Sponsored Links

仕事の悩み

ロングスリーパーで仕事が辛い!睡眠不足の悩みを解決する方法

ロングスリーパー 仕事

(ロングスリーパーで仕事が辛い…睡眠不足を解消してすっきりした頭で働くためには?)

  • 「ちゃんと睡眠時間をとっているのに、日中はいつも眠くて仕事が辛い」
  • 「寝ても寝ても昨日の疲れがとれない…」
  • 「残業をして睡眠リズムが一度くずれると、なかなか回復できない」

↑このような悩みをお持ちの方は、ひょっとすると「ロングスリーパー」かもしれません。

ロングスリーパーの方は10時間、12時間など普通の人よりも長い睡眠時間を取らないと調子が出ません。

これは努力でどうにかなるという問題ではなく、体質の問題であることを認識しておくことが大切です。

とはいえ、仕事があるのだからそうはいっていいられない…というのが現実ですよね。

そこで、今回はロングスリーパーの私が実践している「ロングスリーパーでも睡眠不足にならず、シャッキリした頭で働ける方法」をお教えします。

ポイントはあなたの現在の生活に合わせる形で「深い眠り」を確保するルーティンを作ることです。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

ロングスリーパーで仕事が辛い人へ!睡眠の質を改善する具体的ステップ

ロングスリーパー 仕事

(ロングスリーパーが仕事中もしゃっきり覚醒していられるようにするための具体的ステップ)

ロングスリーパーで仕事が辛い方は、睡眠の質を高めるために、次のような方法を試してみましょう。

現在の自分の睡眠サイクルを知る

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

レム睡眠とノンレム睡眠は、1セットで1.5時間です。

このサイクルを上手にコントロールするとすっきり起床できるようになります。

例えば、夜11時に就寝して朝8時に起き、合計9時間の睡眠をとったとすると、「レム睡眠+ノンレム睡眠」を6セット取れたことになります。

ポイントはレム睡眠の状態の時に朝を迎えることです。

逆に、ノンレム睡眠の状態で朝を迎えてしまうと、起床後にも強い眠気を感じることになります。

↓普段の睡眠がどういうサイクルになっているかは、スマホアプリでもチェックできます。

ロングスリーパー 仕事

(睡眠管理アプリを使って、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを管理しましょう)

睡眠日誌(無料アプリ)はこちらからダウンロードできます。

まずは、自分の睡眠サイクルがどうなっているのか把握してみてください。ノンレム睡眠の時間帯に起床時間がきてしまっているというケースは意外に多いです。

「人間は朝に日光を浴びた15時間後に眠くなる」を利用する

質のよい睡眠をとるためには、メラトニンというホルモンを良いタイミングで分泌させることが大切です。

メラトニンは、簡単に言えば「人間を眠くさせる脳内物質」で、眠気を感じさせ睡眠に入らせる役割があります。

つまり、メラトニンが正しく分泌されていないと質のよい睡眠はとれないのです。

このメラトニンは、起床後に光を浴びてから約15時間ほど経つと分泌され始めるという性質があります。

例えば、朝7時に起きる場合、15時間後の22時くらいからメラトニンが分泌されはじめるということですね。

朝起きたらまっさきにカーテンを開けるようにして、まず日光を浴びることから1日をスタートするようにしてみて下さい。

その時間のちょうど15時間後にはメラトニンが分泌され始めますので、スムーズに睡眠に入ることができるようになります。

眠りに入りやすくする「入眠儀式」を行う

眠る前の過ごし方をルーティンとして決めることを入眠儀式といいます。もちろんオカルトの話ではありません。

  • 温かいお茶を飲む
  • 歯を磨く
  • パジャマに着替える
  • スキンケアをする
  • 音楽を聴く

といったような普通のことを、寝る前には必ず行うように習慣化します。

これによって体に反射的に「寝る時間だ」ということを覚え込ませる効果があります。

特別なことではなくても大丈夫です。毎日続けられる軽い作業をいくつか選び、順番を決めて寝る前に毎日行ってください。

注意点として、「ベッドの中で本を読む」など、睡眠環境で睡眠以外の活動をしないことです。

これをやってしまうと、体が「ベッドの中は本を読む場所」と認識してしまい、さらに眠れなくなってしまう可能性があります。

本を読むならベッド以外の場所で読むようにしましょう。

「ベッドや布団の中は眠る場所である」ということを体に覚えさせることが大切です。

睡眠直前にやってはいけないことを知る

睡眠前にやってはいけないことをしているせいで、質のよい睡眠がとれていないということもあります。

例えば、残業は睡眠リズムが崩れてしまう可能性があり、よくありません。

また、メラトニンは明るい光をあびることで分泌が抑えられてしまいますので、部屋の蛍光灯は暖色にし、スマホやPCは見ないようにしましょう。

昼寝する場合はお昼までにしてください。夕方以降に昼寝をすると眠気を感じる時間が遅くなるため、睡眠が浅くなってしまいます。

寝る前に激しい筋トレや運動をしている方は、寝る前ではなく朝にすることがおすすめです。

激しい運動は交感神経が優位になってしまうため脳が興奮状態になり、睡眠の妨げにつながりますから注意してください。

それでも辛い場合の対策方法

ロングスリーパー 仕事

(それでも睡眠不足状態が改善しない場合は?)

質のよい睡眠をとるための方法をご紹介しました。

これらを試してみてもまだ辛い…という場合は、深刻な睡眠不足状態になっている可能性があります。

浅い睡眠が習慣化してしまうと、なかなか深い睡眠をとることができなくなってしまいます。

生活習慣を見直すだけでは改善が見られない場合には、以下の方法を試してみてください。

睡眠外来を利用する

さまざまな対策を試してもまだ辛いという場合、睡眠障害になっている可能性があります。

睡眠障害はれっきしとした病気で、医師の治療が必要な症状です。

医療機関の睡眠外来を受診し、必要であれば通院を続けましょう。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

残業が少ない仕事に変えてもらう

残業は睡眠にとって大敵です。上で見たように、部屋の明るい蛍光灯の光を夜に浴びてしまうと、体はなかなか睡眠モードに入っていきません。

可能であれば会社と交渉し、残業が少ない仕事に変えてもらうことも検討してください。

「睡眠不足ぐらいで…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはとても重要なことです。睡眠不足はうつ病との関連があることがわかっているからです。

うつ病はさまざまな精神疾患や体調不良につながる重大な症状です。あなたの大切な人生の大きなつまづきとなってしまう可能性があります。

いつまでも適切な睡眠をとれないままでいると、仕事が辛いだけのものになってしまい、人生自体も辛いものになりかねません。。

自分の人生を豊かにできるかどうかは、あなた自身が本気で対策を講じるかどうかにかかっています。

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.