マイナビのプロモーションを含みます




Sponsored Links

コールセンターの転職体験談

【コールセンターSVの志望動機】未経験・経験者別の伝え方(例文あり)

コールセンター SV 志望動機

志望動機をしっかりPRしてコールセンターSVになろう!

  • コールセンターSVに転職する際の志望動機はどう書く?
  • 面接で自己PRに成功する方法は?
  • コールセンターSVの志望動機をアピールする例文を知りたい!

コールセンターSVに転職したいときに、

どう自己PRしたらいいのか分からない…そんなことはありませんか?

ですが、自分の強みは必ずあるはずですよね。

経験者の中途採用はもちろん、未経験者でもそれは同じです。

今回は、面接などで使える「志望動機の伝え方」「自己PRの仕方」をお伝えします。

履歴書の自己PR欄の書き方にも参考になると思いますので、ぜひご一読ください。

年収の高いホワイト企業の求人がなかなか見つからない人は、

「求人を探す場所」を間違えている可能性が高いです。

高年収なホワイト企業の求人は、

ホワイト求人に強い転職サイトで探しましょう。

ハロワで探す…とかはブラック一直線なので注意して下さいね。

↓こちらはホワイトな求人が多数見つかる転職サイトです。

実際の年収も見られる無料のサイトなので、

求人情報を探すのに使ってみて下さい。

体験談の投稿者

\ 高年収なホワイト求人多数あり!/

無料登録して求人を見る

【コールセンターSVの志望動機】未経験者向け

コールセンター SV 志望動機

SV未経験者ができる自己PRの方法とは?

1. 「コミュニケーション能力」を自己PRする

コールセンターの仕事には、

お客様の年齢や特徴に応じたコミュニケーション能力が必須です。

相手がご高齢だと、ゆっくり話してあげないと分かりにくい場合があります。

一方、仕事をしている年齢層だと時間があまりない人が多いため、

テンポのいい会話が求められるケースもありますね。

様々な年齢の人とコミュニケーションが取れるのは大きな武器になります。

未経験でも、年齢問わずコミュニケーションを取れたエピソードを語りましょう。

例文

私の強みは、年齢問わず様々な人とコミュニケーションを取れることです。

それを生かしていきたいと思い、御社を志望致します。

私は小さい頃、祖父母の家によく遊びに行っていました。

しかし、耳が遠い祖母はあまり口数が多くありません。

あるとき、いつも友達と話すスピードよりゆっくり話をしてみました。

すると、いつもよりも祖母との会話がはずんだのです。

それをきっかけに、私とはたくさん話をしてくれるようになりました。

御社に入社させて頂いた際も、様々な方とコミュニケーションを取り、

売り上げアップに貢献したいと思います。

2. 「ストレス耐性の高さ」を自己PRする

SVになるにはストレス耐性が必要です。

コールセンターは、自分の思い通りにならなくて困っている人が電話してきます。

イライラしている人の対応をするのは、簡単ではありません。

ストレス耐性が強いのは、コールセンターにおいて大きな武器になりますよ。

例文

私はストレス耐性が高いと自負しており、どんな時でもお客様に誠実に対応できます。

そのため御社の売り上げに貢献できると思い、志望致しました。

学生時代、部活のキャプテンをしていたときのことです。

中には自分の言う事を聞いてくれない部員がいました。

ストレスが溜まりそうになりましたが、

「私はどうすればいいだろうか?」ということを考えるしかありません。

考えた結果、その部員と週一回面談を行い、相手の意見をよく聞くようにしました。

難しい局面だからこそ、誠実な対応が必要だと思ったのです。

最終的には、相手も私の言葉を聞いてくれるようになりました。

今後も、クレーム対応などに心を乱されず、冷静で誠実な対応をしていきます。

3. 「トークスキルの高さ・言語化能力」を自己PRする

自分の考えを言葉で伝える能力も、大きな武器になります。

コールセンターは対面ではなく電話での対応なので、

図に書いたり映像を用いたりすることができません。

その為、自分の思いを言葉で上手く伝える力が求められます。

例文

私は言語化能力を生かしていきたく、御社を志望致しました。

学生時代、サッカーをしていたときのことをお話しさせてください。

新しい監督から「あなたの特徴は何ですか?」と生徒みんなに聞かれたのです。

ほとんどの生徒は自分の特徴を上手く伝えられず、

監督から「それはどういう事だ。分かりにくい」と言われてしまいました。

しかし、自分だけは褒められたのが印象に残っています。

「その説明は、分かりやすいね」と言ってもらえました。

相手に分かりやすく言葉で伝えるというのは、

コールセンターにおいても重要だと思います。

御社に入社した際も、お客様に分かりやすい言葉で伝えていきたいです。

>>2023年に転職活動を始める人が注意すべきたった1つのこと

【コールセンターSVの志望動機】経験者向け

コールセンター SV 志望動機

SV経験者向けの志望動機の伝え方とは?

1. 「リーダーシップ・チームマネジメント能力」を自己PRする

SVには、チームマネジメント能力が必要です。

コールセンターでは色んな年齢の方が働いているため、

自分よりもかなり年上の人をマネジメントしなければいけないケースもあります。

リーダーシップを発揮できなければ、年上のオペレーターに舐められてしまいかねません。

オペレーターを管理できる能力をPRしましょう。

例文

私はマネジメントの経験を生かし、御社に貢献したいと思い志望致しました。

前職も、コールセンターでのSV業務です。

そこで経験した、年齢が上のオペレーターへのマネジメントについてお話させてください。

自分よりも12個年上のその人は、会社の服装規定に従わない人でした。

規定には従ってもらわないといけません。

ですが、私はまず彼と面談をし「なぜそんな服装をするのか」という理由を探りました。

すると、目立ちたがり屋な性格だということが分かったのです。

それから私は、彼にどんどん仕事をお願いするようにしました。

「彼がもっとスキルで目立てるようになればいいのではないか」と思ったからです。

予想通り、彼はどんどんスキルアップしました。

色んな仕事を任されて周りからすごいと言われ、目立つようになったのが嬉しかったようです。

その後で服装のことを注意したところ、快く聞いてくれました。

御社に入社させて頂いた際は、リーダーシップやマネジメントの経験を生かしていきたいです。

2. 「臨機応変に対応できる能力」を自己PRする

SVは、臨機応変な人でなければいけません。

コールセンターには様々な方が電話をしてきます。

お客様のタイプに合わせて臨機応変に対応できることをPRしましょう。

例文

オペレーターとして培った臨機応変さを生かしていきたいと思い、御社を志望致しました。

以前、クレーム対応した際のことです。

お客様がフランクに話をされたので同じような感じで話したところ、

「対応してくれたのがあなたでよかった。次回もよろしくね」と言ってもらいました。

別のお客様は経営者の方で、これまで以上に丁寧に話をしました。

すると今度は「丁寧な対応でいいね」と言ってもらえたのです。

きっと、お客様に合わせた話し方をしたのがよかったと思います。

クレーム対応にはトークスクリプトがあるとはいえ、正解はありません。

御社に入社させて頂いた際も、臨機応変に対応してお客様満足度を上げていきたいです。

3. 「クレーム対応への豊富な経験」を自己PRする

クレーム対応経験の豊富さは、何よりも強みになります。

困った事があって問い合わせをしてくるパターンが多いため、

コールセンターのSVはクレーム対応をする事が多いです。

様々なお客様がいるのでクレームの内容も多岐に渡り、経験がものを言います。

例文

私には、様々なクレーム案件の対応経験があります。

その経験を生かしていきたいと思い、御社を志望致しました。

クレームの内容は様々ですが、まずは「お客様の気持ちに寄り添うこと」が大切です。

私は、どんなクレームでもまずは相手の気持ちを分かった上で、

何ができるかを考えるようにしていました。

まずは「そうですよね、おっしゃる通りだと思います」とお答えして、

あなたの気持ちが分かりますということをお伝えします。

そうすると、お客様の気持ちが落ち着いてくることがほとんどでした。

実際の要望については、出来ることと出来ないこととがあります。

出来ないことは出来ないときちんと伝えることが必要です。

ただし相手の気持ちを分かった上で出来ないと言うのと、

はじめからただ出来ないと言うのとでは、全く印象が違います。

御社でもクレーム対応の際には、まずはお客様に同調してから意見を伝え、

最終的に納得してしてもらえるようにしたいです。

4. 「目標達成能力の高さ」を自己PRする

SVとして働くのであれば、目標達成する力も欠かせません。

コールセンターSVの業務は多岐に渡り、やるべきことが多いです。

きちんと分析ができ、目標に向けて効率よく動けるSVは評価されますよ。

例文

私は、自分の目標達成能力を生かしていきたく、御社を志望致しました。

コールセンターでは突発的なクレーム対応が多く、予期せぬ時間を割くことが多いです。

しかし、それでも達成する方法を考えないといけません。

たとえばエクセルを使い現状の問題点を把握し、何をすればどのくらい伸びるのかを考察します。

実際、私が新人SVだった最初の頃は、業務に追われて目標達成が難しかったです。

ですが、エクセルで的確に分析するようになって変わりました。

限られた時間で効率よく動けるようになり、

その後は安定的に目標達成ができるようになったのです。

御社に入社させていただいた際も、目標額達成を常に意識して業務を行っていきます。

【ブラック企業に注意】2023年に転職活動する人が注意すべきたった1つのこと

(これから転職活動を始める人に知っておいてほしいこと)

 

2023年現在、コロナも明けてブラック企業とホワイト企業の労働環境の差はますます広がっています。

これから転職活動を始める人は、

ブラック企業の求人にまちがえて応募しないように注意して下さい。

↓まったく同じ職歴や年齢でも、

  1. ブラック企業で働く人たち
    安い給料で誰からも感謝されず、しんどい働き方をしている人たち。
    新人は「利益を生み出さないお荷物」みたいな扱いで放置され、ひたすらに搾取の対象として酷使され、遅かれ早かれ退職を余儀なくされキャリア(職歴書や履歴書)にも傷がついてしまう…。
  2. ホワイト企業で働く人たち
    最初から平均より高い給料が設定され、職場の仲間と協力しながらやりがいを持って働ける環境で、残業も少ないのでワークライフバランスを実現できる人たち。

↑この2種類の働き方をしている人がいるのが現実です。

職歴もスキルも年齢も同じなのに、なんでこんな差がついてしまうのか?ですが、

これはあなたがこれから働く会社が、

ちゃんともうかっている会社かどうか?

(ちゃんと利益を出せている会社か?)によって生まれる違いなんです。

利益の出ていない会社は常に人手不足で余裕がありません。

利益が出ていませんから当然お給料も安くなりますし、

みんなイライラと不満を持ちながら働くことになるので、

必然的に職場環境が劣悪になりがちなんです。

(これがブラック企業が生まれる仕組み)

どんなに優秀で、やる気のある人であったとしても、

入社する会社をまちがえるとブラックな働き方になってしまうということですね。

なので転職活動のやり方ってたいせつなんです。

  • 「採用される可能性が高そうな求人なら、とりあえずどこでもいい」
  • 「とりあえず希望職種や希望業界に入れるならどこでもいい…」
  • 「入社時はお給料が安くても、がんばって結果を出せばアップしていくはず…」

↑みたいな感じではなく、

最初からしっかりとホワイト企業の求人だけにしぼりこんで応募することが大切になります。

ここだけはきちんとやっておかないと、

入社後になってからものすごく後悔することになってしまいますよ。

会社って、入社後にはお給料や残業時間の交渉とかしてくれませんからね。

こちらの希望を伝えられるのって、基本的に入社前だけです。

体験談の投稿者

これ、実は私もやってしまったミスなんですが、

当時無職ニートだった私は、

「とりあえず採用してもらえるなら、どこでもいいや…」

↑みたいな感じで適当に転職活動していました。

(ハローワークやリクナビの「おすすめ求人」みたいなやつに、

内容も見ずにかたっぱしから応募してました)

今から考えたらアホだったなあ…という感じなんですが、

これやってしまうと、本当に地獄を見ることになります。

 

一度入った会社は、そう簡単には辞められない(数ヶ月〜1年は拘束される)

(いったん入社した会社は、辞めたくてもそう簡単には辞められません…)

一度入った会社って、そう簡単には辞められないんです。

いろいろ理由をつけて退職日って引き延ばされますし、

たとえ正式に退職願いを出しても、

少なくとも数ヶ月〜1年間は気まずい職場でがまんすることになってしまいます。

どうせ辞めることを決めているどうでもいい会社のために、

自分の人生の貴重な時間をささげるとか最悪ですよね…。

でも、もう嫌だから明日でいきなり仕事辞める!とかやってしまうと、

自分の履歴書が汚れることになるので、これも簡単にはできません。

私もまちがえてブラック企業の求人に応募してしまい、

最悪な労働環境の職場に入ってしまったことがあります。

結局、その後に別の職場に転職したんですが、

今から思うと、本当に人生で無駄な時間でした…。

(最初からホワイト企業にしぼって転職活動すればよかった)

体験談の投稿者

ブラックな職場にまちがえて入ってしまうと、

本当に貴重な人生の時間をドブに捨てて、無意味な時間を過ごすことになります。

めちゃくちゃ後悔することになりますから、くれぐれも注意して下さいね。

 

「ホワイト求人に強い転職サイト」で求人を探すのがコツ

(ホワイト求人に強い転職サイトで求人を探しましょう)

 

最初から年収高めで、しかも働きやすい職場で働きたい人は、

ホワイト求人に強い転職サイトを使って求人を探すようにして下さい。

ブラック企業の求人は最初から排除されているサイトなので、

リクナビやハロワより圧倒的に好条件な求人を見つけることができますよ。

↓例えば、以下のような優良ホワイト求人もたくさんあります。

転職活動ってどこで求人を探すか?によって、

結果がかなり変わってくるので、くれぐれも注意して下さいね。

(ハロワとかで探すとブラックに入ってしまう可能性大です)

体験談の投稿者
  • 20代未経験で年収450万円〜の求人
  • 最短1週間〜2週間で入社の急募求人
  • 年収1000万円も狙える高年収求人
  • 人事や経営企画など人気職種になれる未経験OK求人
  • 誰もが名前を知っているプライム上場大手求人
  • 新規立ち上げメンバー募集など入りやすい職場の求人
  • 第二新卒・フリーター歓迎の正社員求人
  • 将来の幹部候補として入社できる求人
  • 在宅OK・残業なし等ワークライフバランス型の求人
  • 営業マン経験者なら年収650万円〜の求人

>>現在募集中のホワイト求人を見てみる
(無料登録で実際の年収を見られます)

今すぐは転職活動できない人もやっておくべきこと

(今すぐ転職活動できない人も、転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう)

 

いろいろ事情があって、今すぐは転職活動を始められない…という人も、

転職サイトの無料アカウントは精神的に余裕のあるうちに作っておきましょう。

日々の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという作業すらやる気がなくなるものです。

疲れて仕事から帰ってきたら、

転職サイト見るのすらめんどくさい…ってなるのが自然ですからね。

転職サイトで無料アカウントを作り、

希望年収や志望職種などを入力しておくと、

自分にマッチする求人が出るたびに自動通知してもらえて便利です。

(優良求人が出てきた時に見落としがなくなります

良さげな求人が見つかったら、ブックマーク保存して情報としてストックしておきましょう。

普段から転職サイトから送られてくる求人情報をこまめにチェックするくせをつけておくと、

この業界の年収や福利厚生の相場が自然にわかってきます。

(「ここはちょっとやばいかも…」みたいにブラック求人を自然に見分けられるようになります)

あと、普段からいろんな選択肢を見ておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら転職もあると気づけるのも重要ですね。

いい意味での「逃げ道」を余裕のあるうちに確保しておくのが大事ですよ。

転職サイトっていろんなところがありますが、

絶対にブラックな職場に入りたくない人は、

↓ホワイト求人に強い転職サイトで求人を探すようにしてください。

マイナビエージェント(おすすめの無料転職サイト)

20代がホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントはホワイト求人が非常に見つかりやすい転職サイトです。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など好条件な求人が多数ありますよ。

↑こちらはホワイト企業の求人に強い転職サイトです。

無料で使えるサイトですので、情報リサーチに活用しましょう。

体験談の投稿者

転職活動を「すべて自力でやろうとする」のは完全に無理ゲー

(転職活動には必ず転職エージェントを使いましょう)

 

この記事を書いている2023年現在、

転職活動をすべて自力でやる…というのは、

完全に無理ゲーになっています(難易度が高すぎるという意味です)

もちろん、ルール的には自力でやってもいいんですよ。

ですが、現在はほとんどの人が転職エージェントを使って転職活動してますから、

自力で頑張ってもまず勝てない状態なのが現実なんですよね…。

体験談の投稿者

受験や資格の勉強でみんなが予備校や資格スクールに通って

高確率で受かるテクニックみたいなものを知っているのに、

自分だけが手探りで独学でやってる…みたいな感じです。

これだと、書類選考すら通らない可能性が高いので注意して下さい。

今どきないとは思いますが、

自分で考えた手書きの履歴書や職歴書…とかは、

どんなに一生懸命書いても見づらくて、

採用担当者にうざがられるだけなんで注意して下さいね。

書類選考は転職エージェント経由で応募するのがごく普通になっています。

転職活動では、独学や自力でがんばろうとするタイプの人って絶対に損しちゃうんで注意して下さい。

大学入試や資格の勉強とかでもときどきみかけますが、

自分で成功法則を見つけよう!

…みたいに頑張っちゃうタイプの人ってだいたい落ちるんですよね。

(集中すべきなのはそこじゃない)

受験も転職も、一番大事なのは合格することです。

それ以外のことは、転職活動が終わってしまえば二度とかえりみることもありません。

そもそも、転職活動なんて人生でそう何度もやることではないんで、

成功法則やテクニックなんて見つけても、あとで使う場所がありませんしね…。

成功法則やテクニック!とかは転職のプロに任せて、

採用を勝ち取ることだけに集中しましょう。

次はこういう仕事やってみたい!って、

進路がなんとなく決まってる人はなおさらですね。

採用確率を確実にアップさせるためにも、

とりあえず転職エージェントの無料相談を受けることから始めましょう。

(リモートでもできますよ)

体験談の投稿者

↓転職エージェントは以下のようなことを代わりにやってくれます。

なお、転職エージェントに報酬を払っているのは採用側だけですから、

私たち転職活動する側は完全無料で使うことができますよ。

  • 書類選考対策(履歴書や職歴書などの添削)
  • 面接のアポイント取りや日程調整の代行
  • 希望する年収や勤務地に合わせた求人候補の提案
  • 年収交渉の代行(面接への同席を含む)

↑特に最後の「年収交渉」は、やるかやらないか?で、

年収が100万円単位で変わってくることもあるので絶対利用した方が良いです。

むずかしい年収交渉を自力でできる人なんてほぼいません。

ただでさえ緊張する採用面接の場で、

給料これだけ下さい…!とか交渉するなんて現実的ではないですしね。

転職エージェントは完全無料なので、使わない理由はありません。

↓個人的におすすめの転職エージェント会社はこちらです。

私も転職活動がうまくいかず苦しんでいた時に相談し、

無事に現在の仕事に転職することができました。

とても親身に相談に乗ってくれますのでおすすめです。

体験談の投稿者

\ 人気のあの職種に採用される!/

公式サイトはこちら

-コールセンターの転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.