転職活動のノウハウ

27歳で転職は遅い?この「年齢的なメリットとデメリット」を理解しておくことが転職成功のコツ!

更新日:

27歳 転職 遅い

(27歳で転職は遅い?転職市場で勝者になる方法を具体的に解説します)

現在27歳で、新卒で入った会社ももう4年経過。仕事内容もマンネリ化してきた。

このままこの会社で働くよりも、転職した方が道が開ける?

それとも27歳での転職はもう遅い?

27歳という年齢は、人生で最初に転職を考える人が多いタイミングと言えます。

↓以下の2パターンの動機で転職活動を始める人が多くなるためです。

  • ①新卒入社から3年〜4年が経ち、仕事内容もだいたいわかってくるタイミング(→マンネリ打破したいorもっとレベルアップしたいという理由から転職を検討)
  • ②同期入社の中でも「出世コースに乗った人」と「出世コースから外れた人」がはっきりしてくるタイミング(→やる気を失って転職を検討)

それでは、27歳の転職は年齢的に遅いのか?ですが、結論から言えば遅くありません。

ただし、27歳という年齢が転職でデメリットに働く面(不利になってしまう面)と、メリットに働く面(有利に働く面)の両方がありますから、その両方について理解した上で転職の戦略を考えることが大切です。

20代前半の人たち(23歳〜25、6歳までの人たち)との「評価のされ方の違い」を理解しおくことが重要ということですね。

もし、20代前半の就活の延長のような形で転職活動してしまうと、最悪の場合あなたは「社会人として重要なことがわかっていない、なんだかイタい人」という評価をされ、企業から門前払いをされてしまう可能性があります。

そして、27歳というキャリア形成上極めて重要な時期に転職に失敗してまうと、あなたは30代以降の年代となったときに、社会の敗者となってしまう可能性がありますから、絶対に注意してください。

注意!

  • 27歳という年齢の人を、「企業側がどのようにみているのか?」をよく理解していないと、どこにも採用されない可能性がある。
  • 27歳の転職では、新卒の就活の延長で、「若いから大丈夫だろう」という気持ちでテキトーに転職活動を始めてしまい、後悔してももう遅い…という状況になってしまう人が少なくない。
  • 27歳という重要なタイミングで転職で失敗してしまうと、30代以降のキャリアで負け組になってしまう可能性が極めて高い。

あなたが今から数年後に30代になったときのことをイメージしてみてください(今からすぐ後のことです)

同年代の人たちはバリバリ働いていて、年収もどんどん上がっているのに、あなたはそうした人たちの部下(したっぱ)として、低い年収でみじめでしみったれた思いをする…。

(30代以降、仕事での負け組は異性にも全くモテません。この点でも20代前半とは全く評価のされ方が違います)

こんな状態は絶対に避けたいですよね。

27歳で転職を考えるときには、絶対に外してはいけないポイントがあります。

逆に言えば、この点を外さなければ、あなたは転職市場で勝者となることができます。

↓以下では、まずは転職市場の現実を知ってもらうために、27歳という年齢がデメリットとなる側面から解説します。

27歳という年齢からくるデメリットを正しく知り、対策をしっかり立てておけば、あなたは周りのライバルに圧倒的な差をつけることができます。

27歳という年齢が転職でデメリット(不利)になる側面

27歳 転職 遅い

(27歳での転職のデメリットは「ライバルが多いこと」→ライバルとの差別化を意識して面接でアピールすることが重要です)

27歳の方の転職のデメリットな面(不利に働く面)としては、「同じ年代の人が転職市場に多くいること」が挙げられます。

つまり、ライバルが多くなると言うことですね。

そして、ある程度の規模の日本の企業は新卒一括採用が普通ですから、27歳前後の人たちというのはみんな同じような職歴になりやすいのが実情です。

必然的に「同じような職歴の人たち」が1つの求人に対して殺到することになります。

(新卒で総合職で入社→営業経験3年〜4年目、というのが典型的なパターンです)

そのため、「他のライバルたちと比べて、あなたにはどのような強みがあるのか」をしっかりアピールしないと負けてしまう可能性があります。

企業側が27歳の年代の人たちに求める適性として、以下の3つが挙げられます。

27歳の転職で重視される適性

  • ①リーダシップ
  • ②適応能力
  • ③前職での実績

以下、それぞれの内容について解説いたします。

27歳の転職者に企業側が求める適性①:リーダシップ

20代前半(大卒23歳〜24、5歳までの人)の転職では、基本的にポテンシャル採用となります。

ポテンシャル採用というのは、簡単に言えばその人の人間性や将来性を見て採用を決めるということですね。

(逆に言えば、実務能力的なことは問われないということです)

これに対して、27歳以降の転職では、数人以上のスタッフをまとめるリーダーとしての適性があるか?が採用に大きな影響を与えることになります。

この点、前職で小さなチームであってもリーダー職に就いた経験があるとか、アルバイトや派遣社員などのスタッフを指導した経験があることは強みになります。

(後輩の指導経験があるなどでもOKです)

こうした経験がある方は、職歴書や面接で積極的にアピールするようにしましょう。

アピールする際のポイントは「具体性」です。

後輩にはどのようなことに注意して指導を行ったのか?

そうしたあなた自身の配慮に対して、後輩からはどういうフィードバックが返ってきて、あなたはそこから何を学びどう改善したのか?といったことを具体的に掘り下げて書くことが大切です。

27歳の転職者に企業側が求める適性②:適応能力

27歳 転職 遅い

(27歳に求められるのは、①リーダーシップ・②適応能力・③前職での実績、の3つです)

27歳の転職希望者に求められる適性の2つ目は「適応能力」です。

適応能力とは、簡単にいえば「チームに早期に馴染んでチームワーク良く働いていける能力」のことです。

新卒としての入社であれば、周りの先輩も「ちょっと前々では学生だった子たち」という目で見ますから、あなたが職場に慣れやすいように配慮をしてくれます。

一方で、27歳になっているあなたは「社会人経験のある大人」として扱われます(当然ですね)

会社の社風というのはそれぞれですから、「この職場ではどういうことが重要視されていて、どういう人が好まれるのか?」をきちんと把握した上で適応できなくてはなりません。

この適応能力に難がある人にとって、転職はかなり厳しいものになってしまう可能性があるでしょう。

とはいえ、それほど高いハードルがあるわけではありません。

簡単に言えば「人間関係を選り好みしない」「ちょっと苦手な人ともチームとして協力できればいい」という適性さえあれば問題ないのです。

職場は友達を作りに行く場所ではなく、仕事をして成果を上げる場ですから、最低限の適応能力があることを具体的なエピソードなどを通してアピールできれば問題ありません。

前職では先輩社員によく飲みに連れて行ってもらった、後輩が落ち込んでいる時には積極的に声をかけるようにしていた、チームの業績が落ち込んだ時には明るくふるまって士気を保つようにしていた、といったエピソードを伝えるようにしましょう。

27歳の転職者に企業側が求める適性③:前職での具体性のある実績

20代前半の転職では「何もわかりませんがとにかく頑張ります!」でも採用される可能性がありますが(それがポテンシャル採用というものです)、27歳ともなるとこれでは通りません。

この点を押さえておかないと、「27歳にもなって子供っぽいイタい人」という評価を受けてしまいますから注意してください(当然ながら採用されません)

面接では「前職ではどのような実績がありますか?」ということが必ず質問されますし、職歴書では前職の実績を具体的に書かないと書類選考で切り捨てられてしまいます。

↓職歴書や面接でアピールする前職の実績は、以下のように「具体性」を持ってアピールしましょう。

実績は「具体性」でアピールする

  • 前職が営業職なら売上目標に対して何%ぐらいの実績を出していたのかを数字でアピールする
  • 何人ぐらいのどのような人員構成(後輩や先輩の人数、リーダーの有無)のチームで働いた経験があるのか
  • 事務職ではどのような業務改善を行い、それが会社からどのような評価を受けたのか、など

前職がどのような職種であっても、あなたがどのような姿で働いてきたのか?を面接官が目の前にイメージできるように伝えるのがポイントです。

なお、27歳の転職では未経験職種への挑戦も遅くありませんから、なおさら前職での実績アピールが大切です。

面接官は「あなたがどのような形でこれまで働いてきたのか。どのように社会や会社に対して貢献してきた人なのか」を見て採用可否を判断します。

このような背景がありますから、20代前半のような雰囲気で転職にのぞむと確実に失敗します。

逆に言えば、20代前半の就活を同じようなアピールの仕方をしてくる転職者(あなたのライバル)も多くいますから、この点を理解しておけばあなたは彼らに圧倒的な差をつけることができるでしょう。

転職面接では、ぜひ具体性のあるエピソードをしっかり用意してのぞむようにしてください。

27歳の転職が有利になる面

27歳 転職 遅い

(ここまではあえて「27歳の転職が不利に働くケース」について説明しました。ここからは「27歳の転職が有利に働くケース」を解説します)

ここまでは、27歳の方が転職活動を始めるにあたって知っておくべき「現実的な面(ネガィテブな面)」を説明しました。

こうした面をよく理解した上で、以下では「27歳という年齢が、転職に有利に働く側面」について見ていきましょう。

(※転職市場の現実をしっかり理解していただきたいので、あえて厳しい面からご説明しました。ここまでしっかり読んでくださったあなたは大丈夫です)

まず、「社会人としての最低限のマナーは身についていて、しかも30代ほど他社のカラーに染まっていない」27歳と言う年齢は、企業側から見て非常に魅力的な年代といえます。

つまり、若手の戦力としては、27歳はもっとも魅力的な年代というわけですね。

第二新卒としての採用になるとやや年齢的には遅いですが、前職でのある程度の実績がある人なら、「若手のホープ(幹部候補)」として採用される見込みもあります。

総合職(全国転勤のある営業職)としての転職なら、大手企業への挑戦も可能

また、27歳という年齢は独身者が多いことから、総合職(全国転勤のある営業職)として転勤にも対応しやすい人が多いのも特徴です。

営業職を積極的に採用している企業では、柔軟性があってエネルギーもある27歳というのは非常に魅力的です。

営業職であれば、誰もが必ず名前を聞いたことのあるような大手企業でも採用される可能性があります。

新卒の時にはとても手が出なかった相手(パナソニック・トヨタ自動車など超有名企業)にも挑戦することは可能ですよ。

応募先の企業が「どういう面を重要視して採用活動を行なっているのか?」についてイメージし、相手が求める回答を用意しておくようにしましょう。

【※参考】27歳の転職活動の具体的な始め方はこちらを参考にしてください

年収アップを狙うなら、在職中(退職を上司に伝える前)に転職活動をスタートすること

27歳 転職 遅い

(「仕事を辞めてから転職活動スタート」は絶対NG。収入アップを狙うなら、転職活動を始めるのは在職中から)

27歳という年齢は、自分の年収が気になってくる年齢でもありますね。

厚労省が発表している統計によると、27歳の大卒者男性の平均年収は462万円(東京)です。

※東京はかなり突出していて、全国平均では310万円〜370万円です。

あなたが今の年収よりも高い年収を転職によって実現したいのであれば、「在職中(つまり今すぐ)に転職活動を開始すること」が重要です。

企業側は離職中の人(失業中の人)を決定的に低く評価します。

数ヶ月以上も仕事の現場から離れてしまうと、どんな人であっても社会人としての意識が下がってきますし、生活習慣も乱れているイメージを持たれてしまいます。

また、「なぜ、次の職場を決める前に退職してしまったのですか?」という決定的に不利な質問をされる可能性が高いです。

自分のキャリアについてすら計画性を持って行動できない人が、他人から与えられる仕事を計画性と責任感を持ってしっかりできるとはみなされません(非常に厳しいですが)

さらにいうと、離職中の人というのは当然ながら収入がありません。

このことは交渉の条件として明らかに不利です。

企業側は当然のようにシビアに足元を見てきますから、前職よりも低い年収を提示されてしまう可能性が高いでしょう。

失業中は、転職活動を行う期間が長くなればばるほど精神的な焦りが出てきますから、あなたも「前職よりも年収ダウンだけど仕方ないか…」と弱気になってしまう可能性が高いです。

転職活動は「情報収集」から始めよう

こうした状況を避けるためにも、転職活動は必ず在職中(上司に退職を伝える前=つまり今)に行うようにしてください。

理想は上司に退職を伝えるタイミングで、次の会社から内定を得ている状況です。

退職を伝えてしまってから、「やっぱり残ります…」なんてことは普通言えませんし、そんなことをしてしまうとあなたは「一度辞めようとした人。しかもそれすら断念して戻ってきたヘタレ」という評価を受けてしまいます。

よほどの事情(現在の仕事がブラックで心身に支障が出始めているなど)を除いて、まずは在職中に転職活動の情報収集を始めることから第一歩をスタートしましょう。

27歳の方が情報収集から始めるなら、転職エージェントを活用して効率的に転職活動を始めるのがおすすめです。

↓※具体的にはこちら。

転職活動って何から始めたらいいの?

なんとなく今の職場は自分が求めているのと違う気がする…。

でも転職活動って何から始めていいのかわからないし、リスクは負いたくない。

転職するかどうかはまだ決めていない段階の場合、何から始めたらいい?

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職先に関する情報収集から始めてみるのがおすすめです。

具体的には何をしたらいいのか?というと、まずは無料で使える転職サイトに登録して、いろんな会社の年収や仕事内容を見てみるのが良いですよ。

↓※転職サイトとはこういうサイトのことです(無料で使えます)

【リクルートエージェント】

今や全体の8割以上の人が「転職サイトで情報収集して、良いと思った求人が見つかったら応募する」という形で転職活動をするようになっています。

もちろん、情報収集のための登録だけでも問題ありませんので、「今すぐは転職活動する気はないけど、なんとなくよその会社の情報も知っておきたい」という段階の方も使うことができますよ。

↓転職サイトに無料登録すると、以下のような情報を知ることができるようになります。

転職サイトに登録してわかること

  • あなたと同じ職種の仕事をしている人が、どのぐらいの年収を稼いでいるのか。
  • あなたの年齢と経験職種だと、どういう求人が採用可能性が高いのか。
  • 転職で内定可能性を高めるためには、どういうポイントを押さえて転職活動をすればいいのか。

転職サイトにメールアドレスを登録しておくと、あなたにマッチした求人が毎日メールニュースのような形で届きます。

よその会社の年収や仕事内容を詳しく知ることができますので、情報としてストックしておきましょう。いざ転職!となったときのために、あらかじめ選択肢を持っておくことが大切です。

もし「これは本当にいいかも」と思える求人が出てきたら、くわしく話を聞いてみることもできます。あなたの側から連絡を希望しない限り、めんどうな連絡が来ることもないので安心ですよ。

↓転職サイトは無料で使えますので、ぜひ活用しましょう。

転職エージェント 使い方

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で登録完了できます




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved.