転職の体験談

経理から経営企画へ転職できる?必要スキルと志望動機の書き方(例文あり)

  • 経理から経営企画に転職できる?
  • どんなスキルが必要?
  • 志望動機はどう書くのが正解?例文は?
経理から経営企画

(経理から経営企画に転職するには?)

 

経営企画の中途採用は、経理の実務経験者を対象に行われることが多いです。

経理も経営企画も「会社の数字」を使う仕事ですので、

この2つの仕事はとても親和性が高いためです。

経理の経験がある人は、

経営企画としても実務経験を生かして活躍できる可能性が高いですよ。

転職経験者

この記事では、経理から経営企画への転職を検討している方向けに、

転職成功のポイントを解説いたします。

志望動機の書き方も例文つきで解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

経営企画の現場で経理経験者に求められるスキル

経理の実務経験者が経営企画に転職するなら、

↓現場では以下のようなスキルが求められることを知っておいてください。

  1. 会社の「数字」を活用して仕事ができること
  2. 課題を抽出して対策を提案できる能力

もちろん、経理の実務経験者とはいえ、入社当初は経営企画としては経験ゼロからスタートです。

難しいと感じることは先輩に教えてもらいながら仕事をおぼえいけばOKですよ。

それぞれの内容について、順番に見ていきましょう。

>>「経理から経営企画」の志望動機の書き方(例文あり)

1.会社の「数字」を活用して仕事ができること

経理の仕事は「会社の過去」にまつわるデータを作成する仕事ですね。

その一方で、経営企画は会社の「未来」について考える仕事です。

例えば、経理が作成した「過去の会計データ」に基づいて、

「未来の予算」を決めるのは経営企画の重要な仕事です。

↓例えば、経営企画は以下のようなかたちで仕事をしています。

各部署が集まる半年に一回の予算会議で予算案資料を確認し、

本当の目的と使い道は経営計画に沿ったものなのか?

それぞれの部署は何を目指せば良いのか?を指示をします。

経営者のような厳しい目線で指摘し、

過去の実績をみながら、

会社全体の視点での費用対効果が出ているかをしっかりと追及する必要があります。

営業部門に対しては、しっかりと利益が出るような売上目標なのか。

一時的な売上ではなく、長期的にも効果は出そうか?

製造部門は、費用回収期間が適切な設備投資か、

そこから利益はどれくらい出るのか…

↑といった感じです。

部署単位だけでなく、

経営にインパクトのある会社独自のKPIに沿った予算の使い方ができているのか、

といった点も追及できるといいですね。

2.課題を抽出して対策を提案できる能力

経理は「財務諸表を作る」のが仕事ですが、

これに対して経営企画は「財務諸表を分析し、課題を抽出して対策を考える」のが仕事です。

具体的には、

役員などが集まる経営会議や財務会議で、

Sponsored Links

経営課題に対して対策を提案することが求められます。

経営に直接影響が出るような緊急度と重要度の軸で効果的なKPIを設定…

↑といったような仕事をするのが経営企画です。

根拠資料を作成して役員の承認をもらうのは難しい反面、やりがいのある作業のひとつですね。

その資料を元に、年間目標や中期経営計画の指標として各部署に取り込んでもらいます。

部門によっては厳しい目標設定になるので、

体的な行動プランの策定に関しても一緒に取り組むなど、

部門に寄り添った取り組みも必要になってきます。

経理から経営企画に転職する場合の志望動機の書き方

経理から経営企画への転職を目指す場合に、

↓志望動機の書き方として押さえておくべきポイントは以下の通りです。

  1. なぜ、経営企画の仕事がしたいのか?(なぜ経理ではだめなのか?)を明確にする
  2. 企業はあなたを採用することにどのようなメリットがあるのか?を書く
  3. なぜ、応募先企業に応募するのか?(なぜ第一志望なのか?)を書く

それぞれのポイントについて、解説していきます。

「経理から経営企画」の志望動機例文からみる人はこちらをクリック

1.なぜ、経営企画の仕事がしたいのか?(なぜ経理ではだめなのか?)を明確にする

ポイントは「数字を使った仕事をしたいこと」「未来に向けた仕事がしたいこと」という2つの視点を含めることです。

経理部門では、財務諸表の仕分け作業や決算資料の作成など、結果に対しての仕事になります。

一方、経営企画は、根本的な経営課題の解決や中期経営計画といった、将来に向けた仕事になります。

会社の将来に貢献したいという点が説明できると良いですね。

2.企業はあなたを採用することにどのようなメリットがあるのか?を書く

あなたが経理の実務経験者であることの強みを具体的に書きましょう。

具体的に言えば、会社のさまざまな課題を「決算書の数値や財務指標に基づいて」考えられることが、

経理の仕事を経験している人の強みと言えます。

原価に問題があるのか、

人件費なのか、設備投資なのか、財務諸表をみてどこの数字を良化させるかを判断できる。

経営を良化させるための目標となる数値、

KPIの設定ができることを伝えられると良いアピールになります。

3.なぜ、応募先企業に応募するのか?(なぜ第一志望なのか?)を書く

応募先企業のカルチャーに自分がマッチしていることをアピールしましょう。

どのような企業であっても「うちが重要視しているのはこういうこと」というものがあるはずです。

会社のホームページがある場合には経営者のあいさつページや、企業理念のページを参考にしてください。

これらの情報が見当たらない場合には、転職エージェントと相談してみるのもおすすめです。

(転職エージェントは求人を出している企業の人事担当者と実際にあって話をしていますので、応募先企業の社風やカルチャーについても詳しく知っています)

転職エージェントは無料で使うことができますよ。

↓くわしくはこちらをご覧ください。

>>転職活動って何から始めればいいの?

転職経験者

経理から経営企画の志望動機例文

経理部門で、仕分け作業や決算資料の作成をしている中、

本当の課題が見えるようになってきました。

例えば、製造部門での特定の商品の原価が高くなり過ぎている。

営業部門は売上は上がっているが、売上に対して人件費の増加幅の方が大きいなど。

データをまとめるだけの日々のルーティン作業の中でもどかしさを感じ、

もっと自分の経験を活かして会社に貢献したいという思いが強くなりました。

また、経営課題を見つけ出し、重要度と緊急度に応じたKPI設定をすることも得意としています。

現状に満足せず、常に挑戦する企業カルチャーの中で、私の経験を活かせるのではないかと思い、今回応募させて頂きました。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.