Sponsored Links

転職活動のノウハウ

27歳で転職は遅い?この「年齢的なメリットとデメリット」を理解しておくことが転職成功のコツ!

27歳 転職 遅い

(27歳で転職は遅い?転職市場で勝者になる方法を具体的に解説します)

現在27歳で、新卒で入った会社ももう4年経過。仕事内容もマンネリ化してきた。

このままこの会社で働くよりも、転職した方が道が開ける?

それとも27歳での転職はもう遅い?

27歳という年齢は、人生で最初に転職を考える人が多いタイミングと言えます。

↓以下の2パターンの動機で転職活動を始める人が多くなるためです。

  • ①新卒入社から3年〜4年が経ち、仕事内容もだいたいわかってくるタイミング(→マンネリ打破したいorもっとレベルアップしたいという理由から転職を検討)
  • ②同期入社の中でも「出世コースに乗った人」と「出世コースから外れた人」がはっきりしてくるタイミング(→やる気を失って転職を検討)

それでは、27歳の転職は年齢的に遅いのか?ですが、結論から言えば遅くありません。

ただし、27歳という年齢が転職でデメリットに働く面(不利になってしまう面)と、メリットに働く面(有利に働く面)の両方がありますから、その両方について理解した上で転職の戦略を考えることが大切です。

20代前半の人たち(23歳〜25、6歳までの人たち)との「評価のされ方の違い」を理解しおくことが重要ということですね。

もし、20代前半の就活の延長のような形で転職活動してしまうと、最悪の場合あなたは「社会人として重要なことがわかっていない、なんだかイタい人」という評価をされ、企業から門前払いをされてしまう可能性があります。

そして、27歳というキャリア形成上極めて重要な時期に転職に失敗してまうと、あなたは30代以降の年代となったときに、社会の敗者となってしまう可能性がありますから、絶対に注意してください。

注意!

  • 27歳という年齢の人を、「企業側がどのようにみているのか?」をよく理解していないと、どこにも採用されない可能性がある。
  • 27歳の転職では、新卒の就活の延長で、「若いから大丈夫だろう」という気持ちでテキトーに転職活動を始めてしまい、後悔してももう遅い…という状況になってしまう人が少なくない。
  • 27歳という重要なタイミングで転職で失敗してしまうと、30代以降のキャリアで負け組になってしまう可能性が極めて高い。

あなたが今から数年後に30代になったときのことをイメージしてみてください(今からすぐ後のことです)

同年代の人たちはバリバリ働いていて、年収もどんどん上がっているのに、あなたはそうした人たちの部下(したっぱ)として、低い年収でみじめでしみったれた思いをする…。

(30代以降、仕事での負け組は異性にも全くモテません。この点でも20代前半とは全く評価のされ方が違います)

こんな状態は絶対に避けたいですよね。

27歳で転職を考えるときには、絶対に外してはいけないポイントがあります。

逆に言えば、この点を外さなければ、あなたは転職市場で勝者となることができます。

↓以下では、まずは転職市場の現実を知ってもらうために、27歳という年齢がデメリットとなる側面から解説します。

27歳という年齢からくるデメリットを正しく知り、対策をしっかり立てておけば、あなたは周りのライバルに圧倒的な差をつけることができます。

27歳という年齢が転職でデメリット(不利)になる側面

27歳 転職 遅い

(27歳での転職のデメリットは「ライバルが多いこと」→ライバルとの差別化を意識して面接でアピールすることが重要です)

27歳の方の転職のデメリットな面(不利に働く面)としては、「同じ年代の人が転職市場に多くいること」が挙げられます。

つまり、ライバルが多くなると言うことですね。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.