大学職員の転職体験談

大学職員はホワイト?ブラック?都内の私立大職員が残業・年収の実態を解説

大学職員 ホワイト

(大学職員はホワイト職種って本当?年収や残業時間の実態を解説!)

  • 大学職員はホワイトってよく聞くけど本当?
  • 私立大学職員だと激務ブラックもある?
  • 一般企業から中途採用で転職可能?

大学職員は勝ち組!とか、

ホワイト職種とか言われることが多いですよね。

ただネットの口コミはデマも多いので注意して下さい。

体験談の投稿者

今回は一般企業(銀行)と大学職員の両方で働いた経験のあるものとして、

大学職員の仕事内容の実態を紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に入行し3年勤務→都内の私立大学職員へ転職しました。財務部にて授業料などの入金管理・決算〜予算作成やってます。
大学職員に転職して良かったこと・悪かったことなど書きます。

大学職員ってホワイト?ブラック?

大学職員は本当にホワイト職種と言えるのか?

残業や年収の実態を赤裸々に紹介します!

1. 定時や残業時間数について

私は都内の私立大学に勤務していますが、

私の職場では残業は基本的にありません。

↓1日のスケジュールをご紹介するとこんな感じですね。

  • 9:00 勤務スタート
    前日の入金管理や各部署の経費精算など
  • 12:00 お昼休み
    同期や先輩と学食にてランチ
  • 13:00 勤務再開
    各部署とのミーティングや通常の事務処理
  • 17:00 退勤
    帰りの支度をして17:05分には駅に向けて歩き出す

↑どうですかこのシンプルな働き方笑

事務作業は慣れればラクにこなせるものばかりなので、残業は基本的にはありません。

むしろ、残業をしようとすると「それは今日絶対にやらなければいけない仕事なの?もしそうでないなら、残業なんてせずに早く帰りな」と言われてしまいます。

繁忙期には多少の残業はありますが、

残業代はきちんともらえるので特に不満に感じることはありません。

ちなみに、私の2021年度の総残業時間は45.5時間でした。

(銀行員時代は300時間ほどでした…)

1年間の残業時間を計算すると、1ヶ月あたり約3.8時間となります。

実態としては決算業務(3月〜5月)によるものですね。

コロナ禍に伴いリモートワークや業務効率化は一層進められているので、

Sponsored Links

職場に拘束される時間は今後少なくなって行くと思います。

2. 大学職員の年収について

大学職員の年収はかなりいい方だと思います。

20代後半の私の場合、総支給額は560万円ほど。

手取りは450万円くらいです(毎月の手取りが25万円で、ボーナスが年間6ヵ月分)

残業やノルマも無く、有休や福利厚生も充実しているなかでこれだけの給与がいただけるのです。

一方で、人生をかけて仕事に取り組みたい!

と考えている人には向かない仕事とも言えます。

基本的な業務は事務作業であり、仕事の成果を数値化することが難しいからです。

職歴に応じて昇給していき、安定的に給与がもらえるのは魅力的なポイントです。

その一方で、やりがいや達成感を感じづらい職場であることも、大学職員という仕事を考えるうえで忘れてはいけません。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

3. 年間の休日数や長期休暇について

大学職員の夏休みは1ヶ月もあります。

8月から9月中旬の時期は授業が無く、その期間は交代勤務となるからです。

ちなみに私の場合、2021年の夏休み出勤日数は14日でした。

つまり8月から9月中旬の1ヶ月半のうち、30日程度は休みなんです。

転職前には考えられない休みの多さです。

以前から気になっていた資格の勉強をしたり、長期の旅行に行ったりなど、

まとまった時間を有効活用しながら、

普段はできないことに挑戦している人が多いです。

部署内で多少のスケジュール調整はありますが、

自分の好きなように休日を取得できるのは大きなメリットですよね。

4. 職場の雰囲気や人間関係について

大学職員には「真面目」で「穏やか」な人が多いです。

日々の業績をノルマで評価される環境ではないのが大きな理由ですね。

したがって、出世競争なども無く、左遷のようなものはありません。

銀行員時代は営業として数字に追われる日々だったのであの頃と比べると天国です(笑)

また、職場全体として子育てへの理解が進んでおり、出産や育休を経て職場に復帰される人がとても多いです。

余談ですが、私も2022年度内に育児休暇を取得する予定です。

若手からベテランの職員まで、働きやすい環境があることは大きなメリットですよね。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.