転職活動のノウハウ

月曜日に会社を休む自分が嫌な人へ【我慢は美徳?本当に?】辛い環境に自分を置き続けるのは辞めよう

更新日:

月曜日 会社 休む

(月曜日が来るたびに会社を休みたくなる…つらい)

読者さんからの質問

最近、月曜日に仕事が行くのが本当に辛いです。

平日の疲れを取るために土日は使い果たし、「また月曜日が来る…」と思うといつまでも日曜日の夜は眠りたくありません。

(それでまた月曜朝寝不足感があってしんどい…というループになるのはわかってるのですが、どうしても日曜日の夜に眠るのが辛いです)

こういうことを相談できるのが親ぐらいしかいないので、親に相談したこともあるのですが、

  • 石の上にも三年だよ。
  • 若いうちはそんなものだよ。
  • 仕事なんて嫌なものだよ。
  • これさえやればお金がもらえるという気持ちで頑張りな。

という根性論のようなアドバイスしかもらえません。

最初から「仕事に行かない」という選択肢はない、というスタンスからアドバイスをされ、なんだか上司が家にもいるみたいでつらいだけでした…。

仕事って、本当にこんなにつまらなくて辛いだけのものなんでしょうか?

月曜日が来るたびに死にたくなる自分の人生が本当に嫌です。

何かアドバイスをもらえると嬉しいです。

月曜日が来るたびにつらい気持ち。よくわかります。

パソナキャリアが行なった統計調査によると、サラリーマンの方への「1週間の中で何曜日が一番嫌いですか?」という質問に対して、全体の52.85%の人(半数以上の人)が「月曜日」と答えています。

また、「好きな曜日」として答えた人が1人もいなかった嫌われ者の曜日は、火曜日だそうです。

「あと3日も仕事があると思うとつらくなる」というのがその理由で、なんだか納得ですね。

このように、「月曜日や火曜日がつらい」と感じている人が大半であるにも関わらず、いざ正直にそうした悩みを人に言うと、

相談しても根性論が返ってくる

  • 「もう学生じゃないんだ。甘えるな」
  • 「みんな頑張っている。お前だけ楽をするのか?」
  • 「我慢強いのが日本人の良いところだ」

という根性論が返ってくるのが普通です。

あなたにアドバイスした人は、あなたの人生がどうなろうと責任を持ってくれない(たとえ親であっても)

月曜日 会社 休む

(あなたにアドバイスした人は、あなたの人生に責任を持ってくれるわけではない)

あなたに知っておいてほしいことは、こうした意見(もう学生じゃないんだ、甘えるな、がんばれ)はあくまでも「あなたが質問した相手自身が持っている意見に過ぎない」と言うことです。

その人の言うとおりにしたとしても、その人はあなたの人生に責任を取ってくれるわけではありません。

(相談したのがたとえあなたの親であったとしても、です)

残念ながら、あなたの人生に責任を持てるのはあなた自身しかいないのです。

どのような仕事を選ぶか?は、人生のほとんどの時間を過ごすことになる重要な問題で、あなた自身が自分で決めなくてはならない問題なのです。

思い切って休みを取ってみて

それでは、どうしたらいいのか?

人事の専門家として長年働いてきた私がおすすめする解決策は、一度思い切って休みを取ってみることです。

会社に伝える時は体調不良でも有給休暇でもなんでもいいです。

体調がすぐれない時に休むのは労働者の権利ですし、有給休暇は本来上司であっても取得の理由すら聞いてはいけないのがルールです。

休んで何をしたらいいのか?(せっかくの休み1日を無駄に使い果たしても翌日出社するのがさらにつらくなるだけなので注意)ですが、

あなたが今、なぜ自分の仕事や会社が嫌でしょうがないのか?について考えてみてください。

仕事が嫌でしょうがない理由は?

  • 業務量が多すぎる。
  • 仕事にやりがいを感じない。
  • 職場の人たちが嫌い。人間関係が辛すぎる。
  • これだけ働いているのに収入はこれだけ…で死にたくなる。
  • 通勤電車が苦痛すぎる。

冷静にあなたの心理を分析してみて、痛みを感じている原因を把握しましょう。

「大嫌いなもの」を知ると、あなたが大切にしている価値観がわかる

月曜日 会社 休む

(「大嫌い」と感じるのは、あなたの大切なもの=価値観をふみにじられたから)

あなたが「心底から嫌だ」と感じていることの正反対には、あなた自身が大切だと考えている価値観があるはずです。

なぜなら、人間は自分が大切にしている価値観がふみにじられたときに、強い痛み(「嫌だ」という感情)を感じるからです。

例えば、「収入が少なくて辛い」と感じている人は、「労働に対しての成果をちゃんとほしい」という価値観が強い人です。

「人間関係が悪いのが辛い」と感じる人は、「人間同士は仲良くするべきだ」という価値観が強い人といった具合です。

自分の好きなことや大切だと考えていることは、自分が現在嫌だと感じていることを分析することによって知ることができるのです。

このように、自分自身の価値観を知ることが、現在の辛い状態を打開するための解決策を知る第一歩となりますので、このワークは必ずやってください。

(自分の価値観を知った上で、そこからどういう行動をとるべきなのか?については後述します)

真面目な人、頑張り過ぎてしまう人ほどつぶれてしまう

こうした自分の心理の考察をせずに、「甘えてちゃダメだ。仕事は辛いものだ。とりあえず会社に行かなきゃ…」と無理をしてしまうと、高い可能性でつぶれてしまいます。

具体的には、うつ病や適応障害といった精神疾患をわずらって結果的に会社を辞めることになってしまうということですね。

私は人事としてこう言う人をたくさんみてきました。

無理してでもがんばろう!と頑張り過ぎてしまう人ほど、この傾向が強いです。

(悲しい話ですが、「仕事なんて適当でいいっしょ!」でやっている人の方が、勤続年数は長いのが実情なのです)

そして、一生懸命頑張った結果としてつぶれてしまったあなたの人生の責任は、会社は決して取ってくれません。

会社の同僚も「あの人は心が弱くて辞めていった人」というレッテルを貼ってくるだけです。

あなたが一生懸命仕事に取り組んだ貢献度なんて、すぐに忘れられてしまいます。

  • 仕事から逃げた人
  • 無責任な人
  • いい加減な人
  • 弱い人…

↑一生懸命仕事に人生の大切な時間をささげたあなたに対して、このような評価をしてくる人たちのために、我慢し続ける気持ちになりますか?

はっきりいって馬鹿馬鹿しいですよね。

そうです。他人のためにあなたの人生の時間をささげるなんてことは馬鹿げているのです。

どんなに同情してくれたとしてもその人があなたの生活の面倒を見てくれるわけはありませんし、次の職場を探す手助けすらしてくれないでしょう。

繰り返しになりますが、あなたの人生に責任を持てるのはあなただけなのです。

新卒社員で一番まじめで優秀だったT君がうつ病になった話

月曜日 会社 休む

(まじめな人ほどつぶれてしまう悲劇。新入社員の人は特に気をつけて)

私はこれまで数社で人事の仕事をしてきました。

人事というのは新入社員の研修を担当することがありますので、必然的に新入社員の心身のサポート役的な立場になることがあります。

私が人事として務めていた会社があらたに10名の新卒社員を採用し、新人研修を経た後に営業として各支店に配属されました。

新人研修を私が担当したこともあって、それぞれの新入社員の性格的な面もある程度は把握していたのですが、その中で人一番真面目で優秀だったのがT君です。

研修を担当した私も「この子だけは責任感が強いから大丈夫。どこに出しても大丈夫だろう」という気持ちで研修から支店営業職へと送り出したのでした。

しかし、そのわずか半年後、T君が仕事を退職するという報告を支店の担当者から受けました。

理由はうつ病の診断を受けたということでした。

詳しく話を聞くと、支店配属当初は真面目に頑張っていたのですが、頑張り過ぎたことが逆効果になり、周りから浮いてしまい、相談する人すらいなかったということだったのです。

真面目に頑張っている人間をろくにサポートしようとしなかったこの支店の担当者にも腹が立ちましたが、残念ながらT君はストレスのコントロールが上手でなかったと言わざるを得ません。

ストレスは適度に発散しなくては確実に人間の心理をむしばんでしまいます。

あなたが今、本当に仕事が辛い、誰に相談しても納得いくアドバイスを受けられない…と悩んでいるのであれば、自分自身で何らかの対策を考えなくてはなりません。

心を病んでから自分が傷ついていることに気づいてももう遅いのです。

繰り返しの繰り返しになりますが、あなたの人生に責任を取れるのは、あなた自身だけです。

それではどうしたらいいのか?

ここまでの話を簡単にまとめると、以下3点になります。

ポイント

  • あなたが「嫌だ」「辛い」「大嫌いだ」と思うことの正反対には、あなたが大切に考えている価値観があること。
  • あなたの人生に責任をとれるのは、あなた自身だけだということ。
  • 適度に休みを取り、ストレスをコントロールしないと取り返しのつかない事態に発展してしまう可能性があること

取り返しのつかない事態に発展する前に、適度に休みをとりつつ、これから進むべき道を真剣に考えてください。

この記事にたどりついたあなたはきっと我慢強くてまじめな人でしょう。

そんなあなたにはなかなか想像がつきにくいかもしれませんが、人は本当に突然壊れます。

自分では働きたいと思っても、体が動かなくなります。

働けなくなると、収入が断たれますから当然ながら生存そのものが難しくなってしまうのです。

精神的にも、経済的にもつらいこのような状況にだけはなってほしくありません。

会社が心底嫌になったときの解決策として、私がおすすめするのは転職です。

「会社が嫌だから転職する」というのは、何だか負けて逃げるみたいで嫌ですよね。

職場の人たちは「もう少し我慢してみたら?」「会社がいそがしい今の時期に辞めるなんて無責任じゃない?」とあなたを責めてくるでしょう。

しかし、何度もお伝えしているように、会社の上司や職場の人たちはあなたの人生に責任をとってくれるわけではありません。

「頑張ればいつか報われるはず!」「きっと誰かがみてくれているはず!」というのは幻想です。

会社の組織というのはあなたがつぶれようが何をしようが簡単には変化しませんし、1社員の不満をそう簡単にすくってはくれません。

自分で自分の身を守るためには、早めに転職の準備をし、あなた自身が納得のいく職場(会社)に移ってしまうのが勝ち組への第一歩です。

ぜひ転職というものを前向きに検討してみてください。

求人情報を見てみてください。

あなたとまったく同じ仕事をしていても、あなたよりも多くの給料を得ている人がいることにびっくりするかもしれません。

(あなたの現在の労働時間や職場環境が異常であることに気付けるかもしれません)

毎日辛い思いをしながら奴隷のように働くよりも、前向きに転職を検討し、あなた自身が活躍できる環境を見つけることの方が、ずっと人生楽しいですし収入を増やせる可能性がありますよ。

(人は自分の好きな分野でこそ一番力を発揮できるものです)

あなたが今20代なら、はっきりいって仕事はいくらでもある

月曜日 会社 休む

(20代の人の転職先はいくらでもあります)

「でも、自分には得意分野もないし、今の仕事でもこれといった実績も出せていない。転職活動をしてもどこも採用してくれないんじゃ…」という不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

こうした不安をお持ちの方は、ぜひ一度あなたの状況で採用される可能性のある求人情報をみてみてください。

(具体的にどうすればいいのか?についいては下で説明していますので参考にしてください)

20代であれば、はっきりいってあなたを採用してくれる企業はごまんとあります。

今はどの企業も人手不足ですから、自社でいちから教育していけて、しかもある程度の社会人経験を持っている20代の人材というのはのどから手が出るほど欲しい存在なのです。

行動は早いほど有利

ただし、このような有利な状況が続くのはそう長くはありません。

逆にいうと、年齢を重ねれば重ねるほど転職市場におけるあなたの価値は下がっていってしまいます。

せっかく人がうらやむような職場に転職できる可能性があったにもかかわらず、行動をためらってしまったがために目の前に転がっていたチャンスを、他の誰かに持っていってしまう可能性があります。

(あなたと同じように転職を検討している20代の人たちはたくさんいます)

「石の上にも三年」という気持ちで頑張っているうちに、転職市場における「旬(しゅん)」の時期が過ぎてしまう人があまりにも多いです。

転職では、26歳の人よりは25歳の人の方が有利。25歳10ヶ月の人よりも、25歳6ヶ月の人の方が有利なのです。

この記事を読んでくださっているあなたが今何歳なのか?は私にはわかりません。

しかし、少しでも早く行動すればするほど、あなたが理想の職場に転職し、高い年収を得ながら大好きな人たちに囲まれ、楽しく働けるようになる可能性は高くなるでしょう。

あなたが転職を検討するのであれば、行動は早ければ早いほど有利になるということを、ぜひ知っておいてください。

転職活動って何から始めたらいいの?

なんとなく今の職場は自分が求めているのと違う気がする…。

でも転職活動って何から始めていいのかわからないし、リスクは負いたくない。

転職するかどうかはまだ決めていない段階の場合、何から始めたらいい?

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職先に関する情報収集から始めてみるのがおすすめです。

具体的には何をしたらいいのか?というと、まずは無料で使える転職サイトに登録して、いろんな会社の年収や仕事内容を見てみるのが良いですよ。

↓※転職サイトとはこういうサイトのことです(無料で使えます)

【リクルートエージェント】

今や全体の8割以上の人が「転職サイトで情報収集して、良いと思った求人が見つかったら応募する」という形で転職活動をするようになっています。

もちろん、情報収集のための登録だけでも問題ありませんので、「今すぐは転職活動する気はないけど、なんとなくよその会社の情報も知っておきたい」という段階の方も使うことができますよ。

↓転職サイトに無料登録すると、以下のような情報を知ることができるようになります。

転職サイトに登録してわかること

  • あなたと同じ職種の仕事をしている人が、どのぐらいの年収を稼いでいるのか。
  • あなたの年齢と経験職種だと、どういう求人が採用可能性が高いのか。
  • 転職で内定可能性を高めるためには、どういうポイントを押さえて転職活動をすればいいのか。

転職サイトにメールアドレスを登録しておくと、あなたにマッチした求人が毎日メールニュースのような形で届きます。

よその会社の年収や仕事内容を詳しく知ることができますので、情報としてストックしておきましょう。いざ転職!となったときのために、あらかじめ選択肢を持っておくことが大切です。

もし「これは本当にいいかも」と思える求人が出てきたら、くわしく話を聞いてみることもできます。あなたの側から連絡を希望しない限り、めんどうな連絡が来ることもないので安心ですよ。

↓転職サイトは無料で使えますので、ぜひ活用しましょう。

転職エージェント 使い方

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で登録完了できます




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved.