仕事の悩み

職場の誰も信用できない…。人間関係が理由でつらい場合の対処法

  • 一緒に働いている人たちがどうしても好きになれない。誰も信用できない…。
  • 職場で自分に対してだけ風当たりが強い…。同じミスをしても自分だけが厳しく叱責される。
  • 仕事内容そのものは好きなのに、人間関係だけが嫌で仕事に行きたく無い

人間関係で裏切られるようなことが続くと、「職場の誰も信用できない」と感じてしまいますよね。

「仕事だから割り切る」という働き方も考えられるでしょう。

しかし、人間関係がつらい職場で働きつづけると、精神的につらくなったり、体調を崩したり、最悪の場合にはうつ廟などの精神疾患を抱えてしまう可能性すらあります。

同じ働くなら、信頼できる人たちと楽しく働ける方が良いですよね。

人間関係が良ければ、多少の辛いことも乗り切れますし、仕事のパフォーマンスも上がります。

誰も信用できない職場で働き続けるリスクとは

↓誰も信用できない職場で働き続けるリスクとして、以下のようなことがあることもぜひ知っておいてください。

信用できない職場で働くリスク

  • 働くことが精神的に辛くなってく
  • 真面目に働いたとしても、社内評価が下がってしまう可能性がある

もちろん働かないと生活できませんが、そのような職場で働き続ける必要が、本当にあるのでしょうか?

今回は、そんな誰も信用できない職場で働き続けるリスクについて、解説したいと思います。

働くことが精神的に辛くなってくる

誰も信用できない職場で働き続けると、自分の居場所がどんどん無くなってしまいます

やがて、働くことが精神的に辛くなってきます。

その場合、残念ですが「もう後は辛くなる一方である」ということを覚えていてください。

Sponsored Links

そして、体と心は一心同体です。

精神的に辛くなれば、必然的に体調面でも影響が出てきてしまう可能性が高いといえるでしょう

真面目に働いたとしても社内評価が下がってしまう可能性がある

次に、社内評価が下がり続けることを覚悟しなくてはいけません

職場の誰も信用できないということは、相談したり頼れる人が職場内に誰もいないということです。

あなた自身が個人事業主であれば話は別ですが、どんな仕事でも、

職場で働く以上は、同僚と協働する場面が毎日のようにあります

これは組織の一員として働く以上、当然のことです

仕事は必ず誰かと関わりを持ってやるものなので、

誰も信用できないようであれば、良い仕事なんてできるはずがありませんよね

その結果、仕事の効率や質の低下につながり、社内評価が下がってしまう可能性があります。

あなた自身はどうでしょうか?

生活があるから働いているものの、そんな職場で積極的にコミュニケーションを取ったり、交流する機会を持っていますか?

そうでない場合、職場での孤立が当たり前になり、やがて孤独になってしまいます。

どれだけ仕事ができて能力が高くあろうが関係なく、あなたの社内評価が上がることはありません

そんな環境下でも、同じ職場で働き続けたいと思いますか?

Sponsored Links

生活云々は置いておいて、あなたのホンネはどうなんでしょうか

今一度、自問自答してみてください。

職場の誰も信用できないときにすべきこと

結論から言うと、「転職」を選択肢に入れてみましょう。

  • いや、負けたく無いから私は我慢して働く
  • 「石の上にも三年」というから、3年間はがまんする
  • 履歴書が汚れるのは嫌だから我慢する
  • いつかまわりがわかってくれるのを待ちたい

↑という方もいらっしゃるかもしれませんが、すでに見たように誰も信用できない職場で働き続けることには大きなリスクがあります。

「どうしても辛い」と思ったならば、少しでも早く行動に移すべきです

あなたを評価してくれない職場で過ごす時間がもったいなくありませんか?

一体誰のためになるのか…改めて考えてみてください。

実際に、人間関係が原因で転職する人はとても多いことがわかっています。

転職サイトNo1のリクナビNEXTの「転職理由と退職理由の本音ランキングBest10」では以下のようになっています。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

6位:社長がワンマンだった(7%)

7位:社風が合わなかった(6%)

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

7位:キャリアアップしたかった(6%)

10位:昇進・評価が不満だった(4%)

リクナビNEXT「転職理由と退職理由の本音ランキングBest10」

これだけ見ても、転職する理由のほとんどは、給料などの条件よりも「上司、同僚、先輩、後輩、社風」などが原因で転職したことがわかります

つまり、誰も信用できないような人間関係が悪い職場で働き続けるよりも、信頼性が高い転職サイトが示すように、

あなた自身も「転職」を考える必要があるということです

どんなに優秀な人でも職場の人間関係が悪いと能力を発揮できない

どんなに優秀で仕事ができたとしても、職場の人間関係が悪いと能力は発揮できません

組織は、従業員たちの一人ひとりの力が連結して成り立っています。

つまり、会社(職場)は優秀な人よりも、コミュニケーション力や組織力を兼ね備えた人材を求めているということです。

中には、優秀な人ほど妬みや嫉妬などから嫌われてしまう最低な職場もあり、このような環境であれば、全く働く意欲がなくなってしまいます。

給料や仕事内容などももちろん大切ですが、

どんな仕事だって、人間関係が良好な職場でなければ絶対に長続きはしません

仕事は人生の中で、とても長い時間を使います。

せっかくなら気の合う仲間と精一杯仕事をして、その中であなたの能力を発揮したいものですね

人間関係が転職理由だと次の職場で評価が下がる?

もちろん「転職理由は人間関係です」などと正直に言ってしまうと、次の職場でも評価は下がってしまいます

採用担当者は「あなた自身に何か問題があるのでは?」と疑ってしまうからです。

仮に人間関係が原因だとしても、わざわざマイナスになるようなことを言わないでくださいね

基本的には、転職理由は前向きな理由を言うようにしましょう。

例えば、以下です。

「私が現在勤めている会社では、個人のノルマ達成・売上実績が重視されているため、ギスギスした職場でした。しかし、私は周囲とコミュニケーションを取りながら職場全体として仕事に取り組む環境で働きたいと思っています。そういった理由で転職を検討していた中で、御社の求人を拝見し、仕事内容や先輩のメッセージなどから私の希望する環境と近いと考え、応募させていただきました。」

このように、同じ原因でも表現を変えるだけで、ウソをつくことなく前向きな志望動機になります。

今の職場だけでなく、応募先の企業の情報もしっかり確認するようにしましょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.