仕事の悩み

「会社の給料が安いから辞める」はあり?転職で年収上げるには?

  • 会社を「給料が安い」という理由辞めるのはあり?
  • 転職すると給料は下がってしまう?
  • 転職で給料を上げるにはどうしたらいいの?

転職希望者の退職理由で、いつの時代も不動の1位なのは「給料が安い」という理由です。

例えば、エンジャパンの8000人に対するアンケートでも、20代・30代・40代すべての年代で「給与が安かった」は退職理由の1位になっていますね。

しかし、何も考えずに転職をしてしまうと、かえって給料が低くなってしまうケースもあります。

給与に不満があって転職したのに、転職先でさらに年収が下がってしまった…では全く意味がありませんよね。

以下では、こうした事態を避けるためにはどうしたらいいのか?について解説いたします。

転職で年収アップを実現するには「コツ」があるのです。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。
    営業は嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

転職で給料をアップさせるための3つのポイント

会社 給料安い 辞める

(「会社の給料が安い」で辞めるのはあり?)

↓転職で給料をアップさせたいなら、以下の3つのポイントは必ず押さえて置きましょう。

転職で給料をアップさせるには?

  1. 転職活動は在職中に始める
  2. 同業種・同職種で転職する
  3. 転職活動は転職エージェントを使おう

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

1.転職活動は在職中に始める(内定をもらってから退職する)

面接、特に給与面の交渉は戦いの場なので、企業側に足元を見られないようにしなければなりません。

足元を見られるというのは、簡単に言えば「多少は給料が安くても内定を出せば応じるでしょ?」と企業側に思われてしまうことです。

残念ですが、離職中の転職活動では、このような状況になってしまいがちです。

離職した当初は「給料が下がるようなら内定が出ても蹴る!」という気持ちだったとしても、

転職活動が3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月…と長引くにつれて、経済的にも苦しくなってくるのが普通です。

社会人になってお給料をもらえるのが当たり前になっていると忘れがちですが、収入がない状態というのはとてもつらいものです(失業保険なんてすぐになくなってしまいます)

こういう精神状態で転職活動をしてしまうと、どうしても以前よりも悪い条件で妥協することになりがちです。

転職活動は「余裕のある時」に始めるのが鉄則

また、離職している期間が長くなると、企業からの印象も良くありません。

現職の上司などにばれないように転職活動をするのはなかなか難しいですが、給料をアップさせるためには、やはり在職中に始めた方が良いでしょう。

給料が安いから転職するという理由に、後ろめたさを感じる方もいるかもしれません。

しかし、お金というのは仕事のモチベーションに直結します。

自分のやっている仕事が給料の割に合わないと考えているのであれば、それは十分転職理由になり得ます。

面接で「給料を上げたい」を前面に出すのはNG

ただし、面接などで「給料を上げたいから転職活動しています」というのを全面的に出すのは、避けた方が良いでしょう。

採用担当者としては、「もし入社してもらっても、その後にもっと高い給料を提示する会社があれば、また転職をするのかも」と考える可能性があります。

面接ではあくまでも「自分の経験や知識、考え方でその企業にどう貢献できるのか」を伝え、

一生懸命頑張る分だけ評価を適正にされたい。そのために現職より給料の良い企業を探していた」というかたちで伝えると良いでしょう。

Sponsored Links

2.同業種・同職種で転職する

企業側からすれば、高い人件費や紹介手数料を払って採用したからには、基本的には即戦力で働いてくれることを期待します。

そのため、業種未経験で転職をする場合、即戦力にはなりにくいと判断され、希望通りの給与を提示されない可能性が高いです。

いくら面接で自分をアピールしても、未経験ということであれば、企業は未知数な人材を採用するというリスクがあります。

即戦力になれるということをアピールするためには、現職と同業種、または同職種で転職先を探してみるのが良いでしょう。

3.転職活動は転職エージェントを使おう

現在、転職活動は転職エージェントを通して行う人がほとんどです。

↓転職エージェントは、以下のようなことをあなたの代わりに無料でやってくれます。

(エージェントにお金を払っているのは企業側ですので、あなたは無料で使えますよ)

エージェントがやってくれること

  • キャリア診断
  • 非公開求人情報の紹介
  • 面接日程や入社日程の調整
  • 年収交渉の代行
  • 履歴書の添削
  • 模擬面接実施(面接への同席をしてくれる場合も)

仕事は優秀でも自己アピールが苦手な人はとても多い

仕事については自信があって実際に優秀なのに、自己アピールをするのが苦手…という人はとても多いですね。

しかし、転職活動というのは「自分を商品として売り込む場」でもあります。

なので、「こういうところは他の人に負けない自信がある」ということを積極的にアピールしなくてはなりません。

(そうしないと給与アップにはなりません)

「信頼している人からのおすすめ」がもっとも信頼性が高い

自力で自己アピールするのが難しい方は、転職エージェント経由であなたの強みを伝えてもらいましょう。

エージェントに採用担当者との間に入ってもらえば、今まで経験してきたことを、その会社でどう活かせるか、どんな風に貢献していけるかを客観的な立場で伝えることができますよ。

例えば、あなたが何か通販で買い物をしようと考えているときに、誰の意見を参考にするでしょうか。

ネットの口コミやアマゾンのレビューを見る人も多いと思いますが、一番信頼感があるのは、

あなたが信頼している人がおすすめしている商品」ではないでしょうか。

その商品を販売している本人が、「この商品はおすすめですよ!」とどれだけおすすめしても、「そりゃあんたはそういうだろうけど…」という感じですよね。

転職活動についてもこれと同じです。

採用担当者は「この人を雇用して本当にお得なのだろうか?」とあなたの履歴書をみながら値踏みしています。

このときに、採用担当者に対して、転職のプロであるエージェント経由が

この人はこういう強みがあります。この年収で雇用できるのはかなりお得ですよ」とアピールしてもらうのは強い説得力があるのです。

年収交渉もエージェントに代行してもらおう

自分がもらう給料をいくらにするか?の交渉は難しいものです。

もちろん、ビジネスマンとして適切なお給料をもらいたいと考えることは正当なことです。

しかし、伝え方を間違えてしまうと「がめつい人」「お金次第で動く人」という印象を与えてしまいます。

これはやはりマイナスです。

悪印象を与えてしまうのを避けるには、転職エージェント経由で自分の希望額を伝えるのが良いです。

エージェントは企業との間に立って、

入社意欲は高いのですが、あとは給与面のみが気になっているようです」といったように、カドが立たない形でうまく交渉してくれます。

もし企業側からの条件に納得できない場合は、エージェントを通じて給与条件を交渉してもらうよう依頼することもできますよ。

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!」みたいなサイトってたくさんありますけど、はっきりいって、どこもそんなに大差はないです。

どこも無料で使えるんで、実際使ってみて合わなかったらサヨナラ、という使い方でいいと思いますよ。

↓1つだけ気をつけておくとしたら、

  1. 大手型
    「うちは大手なんで、とにかく何でもそろってます」というエージェント会社
  2. 職種特化型
    「うちはこの業種・業界の求人なら自信があります」というエージェント会社

という2種類の会社があるという点でしょうか。

ここでは仮に、1.を「大手型」、2.を「職種特化型」と呼んでおきます。

↓この2つの使い分け型は以下の通り。

2種類の転職エージェントの使い分け方

まだ希望する職種(営業?経理?人事?総務?)が決まっていない人は、

1.大手型」で「とにかく可能性のある求人を全部出してください」と依頼しましょう。

おおまかな希望年収だけ伝えておけば、「ここなら採用される可能性あるよ」という感じで候補を出してきてくれます。

そこからよさげな求人を見つけていけばOKです。

希望職種がすでに決まっている人(俺は経理マンになる、俺は営業マンになる、俺は人事マンになる、など)は、

2.の「職種特化型」のところを使いましょう。

エージェント自身がその業種紹介に特化して仕事をしてますので、求人の質がやはり高いです。

おすすめの転職エージェント会社

↓一応、いくつかおすすめのところを紹介しておきますね。

  • リクルートエージェント(1.の大手型)
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここだけ使えばOK。
  • MSジャパン(2.の職種特化型)
    経理や人事など、管理部門の職種(かんたんにいえば営業以外の仕事)の求人を専門で扱ってます。
    営業はもう嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビ金融(2.の職種特化型)
    銀行や信用金庫など、金融業界で働いている人におすすめのエージェント会社です。未経験者向けの求人はないですが、金融業界経験者は高年収求人多数あり。
  • アクシスコンサルティング(2.の職種特化型)
    コンサルティング業界特化型のエージェント会社です。
    コンサル業界は採用のしかたが独特なので、必ず専門エージェントを使いましょう。

転職エージェントを使うメリット

↓転職エージェントを使って転職活動することには、以下のようなメリットがあります。

  • 完全無料で使える
  • 非公開求人をチェックできる。情報リサーチの精度が圧倒的に上がる
  • 履歴書や志望動機の添削を無料でやってもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 自分に合っている仕事がなんなのか?をプロの目で客観的にアドバイスしてもらえる
  • 面接の日程調整など、めんどうな手続きをすべて代わりにやってくれる
  • 年収交渉を代わりにやってくれる

特に、年収交渉を代わりにやってくれるのは大きいですね。

エージェントを使うか使わないかによって、年収で100万円以上の差がつくこともありますので、今よりも年収アップしたい人は必ず使うようにしましょう。

(最大手はリクルートエージェントです。迷ったらここ使えば問題なしです)

\ 年収アップ!優良求人多数あり/

募集中の求人を見てみる!

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.