があるのか」「自分の条件の場合、どういう求人に採用される可能性があるのか」の情報収集から始めてみてください。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.