Sponsored Links

アパレル業界の転職体験談

アパレル販売員は何歳まで働ける?年齢制限なしで働きたい人の注意点

アパレル販売員 何歳まで

アパレル販売員は何歳まで働ける?

  • アパレル販売員に年齢制限ってある?
  • アパレル販売員を長く続ける秘訣は?
  • ライフスタイルが変わっても働ける?

アパレル販売員は若い人がやるものという印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

アパレル販売員の仕事をしている方は、「この仕事をいつまで続けられるのだろうか?」と不安になりますよね。

ですが、実際にはアパレル販売員に年齢制限はなく、年齢を理由に働けなくなるといったことはありません。

アパレルブランドには様々な年齢層をターゲットにしたブランドがあり、

年齢を重ねるとともに働くブランドも変えていくことで長く働くことが可能になるというわけです。

特に女性はライフスタイルの変化とともに、働き方を変えることで、

長く働き続けることができますよ。

この記事では、アパレル販売員は何歳まで働けるのか?とお悩みの方に、

アパレル販売員の仕事を長く続ける方法や、気を付けておくことを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。




Sponsored Links

アパレル販売員は何歳まで働ける?

アパレル販売員 何歳まで

アパレル販売員は年齢を重ねても働ける職業

結論から言うと、アパレル販売員に年齢制限はありません。

40代、50代でもアパレル販売員として働き続けている人はたくさんいます。

特に、百貨店やミセス向けのブランドでは、年齢を重ねても働いている販売員の人を多く見かけます。

ですが、20代で入社した会社やブランドで何十年も働いている人は少なく、年齢に合わせて働く場所やブランドを移っていく人が多いです。

ご来店されるお客様の年齢に近いほうが、お悩みにも共感しやすく会話も弾みますよね。

年齢とともに働く場所ブランドを移っていくことで、年齢を重ねても長く続けていくことができるのがアパレル販売員です。




Sponsored Links

アパレル販売員を続けるなら考えておくべきこと

アパレル販売員 何歳まで

アパレル販売員を長く続けたいなら考えておくべきこと

ブランドのターゲット層とマッチしているか

自分の年齢がブランドのターゲット層とマッチしているかは考えるべき大切なポイントです。

ターゲット層とマッチしていないと、お客様のお悩みやご要望に共感しにくく、良いご提案ができません。

年齢があまりにもターゲット層とかけ離れていると、

お客様も自分に置き換えてイメージすることが難しくなり、購入に繋がりにくくなってしまいます。

例えば、20代向けのブランドで50代の人が働く場合、

着丈やデザインなどが自分の年齢と合っていないため、そのブランドの洋服の魅力を伝えられませんよね。

反対に50代向けのブランドで20代の人が働く場合も同様です。

また、年齢を重ねると洋服に求めるポイントが変わり、

デザインよりも肌触りや着心地、体型カバーを重視する傾向が高くなります。

自分が気にならないポイントの悩みに共感することは難しいですよね。

そのため、ターゲット層とマッチしているかはアパレル販売員を長く続けていくなら考えておくべき大切なポイントとなります。

 ライフスタイルが変わっても続けていけるか

ライフスタイルが変わっても続けていけるかはしっかり考えておきましょう。

年齢を重ねると結婚や出産など、ライフスタイルが変わることも多くあります。

例えば女性の場合、結婚や出産をすると仕事以外の負担がどうしても増えてしまいます。

「家に帰ってご飯を作らなくてはいけない」「出勤前に子どもを保育園に送り届けなくてはいけない」

となると時間はもちろん、体力的にも負担が大きくなります。

また、子どもがいる場合、子どもの体調不良などでどうしても突発的に休まなくてはいけない状況が出てきます。

そのため、少ないスタッフで回している店で急に休むと営業ができなくなってしまう

などという状況なら、長く続けていくことは難しいですよね。

一緒に働いているスタッフにも申し訳ない気持ちになり、働きにくくもなります。

そのようにライフスタイルが変わっても、

変わらず続けていける時間体力気力はあるか考えておくことは大切です。

立ち仕事を続けていく体力はあるか

年齢を重ねると、立ち仕事の大変さをより実感します。

アパレル販売員は立ち仕事に加え、商品の検品やストック管理など、体力を使う業務が多くあります。

年齢を重ねても、今と同じ業務をこなせる体力があるのかは考えておくべきです。

基本的に休憩時間以外はずっと立っているので、1日7〜8時間立ちっぱなしになります。

また、ストックへ商品を取りに行ったり、レジへご案内したり、店内を動き回っていることがほとんどです。

仕事中だけで1日1万歩ほど歩いていることが多く、テーマパークで1日歩き回っていた日と同じくらい歩いています。

それに加えて電車通勤の場合、電車内で立っていたり、駅で階段の登り降りをしたり、自宅と駅を歩いたり、仕事以外でも体力を使いますよね。

年齢を重ねても立ち仕事を続けられる体力があるかは考えておくべきポイントです。

アパレル販売員を長く続けるには?

アパレル販売員 何歳まで

アパレル販売員を長く続ける秘訣をご紹介

 年齢に合ったブランドにシフトしていく

年齢に合ったブランドにシフトしていくことで、長く働きやすくなります。

ブランドのターゲット層とマッチしていれば、お悩みやご要望に共感しやすく、提案もスムーズにできます。

売上アップに貢献でき、自分の評価にも繋がるでしょう。

社内での異動や転職など、年齢に合ったブランドにシフトしていくことで、アパレル販売員を長く続けていけます。

アパレル会社では、複数のブランドを運営しているケースが多くあります。

20代向けのブランドで入社しても、30代、40代向けのブランドも展開している会社であれば異動することができます。

店舗の人数や状況によって希望が通らないこともあるので、

自分のビジョンを早めに上司に伝え、動いておくことが大切です。

実績を積んで店長やマネージャーにキャリアアップしておけば、

より要望を受け入れてもらいやすくなりますよ。

 年上の先輩に話を聞いておく

歳上の先輩に話を聞いておくことで、将来の働き方をイメージしやすくなります。

やはり実際に経験した人の話は参考になりますよね!

私が実際に見てきた長く続けている先輩たちは「接客が好き」なところが共通しています。

ブランドや働く場所をシフトしていくことはもちろん大切ですが、

「接客が好き」「人と話すのが好き」という人は年齢を重ねても楽しく仕事を続けている印象です。

私自身も15年以上アパレル販売員を経験し、

「ファッションが好き」よりも「人と関わるのが好き」という人に向いている職業だなと感じています。

周りから見てるだけではわからない苦労もあるかもしれませんが、

長く続けている先輩はアパレル販売員の魅力もたくさん知っているので聞いておくと参考になりますよ。

 会社の福利厚生を調べておく

会社の福利厚生を調べておくことも長く続けるために大切なポイントです。

ここでは、アパレル販売員を長く続けるために確認しておくべき福利厚生を紹介します。

社員割引について

まず一つ目は、社員割引です。

自社商品を定価より安い値段で購入できる社員割引は、

アパレル販売員を長く続ける上で重要なポイントです。

多くのアパレルブランドの販売員は、店頭で自社ブランドの服を着ることで広告塔の役割も果たしています。

そのため、販売員は店頭に立つための洋服を購入する必要があります。

毎日の仕事で使うものなので、それなりに枚数も必要ですし、

なるべく安く購入したいですよね。

社員割引は定価の30%〜60%OFFが相場ですが、割引率やルールは会社によって異なります。

長く続けていく上で出費の負担にならないか、割引率やルールはしっかり確認しておきましょう。

時短勤務制度について

産休・育休は、現在ほとんどの会社で取得できます。

ですが、産休・育休が終わった後の働き方についてもしっかり確認しておきましょう。

時短勤務は何年間可能か、勤務時間は何時までなのか、

制度によっては続けていくことが難しくなることもあります。

接客は日々変化のある仕事のため、必ずしも定時で退勤できるとは限りません。

例えば、接客で時間が押してしまった際に、子どものお迎えまでにどのくらい時間の余裕があるかなどは確認しておいたほうがいいでしょう。

年齢やライフスタイルの変化に対して、実際にどのくらい会社が対応でき、

長く続けていくための環境が整っているのかを知ることで、将来のビジョンもイメージしやすくなりますよね!




Sponsored Links



Sponsored Links

-アパレル業界の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.