Sponsored Links

転職活動のノウハウ

月曜日に会社を休む自分が嫌な人へ【我慢は美徳?本当に?】辛い環境に自分を置き続けるのは辞めよう

月曜日 会社 休む

(月曜日が来るたびに会社を休みたくなる…つらい)

読者さんからの質問

最近、月曜日に仕事が行くのが本当に辛いです。

平日の疲れを取るために土日は使い果たし、「また月曜日が来る…」と思うといつまでも日曜日の夜は眠りたくありません。

(それでまた月曜朝寝不足感があってしんどい…というループになるのはわかってるのですが、どうしても日曜日の夜に眠るのが辛いです)

こういうことを相談できるのが親ぐらいしかいないので、親に相談したこともあるのですが、

  • 石の上にも三年だよ。
  • 若いうちはそんなものだよ。
  • 仕事なんて嫌なものだよ。
  • これさえやればお金がもらえるという気持ちで頑張りな。

という根性論のようなアドバイスしかもらえません。

最初から「仕事に行かない」という選択肢はない、というスタンスからアドバイスをされ、なんだか上司が家にもいるみたいでつらいだけでした…。

仕事って、本当にこんなにつまらなくて辛いだけのものなんでしょうか?

月曜日が来るたびに死にたくなる自分の人生が本当に嫌です。

何かアドバイスをもらえると嬉しいです。

月曜日が来るたびにつらい気持ち。よくわかります。

パソナキャリアが行なった統計調査によると、サラリーマンの方への「1週間の中で何曜日が一番嫌いですか?」という質問に対して、全体の52.85%の人(半数以上の人)が「月曜日」と答えています。

また、「好きな曜日」として答えた人が1人もいなかった嫌われ者の曜日は、火曜日だそうです。

「あと3日も仕事があると思うとつらくなる」というのがその理由で、なんだか納得ですね。

このように、「月曜日や火曜日がつらい」と感じている人が大半であるにも関わらず、いざ正直にそうした悩みを人に言うと、

相談しても根性論が返ってくる

  • 「もう学生じゃないんだ。甘えるな」
  • 「みんな頑張っている。お前だけ楽をするのか?」
  • 「我慢強いのが日本人の良いところだ」

という根性論が返ってくるのが普通です。

あなたにアドバイスした人は、あなたの人生がどうなろうと責任を持ってくれない(たとえ親であっても)

月曜日 会社 休む

(あなたにアドバイスした人は、あなたの人生に責任を持ってくれるわけではない)

あなたに知っておいてほしいことは、こうした意見(もう学生じゃないんだ、甘えるな、がんばれ)はあくまでも「あなたが質問した相手自身が持っている意見に過ぎない」と言うことです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.