仕事の悩み

会社を辞めたい2年目の営業マンへ。自分に合わない会社で働き続けるのはリスク

Sponsored Links

ポイント

  • 営業マンになってもう2年目…。なのにちっとも売れるようになる気配がない…。
  • 体育会系の会社の雰囲気に嫌気が差している。
  • 新卒でなんとなくネームバリューで会社を選んだけど、実際に入社してみたら地獄だった…。
  • 会社を辞めたい気持ちはあるけれど、またいちから転職活動をするのもちょっと…。今の会社にい続けるべき?

営業マンとして2年目を迎えた方の中には、「今の会社で働き続けることに疑問を感じている…」という方も多いのではないでしょうか。

ノルマが厳しい、上司がパワハラ、日々深夜までの残業など、理想と現実の差に苦しんでいませんか?

大学の就活で夢を抱いて活動をし、ようやく手に入れた内定ですが、2年目にして会社を辞めたいと感じている方は多いはずです。

今の会社にどうしても苦痛を感じているなら、キャリアチェンジも視野に入れてみてください。

私は30代以上の人には安易に転職はおすすめしませんが、

20代の方は、しっくりくる会社が見つかるまでは何度か転職して見るのもありだと思っています。

というのも、20代の人というのは、未経験の求人でいくらでも働き口があるからです。

特に、営業職の経験者は、第二新卒の枠でたくさんの求人がありますよ。

Sponsored Links

自分に合わない会社で働き続けるリスク

今の会社はつらいけど、また一から転職活動するぐらいなら、今の会社にい続ける方がいい…。

こんな風に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

まがりなりにも1年間やってきたのに、また1年目の新人から再スタートとか嫌…。という気持ちもよくわかります。

ですが、「自分に合わない会社」で働き続けることにはリスクがあります。

どのような会社でも、その会社独特の「社風」というものがあるからです。

これはどの会社の社風が良い、悪いということではなくて、

あくまでも「性格的に合うか、合わないか」の問題です。

どんなに能力的に優秀な人でも、性格的に合わない人の中で能力を発揮するのは至難のわざです。

性格的に合わない・社風が合わない会社に入ってしまった場合、あなたの能力を最大限に生かすことはできないでしょう。

これはキャリア構築という視点で見た場合にも非常にもったいないことです。

仕事内容そのものに苦痛を感じている場合

また、今の会社の仕事内容そのものに苦痛を感じている…という人もいらっしゃるでしょう。

お客さんをだますようなセールストークをしないと売れない商品を扱っているとか、

そもそも存在する意味があるのかどうかよくわからない事務作業ばかりやらされる…という状態はつらいですよね。

こういった仕事を、いくら上手にこなせるようになったからと言って、

例えば10年後にあなたのキャリア上の財産となるかどうか?は疑問です。

最初から意味のない仕事を、いくら完璧にできるようになったとしても、

それは意味のない努力といわざるをえません。

今の仕事そのものに苦痛を感じているなら、少しでも早いタイミングで仕事を変えることを検討した方が良いかもしれませんよ。

転職もキャリアチェンジも20代のうちが有利

30代の求職者と20代の求職者が同じ求人に応募した場合、

求める経験を満たしていれば圧倒的に20代を採用する会社が多いです。

特に営業から異業種へのキャリアチェンジの場合は顕著に20代にメリットがあるといえますね。

同じ営業経験での書類選考の通過率も20代のほうが高くなりますよ。

キャリアチェンジをする場合、営業経験2年目や3年目でも、営業で培ったコミュニケーション能力を活かして転職する人もいます。

例えば、人事やマーケティング、営業企画などの職種があります。

2年目であろうと営業経験があればチャンスの数は多くあり、さらに可能性も高くなるということです。

20代や第二新卒の転職はどうすればいいか

20代や第二新卒の転職には、以下のことが大切です。

ポイント

  • 自分の経験をどの職種で活かすことができるか理解する
  • 20代・第二新卒専門の転職エージェントを活用する
  • 思い切って転職しよう!

それぞれの項目について、順番に解説していきます。

自分の経験をどの職種で活かすことができるか理解する

自分のどの経験が、別の職種で活かすことが出来るのかも理解して面接に挑むことが重要ですよ。

新卒時に優秀な人材を採用することが難しくなってきている現在は、中途採用でも20代の若手人材を求める傾向にあるのです。

20代の場合はポテンシャル採用になることが多いです。

そのため、ある程度自己分析をした上で、専門の転職エージェントに相談しましょう。

20代・第二新卒専門の転職エージェントを活用する

20代や第二新卒に特化した転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。

一般的な転職エージェントよりも基礎的な部分からサポートをしてくれますよ。

20代専門の転職エージェントでは下記のようなサポートを受けることができます。

ポイント

  • 履歴書・職務経歴書の作成方法
  • 自分の強みを言語化してくれる
  • 面接でのアピールポイントや質問についてのアドバイス
  • 面接でのマナーを教えてくれる

転職エージェントのコンサルタントはどの仕事内容も正確に把握しており、キャリアチェンジ転職の実績もあります。

転職慣れしていない20代のうちは、20代専門の転職エージェントに細かくサポートしてもらいましょう。

自分の強みに合った転職先を一緒に考えてもらうことで、きっと自分に合った輝ける場所に出会えるはずですね。

思い切って転職しよう!

無理に今の会社で頑張るより、思い切って転職活動することも一つの選択肢です。

転職はある意味逃げの転職でも良いのだと理解しましょう。

自分がきちんと輝ける場所にいることが何よりも重要です。

逃げの転職でも良い理由は、20代の営業経験者は応募出来る求人案件が多く存在するためです。

同じ営業ではればもちろんのこと、コミュニケーション能力を活かせる職種であれば転職のチャンスは多く存在しますよ。

もちろん、現在の会社で改善できることはやりましょう。

そのうえで、新たな仕事場を探すことも視野に入れておくことが大事になりますね。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.