Sponsored Links

転職活動のノウハウ

30代フリーターの就職に必要な4つの心構え!正社員経験なしから採用されるためのポイント

30代 フリーター 就職

(正社員としての経験がまだない30代の人が、フリーターを脱出して、就職を成功させるための方法を解説します)

読者さんの質問

20代の頃から正社員にはならずフリーターをやってきたんですが、いま年齢的に30代になってしまいました。

正直、今から正社員になりたくても自分を採用してくれる会社があるのか疑問ですし、20代の人たちに混じって就活をやると思うとそれだけで気遅れてしてしまいます…。

でもさすがに状況的に就職以外の選択肢がなくなり、なんとか転職活動を始めてみようと思っています。

これまでに正社員経験がないフリーターが、最短で就職するためには具体的に何をしたらいいのでしょうか?

ご質問をいただきありがとうございます。

あなたにはぜひ就職を成功させていただきたいので、最初にきびしいことからお伝えします。

ネットでは「今は人手不足だから大丈夫!」「34歳限界説なんて嘘!」という甘い話がたくさん書かれていますが、現実はなかなか甘くありません。

これまでに正社員として働いた経験がない30代フリーターの方が、何の準備もなしに動き出すと高い確率で失敗してしまいます。

その一方で、30代の人でこれまでフリーターの経験しかない人であっても、未経験から就職を成功させる人はたくさんいます。

要は「30代フリーターでも就職に成功する人」と「失敗する人」の両方がいるというわけですね。

あなたと同じ状況でもちゃんと就職を成功させている人が現実にいるわけですから、重要なのはやり方ということになります。

以下では、30代のフリーターの人のために転職活動のポイントを解説します。

20代の時とは違う「正しい転職活動のやり方」を説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

30代の転職が、20代の頃よりもきびしくなる理由

30代 フリーター 就職

(まずは厳しいことから。30代の転職が20代よりも難しいのは事実です)

まずは転職市場の現状把握から。

30代の就職が20代よりもきびしいことには、明確な理由があります。

それは、あなたの面接を担当する「採用担当者側の事情」がかかわってくるからです。

採用担当者(企業の人事部の人)もサラリーマンですから、自分の上司から「優秀な人を採用するように」と指示を受けています。

採用したのが20代の人であれば、もし雇って失敗だったとなったとしても、「若い人だったのでポテンシャルを見て判断した」と言い訳ができます。

しかし、30代の人を雇って失敗だった場合には、企業内部で「採用担当者はだれだ!人事が責任をとれ!」ということになってしまいがちなのです。

つまり、人事担当者としても30代の人を採用するのはリスクがありますので、判断も慎重になるというわけですね。

こうした傾向は、企業規模が大きい大企業ほど強いのが実情です。

30代の方が「どうせ務めるなら大手企業!」という感じで安易に就職先を選んでしまうと失敗してしまうのです。

注意

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.