転職エージェントの使い方

転職エージェントは嘘つき?キャリアアドバイザーが教える特徴と見分け方

ポイント

  • 転職エージェントって嘘つきばかりなの?「この企業なら内定が出る可能性が高い」と言われたのに、結局不採用になったんだけど…。
  • 「なんでも正直に話してください」と言われたので持病があることを伝えたら急に紹介がなくなった。
  • 転職サイトの年収や仕事内容と、実際の入社条件がぜんぜん違った。

↑転職エージェントを使って転職活動をした経験のある方の中には、こういった嫌な思いをしたことがあるのではないでしょうか。

一度こういうことがあると、「転職エージェントなんて嘘つきばかりだから使いたくない!という気持ちになってしまいますよね。

ただ、実際に業界の中にいる人間としては、「中には嘘つきのエージェントもいるけど、全体としてはちゃんと求職者のために動いている人が多い」というのが実際のところです。

転職エージェントはすべてが嘘つきというわけではなく、ちゃんとした人を見分けて活用することが大切なのです。

この記事では、大手転職エージェントでキャリアアドバイザーとして1800名以上の転職活動を支援してきた私自身の経験から、転職エージェント会社の裏事情を紹介します。

「こういう人なら安心して相談できる」という優秀な転職エージェントの特徴についてもお話ししますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントに嘘つきが多くなる仕組み

嘘つきが多くなる仕組みを説明するために、まずは転職エージェントに関わる人々を説明します。

・転職したいと考えている人

キャンディデートとも呼びます。

キャリアアドバイザー

求職者とコミュニケーションする人。

主な業務は求職者との面談、求人紹介、退職交渉相談など。

(私が勤めていたのがこれです。)

・リクルーティングアドバイザ

採用したい企業の課題解決をする人。主な業務は募集求人の獲得、求人票の作成など。

(余談ですが、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーをそれぞれ分けている会社を分業型、分けていない会社を一気通貫型とも呼びます。)

転職エージェントが報酬を得る仕組み

Sponsored Links

転職者は、転職エージェント対して利用料金を払うことはありません

ただし転職エージェントは慈善事業でもありません

では、どういった仕組みで転職エージェントが報酬を得ているのか、簡単に見ておきましょう。

転職エージェントは、企業に転職者を紹介することで、

転職者の年収の20〜30%程度を成功報酬として受け取っております

(例)年収500万で入社×紹介料30%=150万円

エンジニアなど採用難易度が高い募集だと「50%支払います」という企業もあります。

大きな金額を受け取っているからこそ、求職者には無料でサービス提供できる、という構造です

転職エージェントに嘘つきが多くなりやすい仕組み

それは、売上ノルマの存在です

キャリアアドバイザーもリクルーティングアドバイザーも営業マンです。

つまり売上ノルマがあります。

求職者が紹介した企業に転職して初めて売上(自分の成績)があがります。

つまり、転職エージェントは、できるだけ多くの人に転職してほしいのです

転職がネガティブではなくなってきた昨今、

言葉巧みに転職をすすめてくる転職エージェントは存在します。

これが「嘘つき」の原因です。

面談したらここをチェック!嘘つきエージェントの見分け方

転職エージェントを利用する際は面談がありますので、以下をチェックして見極めましょう。

嘘つきエージェントの見分け方

  • 性格的に合いそうな人か
  • 面談時の会話に合った求人を提示してくれるか
  • 「とりあえず、X件応募しましょう」と言うか
  • 特定の会社を強く薦めてこないか
  • メリットとデメリットを明示してくれるか

性格的に合いそうな人か

Sponsored Links

転職相談は非常にセンシティブな内容です

なぜ転職したいのか、キャリアに対する考え方、希望する求人条件。

面談では様々な話をしていきます。

担当する人(会社)が信用できるか、本心を話せるか、適切なアドバイスをもらえるかは、とても重要です。

ここでミスマッチが起こるとと、転職エージェントに都合良く進んでしまいます

面談時の会話に合った求人を提示してくれるか

次に、面談で伝えた内容と、提示してくれる求人がある程度一致しているかが重要です

前述の通り面談では様々な質問をされます。

勇気を出して答えた結果、出てきた求人が的はずれということは良くあります。

この場合、転職者が情報が欲しい求人ではなく、

転職エージェントが売りたい求人を提示している可能性があります

「とりあえず、X件応募しましょう」と言うか

業界職種や社会情勢にもよりますが、少子高齢化社会では労働人口が減少するため、基本的に売り手市場です

一定数受ければ、ある程度の確率で内定が取れます。

「とりあえず数多く応募させて、内定出たら入社させ、報酬を得よう」と考えているかもしれません。

特定の会社を強く薦めてこないか

転職エージェントは紹介した企業からの成功報酬を受け取ることで成り立っています

採用が難航している企業は、紹介料を引き上げて契約している場合があります

売上ノルマや報酬を稼ぐために、

紹介料が高い求人をゴリ押しすることは良くあります

メリットとデメリットを明示してくれるか

転職すべきか残留すべきか、どの企業に入社すべきか、意思決定する瞬間があります

メリットだけがあまりに強調されるなど、メリットとデメリットのバランスが悪い場合は、

転職エージェントにより恣意的に捻じ曲げられていないか注意が必要です

結局、転職エージェント使うべきなの?

結論から言うと、転職エージェントは有益なサービスです

多くの知識と経験があり、転職エージェントしか保有していない求人も存在します。

また初めての転職で相談できる人がいない、という人には心強いパートナーになります。

以下のポイントを踏まえて、上手く活用しましょう。

ポイント

  • 複数の転職エージェントに登録
  • 担当アドバイザーの変更依頼
  • 「納得感」を持つ

複数の転職エージェントに登録

1社への登録だけだと、転職エージェントの比較できません

何社か面談して、相性がいいと思う転職エージェントを選びましょう。

保有している求人も異なりますので、複数の転職エージェントに登録することはメリットが大きいです。

担当アドバイザーの変更依頼

担当アドバイザーは、変更してほしいと伝えれば変えてくれます

気になる場合は転職エージェント会社に伝えましょう。

※クレーマーと思われない程度でお願いします。

「納得感」を持つ

どの転職エージェントを使うのか。

どの企業を受けるのか。

実際に転職するのか。

すべて本人の問題です

もし読んでいるあなたが転職を考えているなら、

「納得感」のある決断ができるまで、とことん考えてみて下さい

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.