仕事の悩み

ロングスリーパーで仕事が辛い!睡眠不足の悩みを解決する方法

※このページは 3 分で読めます。

ロングスリーパー 仕事

(ロングスリーパーで仕事が辛い…睡眠不足を解消してすっきりした頭で働くためには?)

  • 「ちゃんと睡眠時間をとっているのに、日中はいつも眠くて仕事が辛い」
  • 「寝ても寝ても昨日の疲れがとれない…」
  • 「残業をして睡眠リズムが一度くずれると、なかなか回復できない」

↑このような悩みをお持ちの方は、ひょっとすると「ロングスリーパー」かもしれません。

ロングスリーパーの方は10時間、12時間など普通の人よりも長い睡眠時間を取らないと調子が出ません。

これは努力でどうにかなるという問題ではなく、体質の問題であることを認識しておくことが大切です。

とはいえ、仕事があるのだからそうはいっていいられない…というのが現実ですよね。

そこで、今回はロングスリーパーの私が実践している「ロングスリーパーでも睡眠不足にならず、シャッキリした頭で働ける方法」をお教えします。

ポイントはあなたの現在の生活に合わせる形で「深い眠り」を確保するルーティンを作ることです。ぜひ参考にしてみてください。

ロングスリーパーで仕事が辛い人へ!睡眠の質を改善する具体的ステップ

ロングスリーパー 仕事

(ロングスリーパーが仕事中もしゃっきり覚醒していられるようにするための具体的ステップ)

ロングスリーパーで仕事が辛い方は、睡眠の質を高めるために、次のような方法を試してみましょう。

現在の自分の睡眠サイクルを知る

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

レム睡眠とノンレム睡眠は、1セットで1.5時間です。

このサイクルを上手にコントロールするとすっきり起床できるようになります。

例えば、夜11時に就寝して朝8時に起き、合計9時間の睡眠をとったとすると、「レム睡眠+ノンレム睡眠」を6セット取れたことになります。

ポイントはレム睡眠の状態の時に朝を迎えることです。

逆に、ノンレム睡眠の状態で朝を迎えてしまうと、起床後にも強い眠気を感じることになります。

↓普段の睡眠がどういうサイクルになっているかは、スマホアプリでもチェックできます。

ロングスリーパー 仕事

(睡眠管理アプリを使って、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを管理しましょう)

睡眠日誌(無料アプリ)はこちらからダウンロードできます。

まずは、自分の睡眠サイクルがどうなっているのか把握してみてください。ノンレム睡眠の時間帯に起床時間がきてしまっているというケースは意外に多いです。

「人間は朝に日光を浴びた15時間後に眠くなる」を利用する

質のよい睡眠をとるためには、メラトニンというホルモンを良いタイミングで分泌させることが大切です。

メラトニンは、簡単に言えば「人間を眠くさせる脳内物質」で、眠気を感じさせ睡眠に入らせる役割があります。

次のページへ >

まだムダで苦しいだけの仕事に人生の大切な時間を使うのですか?

  • 大嫌いな上司・先輩・同僚…。
  • 時間のムダで何のメリットもない社内のコミュニケーション…。
  • 不当に安い給料でこき使われる。
  • ゴマすりが上手なだけで、ろくに働いていないくても評価される人たち。

↑いつまで、こんな「ムダで苦しいだけの会社」で働き続けますか?

あなたを正当に評価してくれる、楽しみながら仕事ができるホワイトな会社は世の中にたくさんあります。

多くの人が「情報を制限されている」というたった1つのことが原因で、理想の会社に出会えていないのです。

ぜひこちらのサイトに無料登録して、情報をゲットしてみてください。

↓お金が発生することなんてことは最初から最後までいっさいありません。完全無料です。変な連絡もいっさい来ません。あなたのリスクはゼロです。

  • 「今とまったく同じ仕事内容」なのに、年収が100万円多くなったら?
  • この仕事こそが自分の仕事」と胸をはって言える仕事に出会えたら?
  • 職場の人たちが大好き。本当の仲間」と思える環境で働けたら?

早い者勝ちです。明日にはなくなっているかもしれません。

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.