仕事の悩み

契約社員から正社員にしてくれない…。入社時の約束を守らない会社はさっさと辞めるべき?

契約社員 正社員にしてくれない

↑Yahoo!知恵袋を見ていたら、こんな気になる質問を見つけました。

(プライバシー保護のため、ユーザー名の部分を加工しています)

入社時には「使用期間が終わったら契約社員から正社員に切り替えるから」という説明をされていたのに、

何年経っても正社員登用してくれない…。

↑こういう状態に苦しんでいる契約社員の方は少なくないようです。

というか、このやり方って

ブラックな会社の典型的なやり口なんです…。

正社員になるチャンス!…とかなんとか言ってきますが、

これって要するに弱い立場の人をだましているだけです。

管理人

会社はまさかそんなことするはずない…と思われる方は、参考までに以下をご覧ください。

入社時や契約更新のときにこんな言葉をかけられたことがないでしょうか。

まずは契約社員として「お試し」で働いてみて、お互いによさそうと思えたら正社員に切り替えるよ!

あなたももし「嫌だ」と感じたら正社員になるのは断ればOK♪

気軽にお仕事がスタートできますよ!

企業側もあなたがどういう人か理解した上で正社員に切り替えられるので、正社員に登用される可能性は極めて高いです!

↑こんな「甘い言葉」にうっかりだまされて、

いつまでたっても正社員になれない無限ループにはまってしまう人が後をたちません。

年齢的に若い人なら、契約社員として働くのもまあアリですよね。

契約社員って採用まで進むのがスピーディなのがメリットですから、

「いろんな仕事を経験してみたい」という人は契約社員としていろんな会社に入り込んでみるのもいいと思います。

ただ、20代後半以降の年齢(特に26歳〜27歳以降)になってくると、

契約社員から正社員のキャリアルートに戻ってくるのはどんどん厳しくなってしまします。

(20代をずっと正社員として働いてきた人たちに決定的な差をつけられてしまいます)

なぜ、会社は「契約社員 → 正社員登用」の切り替えを嫌がるのか?

契約社員 正社員にしてくれない

(会社が契約社員を正社員にしてくれない理由とは?)

 

なぜ、人を雇う会社側は従業員の「契約社員から正社員への切り替え」をしたがらないのでしょうか。

従業員にとっては正社員にしてくれれば

モチベーションがぐっと上がるのですから、

それは会社にとってもプラスなはずですよね。

管理人

なのになぜ?会社は契約社員を正社員にしないのか?

それは、会社は「正社員にすると法律で決まっている雇用ルールをきちんと守らないといけないけど、

契約社員なら多少はルールを守らなくても大丈夫。」という軽い気持ちで雇えるからです。

  • あなたは正社員と同様に有給をとれていますか?
  • 残業をしたら正社員と同じように割増賃金をもらえてますか?
  • 育児休業は正社員と同様に取れる社内ルールになっていますか?
  • いきなり雇い止めみたいなことをされた経験はありませんか?
  • 正社員と同じように社会保険に加入できていますか?

↑ひとつでも心当たりがあるなら、

あなたは会社側にいいように使われている可能性が高いです。

もちろん、法律の正式なルールでは会社が社員を「いきなりクビにする」とか「社会保険に加入させない」というのはダメという扱いになっています。

これは正社員も契約社員も同じです。

違うのは、会社側がもしルールを破ったときに、

誰がどういうかたちで守ってくれるのか?です。

あなたがもし正社員であれば、労働組合があなたの代わりに会社側と戦ってくれます。

しかし、契約社員の場合にはこういう「会社から自分を守ってくれる存在」はいません。

契約社員は、会社と戦おうと思ったら

たった1人で声をあげないといけないんです。

(とても現実的ではありません)

管理人

会社側からすると「契約社員なら多少は法律のルールからはずれたことをやっていてもまず文句は言ってこない。もし言ってきたら個別に対応すればOK」という感じです。

これが会社側が契約社員を正社員にしたがらない理由です。

会社の言うことをホイホイ聞いていたらめちゃくちゃ損する

このように、契約社員は正社員と比べて非常に弱い立場にされてしまっているケースがほとんどです。

日本では学生時代から「会社は社員を守ってくれる」「とにかく会社に入ってしまえばあとは安全」という教育が徹底的にされているので、

こういった会社側のホンネを知らない人が多いのは無理もありません。

しかし、労働条件については会社側の言うことをホイホイ聞いていると損をしてしまうんです。

場合によっては、あなたのキャリアに致命的なダメージを与える損失が生じることもありえます。

「ずっと契約社員で働き続ける」が危険すぎる理由

契約社員 正社員にしてくれない

(いつまでも正社員にしてくれない会社で契約社員として働き続けるリスク)

 

もう1つ、契約社員としてずっと働き続けることにはデメリットがあります。

それは、契約社員はいくらがんばって働いても、

その頑張りが「職歴=キャリア」としてカウントされないことです。

この記事を読んでくださるあなたはきっとまじめな人なので、

契約社員であっても毎日いっしょうけんめいに仕事をされているのだと思います。

(だからこそ、その仕事ぶりが評価されないことに不満を持たれているのですよね)

しかし、契約社員としてどれだけ働いていたとしても、

それはあくまでも「正社員ではない、契約社員としての職歴」として評価されてしまうのが現実です。

たとえば5年間ほど契約社員としてがんばった後に就活をスタートし、

その5年間での実績が実質的に「ゼロ」として扱われたらどうでしょうか。

ものすごく悲しいことですよね。

Sponsored Links

将来的に正社員として就活することを考えた場合、

採用担当者が評価するのは「正社員として働いた期間」にどういう仕事をしてきたか?です。

契約社員として働きた期間の実績をいくらアピールしても「とはいってもしょせんは契約社員としてでしょ?」という感じでしか聞いてくれません。

この状態で年齢だけが高くなってしまうと、エンドレス(無限)に続く契約社員ループから抜け出すことができなくなってしまいます。

>>エンドレスな「契約社員ループ」から脱出する2つの方法

特に「すでに年齢26歳〜27歳なのに契約社員」がやばい理由

この記事を読んでくださっているあなたは、現在何歳でしょうか?

もし、年齢が25歳以下なら契約社員として働いていてもあと1年〜2年ぐらいは大丈夫です。

逆に、すでに26歳〜27歳以上なら黄色信号。

今すぐにでも行動を起こさないと相当にやばいです。

なぜか?

理由としては「企業側が未経験者を無条件で採用してくれるのが26歳〜27歳まで」だからです。

一般的に、学校を卒業してから3年目までの年齢の人を「第二新卒」といいます。

この第二新卒に該当する人の場合、企業は仕事がまったくの未経験であったとしても積極的に正社員として採用してくれます。

日本の大学生が学校を卒業するのは22歳〜23歳(浪人している人をいれると)なので、第二新卒は25歳〜26歳までの年齢ということになりますね。

ちなみにこれは高卒者についても同様です。

企業は未経験採用では年齢をベースに採用枠を決めることが多いので、高卒者でも無条件で採用されるのは25歳〜26歳と考えておいてください。

逆にいうと、年齢がすでに26歳〜27歳以上となっている人は、第二新卒として採用されることはありません。

そのため、未経験での採用は非常に厳しくなります。

入社時に何らかの実務経験があることが求められるわけですね。

この点、学校を卒業してから正社員としてすでにある程度の経験を積んでいる人なら問題ありません。

実務経験者として中途採用される可能性があるからです。

しかし、契約社員や派遣社員など「非正規」としての職歴しかないと状況はとても厳しくなります(これらの職歴は、職歴としてカウントされません)

「すでに年齢26歳〜27歳なのに契約社員」という状態がとてもきびしいのは、このような理由があるのです。

もっとも、いま年齢26歳〜27歳の契約社員の人もご安心ください。

この記事を時間をかけて読んでくださっているあなたには、

以下で「具体的にどうすれば契約社員から抜け出して正社員としてのキャリアレールに乗ることができるのか?」の対処法をお教えします。

エンドレスな「契約社員ループ」から脱出する2つの方法

契約社員 正社員にしてくれない

(契約社員から最短で正社員になる解決方法2つ)

 

↓いつまでたっても契約社員から正社員になれない状況から抜け出す方法としては以下の2つです。

  1. あくまでも今の会社で正社員登用を目指す
  2. 最初から正社員で採用してくれる会社に転職する(働きながら就活する)

1.は、すでに会社側から「具体的な正社員化の話」が出ている人むけです。

「今回の契約は●月×日までだから、その契約が終了した日に正社員としての雇用契約をあらためて結びましょう。それまで就業規則などのルールを読んでおいてね」

↑こんな感じで「具体的な話」が会社側からすでにでているなら、今の会社でも正社員になれる可能性はあるでしょう。

一方で、会社側が「次の契約で考えるから」とか「いずれ必ず正社員にするから、今はもう少しだけ待ってほしい」などのあいまいな態度なら、期待しない方がいいです。

(というか、正社員化される可能性はほぼゼロです)

「必ず正社員にする」とかなんとかいっていても「会社の業績が悪くなった」という理由があれば会社は約束をナシにすることができてしまいます。

(これは法律上そういうルールになっています)

会社側のこんな言葉を信じていると、ズルズルと契約社員として働き続けることになってしまいますよ。

見切りをつけて転職する

契約社員から正社員になる2つ目の方法は、

最初から正社員として採用されるかたちで別の会社に転職する方法です。

(結局はこちらが早くて安全です)

今の契約社員としての仕事は続けながら、正社員求人をねらって転職活動をしていきましょう。

早い人なら1ヶ月以内に再就職が決まることもありますよ。

>>こちらの「やり方」を参考にしてください

なお、「いったん今の仕事はやめて、失業保険をもらいながら転職活動する」という選択は絶対に避けた方が良いです。

しばらくゆっくりしたい…という気持ちはわかりますが、これだけはやらない方がいいです。

失業保険は、支給が始まるまで

3ヶ月間も待たなくてはいけません。

(その間は貯金の切りくずしになります)

管理人

また、失業保険をもらえるとはいってもたったの6ヶ月程度です。

この間に再就職が決まらなければ収入がとだえてしまいますよ。

「6ヶ月以内に絶対に再就職を決めないといけない」となると精神的にものすごいプレッシャーになりますし、

あせってとても条件の悪いブラック企業に応募してしまいかねません。

履歴書上もブランク期間が生まれてしまいますから、企業側からもマイナス評価になります。

転職活動は「今の仕事を続けながらやる」が鉄則ルールです。これだけは絶対に守るようにしてくださいね。

自分を正社員採用してくれる会社なんてあるのか不安…という人へ

契約社員 正社員にしてくれない

(契約社員を脱出して正社員になることは可能です)

 

この記事をここまで読んでくださった方の中には、

↓以下のように感じている方もおられるでしょう。

  • 正社員で採用されるならもちろんその方がいいに決まっているけど、そううまくいかないから困っているんだけど…。
  • 採用されるのなんてどうせブラック企業ぐらいしかない
  • これまで正社員として働いた経験がまだないから不安。
  • 自分の履歴書では書類選考にすら通らないと思う。
  • 就活するって言ってもどんな仕事を選べばいいかわからない。
  • やりたい仕事なんて特にないし、どの求人も給料以外は同じに見えてしまう。

気持ちはわかります。でもあきらめないでください。

世の中にはものすごくたくさんの会社があります(政府の統計によれば、359万社ほどあるそうです)

359万社の中からたった1社でもあなたに興味を持ってくれる会社があればいいのですから、

あなたに「うちで働いてみませんか?」とオファーを出してくれる会社は必ずありますよ。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。

まとめ

今回は、契約社員としてずっと働いているけど、

いつまでたっても会社が正社員にしてくれない…というお悩みについて解決方法をいくつか紹介しました。

契約社員として長期間働き続けることは、あなたのキャリアにとって大きなリスクになるのが現実であることをぜひ理解しておいてください。




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.