転職の体験談

海外就職は新卒も実現できる?

今回は「学校を卒業したらすぐに新卒として海外で働いてみたい!」という人向けの内容です。

海外の就職では、年齢や学歴を問わない募集も多くあります。

ただ、そもそも「新卒採用」という概念がない企業も多いですね。

日本では新卒は有利という評価が一般的ですが、こういう考え方は日本でしか基本的に通用しません。

海外就職は実力主義です。

もちろん、今までに社会人として働いたことがなかったとしても、

採用後に「どういうことで応募先企業に貢献できるか?」

をきちんとアピールすれば採用されることは普通にあり得ます。

新卒の国ごとにおける海外就職事情について、解説していきます。

実力主義のアメリカ

アメリカの現地企業には、新卒採用という概念がありません。

通年採用が一般的な考え方で、欠員が出たら求人が出るため人が足りていれば募集することはないのです。

大学生は卒業後に就活する、もしくは学生の間にインターンシップなどで人脈を作り経験を得て、就職先を決めます。

インターンシップからスタートしよう

アメリカで新卒で働く方法は、インターンシップで経験を積み就職に活かす方法がメジャーです。

Sponsored Links

どんなに立派な学歴でも、未経験の人材をいきなり雇う企業というのはアメリカでは少なく、経験やスキルが高いことが重要となります。

優秀なスキルがあれば即採用も

新卒でも学生のときにインターンシップで豊富な経験を持ち、高いスキルがあれば新卒でも雇用する企業もあります。

アメリカで必要とされるのは、即戦力なので経験がない新卒者が求職しても難しいと言えるでしょう。

特化したスキルに進むドイツ

ドイツもアメリカ同様、実力主義の国です。

アメリカと異なるのは、ドイツの教育は小学校4年生で進路を決め、その後その分野について学び続けます。

就職後も、自分の部署が変わるということなく専門部署で働くスタイルが一般的です。

日本のような総合職はなく、それぞれが特化した分野で働くことになります。

通年採用が一般的

ドイツにも新卒という概念はなく、通年採用が一般的です。

異なる点は、卒業シーズンはなく論文を提出した時点で卒業となることです。

学生の間は学業に集中し、卒業したあとで就活を行います。

インターンシップで経験やスキルを高める

ドイツも実力主義なので、アメリカと同じく経験やスキルを重視します。

そのため、新卒の場合はインターンシップでの経験が必要です。

企業が必要とするのは、専門部署でのスキルなのでアピールできる経験がないと難しいと言えます。

Sponsored Links

インターンシップの経歴が就活を左右するのが、ドイツ就職の事情です。

新卒採用は難しいベトナム

東南アジアの中でも、急成長著しいベトナムは海外就職先としても注目されています。

ベトナムでの外国人の就労には、ビザとは別にワークパーミットが必要です。

これは一定期間は仕事で働いた経験がないと、就労ができないというルールですね。

このワークパーミットの条件に「大卒で実務経験が3年以上あること」があります。

そのため、実質的には新卒の場合就労ができない外国人となるわけです。

駐在員として日系企業に赴任する

新卒でベトナムで働きたい場合は、日本の企業に入社をして駐在員となることが一般的です。

労働基準だけでなく、新卒者を教育できる余裕がないことも理由となっています。

ベトナムに支店や工場がある企業に就職して、駐在希望を出すことが新卒者がベトナム勤務を目指すことができる道です。

日本で教育を受けて、ワークパーミットの基準に満たすことで就職を目指すことができます。

インターンシップとして経験を作る

ただし、新卒でありながらもインターンシップなどの経験や専門のスキルが高い、英語力があるなどアピールものがあれば、チャンスがないわけでもありません。

ワークパーミットの取得は難しいですが、インターンシップなどとして雇われる可能性もあります。

ベトナムは非常に若年層のスキルが伸びている国ですが、一般庶民の給与はまだまだ低いです。

そのため、経験豊かなローカルの何倍もの給与を、未経験の新卒者に払うことは現地においてどう捉えるかということも考えておくべき点と言えます。

間口が広いタイ

新卒でもワークパーミット取得可能なのがタイです。

タイは、日本人在住者が多くいる国の1つです。

タイの就労条件は、原則として年齢制限や学歴、実務経験などが定められていません。

求人にて大卒という条件は多いですが、新卒でも受け入れる企業はあります。

そのため、ビザの条件が比較的緩いのがタイなので、新卒でもチャンスがあるのです。

企業が求めるのは即戦力

新卒でも働くことができるとはいえ、企業が必要とする人材は即戦力がある人です。

他の国同様、入社後に教育をする余裕はなく、すぐに使える人材を求めています。

日本では、経験豊かな年配の人よりも未経験の新卒者を求める傾向がありますが、タイでは逆で経験者を歓迎します。

そのため、タイで新卒で働くためには高いスキルや経験を持っておくことが必要です。

経験がない新卒は職種が限られる

経験がない新卒者が就職しやすい業種は、コールセンターや日本語教師、ITスキルがあればIT系などがあります。

職務経験がないため、特化した専門分野への就職以外では雇用が難しいのが現状です。

ベトナムと同じく、ローカルスタッフの給与の倍以上支払うことを考えると、

雇用するメリットがなければ外国人を雇う必要がないため、職種は限られてきます。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.